三沢基地航空祭2019!駐車場の穴場は?ブルーインパルスはどこで見る?

スポンサーリンク

航空機ファンだけではなくファミリーなど多くの方が楽しめる航空祭、そんなひとつである三沢基地航空祭が2019年にも開催決定しています。

毎年多くの方が訪れる航空祭の中でも人気の高い航空祭として知られていて、そんな三沢基地航空祭へ行く際は駐車場なども気になるところですよね。

ここでは2019年三沢基地航空祭へ行こうと考えている方に向けて、三沢基地航空祭の見どころはもちろん、駐車場の穴場やブルーインパルスについての情報をまとめています。

三沢基地航空祭を2019年もたっぷり楽しむため、見どころや駐車場情報、気になるブルーインパルス情報などは早めにチェックしていきましょう!

【三沢基地航空祭2019!イベントの概要は?】

2019年三沢基地航空祭について、まずは何よりも知っておきたいイベントの概要、三沢基地航空祭についてをチェックしていきましょう。

三沢基地航空祭2019

日程9月8日(日)
時間:8時半から15時
場所:航空自衛隊三沢基地

公式サイト:

航空自衛隊 三沢基地
三沢基地,航空自衛隊

三沢基地航空祭は人気ある航空祭の一つとして知られていて、毎年10万人もの人出があり賑わっているイベントです。

三沢基地は航空自衛隊で唯一の日米共同使用航空作戦基地であり、航空自衛隊に属する15個部隊、米空軍のF-16戦闘機なども常駐しています。

昭和13年から建設、昭和17年に三沢海軍航空隊の飛行場として、そののち第524海軍航空隊などが配備されたことが三沢基地の始まりとなりました。

自衛隊にとっても日米共同の場所であること、地理や能力をみても三沢基地は北部防衛の要石であることなど、非常に重要な場所となっています。

三沢飛行場は航空自衛隊とアメリカ空軍が使用していますが同時に民間空港でもあり、「三沢空港」として一般的には知られています。

入れない場所や共用で利用しているという特性上空港の施設や敷地境界付近からの飛行機撮影などに制約は多いものの、自衛隊からアメリカ空軍、民間と多くの方が利用する場所なんですね。

【三沢基地航空祭2019駐車場情報!どこに駐車をする?】

三沢基地航空祭に車で向かいたい場合に知っておきたい駐車場情報ですが、残念ながら三沢基地には駐車場はありません

しかし周辺に臨時に駐車場が用意されていて、例年であれば無料駐車場で4,500台以上の駐車が可能なのでこちらを利用してください。

無料駐車場については今年についての情報はまだありませんが、例年であれば以下の駐車場が開放されるのでチェックしておきましょう!

◎小川原湖畔臨時駐車場
住所:青森県三沢市大字三沢字淋代平116-2858
収容台数:1,500台
◎五川目臨時駐車場
住所:青森県三沢市五川目2-57
収容台数:1,400台
◎浜三沢一般駐車場
住所:青森県三沢市三沢横沢55
収容台数:1,800台

これらの駐車場であれば無料で停められシャトルバスも利用できるものの、残念ながら人出はこれよりも遥かに多く、駐車場の混雑や早くに満車になる可能性も高いです。

早めに駐車場を確保しシャトルバスを利用するのも手ですし、駐車できない、混雑に巻き込まれるなどの危険を回避するためには八戸市などの民間駐車場を利用する方法もあります。

その後電車を利用すれば駐車場の混雑はなく三沢基地航空祭へ行くことが可能なので、駐車料金や電車代はかかってしまうもののぜひ検討してみてください。

ちなみにシャトルバスについてはそれぞれの無料駐車場から有料で、高校生以上は往復1,000円、小中学生が往復500円で利用することが出来ます!

【イベントの混雑情報は?駐車場にスムーズにはいるにはどれぐらい前から並ぶ?】

三沢基地航空祭、今年2019年はブルーインパルスがやってくることも決定しているので、昨年よりさらに混雑することが予想されます。

無料駐車場を利用したい場合は早くから移動しておくことが大切ですが、例年通りであれば無料駐車場「五川目」「浜三沢」場合、前日の13時から駐車・宿泊可能なんです。

小川原湖畔は前日にオートキャンプ場で宿泊してシャトルバスを利用する方法が勧められているなど、駐車場にスムーズに入る、場所を確保するには前日からの行動が必要なレベルです。

またこれらの駐車場を利用する場合は確保もですが帰りが特に大変で、帰りのシャトルバスに乗るのにまず1~2時間、さらに帰りは渋滞のなか数時間かけて出なければなりません。

少し離れた民間駐車場を利用して電車で会場に移動するほうが結果的に早く帰宅出来る可能性も高く、スケジュールなどを考えた上で調整していきましょう。

【ブルーインパルスはいつ飛ぶの?予行練習でも見学可能?】

三沢基地航空祭2019ではブルーインパルスがやってくることが決定していますが、あいにく飛ぶ時間については情報がまだありません。

昨年はブルーインパルスの参加予定だったものの北海道胆振東部地震の発生で参加が見送られた経歴があり、昨年のスケジュールを参考にすると

12時40分から13時20分

ブルーインパルスショーでした。

その他のスケジュールも今年の三沢基地航空祭についてはまだわかりませんので、昨年の展示を参考にチェックしておきましょう

飛行展示

8時30分~:オープニングフライト
9時20分~:機動飛行展示
10時15分~:デモスクランブル
10時25分~:F-2模擬空対地攻撃・空砲攻撃
12時15分~:ウォークダウン
12時40分~:ブルーインパルスショー
13時20分~:ウォークバック
13時40分~:空中消火展示
14時30分~:捜索救難展示

地上展示

8時45分~:開会式
9時30分~:警備犬訓練展示
10時50分~:警備犬訓練展示
11時~:基地太鼓部演奏
11時20分~:北部航空音楽隊演奏
14時~:警備犬訓練展示

開催時間中展示

・F-2コクピット展示
・F-2翼上ウォーク
・航空機用エンジン展示
・救命装備品展示
・キッズランド

2019年三沢基地航空祭でのブルーインパルス予行飛行はいつ頃行うのか情報がまだありませんでしたので、予行飛行も見逃したくない方はこまめに情報をチェックするようにしておきましょう

【ブルーインパルスをじっくり・ゆっくり見るには?有料観覧席はあるの?】

せっかくのブルーインパルス、三沢基地航空祭で見る場合もできるだけゆっくり、そしてじっくり見られるように事前準備をしておきたいですよね。

しかし残念ながら三沢基地航空祭は毎年10万人以上が訪れる大規模なイベントで、その中でもブルーインパルスの人気は高く、誰もが同じようにじっくり見たいと思っています。

なるべくゆっくり見たい場合は当日のスケジュールを事前に確認し、早めに場所を確保しておくくらいしか出来ませんが、まだ暑い可能性もある季節の開催なのでご注意ください。

また有料の観覧席があるならお金を払ってでもゆっくり見たいところですが、残念ながら有料観覧席についても情報がありません

場所に関しては事前にしっかり情報をチェックしておけばある程度見やすい場所を確保しておく、早くから見やすい場所に移動するなども可能ですが、やはり暑さにはご注意くださいね。

【三沢基地の常連はツアーで参加!おすすめのツアーやホテルは?】

三沢基地航空祭にせっかく行ったのに駐車場を探す・移動するだけで一苦労してしまった……なんて方は多く、このようなストレスを回避するためにもツアーでの参加がおすすめです。

高速バス・夜行バスの「ブルーライナー」、また「クラブツーリズム」などでは毎年三沢基地航空祭へのツアーが組まれているので、ぜひ利用してみましょう。

残念ながら2019年の三沢基地航空祭ツアーについてはほとんどが申し込み締切が過ぎているので、チャンスは来年からとなります。

おすすめのツアーの探し方として

・添乗員の方がついている
・会場内で楽しめる

こういったポイントがあります。

ツアーの料金については乗り物や出発地域、プラン内容次第で大きく変わりますが、都内から新幹線で行くツアーは1泊2日で約5万円ほどでしたので参考にしてください。

またせっかく遠出するのであればホテルなどに宿泊してゆっくりする、観光も楽しみたいところ、以下のホテルがおすすめなのでチェックしてみてください!

・星野リゾート 青森屋
・ホテルルートイン三沢
・アネックスプリンスホテル

【三沢基地航空祭2019!ブルーインパルス以外のみどころ3選!】

三沢基地航空祭、ブルーインパルスは多くの方も楽しみにしている見どころではあるものの、もちろんそれ以外にもたくさん見どころがあるのでチェックしていきましょう!

F-2模擬空対地攻撃・空砲攻撃

三沢基地航空祭ではたくさんの飛行展示が毎年開催され見どころが多いですが、その中でもF-2模擬空対地攻撃・空砲攻撃は迫力があり見どころです!

F-2 模擬空対地攻撃・空包射撃 三沢基地航空祭2017

YouTube

模擬攻撃は航空祭以外ではなかなか見ることも出来ない貴重な機会なので、ぜひ今年の三沢基地航空祭のスケジュールが分かったらチェックしておきましょう!

F-16戦闘機機動飛行

アメリカ空軍F-16戦闘機による機動飛行も三沢基地航空祭ならではの見どころで、絶対に見逃したくないポイントです。

三沢基地航空祭2017 米空軍F-16戦闘機による機動飛行

YouTube

日頃航空機のファンではない方でも思わず見入ってしまうほど迫力ある飛行展示が戦闘機の起動飛行で、昨年の場合は朝10時頃からでしたのでチェックしておきましょう!

出店

三沢基地航空祭では多くの出店を楽しめるのが特徴で、地元の名産はもちろん、まだ暑い季節の中のかき氷などもぜひ堪能してください。

三沢基地航空祭「出店」の賑わいはこんな感じ

三沢基地航空祭「出店」の賑わいはこんな感じ

元気に展示を楽しむためにも水分や食べ物の補給も大切で、自衛隊グッズなども販売されているので隅々までチェックしたくなる場所ですよ!

【三沢基地航空祭2019!持ち物必需品はこれ!】

三沢基地航空祭を楽しむために持っておきたい持ち物、逆に持ち込みが禁止されているものも多いので持ち込みが出来ない物などもチェックしておきましょう!

持っておきたい必需品

・タオル
・日焼け止め
・飲み物や食べ物
・レジャーシート
・レインコート

紫外線対策や水分補給はもちろんのこと、雨具についても傘などは風で飛ばされる危険、周囲の危険があるのでレインコートを用意するようにすると良いですね。

出店があるから飲み物などはいらないのではと思っていると混雑でなかなか手に入れることが出来ないなんてこともありえるので、最低限は持っておくと安心です。

持ち込み禁止物

・引火性液体など危険物
・銃砲、刀剣類
(アイスピックやカッターなども)
・椅子
・テーブル
・動物
・ヘリウム入ガス風船
・無線機類
・無線操縦玩具

サイズ規定があるもの

・クーラーボックス
・三脚
・車輪つき乗り物

これらの持ち物は持ち込むことが出来ないまたはサイズ規定があり、無線操縦玩具も禁止されているのでドローンなどももちろん禁止です。

その他として「主催者が行事の進行、施設運営管理の妨げとなる、他の方の迷惑となると判断したもの」も禁止となるのでご注意ください。

入場は徒歩の場合特に身分証明なども必要ないので「免許証を持っていかなければならない」なんてこともありませんが、念の為持っておくと安心です。

【三沢基地航空祭2019!雨天時は中止?9月の青森の気温は?】

三沢基地航空祭は基本的に雨天時も決行となっていますが、飛行展示などは天候の状態により中止や変更の可能性もあります。

雨が降ることも考えて雨具の用意も必須で、先程も軽くお話しましたが傘は危険なため必ず人数分のレインコートなどを用意しておきましょう

青森の9月の気温は平均で20℃程度、しかし夜は一桁になることもあり思った以上に肌寒くなるため、寒さ対策の上着を一枚用意しておくと安心です。

とはいえ逆に日差しが強く熱中症の可能性がないわけではもちろんないので、その日の気温をチェックし暑さ・寒さに対応して置けると良いですね。

【まとめ】

三沢基地航空祭2019の駐車場・見どころ・ブルーインパルスその他飛行展示など、三沢基地航空祭を楽しむための情報まとめ!

1:三沢基地航空祭2019開催は9月8日(日)、朝8時半開始!毎年10万人が訪れる人気イベントなため早めの行動を心がけよう
2:三沢基地航空祭では4,500台以上もの無料駐車場が用意されているものの前日からの確保が必要なレベルの混雑も。遠くの駐車場に停めて電車移動も要検討!
3:三沢基地航空祭の無料駐車場を利用する場合は前日13時から確保が必要なほど混雑する覚悟を、宿泊して楽しむのもあり!当日は帰りの混雑にも注意
4:三沢基地航空祭2019のブルーインパルススケジュールは未発表で、昨年を参考にする場合お昼、12時40分頃からをチェック!
5:三沢基地航空祭に有料観覧席などはなく、ブルーインパルスをゆっくり見たい場合は早めに見やすい場所の確保が必要に
6:車で行くと混雑で疲れてしまう可能性もある三沢基地航空祭、ツアーなどを利用する、前日・当日はホテルに宿泊するなどゆっくり過ごせる方法がおすすめ
7:三沢基地航空祭はブルーインパルスだけが見どころではない!F-2模擬空対地攻撃・空砲攻撃・F-16戦闘機機動飛行・出店などもおすすめ!
8:三沢基地航空祭では持ち込み禁止物が細かく設定されているので必ず事前の確認を、日焼け止めやレインコート、暑さ・寒さ対策など外でのイベントならではの対策も必須
9:三沢基地航空祭が開催される9月の青森の気温は平均20℃、夜は一桁になり肌寒くなることも多く暑さ・寒さどちらの対策もしておくと安心

三沢基地航空祭は毎年10万人もの方が訪れる大規模な人気イベントであり、多くの駐車場が用意されているもののすぐに埋まってしまうほどです。

ツアーを利用する、近場のホテルを利用するなどできるだけ疲れない対策をするのも大切で、当日楽しむためにぜひ準備から念入りに進めていきましょう!

コメント

  1. 三沢市民 より:

    2019年今年の航空祭ではシャトルバスの運行はありません。
    https://www.kokukagaku.jp/info/1852/