中学3年の受験生必見。夏休みの勉強時間で自分に勝つ方法!

スポンサーリンク

夏休みっていったいどのくらい勉強したらいいのだろう?と不安に思っている受験生多いのではないでしょうか? しかし、中学3年の受験生にとっての夏休みは挽回できる唯一の期間です。

こんな期間を与えてくれるなんてラッキーですね。そのチャンスを逃さないためにしっかり計画を立てて勉強時間を確保しましょう。

中学3年最後の夏休みで、勉強時間についての悩みを解決して勝者になりましょう。

夏休みの計画

チャンスといっても闇雲に勉強すればいいわけではありません。

たとえ学校が休みでも24時間勉強に充てられる訳ではありません。睡眠、食事、お風呂、ゲームやテレビ、部活や習い事、家族行事等、はじめから決まっている事もあれば、イレギュラーな事態が起こる事もあります。そんな事態に備えたゆとりある計画が必要です。

1日24時間を3分割するとちょうどいいですね。

勉強8時間・睡眠等8時間・テレビや部活等8時間。1日の中でどのように分配するかも重要になってきます。例えば、勉強の後に睡眠を入れると、インプットされて効率があがるといわれています。実際に私もやってみて、睡眠によって、こんなに点数が違うのかと驚きました。

頭の働く午前中に集中して勉強することをおすすめします。

【1日の流れ】
6時:起床・朝食
7時~11時:休憩を挟みながら勉強(基礎・基本問題集中心)
11時~12時:勉強(暗記中心)
12時~13時:休憩・昼寝(インプット時間)
13時~17時:休憩(好きなことをする)
17時~18時:勉強(基礎・基本問題集中心)
18時~19時:夕食・入浴
19時~21時:休憩(家族との時間)
21時~23時:勉強(過去問・暗記中心)
23時:就寝(インプット時間)
*部活等のない日の流れ

しかし、中々計画通りにはいかないものです。きっちりこなすのが理想的ですが、臨機応変にストレスを溜めないことが大切かと思います。1日最低8時間を頭に入れて計画してみてくださいね。

勉強する場所

次に大切なのは場所です。やる気があればどこだって同じと思いますが、気の散ってしまう場所でははかどりません。ちなみに、私の場合は、兄弟が多くて家で1人になることは出来なかった為、図書館が唯一1人になれる場所でした。

図書館は資料も揃っていて、エアコンも効いて快適です。何より経済的ですね。

中には友達とカフェやファミレスで勉強をする人たちもいます。私もしていました。自分とは違った考え方や暗記方法等の意見交換の場として息抜き程度に行うのは、ストレス解消にもなるのでいいと思いますが、思ったより進んでいない事が多いです。

一人で集中できる場所を見つけましょう。

もし、どうしても分からないところがあったら、塾の夏季講習や学校の補講等でしっかり理解し、自分のものにしておきましょう。使えるものは何でも利用してみると、視野も広がり、受験だけでなく生きる上でも役に立ってきます。

勉強の仕方

計画も立てて、場所も決まったら、次はどんな風に勉強すればいいかだと思います。

成績を上げる為には、まず自己分析が必要です。苦手なところはどこなのか? 今は学校の学力診断テストでも細かく分析されますね。その指摘事項をまずは書き出してみましょう。その後で、やらなきゃいけない事、さらに、やりたい事も書いてみましょう。

リスト化

やらなきゃいけない事 やりたい事
1.数学の基礎 1.家族旅行
2.英語の文法 2.友達とランチ
3.国語ことわざ 3.部活

やらなきゃいけない事は最重要事項です。必ず達成しましょう。またやりたい事も我慢せずに計画を立ててやってみましょう。勉強だけをして合格するより、やりたい事もやって、合格した方が達成感は倍になりますよね。

自分がどんな状態にいるのかを自覚し確実に成績アップにつなげましょう。

私もそうでしたが、自分はできていると勘違いしがちです。というよりも認めたくないんですよね。しかし、皆さんは、できるのです!自分と向き合って、自分を信じてあげましょう。

まとめ

私は「夏休みなんてまだまだ始まったばかりだし大丈夫。」と甘く見ていました。そんな風に過ごしあっという間に2学期になってしまったのです。そんな達成感なしの時間過ごしたくないですよね?どんな過ごし方をしても中学3年の夏休みは1度しかありません。

皆さんはどんな夏休みにしたいですか?やるかやらないか選択は2つに1つです。

やるを選んだ方がやるべき事は3つあります。

1. 自分に合った計画を立てる。
2. 自分の場所を見つける。
3. 自分の弱点を見つけて基礎をしっかり固める。

中学3年の受験生にとって2度とない夏休み。やりたい事もやる為には、計画な勉強の習慣化が必要です。計画を立て達成していく喜びを感じましょう。

また、達成できなかったとしても違う日で調整できる余裕があるといいですね。この夏休みを通して計画性と達成感、そして、イレギュラーな事態に対応できる柔軟性を身につけましょう。

その先には合格というさらなる喜びが待っています。

コメント