PR

抜けた歯を投げる時の掛け声は「ネズミの歯と変えてくれ」と言う地方は?

子供の乳歯が抜けた時、屋根に投げた記憶がある方が多いはずです。

子供を持つ親御さん達に、何故投げるのかと聞いてみても、祖母や身内の方から、縁起がいいなどの話を聞いて、よくわからないまま実行しているという答えが多いです。

明確な答えが返ってくる事の方が珍しいのではないでしょうか?

投げた歯はその後どうなるのか、なんで投げると縁起がいいのか、詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで、どうして子供の歯を投げるのか、調べてみましょう!

せっかく抜けた歯を投げるのですから、しっかり意味を知り、実行していきましょう!

抜けた歯を投げる風習はいつからはじまった?

そもそも、いつから抜けた歯を投げ始めたのでしょう?

日本では、各地で様々な投げ方がとても古くから受け継がれています。

東北地方~九州地方まで、歯を投げる風習があり、投げる時のおまじないの言葉は多少異なりますが、投げない地域はありません。

「次に生えてくる、丈夫な歯を願って、上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かって投げる」という意味は全国同じなようです。

海外の方でも、抜けた歯を投げる所もあるので、どの国の人でも、子供への健康や成長への願いは同じですね!

抜けた歯を投げる時の掛け声は「ネズミの歯と変えてくれ」?

各地によって、おまじないの言葉の動物が微妙に違います。

  • 東北地方では「鬼の歯」
  • 関東地方では「鬼の歯と、鼠の歯」
  • 信越地方では「鬼の歯」
  • 東海地方では「いい歯」
  • 北陸地方では「鼠の歯」
  • 近畿地方では「鼠の歯」
  • 中国地方では「鼠の歯と、雀の歯」
  • 九州地方では「鼠の歯」

になります。

「ネズミの歯と変えてくれ」は、北陸地方から九州地方で伝えられているおまじないになります。

何故ネズミの歯なのでしょう?

ネズミの歯は、一生伸び続ける事から、ネズミの歯のような、丈夫な永久歯が生えてきますように!という意味になります。

抜けた歯を投げる時にマンションはどうする?

上の歯が抜けたら下に投げ、下の歯が抜けたら上に投げるという風習ですが、近年、マンション住まいの方々が増えてきています。

マンションだと、「屋根の上」に投げる「床下」に投げる、なんて無理な話ですよね、ではどうしたらいいのでしょう?

そもそも、マンションで投げてもいい物なのでしょうか?

マンションでは、歯を投げてはいけません、投げてしまうと、「ごみの投げ捨て行為」になってしまいます、

投げて他の住民や、通行人に当たってしまう可能性もあり、大変危険な行為になります。なので、抜けた歯は投げずに、大切にお子さんの記念として保管することにしてください。

抜けた歯は投げてはいけない?

抜けた歯を投げてはいけない地域はありません。ですが最近では、投げずに記念に保管しておく親御さん達が多いそうです。

マンションなど環境の変化や、思い出として大事に保管しておきたいという考えの変化ではないでしょうか?

雑貨屋などで、様々なデザインのトゥーケースという物も売っているため、保管も楽にできます。他にも、再生医療にも使えるそうなので、そちらに提供するということもできます。

歯が抜けたらお祝いをする?歌もあるって本当?

乳歯が抜けるということは、子供が成長しているという事になります。

お祝いをするご家庭は多いのではないでしょうか?

x.com

お祝いの仕方は、各家庭で違いますが、Twitterなどにも沢山のお祝いがありました。

乳歯の抜けた時に歌う歌は、決められていませんが、ケーキやご馳走を用意して楽しく祝ってあげてくださいね。

最近では、スマホアプリを使用して写真を加工したりして、記念にしている方も多いようです。

歯が抜けたら世界ではどうしてる?

日本では、乳歯を投げ次の永久歯が丈夫でありますようにとゆう風習ですが、海外ではどうしているのでしょう?

日本と同じように、抜けた歯を投げる国も多いようですが、アクセサリーにしたり、動物に食べさせるなど、様々な方法があります。

  • 屋根の上に投げる
  • 枕の下に入れる
  • 地面に投げる

上記の方法が多いようです。

日本と同じように、「丈夫な歯」への願掛けもありますが、「財産」が増えるようにという言い伝えもあります。

まとめ

「抜けた乳歯を投げる」は、誰もが知っていても、何故投げるのかはよくわからない方が多い風習だと思います。

私も調べるまでは、意味はあまりわかりませんでした。

ですが、乳歯が抜けて、永久歯が生えてくるのは、大事な子供たちの成長の一つであり、喜ばしい事です。

「ネズミの歯と変えてくれ」と、ネズミの歯のような丈夫な永久歯が生えてくる事を願掛けて投げてみてくださいね。

もちろん各地域でおまじないの言葉は違いますが、子供の成長を願い、「ネズミの歯と変えてくれ」など、皆さんの知っている言葉で、「次に生えてくる、丈夫な歯を願って、上の歯は下に向かって、下の歯は上に向かって投げる」願掛けをし、お祝いをしてあげてください。

近年増加しているマンションなど、投げる事が出来ない環境なら、投げなくても大丈夫です、様々な可愛いトゥーケースなど、保存できる物も沢山売っているので、記念にとっておけますよ。

海外の方でも、多くは投げてお祝いをしているので、身近に海外の方が居たら、一緒にお祝いをするのも楽しいですよね。

是非、お子さんの乳歯が抜けたら、「成長」を願って楽しくお祝いしてあげてくださいね。

■こちらも読まれています
・ 芸能人でインプラントを公表している人まとめ!インプラントの費用は?

タイトルとURLをコピーしました