水無月の由来をわかりやすい言い方で小学生児童に伝えるには?

スポンサーリンク

小学生から高校生の間で、旧暦について学ぶ機会がありますね。その中でも、小学生の時に習う内容が一番印象的なものですが、それは分かりやすい言葉で、分かりやすく先生方が教えてくれるからなんですよね。

小学校の先生で、旧暦について分かりやすい教え方を探している方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

水無月の由来を小学校児童にわかりやすく伝える方法!

まず、水無月が何の月を指しているのか、分からないといけませんね。水無月とは、現在では6月を指す言葉として知られています。

ですが、旧暦と新暦では1か月ほどのズレがあると言われているので、厳密に言うと、6月の下旬から8月の上旬くらいを指しています。

水無月という字から、なんだか「水がない月」と思われがちですよね。でも、この字の中にある「無」という字は、助詞の「~の」を指す言葉であるために、直訳すれば「水の月」となるんです。

6月と言えば、梅雨の時期ですよね。梅雨が明ければ、どこの田んぼにも水がたくさんあったことでしょう。そこら辺から水無月となったという説が有力だそうです。

ですが、由来には諸説あり、田んぼに水を引くために、田んぼ以外には水がなくなってしまったから、水無月になったという説や、暑さが増してきて、田んぼの水が干上がってしまったことから水無月になったという説もあります。

水無月は、水がない月という風に読めてしまうので、6月を連想しにくく、覚えにくい月になりがちです。ですが、水の月という風に覚えたり、田んぼ以外に水がなくなる月という風に覚えれば、難しくはないんじゃないでしょうか?

水無月のこよみ

水無月のこよみ

水無月の別名は?別名の由来は?

水無月には、たくさんの別名があります。例えば、水張月(みずはりづき)です。その名の通り、田植えを行う6月には、田んぼに水を張るイメージが強いため、水張月とも呼ばれていたそうですよ。

他にも、暑くなってきて、風邪が待ち遠しい月だから、風待月(かぜまちづき)といったり、常夏の花(撫子の花)が咲く月だから、常夏月(とこなつづき)というものもあります。

まだまだありますよ、セミの羽のような薄い衣を着る月だから、蝉羽月(せみのはづき)というのがあったり、雷が鳴ることが多い季節なので、鳴雷月(なるかみづき)という言葉もあります。ちなみに、鳴雷月(なるかみづき)には、雷が神様の化身だと考えられていたので、鳴神月(なるかみづき)という別名もあります。

また、夏の最後の月と言う意味の晩夏(ばんか)も6月のことを指します。なぜなら、旧暦の季節の分け方では、4月、5月、6月が夏となるからです。そのため、季夏(きか)という言葉も、季が四季の終わりを指すために、夏の終わりとなり、6月を指します。

京都で食べた「水無月」というお菓子の由来は?

水無月と言えば、現代では、京都の和菓子を連想する人も多いでしょう。白いういろうの上に小豆を乗せて、三角に切り分けた和菓子です。

この水無月を京都では、6月30日に食べる風習があるんです。そのために、6月30日までに、水無月が京都の和菓子屋さんにずらりと並びます。この水無月には、夏バテしない願掛けが込められています。

その昔、旧暦の6月1日に、氷を口にすると夏バテしないと宮中で氷の節句が行われていました。しかし、庶民には氷を手に入れることは難しく、氷に似せたこの水無月を食べて、夏バテ予防の願掛けをしたそうです。

氷を表現しているので、水無月は三角形にカットされているんです。
さらに、悪魔祓いの意味を持つ小豆を乗せたようです。

https://item.rakuten.co.jp/sasayasyoen/minaduki6/

京都 水無月のお菓子 仙太郎 みなづき Kyoto Japanese Traditional sweets Talisman

京都 水無月のお菓子 仙太郎 みなづき Kyoto Japanese Traditional sweets Talisman

他の旧暦も合わせて伝えたい!日本独自の暦について児童への説明方法とは?

万葉集や日本書記などにも登場するほど古い日本独特の暦がありましたが、現在は海外と認識を同じにするために数字が使われています。そのため、現在では旧暦の月の呼び名は、月の異名と呼ばれることが多いです。

現在でも、よく耳にするのが12月を意味する師走ですよね。
テレビや雑誌などでも使われますね。

睦月(むつき)は、1月を意味しており、お正月に家族が集まり、睦み合う(むつみあう・互いに親しみ合う)ことから来ています。

2月の如月(きさらぎ)は、元々は衣更着という漢字であり、寒さから重ね着をする季節という意味だったとされています。

弥生(やよい)は3月であり、弥(いよいよ、ますます)から、ますます草木が生い茂るという意味から来ているとされています。

4月の卯月(うづき)は、卯の花が咲く季節であったことから、そう呼ばれるようになったそうです。

5月の皐月(さつき)は、苗を植え始める月である早苗月(さなえづき)という言葉が省略されたためと言われています。皐の字には、神に捧げる稲という意味があるそうです。

7月の文月(ふみづき)は、七夕の短冊に歌や字を書いて書道の上達を願ったことから、こう呼ばれるようになったとされています。

8月の葉月(はづき)は、旧暦では8月は9月なので、葉が落ちる季節であったために、こう呼ばれるようになったと言われています。

9月の長月(ながつき)は、秋の夜長という意味の夜長月が省略されたというものや、長雨月という言葉が省略されたからと言われています。

10月の神無月(かんなづき)は、神を祭る月であるために、神の月という意味で、こう呼ばれるようになったとされています。

11月の霜月(しもつき)は、霜の降る寒い季節であるためというのが有力です。

12月の師走(しわす)は、年末で師(普段は落ち着いている僧侶や教師)でも忙しく走り回ることから、こう呼ばれるようになりました。

【最後に/まとめ】

1 水無月の由来
2 水無月の別名
3 京都の「水無月」というお菓子の由来
4 他の旧暦も合わせて紹介

現代では、月の異名となってしまった旧暦ですが、細かく由来を見ていくと、季節を感じやすい名前となっており、四季を簡単に連想できる素敵な言葉に感じますね。

水無月という言葉だけを見ると、水がない月だと勘違いしてしまいがちですが、水の月だと覚えると、とても覚えやすい月になりますね!

 

コメント