夏休みの暇つぶし!中学生向けの夏休みの過ごし方4選!親への対処法も!

スポンサーリンク

待ちに待った夏休みが始まって最初はウキウキしていた中学生も、夏休みの途中で思うことは「やることがない」、「暇だ」と思っているのではないでしょうか。

夏休み等の長期のお休みを予定びっしりに入れたとしても、ちょっとした暇をもてあます時間が出来てしまうものです。

それもそのはず、夏休みは40日以上あります。40日間も予定でびっしり埋まっていたら、逆にしんどいですよね。ですので、暇ができることは当然のことです。

「そんな暇な時間をダラダラと過ごしてしまってはもったいない」ということで、今回は中学生の夏休みにちょっとした暇つぶしにもなり、有意義な夏休みとなるためのおすすめの過ごし方をご紹介していきたいと思います。

何事にもとことん取り組んでみる

中学生のうちに、何事も真剣に取り組んでみる経験をしてみるといいでしょう。

私の場合は、部活のソフトテニスにかなり打ち込みました。中学生ながら年間でテニスをしなかったのは、1週間くらいだったんじゃないかなと思います。部活がない日や元旦には初打ちとして仲間とテニスをしていました。

真剣に取り組んだことで、大会では勝つことができましたし、大人になった今では、距離は離れていてもたまに連絡を取ったり、実家に帰省した時に会ったりしています。

ですので、何でもいいのでとことん取り組んでみることを経験してみてください。もちろん、勉強やスポーツなどに取り組むといいのでしょうが、どうしても興味が沸かない人もいると思います。

絵を描くことや、本や漫画を読むことでもいいのです。とことん取り組んでみることで分かることがあります。無駄なことはないのでやってみましょう。

趣味を見つける

趣味を見つけることでとことん取り組むことができるようになるので、趣味を探してみるといいでしょう。

私の周りでは、中学生のころにギターを始める人が多かったです。理由を聞くと「ギターを弾くってかっこいいから」といったざっくりとした理由でした。

このような単純な理由でいいのです。感動的な絵を見て、自分も描けるようになりたいなどでいいので、興味を持ったものにチャレンジしてみましょう。

真剣に取り組んでみて、もし違うなと思ったら別のことを始めてもいいのです。何事もやってみないと分からないので、とりあえずチャレンジしてみましょう。

日記を書いてみる

暇つぶしとして、日々の日記を書くこともおすすめします。日記を書くことで自分が日々何をやっていたのかがわかります。そして、日記を書くことで明日はなにをしようかなと考えることが増え、充実した日々が送れるようになるかもしれません。

また、日記には文字を書く習慣ができるというメリットもあります。現代では、パソコンやスマホなどにより、なかなか文字を書くことが少なくなっています。文字を書くことは脳の活性化にもつながります。

日々の出来事を上手くまとめて書こうと考えたり、文字を書くことで脳が活性化しますので、日記を書くことはおすすめです。

料理にチャレンジしてみる

料理にチャレンジしてみるのもいいでしょう。女子は将来、結婚をするとお母さんのように毎日料理をするでしょう。また、今では男性が料理ができるとかっこいいと思われますので、男性も料理にチャレンジするのもいいでしょう。

大学生で1人暮らしを始めると、料理を作る機会も増えるかもしれません。生きていく中で料理ができて損はしませんし、食材や栄養についての知識も増えます。

また、料理を作ってあげると親は喜ぶでしょう。中学生は、言葉で感謝を表すことは恥ずかしさが勝ってしまい、なかなか伝えることができません。親への感謝を表現するために、料理を作ってあげるのもいいでしょう。毎日、料理を作ってくれている親へのありがたさもわかりますよ。

中学生の夏休みでちょっとした暇つぶしにおすすめの方法まとめ!

1.何事にもとことん取り組んでみる
2.趣味を見つける
3.日記を書いてみる
4.料理にチャレンジしてみる

中学生の時に、とことん取り組んでみることが大切です。その為にも、趣味を探してみましょう。ギターなどの音楽関係でも、読書や語学などの学びでも何でもいいのです。

毎日日記を書くことで、今日起こった出来事や明日以降にやりたいことを考えるようになります。とことん取り組んでいることも、継続してできる可能性が高くなるのでおすすめです。

料理にチャレンジしてみることは今後の人生で必ず役に立ちます。料理ができて損はありませんし、親に言葉で感謝を示すことが恥ずかしいと思いますので、料理を作ってあげることで感謝を示してみるのもいいでしょう。もちろん料理だけでなく、掃除や洗濯でもなんでもいいのです。

中学生の夏休みにちょっとした暇つぶしにおすすめの方法として、ご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

中学生は思春期に入り、親との関係が少し難しくなる時期です。親は心配で「暇なら勉強しなさい」と言っていることを分かってあげてください。

なにかに真剣に取り組んでいる姿を見せることができれば、親は少し安心すると思いますので、真剣に取り組めることを探してみましょう。もちろん、勉強を全くしないということは、心配の元なので少しはチャレンジしてくださいね。

コメント