元カノにお金を貸している人のリスクと回収方法はこれだ!!

スポンサーリンク

お金の貸し借りでもめることは意外と多いものです。中にはかつての恋人にお金を貸したままの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私の知り合いでも借金を依頼して来た恋人に断ったら、その後直ぐに別れた人がいます。やはりそれを契機に関係がうまくいかなくなったみたいです。

会わなくなった元カノにお金を貸している問題点について解説をしていきたいと思います。心当たりのある人はどうやったら問題を解決できるのか参考にして下さい。

リスクが高い元カノへ貸したお金

お金を貸す時点で彼女だった人にお金を貸して、まだ払い終えていない内に別れてしまうこともあるでしょう。一度縁が切れるともう会わなくなるか音信不通になるケースがほとんどです。別れ方にもよりますが、中には関係を断絶する人もいます。

そうした場合に借金の催促は大変しづらくなります。連絡先が昔のままならまだいいのですが、知らない内に変更されたりすれば連絡のつけようがありません。そういった場合に貸し倒れに終わる可能性が高くなります。

具体的なリスクとは

お金を貸しているため、別れるに別れられないこともあります。金額の大小に関わらず完済するまで仕方なく付き合うほど、割に合わないことはありません。

別れた後に新しい恋人ができて、元カノにお金を貸していることがバレると、もめる原因になります。隠れていつまでも連絡を取り合っていると誤解されるからです。これではようやく見つけた新しい恋にもひびが入ってしまいます。

今の恋人にあらぬ疑いをかけられても仕方がありません。また、自分にも何らかの実害があるのではないかと危惧して、別れることになるケースもあります。

単なるお金を貸したことが税金上の問題にも

金額が数十万円以上になると贈与税がかかることもあります。付き合っている時に貸し借りをすると、借用証書などは作らず口約束で終わる場合が多いのです。こうした場合、税務署から見ると贈与と見なされるリスクがあります。

借用証書と返済記録を残していくことも贈与対策に有効です。また借用証書があれば裁判になった際には証拠になります。

借用証書には直筆の署名、貸付日、連帯保証人がいればその直筆の署名、利息などを記入します。借用証書の話はしづらいかもしれませんが、あなたを守るためには必要なのです。

貸し倒れの可能性

元カノに貸してそのまま逃げられた話はよくあります。例え一度は恋人だった人とはいえ、お金が絡むと話は別です。

また、元カノにお金を貸すために自分でも借金をして融通している場合は最悪です。自分が負債を負う羽目になります。

金の切れ目が縁の切れ目。いくら相手が好きでもあなたがお金を貸す、ましてや他から借りて来てまで貸す必要はありません。

無いものは貸せないとはっきり断りましょう。あなたの家族に災いが及ぶことさえあります。それで彼女の態度が変わるならそれまでの人だと思えばいいのです。

どうせ結婚するから

どうせ結婚するからなんて言う相手は特に注意しましょう。結婚しても借金は借金、帳消しにはなりません。そういう相手は貸したら別れる可能性が高くなります。結婚詐欺師がよく使う手段です。

それでもあなたがお金を貸すなら借用証書は絶対に書かせましょう。こういった場合、言いにくいのですが、お金を借りるためにあなたを利用されたと考える方が自然です。

確実に返済を迫る方法

返済が遅れている場合はメールや電話で連絡をします。それでも反応がない場合は、内容証明郵便と配達証明を送付し、期限を設定して履行できなければ法的手段に出ることを伝えます。

法的手段に訴えるということを書き添えることで相手に心理的圧迫を加える効果があります。その上で様子を見て状況が変わらなければ、予定通り訴訟を起こします。

しかし、もし相手が引越して何処にいるのかわからない場合は、探偵を使い調査したりします。職場がわかれば住所は直ぐに判明しますから、諦めずに取り立てましょう。何らかの糸口はあるはずです。

まとめ

1. 元カノでもお金を貸すことはリスクを伴う
2. 新たな恋人との間にもひびが入るかも
3. 税金上の問題もある
4. 回収できない可能性も
5. どうせ結婚するからは常用手段
6. 確実な回収方法とは?

貸したお金を取り戻す方法 金銭トラブル解決法!

貸したお金を取り戻す方法 金銭トラブル解決法!

元カノにお金を貸して困っている方、いかがでしたか?お金が回収できないのは辛いですよね。

相手が好きで、困っているから助けたいあなたの気持ちを踏みにじる行為に対してどう対処したらいいのか困るでしょう。

絶対に泣き寝入りはしないで下さい。こうした借金問題は弁護士に相談しましょう。裁判になってもしっかり貸したお金は回収しましょう。

そしてこうした事態にならないように、恋人であってもお金の貸し借りはしないことです。ましてや結婚をちらつかせ借金を申し入れする恋人はあなたのお金が目当てと考えましょう。

【こちらも読まれています】

お金を返してもらうには?知っておくべき借り手別言い方!! 
お金を友達や知り合いに貸した経験ありますか?きちんと返済してくれればいいのですが、そうでない場合貸した方はどうすればいいのでしょうか?借りた人より貸した人が気を遣い、返済をしてくれない友達に文句が言えない、その挙句、友達関係まで崩壊してしまうことってよくあるんですよ。では良い関係を崩さないで、お金の催促をする方法なんてあるのでしょうか?

コメント