夏休みのゲームの時間を子供がしっかりと守るしつけ方・身につけ方!

スポンサーリンク

夏休みの期間中、学校がなく時間を持て余している子供がゲームを長時間やっていて困っている親が多いのではないでしょうか。「ゲームばかりやってはダメ」と叱ったり、ゲーム禁止にしても結局は時間が経てばまたゲームばかり。というような状況になることもしばしばあります。

また、ゲームを禁止できたとしても、テレビばかり見ていたり、寝てばかりだったりと勉強しないというご家庭もあるのではないでしょうか。

今回は、子供がゲーム時間を自らコントロールできるようになる為に大切なポイントをご紹介したいと思います。

自分の子供は言うことを聞いてくれないという固定概念を持っている方は、まず捨ててくださいね。それでは参りましょう。

押し付けたルールは逆効果

ダメと言われるほどやめられない

まず、よく見受けられるのは、子供に対して押し付けたルールを作っていることです。子供だから言うことを聞くは間違いです。ですので、押し付けたルールですと、反発したくなるのは当たり前なのです。

これは大人でも一緒です。例えば、ダイエットをすると決めて挫折する人が多いのと一緒です。ダイエットでは、炭水化物を禁止したり、21時以降食べないなどの禁止事項を決めることが多いと思います。

この禁止事項があると、禁止されていることに対してストレスを抱えてしまい、ストレスを解消するために禁止事項を破り、余計に食べてしまいリバウンドをしたりするものです。

このように、禁止するルールは逆効果になりやすいものです。

押し付けたルールではゲームの時間を守れても勉強しない

たとえ、押し付けたルールでゲームの時間を制限できたとしても、子供はいやいやながらゲームを辞めている為、空いた時間で勉強しようと考えるようにはなかなかなりません。

親が子供にゲームの時間を守ってほしい理由は、目が悪くなるからなどの理由もあるとは思いますが、勉強の時間を確保してほしいと思っていることが一番だと思います。

ただ、押し付けたルールでゲームを辞めさせても、テレビをみたり、寝ていたりと、時間の使い方がゲーム以外のことに費やされてしまうことがほとんどになります。

ゲームの時間を守らせることを目的とせず、勉強を率先してできる子供になるように子供が自発的に時間になればゲームを切り上げるような状態にできることを目指しましょう

その為に必要なことをこれからご紹介します。

子供とルールを決めよう

押し付けたルールは、反発され逆効果になる可能性が高いことを説明してきました。でも「ルールを決めないと、好きなだけゲームをしてしまう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめするルールの決め方は「自分でルールを決めるように話し合う」ことです。子供と一緒にルールを決めるのです。

自分で決めたルールという意識を持たせる

自分で決めたルールを親と約束したと子供が認識すれば、自発的に守ろうと考えるようになります。その為には、なぜゲームを長時間することが心配になるかを伝えることが大切です。

「ゲームに夢中になりすぎて、ご飯の時間を守れていないということは、友達との約束も守れないんじゃない?」とか、「ゲームの時間が長くなっていて勉強ができていないような気がするけど夢である学校の先生になる為の勉強はちゃんと出来てるの?」など自分の心配していることを伝えてあげましょう。

すると子供は、どうすればいいかを考えるようになります。そこで、時間を決めたり、先にやるべきことをやってからじゃないとゲームをしないなどのルールを決めるように誘導してあげる質問をしてあげましょう。

もし、ルールを破ったらやることも一緒に決めましょう。例えば、1週間ゲーム没収などゲーム自体ができなくなることでもいいでしょう。他には、お母さんのお願いを5つやってもらうなどゲームに関係ないことでもいいのです。

とにかく、ルールを破ることで起こりうるリスクを与えてあげることが大切です。ただ、ルールを破って勉強するや手伝いをするなどにしてしまうと、勉強や手伝いが罰となってしまうので、ネガティブなものになってしまいます。勉強や手伝いがネガティブなものにならないようなものに設定することが大切です。

ゲームだけでなくその他のことも子供と一緒に考えよう

この方法でゲームだけでなく、勉強や手伝いも子供と一緒に約束事を決めておくといいでしょう。

例えば、1日1時間は復習をすることを子供と一緒に決めておくと、子供も約束事を守ろうと行動してくれるのです。もし、勉強できなかった場合は、なぜやれなかったのかを話し合うことで、子供からどう対応するのかを考えるようになり、計画を立てることが上手になります。

計画を上手に立てることができれば、大人になって仕事をする上でとても役に立ちますので、おすすめします。

最後に

子供がゲームの時間を守れなかったり、言うことを聞いてくれなかったりして困っている方に向けて色々とご紹介してきましたがいかがでしたか?

夏休みに身に着ける、子供がゲーム時間を守る方法のまとめ!

1.ルールを押し付けるのは逆効果
2.押しつけのルールを守っても勉強時間が増えにくい
3.子供と一緒にルールを考える
4.ルールを破ってしまった時の罰はネガティブなものにならない
5.ゲーム以外にも約束事を子供と一緒に考えよう

親が子供に勉強してほしいとの思いがあっても、勝手に決めたルールを押し付けないことが大切です。子供と一緒にどうするかを考えて、子供が自ら決めたルールを守れるように話し合いをしてあげるようにしましょう。

そうすれば、「ゲームをやめなさい」という機会が減り、自ら勉強に取り組んでくれることと思います。是非、実践してみてくださいね。

コメント