夏祭りのテーマ保育園・幼稚園向けアイデア3選!園児が喜ぶ出し物!

スポンサーリンク

保育園や幼稚園の恒例行事、夏祭り!先生方は子どもたちに祭りを楽しんでもらえるように、知恵を絞って出し物を考え頭を悩ませてしまっているのではないでしょうか?

保育士さんは忙しいので凝って準備にあんまり手間取ってしまいますと、通常の業務に支障をきたしたり、準備疲れになってしまうかも。

でも、難しく考えなくていいんです!子どもたちにに喜んでもらうことが目的である以上、突飛なものや珍しい出し物である必要は必ずしもありません。

子どもたち相手に行う出し物に求められるものは手軽でシンプルで盛り上がるものです。馴染みがあってシンプルであるほど、子どもたちには理解しやすくなりますよ!

今回は保育園・幼稚園の夏祭りテーマごとの出し物アイデアを盛りだくさん紹介いたします!ぜひ参考にしてみてくださいね!

【夏祭り保育園・幼稚園向けテーマアイデア3選!その1:夏空や海、夏の風物詩を連想させるテーマに!】

①ドキドキ!スイカ割り

夏の風物詩といえば、スイカ割り!汚れる可能性があるので、大きなブルーシートなどを準備するといいですね。見えないものに棒をあてるって、子どもたちはもちろん、大人でもドキドキしますよね!

幼稚園児や保育園児が大きなスイカを割れるほどの力はないかもしれませんが、衛生面が気になる場合は八百屋さんや農協などで売り物にならないスイカはないかと相談してみるといいですね。

それか、スイカ割り用のスイカは大人が食べて、子どもたちには別に用意してあげれば安心です。

スイカ柄のビーチボールで代用すれば衛生面はクリアしますが、それだと盛り上がらないような気がします。

②何が釣れるかな?「釣りゲーム」!

子供用のプールを使ったり、水に見立てたブルーシートを床にひくことで海に見立てたりします。誰がいちばん釣れるかな?競争しても面白いですよね!

そして魚など海を連想させる生き物のイラストにクリップをつけて、棒にマグネットをつけた糸をたらして釣りの要領で行います。

海に見立てて貝殻なども混ぜてみると素敵ですよね!魚に飴などをテープでくっつけて見えないようにして「お宝をつけた魚がいるよ~!」と声をかけたりすると本気度がアップするかも!

③縁日屋台ごっこ

夏と言えばお祭り、お祭りと言えば屋台!子どもたち大好きですよね。
ヨーヨー、輪投げ、射的、かき氷や綿あめなど、縁日屋台を出して子どもたちに楽しんでもらいます。

お店屋さんごっこのようにして、屋台の暖簾や看板などを作ると本格的ですよね!保護者や先生が店員さん役としてお客さん役の子どもたちを迎えましょう。

【夏祭り保育園・幼稚園向けテーマアイデア3選!その2:ヒーローやアニメキャラクターをテーマに!】

①みんなで踊ろう盆踊り!

夏祭りのフィナーレには欠かせない盆踊り。
子どもにはなじみのあるキャラクターたちも盆踊りの歌がありますよ。

おススメは「アンパンマン音頭」「ドラえもん音頭」「しまじろう音頭」です。
子どもたちも覚えやすいし、大人も一緒に踊ってみんなでもりあがりましょう。

ハッピなどを用意すると、一体感が生まれて祭の締めにもぴったりですよね!

②フォトスペース

写真をきれいに撮れるコーナーとして、フォトスペースを設置すると楽しいですよ。

「アナと雪の女王」の衣装とか、「プリキュア」などの衣装を用意してあげれば、子どもたちも喜びますよね!

日付と夏祭りのタイトルが描かれた看板や、風鈴、うちわ、ちょうちん、金魚など、夏祭りらしいモチーフの飾りつけをすれば「夏祭り」の雰囲気もそのまま記録に残せます。

【夏祭り保育園・幼稚園向けテーマアイデア3選!その3: 昭和な雰囲気をテーマに!】

①お祭りと言えば「射的」!

昭和の時代、男の子がお祭りに言ったら射的は外せないですよね!
景品が書いてある紙や、得点が書いてある紙を使ってチームで競ったりするのも楽しいですね。

ストラックアウトのような的や、紙を立てた的を作って割りばしで作った鉄砲や竹で作った水鉄砲なんかを使用すると、さらに昭和感が増します

②みんなで競おう「輪投げ」!

個人戦や団体戦で点数を競ったりすると楽しいですね。

遠い場所を狙うのが難しい子どももいると思うので、無理なく届く距離にして、宣言通りの場所に入ったら得点2倍!とか工夫するといいですね。

③みんなで大笑い「福笑い」!

お正月の定番をアレンジしてみんなで楽しく笑いましょう!
大きな模造紙に顔の輪郭を描いて、ホワイトボードなどに貼り付けます。

マグネットを付けた眉毛、目、鼻、口、頬などを子どもたちの「もっと上!」などの声に合わせて貼り付けていきます。

複数のチームに分かれて見比べても面白いですし、何より場の「一体感」が感じられる出し物ですよね。

【夏祭り保育園・幼稚園職員の出し物アイデアまとめ!】

①サイエンスショー

わくわくどきどきサイエンスショー 保育園編

わくわくどきどきサイエンスショー 保育園編

でんじろう先生でおなじみの「空気砲」子どもたちとサイエンスショーで遊びましょう!

空気砲の作り方

材料:段ボール箱(ちょっと大き目がいいです)
道具:カッター・ガムテープ・ペン・コンパス(なくても大丈夫)
蚊取り線香と着火器具(煙を見たい場合)

作り方:①段ボール箱の隙間をガムテープでふさぎます。ちょっとした隙間が命取りになるので、しっかりふさぎましょう。
②段ボールの1面に円を書いて、はさみでくりぬきます。円はガムテープのふちをペンでなぞるか、コンパスなどを使ってください。
③段ボール箱をかかえるようにして、側面をドンっとたたいてください。空気砲をあてられた人は、風圧を感じることができます。

※煙をいれて行う場合は、段ボールを燃やさないように気をつけてください。

②しりとり列車

おかあさんといっしょ しりとり列車を作ってあそんでみよう!

おかあさんといっしょ しりとり列車を作ってあそんでみよう!
おかあさんといっしょ2017年2・3月号の付録「しりとりれっしゃ」で遊んでみたよ。

子どもたちが大好きな「おかあさんといっしょ」のコーナー、しりとり列車で一緒に遊ぼう!段ボールなどで電車を作って、ホワイトボードに「しりとり」に使う絵と文字のカードをはりつけましょう

先生が車掌さんの格好をすると雰囲気がでますね!
最後に「ん」がつく言葉を忍ばせてくださいね!

③ダンス 「パプリカ」

<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス解説動画

YouTube

オリンピックが東京にやってくる2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する新しい歌、「パプリカ」を米津玄師が作詞・作曲、プロデュースした「パプリカ」。

素敵な曲なので、ぜひ踊って見て欲しいです。
雰囲気に合った服を用意してくれれば大丈夫です。

自然の中で歌っている感じで、森林浴しているような雰囲気の飾りがあったらもっと素敵です!

【保育園・幼稚園の夏祭りで素敵な思い出をつくりましょう!】

幼稚園・保育園の夏祭りの出し物についてご紹介しました。

まとめますと

①「夏空や海、夏の風物詩を連想させるテーマ」は「スイカ割り」「釣りゲーム」「縁日屋台ごっこ」

②「ヒーローやアニメキャラクターをテーマに」は「盆踊り(アンパンマン音頭・ドラえもん音頭・しまじろう音頭)」「フォトギャラリー」

③「昭和な雰囲気をテーマに」は「射的」「輪投げ」「福笑い」

④「職員の出し物アイデア」は「サイエンスショー」「しりとり列車」「ダンス(パプリカ)」

でした!

子どもたちの素敵な思い出作り、毎日忙しい中で準備が大変だと思います。先生が一生懸命準備してくれたことが、子どもたちの宝物になるでしょう。夏祭りで先生たちと子どもたち、お父さん、お母さんが楽しい時間を過ごせますように!

コメント