夏祭りのプログラム保育園での作成事例まとめ!園児も保護者も楽しめるお祭りとは?

スポンサーリンク

夏の夕方には、浴衣や甚平を着た小さな子どもと保護者の方を見ることがあります。自分に子どもが生まれて分かったのですが、保育園や幼稚園の夏祭りなのですね。

保育園で初めて夏祭りを開催する時、どのようなプログラムで行えばよいか、ということを迷っているかと思います。夏祭りの主催は保育園又は保育園とPTA、という形が多いのではないでしょうか。

保育士さんはもちろん、共働きのため保護者の方々もお忙しい方が多いと思います。この記事がヒントになって、スムーズに準備が進められたらと思います。

事前準備

夏祭りの詳細を書いたプリントを、前もって配布しておきます。開催時間、プログラム、どこで何をやっているか、注意事項を書いておきます。

夏祭りの時間は屋外を使う場合、多少は涼しくなってくる夕方がいいでしょう。16時くらいからスタートし、安全に帰れるよう真っ暗になる前の19時くらいには終えるのが理想的。室内のみで行うなら昼間でも大丈夫です。

また、屋外で行うものがある場合は、雨の日の対応を考えておきます。中止にするのか、屋内で行うのかなどです。

オープニング

始まる時には、園長やPTAの会長などが挨拶をします。いよいよ夏祭りが始まる、という気分を盛り立てるような挨拶を心掛けましょう。ダラダラと話さず、短時間で切り上げるのがポイント。

その後、夏祭りの流れや諸注意、事前に配布したプリントから変更した点をアナウンスします。

以下2から4は順番を変えても良いですし、同時に行っても良いです。お店を用意するのが難しければ、職員の出し物、PTAの出し物、子どもの出し物、盆踊りだけでもいいでしょう。

それぞれの保育園で、予算、場所、スタッフとして動ける人の人数を考慮し、できる範囲の夏祭りを楽しみましょう。

自由時間

親子でゲームコーナーや食事を楽しみます。食事を出すなら、焼きそばやたこ焼き、わたあめ、かき氷など夏祭りっぽいものを最低でも1つは用意します。業者が作ったものを出す場合は、前々から手配が必要です。

わたあめやかき氷を出す場合は、機械のレンタルがありますので手配します。毎年行う場合は、機械を購入することも考えてみてください。かき氷よりわたあめの方が、原材料の管理が簡単で原価も低く抑えられます。

ゲームコーナーは、射的やヨーヨー釣り、輪投げ、お化け屋敷、水中コイン落としなど、夏祭りっぽいものがおすすめ。

保育園は赤ちゃんがいることがあり、年齢層が広いです。どの年齢の子どもも楽しめるように工夫してみましょう。

出し物

劇や合唱、ダンス、ペープサート、紙芝居などを行います。子どもたちが行っても、保育士が行っても、保護者が行ってもかまいません。

夏祭りなので、メインは盆踊りです。盆踊りの練習もあるので、子どもが行う場合、練習が負担にならない合唱がいいでしょう。「夏祭り」「花火」「うみ」「茶摘み」「夏は来ぬ」などが、あります。

どの出し物も、夏祭りや夏に関連したテーマにします。「ぐりとぐらのかいすいよく」「わにわにのおでかけ」「うさこちゃんとうみ」「こぐまちゃんのみずあそび」など、絵本を題材にするのもおすすめです。

盆踊り、おみこし

盆踊りは夏祭りには欠かせません。お祭りの目玉になりますので、出来るだけ行いましょう。盆踊りはその地方の音頭や、他の地域であっても定番のもの、子ども向けの盆踊りなどいろいろあります。

盆踊りの定番曲ですと、ヤートナソレヨイヨイヨイのフレーズが有名な「東京音頭」、月が出た出た月が出たヨイヨイで始まる「炭坑節」、ヤーレンソーランソーランで始まる「ソーラン節」などがあります。

Peppa Pig New Surprise Egg, Altman Eggs, Ultraman Ginga Monster Fun Food Play

子ども向けでは「月夜のポンチャラリン」「エビカニクス音頭」、アニメ発のものでは「ドラえもん音頭」「アンパンマン音頭」「ちびまる子ちゃん音頭」「ポケモン音頭」などがあります。

もとの盆踊りを子ども向けにアレンジするよりも、すでに子ども向けの踊りがあるものの方が取り入れやすいです。前もって踊りの練習をしておきます。

エンディング

終わりの挨拶をします。夏祭りを開催でき、来てくださった方がいたことへの感謝、準備や当日手伝ってくださった方への感謝を忘れずに述べましょう。感想や印象深かった出来事なども含めて、終わりの挨拶もやはり手短にします。

落し物があったらお知らせをします。職員以外の方にも、片付けを手伝っていただく場合は、集合場所や段取りをお知らせします。

まとめ

● 夏祭りのプログラムは予算、場所、スタッフの人数などを考慮して決める
● 夏祭りの詳細を書いたプリントを配って、参加者の疑問を最小限に
● 挨拶は手短に、感謝を伝えることを忘れない
● 夏祭りや夏を感じさせる出店や催しで、雰囲気を盛り上げる
● 盆踊りは夏祭りの目玉として、極力行いましょう

保育園の規模によって、できる範囲で行なって、園児も保護者も職員も楽しめる夏祭りになるといいですね。

以上、夏祭りを保育園で!プログラムのヒントと具体例を紹介!でした。

コメント