夏休みの工作!女の子向け制作おすすめ4選!1日で完成できるアイデア!

スポンサーリンク

小学校の夏休みは長いようで短いです。遊んでばかりいるとあっという間に始業式を迎えることになります。また、宿題も夏休み後半に慌ててやることになります。

特に夏休みの大きな宿題が自由工作です。“自由”と言うだけあって、結構厄介なものです。本人もですが、保護者の方も悩まれる方が多いのもこの自由工作です。

今回は夏休みの工作にぴったりの小学生の女の子に人気な工作をご紹介します。

家にある手軽な材料で簡単に作る

最近は工作キットなども販売されて手軽に工作ができますが、せっかく作るなら材料も家にあるものを使って個性あふれる作品を作りませんか?足りない材料は100均ショップで購入します。

小学1年生の場合は、パンチの穴あけやカッター、はさみの使用にあたっては保護者が手伝ってあげて下さいね。

私が小学1年生の時は、姉がいましたので手伝ってもらいました。自分で初めて作る大作でしたが、姉と楽しく作ったおかげで、工作が好きになりました。

牛乳パックを使う

レターラック

(材料)
・牛乳パック
・ひも、リボン
・パンチ
・フェルト

小学校1,2年生なら簡単に作れるものがいいでしょう。

① レターラックは、牛乳パックを開いてパンチで穴を開けます。
そこにひもやリボンを通すだけ。② ラックの表にはフェルトでできた花を、両面テープを使い貼り付ければ
自分だけのレターラックが出来上がります。

どうですか?簡単でしょう!

文房具立て

牛乳パックを使った作品をもう一つ。

(材料)
・牛乳パック
・カッター
・はさみ
・フェルト、折り紙
① 用意する牛乳パックは2個。
1個は底から10㎝の部分をカッターで切ります。
もう1個は底から14㎝の部分をカッターで切ります。
高さを変えることで鉛筆・マジック入れ、はさみやカッターなど高さに分けて入れることができます。② 出来上がったらフェルト(あるいは折り紙)で牛乳パックを覆います。
牛乳パックのままよりデコレーションする方がおしゃれですよ。③ 牛乳パックにフェルトを合わせて長さを測って切ります。
ポイントは本体部分の上側を2㎝余分に切って、フェルトを内側に折り込みます。
そうすると切り口が綺麗に見えます。

④ 花形の飾りのフェルトを両面テープで貼り付けたら終わりです。
本体部分の上を刺繍レースになったマスキングテープを貼れば、さらに女の子らしさが出ますよ。

牛乳パックの工作は1時間もあれば簡単にできるので、保護者の方と楽しくおしゃべりしながら作って下さいね。

kimie gangiの 簡単!牛乳パック「ひし形ペン立て」の作り方
https://youtu.be/ecMNA96KO48

紙粘土を使う

花びん・貯金箱

紙粘土で作り作品も人気があります。

(材料)
・紙粘土
・空き瓶
・おはじき、ビーズ
① 白い紙粘土を瓶に貼り付ける。
色付きの紙粘土なら色を組み合わせることもできます。② 瓶の口のところまで剥がれないように紙粘土を付けます。③ 海水浴に行った時に見つけた貝殻、おはじき、ビーズなどを紙粘土に埋め込みます。

④ 絵の具が使えるなら夏の思い出を色で表現してみるものいいでしょうね。
夏の思い出と共に素敵な花びんが出来上がりそうですね。

注意!
紙粘土が完全に乾くまでには数日かかりますので余裕を持って工作に取りかかりましょう。完全に乾けば学校に持って行く時には壊れる心配はありません。

私はこの紙粘土を使った貯金箱を小学2年生の時に作りました。クラスでも何人か紙粘土で工作を作っていた記憶があります。紙粘土はポピュラーな材料です。

【夏休み企画】あだもちゃんの自由研究 貝殻と紙粘土で花瓶を作ってみました。

【夏休み企画】あだもちゃんの自由研究 貝殻と紙粘土で花瓶を作ってみました。

ペットボトルのキャップを使う

ハットピン

(材料)
・ペットボトルの蓋
・はぎれ、フェルト
・牛乳パック
・リボン、レース、ビーズ

① ペットボトルのキャップに合わせて牛乳パックを少し大きめに切り取ります。

② フェルトはキャップより少し大きく布を切っておきます。

③ はぎれを蓋と牛乳パックの大きさに合わせて切る。

④ 蓋を両面テープで貼理、上部に布を貼る。
下に引っ張りめで貼ると、上部が綺麗に貼れます。

⑤ 側面用の布を蓋の大きさに合わせて折って、両面テープを貼る。

⑥ 牛乳パックにも両面テープで布を貼り、
先ほどの蓋とドッキングさせます。
牛乳パックは帽子のつばになります。

⑦ 好みのレース、リボン、お花などをボンドで付ければ出来上がりです。
ボンドを付ける時は爪楊枝を使うと便利です。

紙ひもとペットボトルキャップで作る可愛い麦わら帽子 – How to Make Paper Straw Hat with a Plastic Cap
https://youtu.be/nt_JTP00Gcg

まとめ

1. 1日で簡単にできる作品なら時間に余裕がなくても作れる。
2. 材料は家にあるもので代用し、足りない材料は100均でゲット
3. 時間に余裕があるなら完成まで数日かかる紙粘土や細かな手作業を伴う工作にもチャレンジ
4. 保護者の方は手順を覚えておいてお子さんをサポートしながら一緒に楽しんでみて下さい。

親子で楽しみながら工作ができるのも小学校1年生の工作ならではです。市販のキットを使い工作するのもいいのですが、一工夫する楽しみをお子さんにも味合わせてみてはいかがでしょうか。やっている大人も楽しくなることでしょう。

1年生らしく見て楽しい作品ができますように!

【こちらも読まれています】

夏休みの工作が苦手な小3の女の子 No.1のおすすめはスノードーム!
夏休みは誰でも楽しものです。色々計画を立てることから始まり、旅行に行ったり、海水浴、テーマパークなどキリがないのが夏休みです。しかしただ一つ悩ましいのが宿題です。中でも工作が苦手な小学校3年生の女の子には少しハードルが高いかもしれません。そういった工作が苦手な子供だったら、大人が一緒に作るのも良いかもしれません。あくまでサポートとしてですが。今回は実に簡単にできるスノードームをご紹介しましょう。

コメント