夏休みの牛乳パックを使った工作アイデア5選!簡単・1日で完了!

夏休みの工作で色とりどりの手作り紙すき和紙はいかがでしょうか?1時間もあれば出来てしまいますから、お子様と会話しながら楽しく作れますよ。

家族で旅行にいった先で、紙すき体験をする機会があり子供も喜んで参加していた思い出があります。子供も紙ができる過程を知り、資源の大切さを勉強できて良い経験になったようです。

材料
・牛乳パック (予め2日くらい水につけておく)
・お豆腐パック2 つ
・キッチンの排水口用ネット
・ミキサー
・お箸
・画びょう
・タオル
作り方
① キッチンの排水口用ネットをお豆腐用パックの底に合わせて2枚切ります。
お豆腐パックの底に画びょうで穴を開けます。② あらかじめ2枚に割いて水につけていた牛乳パックから、お箸などを使いパルプを剥がします。③ 細かくちぎった牛乳パックをミキサーに入れて約2分程度かけます。④ お豆腐のパックの上に排水口用ネットを乗せて、その上にミキサーでかけたパルプと水を一緒に入れます。
一度持ち上げて素早く前後左右に細かく振ることで、表面が均一になります。
さらに色紙や毛糸、紅葉などを置いて模様付きの和紙として楽しむこともできます。⑤ ④の上にもう1枚の排水口用ネットを、次にお豆腐パックを乗せて水を切ります。⑥ お豆腐ネットから紙を丸ごと取り出して、タオルで水切りをします。⑦ 素早く乾燥させるならアイロンを使いましょう。
自然乾燥でも大丈夫ですよ!

牛乳パックからはがきをつくろう!

牛乳パックからはがきをつくろう!

牛乳パックで帽子作り

牛乳パックで簡単に帽子を作ってみませんか?端切れを使ってコーティングすれば牛乳パックで作ったとは誰も思いません。

これは知り合いの方のお子さんが作った見た目、まさか牛乳パックだとは気づかなかった逸品です。

材料
・牛乳パック 3個
・端切れ (デニムなどあまり物で十分)
・セロハン・ホッチキス・はさみ・ボンド
作り方
① 帽子本体には牛乳パック2個を使います。
牛乳パックを開いて上部をギザギザ波のようにカットします。
横に並べてセロテープでつなぎます。② 端と端を合わせて輪っかを作ります。
ホッチキスやガムテープでも大丈夫です。③ 頭部を作ります。
ギザギザの部分をつまんで、ホッチキスで止めて行きます。
中心に向かって一つづつ止めて行くと、頭にかぶる部分の完成です。④ ツバはもう1個の牛乳パックで作ります。
開いた牛乳パックの折れ線に沿って、正面、両北面と3か所の線をなぞります。
下書きに従って切り出します。⑤ ツバができたら本体にテープやホッチキスでつけて行きます。
これで帽子は完成!
あとは端切れを使いボンドで接着していけば、牛乳パックとは思えない帽子の完成です。

牛乳パックを使って郵便屋さんごっこで遊ぼう♪

牛乳パックを使って郵便屋さんごっこで遊ぼう♪

まとめ

1. 牛乳パックでおしゃれなランタンを作ろう
2. 牛乳パックでキッチンで大活躍、鍋敷きを作ろう
3. 牛乳パックで手作り和紙
4. 牛乳パックでペン立て
5. 誰にもわからない牛乳パックで帽子作り

牛乳パックの活用術いかがでしかた?牛乳パックは実に万能でエコな材料だと思いませんか?お子さんとお話ししながら思い出に残る夏休みの工作を是非完成させて下さい!

【こちらも読まれています】

中学生1年夏休みの工作アイデア3選!1日でおわる工作アイデアとは?
夏休みの課題といえば、自由研修として読書感想文と工作が一般的ですよね。ただどちらも悩ましい課題ですよね。小学校の時と大きく違うのは、中学生になるとクラブ活動や補修授業もあります。夏休みといっても遊んでばかりはいられません。自由研究とは幅広いし、何をやればいいのか悩みますよね。といっても小学生でもできる工作は出せません。そこで1日でできる工作をいくつかご紹介しましょう。

コメント