夏休みに髪を染めたい高校生必見!失敗しない髪染めとは?

スポンサーリンク

高校生は大人になる過程で、とても大人に憧れを抱く時期ですよね。大学生が髪の毛を染めているのをみて、「早く自分も染めたい」と思う方も多いのではないでしょうか。

私の周りにも高校に入って校則で禁止されている学校の生徒でも、夏休みの間だけ髪を染めている友人がいました。皆さんも「夏休みの間だけでも髪を染めたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、夏休みに髪を染めたい高校生に送る、失敗をしない髪染めについて紹介していきたいと思います。

髪を染める上での注意点

まずは、髪を染める上での注意点をみていきましょう。高校生にとっておこづかいの工面は大変気になるところだと思います。今回は手軽に安く行える自宅で髪を染める上で必要な注意点をまとめてみました。

①アレルギー反応が起きないか確認する

ヘアカラーは薬剤が使われており、使われている薬剤によっては強いアレルギー症状を引き起こしてしまいます。地肌がヒリヒリしたり痒みなどの症状を引き起こします。人によってアレルギー耐性が異なるため、必ず確認が必要です。

自宅で市販のヘアカラー剤で染める場合、パッチテストを行なってください。手の甲などにカラー剤を垂らして1日ほど放置してアレルギー反応がないかを確認してください。説明書にも必ず書いてあります。

テストをせずにいきなりヘアカラー剤を使って、アレルギー症状が出てしまうと大変です。また、ひどいアレルギー反応がなくても、髪や地肌に大きなダメージを与えてしまいますので、必ず確認するようにしてください。

②部屋の換気をする

自宅で髪を染める場合はお風呂場で染めることをお勧めします。1番の理由として、換気しやすい為です。気化したカラー剤を吸い込むと頭が痛くなったりめまいを引き起こすことがあります。

その為、しっかりと換気をする必要があります。お風呂場は換気扇が必ずありますし、カラー剤を誤ってこぼしてしまっても洗い流せるなどメリットが大きいのです。

③染める前後に髪を洗う

髪を染めた後、カラー剤をしっかりと洗い流すことは誰もが大切だと思っていると思います。髪の毛が汗や汚れが付いていると色ムラの原因となりますので、綺麗な髪色にするためには、染める前にも髪を洗うことをおすすめします。

④放置する時間をしっかり守る

髪にカラー剤を満遍なく塗って放置する時間は守るようにしましょう。守らないと色が以上に明るくなってしまい、派手になることがあります。また、放置時間が長いと髪や頭皮に与えるダメージが大きくなってしまいますので注意が必要です。

ブリーチをすると、黒染めしても色落ちする

髪を染めると言っても、カラー剤で染める方法と、ブリーチをしてからカラーをする方法があります。

ではブリーチとは一体なんなのでしょうか。ブリーチは髪のメラニン色素を分解します。ブリーチ後に染めた場合、カラー剤の発色を鮮やかにしてくれます。

このように聞くと、「ブリーチやった方が綺麗な色になるからいいじゃん」と思うのではないでしょうか。ただブリーチをすると、髪本来の色素を分解するので、髪に負担がかかり傷みやすくなってしまいます。

そして、1番の問題点は、色落ちがしやすくなることです。染めている間は色落ちをしてしまっても問題はないのですが、いざ夏休みが終わる際に黒染めをして学校に行っても、数日後には黒色から色が落ちてしまうのです。

黒かったはずの髪の毛が色落ちしてしまったら、先生に髪の毛を染めたことがバレてしまいます。その為、ブリーチは避けたほうがいいでしょう。ブリーチは大学生の楽しみにとっておきましょう。

黒染めすると次回染まりにくくなる可能性もある

女性の場合、髪の毛が長い方が多いので特に女性に気をつけてほしいことがあります。それは、黒染めすると次に染めるのが難しくなる可能性があるようです。

市販で売られている黒染めカラー剤は特に注意が必要です。黒染めをすると、地毛の黒さではなく色素に黒が入る為、その後カラーをしても、黒の色素は抜けにくいのです。

女性は髪が長い方も多く、次の春休みや夏休みにも髪を染めたいと思っている人は要注意です。前回染めた部分は理想の髪色にならない可能性があるためです。

ですので、心配な方は黒染めに関しては、美容院でプロにおまかせすることをおすすめします。市販の黒染めカラー剤と違い、次回の髪染めに影響しにくい方法で黒染めしてくれることも可能なようなので、美容院に相談することをおすすめします。

なぜ染めたいのかもう一度考えてみる

髪を染めることは、髪や地肌を傷めることになります。高校生の健康な髪や地肌を傷めてしまいます。染めたあと、黒染めする必要があるので2回染める必要があります。

その為、染める前にもう一度、なぜ染めたいのかを考えてみましょう。

大学生になると好きなだけ染めることができるかもしれません。黒染めしたら想像よりも黒くなってしまい、びっくりするかもしれません。

染めることが悪いことではないですし、好奇心で染めたいという気持ちも大切にしてほしいのですが、染める前にもう一度考えてみましょう。

まとめ

夏休みに髪を染めたい高校生に向けて、髪染めに対する注意点をご紹介したきましたが、いかがでしたでしょうか。

1.髪染めは髪や地肌を傷めるもの
2.パッチテストでアレルギ反応を必ずチェックする
3.めまいなどの恐れがあるため必ず換気する
4.髪染め前後で髪を洗う
5.放置する時間を必ず守る
6.ブリーチは色素を抜くので、やめておく
7.黒染めすると、次回の髪染めが理想通りいくかわからない
8.最後になぜ髪を染めたいかもう一度考えてみる

以上のことに注意して、髪を染めるようにしましょう。カラー剤についている説明書を必ず読んで実施するようにしてください。

髪を染めることは、髪や地肌を傷めてしまいます。少しでも傷みが出ないように気をつけて染めるよう気をつけて下さいね。

コメント