夏休みに義実家に帰らないと決めた!どのように義実家へ伝える?

スポンサーリンク

義実家に帰るのは気を使いますし、義父母とそりが合わないと帰るのが億劫になってしまいますよね。毎年恒例となってしまっているともはや夏休みが苦痛と感じているママも多いのではないでしょうか。

子どもの夏休みには帰っているけれど、今年からは帰らない!と決めたママがどのように伝えるか、どんな言い訳を使ったらよいかをご紹介します。

夏休みに義実家に帰らないと決めた!スマートな連絡方法とは?

今年こそは義実家に帰らないと決めたら、誰から伝えるか・どのように伝えるかが大事ですよね。

まずは「誰から伝えるか」についてですが、自分からがいいのか夫からがいいのか子どもからがいいのかを悩みます。ここは、義実家のご家族と自分のご家族との関係によります。

①自分が義父母と対等な関係ではない場合
義実家のご両親と対等な立場で会話がしずらい場合、連絡は自分からではなく夫からしてもらうようにしましょう。特に自分はいつも義父母の言いなりになってしまう傾向にある場合は、結局義父母から言い負かされてしまう可能性が高いからです。

②夫が義父母と対等な関係ではない場合
夫がいつも義父母にいつも言いなりになってしまっている場合は、結局伝えられず①と同様に義父母から言い負かされてしまう可能性が高いため自分から連絡をしましょう。

普段の関係を思い起こして、自分たちはどちらに当てはまるのか考えて適した立場の人が連絡をしましょう。

なお、①でも②でも子どもから連絡するのはやめた方がいいです。いずれの状況でも「子どもを使って」と思われて関係が悪化する可能性があるからです。また、①も②も該当せず、義父母と良好な関係が築けているようであれば夫から伝えるのがスマートです。

続いて伝えるタイミングですが、帰ってくると思って早々に準備をする家庭もあります。そのため、直前ではなく早めに連絡をしましょう

夏休みは7月末のところが多いので、遅くともゴールデンウィークが終わる頃までには伝えた方がよいでしょう。早ければ早いほどいいので、例えば年末にも帰っているのであれば、その時点で「今年の夏休みからは…」と伝えておけるといいですね。

問題は「どのような理由で帰らない」と伝えるか、ですね。私の周りで「義実家に夏休みは帰らない」としている知人にどのように伝えているか話を聞いたところ、以下のような理由を伝えていました。

・義実家は古い家で田舎にあり虫が出るため「虫が苦手なので」と伝えている
・義実家が暑いところにあり自分は暑さが苦手なので「暑さが苦手で体調を崩してしまう」と伝えている
・食べ物のアレルギーがあり料理に気を遣わせてしまうため帰らないと伝えている
・子どもを同じところばかりではなくいろんなところに旅行に連れ行き社会勉強をさせたいため帰る頻度を下げたいと伝えている
・義父母がとても気を遣う方なので「気を遣わせてしまって申し訳ない」と伝えている
・素直に「自分が気を遣ってしまい疲れてしまう」と伝えている
・義父母の家が遠く交通費が嵩むため頻度を下げたいと伝えている

距離が遠方な場合は交通費を理由にするのが一番納得がいきやすいため、よく使われる言い訳です。また、実家の環境や立地に合わせて理由を組み立てると信憑性が増します。

参考までに夏休みではないのですが、豪雪地帯に義実家がある知人は「冬のシーズンは豪雪地帯の寒さに耐えられない、雪道が歩けない」との理由で年末年始には帰らないと決めて義父母にも伝えていました。

義実家に帰りたくない!というママは多い

一般的に「義実家に帰りたくない!」というママは多くいます。みなさん、どのような理由で帰省したくないと思っているのでしょうか。

よく挙げられる義実家に帰りたくないと言われる理由をご紹介します。こちらを見て「自分だけではない」と安心してください。

・気を遣う
-会話を続けるために気を遣う
-義母のやり方に合わせて家事を手伝わなくてはならず気を遣う
-義実家ルールに合わせなくてはならず気を遣う
・朝早く起きなければならず気が休まらない
・義父母の料理の味付けが合わない
・義父母とそりが合わない
・義父母にいじめられる(家事を押し付けられる)
・義父母が夫の肩ばかり持つのでいづらい など

一番多い意見はやはり「気を遣う」ということです!ひと昔前はよくあった「義父母にいじめられる」という話は最近では少なく、どちらかというと「義父母は悪い人ではないのだけれど、細かいところで気を遣う」という意見が圧倒的多数でした。

また、女性で多いのが義実家に行くと家事を手伝わざるを得ないことが多いです。そうなりますとやり方の違いに戸惑い、義実家のやり方に合わせるのが大変という声も多く聞きます。

義実家へ帰省をしないことで、お義父さん・お義母さんとの関係は悪化する?

義実家に帰らないと決めたのはいいけれど、その後の関係悪化が気になりますよね。もしかしたら怒られるかも…と思いますし、「お願い。帰ってきて」と懇願される可能性もあります。
そのようなことも予測し、事前に策を練っておきましょう。

「もうそちらには帰りません」とだけ伝えると、角が立つのは間違いありません。どのような理由を伝えるかはあなた次第ですが、言い方によっては「私たちのことが嫌いなのかな?距離を置きたいと考えているのかな?」と受け取られかねないからです。

そのため、フォロー案を必ず出しましょう。例えば以下の案です。

・夏休みは帰省しない代わりに年末年始は帰省する
夏休みも年末年始も帰省している場合はどちらかにするように話を持っていきましょう。年末年始休暇は短いため滞在日数を減らす理由が作りやすいです。・帰省しない代わりに一緒に旅行や遊びに行くことを提案する
義父母は嫌ではないけれど、家だと気を遣うという人にはおすすめです。・誕生日にプレゼントを送ることを伝える
帰省しない代わりに毎年ペア旅行券を義父母に送っているという知人がいました。

・テレビ電話で子どもと会話する機会を増やす
結果、子どもの成長を頻繁に見られるようになったため帰省より喜ばれたという声もあります。

「何故帰ってこないのか?」と怒られた後や「お願い、帰ってきて」と懇願された後だとフォロー案もこじつけ感が出てしまうので、フォロー案は間髪入れずに伝えましょう。実は義父母も帰省のたびに気を遣って疲れている可能性もあるので、フォロー案の方が喜ばれることもあります!

フォロー案の一つとして参考にしてください。
▼はじめての『まごチャンネル』(Kagawa)

はじめての『まごチャンネル』(Kagawa)

子どもたちが義実家へ行きたがっている!どう説明をする?

これで義実家に伝える準備はできました。しかし、子どもが毎年義実家に帰るのを楽しみにしている場合は子どもにどう説明するかが最後の課題になります。

子どもに伝える理由は義父母に伝える理由と同じ内容を伝えましょう。違うことを言うと、義父母と子どもで会話をしたとき「あれ?話が合わない?」となりお互いから不信感を抱かれてしまうからです。また、義父母が本当の理由を探るため子どもに連絡を入れることも考えられるため、理由は一貫しておきましょう。

そして子どもが楽しみにしている場合は、義実家に帰らない代わりに違うところに連れていくことや違う楽しみを提案します。単純に夏休みの楽しみを奪われただけでは、子どもが不満を持ってしまうからです。

例えば、旅行に連れて行くであったりキャンプやバーベキューなどといった経験をさせてあげるといいでしょう。

私は子どもの頃、母が義実家と距離を置くようになり毎年行っていた義実家が所有している別荘地に行かなくなり少し淋しい思いをしたことがありました。

しかし、父が大きい車に買い替え毎年キャンプに連れて行ってくれるようになり徐々に「夏休みはキャンプに行くもの」というイメージが定着しました。私も小さいながらに義実家では気を遣ってしまう方だったので結果、両親と兄弟だけでキャンプに行った方が楽しかったです。

全ての子どもが私と同じように捉えるとは限りませんが、新しい思い出を提供できれば子どもにとってもプラスとなる可能性もあります。

まとめ

これまでの内容をまとめます。

1.義実家への連絡はお互いの家族の関係を考え意志をはっきり告げられる人から話す
2.帰らない理由は義実家の立地や金銭事情、子どもの経験といった内容を挙げる
3.帰らない代わりにフォロー案を提示する
4.子どもが帰省を楽しみにしている場合は新たな代替案を提示する

夏休みは本来楽しいものです。ママだけが辛い思いをしないように家族で幸せになれるよう勇気を出して「帰らない」という決断も大切です。

今年は家族で良い夏休みが過ごせるよう応援しています!

【こちらも読まれています】

義母が苦手で会いたくない!付き合い方はどうする?義母が理由で離婚は可能?
義母に対して苦手な気持ち、会いたくないという気持ちを抱えている方もいるのではないでしょうか?今回は、自分でできる義母との付き合い方や、夫に協力してもらう方法、また離婚はできるのか否かなどについて、順にご紹介していきます。

コメント