元旦那からの連絡がしつこいと感じるあなた!安全に逃げる方法はこれだ!

スポンサーリンク

面会交流で子供と会うために元旦那とは連絡をとりますが、それ以外に頻繁に連絡して来て近況について口を出したり、子供にあらぬことを吹き込んだりする元旦那に悩む女性は多いのです。

そうした元旦那の過剰な接触に精神的に悩んでいる人へ、安全に逃げる方法はないのか検証して行きましょう。安心して生活が送れるといいですね。

しつこく連絡してくる元夫の心理

離婚後に嫌がらせをしてくる大部分の元旦那の心理は“未練”です。元の鞘に収まることを期待して連絡をしてくるのです。

次に考えられる理由は“復讐”です。あなたが子供と幸せそうに暮らしている姿を見たり、想像すると自分から去って行ったことを逆恨みして嫌がらせをする場合です。

子供と離れた“寂しさ”から連絡をしてくる可能性もあります。つまり子供に会いたい一心で連絡をしてくるのです。

実際にあった話には、離婚時に取り決めた養育費や財産分与に“不平不満”があって嫌がらせのつもりで連絡をする人もいます。

離婚後の”ストレス解消”のために連絡をする男性もいます。離婚したことで職場や周囲からの視線に、ストレスを溜める男性です。これは妄想と言っていいでしょう。

ストーカーになる可能性も

嫌がらせも度が超えるとストーカーになります。昼夜関係なく電話して来たり、メールやラインを一日大量に送りつけて来たりします。

また、いつも監視されているような気持ちになったりします。会社近くで待ち伏せしたり、自宅に押し掛けて来ることも考えられます。子供がいれば小学校の外で待ち伏せすることもあります。

さらにエスカレートすれば元妻の勤務先や近所、知り合いに悪口を言いふらしたり、ネット上で誹謗中傷行をする為も実際にありました。

こうした名誉毀損や侮辱罪、ストーカー規制法に抵触する行為は看過できません。毅然とした対策を取ることが重要になります。

対処方法

こうした元旦那からの嫌がらせ行為にはどういった対処方法があるのでしょうか?子供と落ち着いた生活を送るためにはどうすればいいのでしょうか?

犯罪の可能性がある行為に対しては、速やかに警察に相談しましょう。

警察の対応としては、ストーカー規制法に基づく警告を元旦那に出してくれます。また、接近禁止命令を出してくれるので自分の周囲に近寄ることが禁止されます。

ストーカーに対する警察の不備が幾度も指摘されたので、警察も元旦那の行為を捜査して最大限の対処が期待できます。ただしあなた自身も不用意な外出をしないなど身の回りに注意を払いましょう。

家庭裁判所の調停を申し立てる

もし、離婚時の条件が元旦那の違法行為を起こす原因だとしたら、家庭裁判所の見直しを請求できます。これにより設定された離婚条件を調整してくれます。

また、離婚後に元旦那に住所や連絡先を知られたくなければ、「非開示の希望に関する申出書」を提出する方法もあります。

身の危険を感じる時は引越しも

警察から警告を受けてもストーカーをやめるとは限りません。そうした際は、引越しをする事も選択肢の1つです。引越し先では市町村区役所に申請書を出せば住民票などの情報は開示されません。

子供の学校や親が身近に住んでいるから引越しは難しいという方もいるでしょうが、命の危険があることも考えて真剣に考えましょう。

執拗な元旦那の嫌がらせには弁護士

こうした元旦那の行為には1対1で交渉することは危険があります。面会交渉、養育費、財産分与の見直しを個人で進めるのは絶対にはやめましょう。

専門の弁護士に依頼をすれば間に入って交渉をしてくれます。もちろん、警察に身の危険も必ず訴えておきましょう。

母子生活支援施設

「児童福祉法」で定められている施設に母子生活支援施設があります。DVシェルターとも言われますが、離婚後の母親や子供(18歳未満)を保護して、仕事や学校を提供してくれる自立支援施設です。

この施設は情報が公になっていない点からして、保護してもらえれば安心して生活を送ることができます。また公的な施設だから安心です。

ただし入所する上で他の入所者のプライバシーもあり外出や外部との連絡が厳しく制限されるケースもあります。

また使用が制限されている携帯電話を安易に使い、GPS機能で元旦那に居場所が知られた事例もあります。利用する際は事前に禁止行為など確認しておきましょう。

心理カウンセリング

常に元旦那からの嫌がらせに怯えているなら、心理カウンセリングを受けるのもいいでしょう。

溜まったストレスを発散する機会になりますし、冷静さを失いがちな心をサポートしてくれます。

まとめ

1. 離婚後しつこく連絡して来る元旦那の共通点とは?
2. 放置すればストーカーになる可能性もある
3. 対処方法は?
4. 心理カウンセリングで落ち着こう

【激-修羅場】DVで離婚、元旦那ストーカー化、私「遠方引越し」ドア『ピンポーン』ぎゃぁ~

【激-修羅場】DVで離婚、元旦那ストーカー化、私「遠方引越し」ドア『ピンポーン』ぎゃぁ~…

離婚後執拗な元旦那の連絡を放っておくとエスカレートして、ストーカーになる可能性があります。面会交流以外の話で何度も連絡して来る元旦那には毅然とした態度が望ましいのです。

ただし、そうした場合には、個人的に解決しようと考えないで弁護士に相談しましょう。

【こちらも読まれています】

元彼がしつこい!怖い!対処法は?警察はいつ相談をするのが良い?
別れた元彼からの連絡がしつこい…最初は面倒臭いな、くらいだったものが、エスカレートしてきて最近はなんだか怖い。恐怖心から、焦ってLINEをブロックしたり連絡先を変えたりしてしまう女性も多いと思いますが、ちょっと待った。早まった行動は少し危険です。

コメント