神子田朝市の年末年始の営業時間は?ひっつみとは?みどころ3選!

スポンサーリンク

年末年始は実家に帰ったり旅行に行ったりしますよね。

朝日が昇るところを見ながら朝市に向かう、というのは風情がありませんか?

この記事では、神子田(みこだ)朝市という岩手県で行われている朝市を紹介しております。

ひっつみという郷土料理や、四季折々の特産品を楽しむことができます。

神子田朝市はなんと年315日開催されており、一年に300日以上朝市が開催されているのはここだけです!

今年の年末旅行に岩手県はいかがでしょうか?

今回の記事では、年末年始の神子田朝市について詳しく説明していこうと思います。

神子田朝市の年末年始の営業時間は?

朝日

神子田朝市は通常、定休日の月曜日を除いた週6日間、朝5時から8時半まで開催されています。

また、5月から12月の間のみ、月曜日が祝日または振替休日の場合は月曜日も開催されています。

年末年始も営業時間は変わりません

しかし、6時頃にはだんだんと店じまいが始まるので、できるだけ早めの来場をお勧めします。

神子田朝市とは?

野菜

神子田朝市ができたのは、旧都南村津志田に「盛岡中央卸売市場」が開設されたことがきっかけです。

中央卸売市場ができたことで、近郊の直売所が立ち退きを迫られたのです。

直売所がなくなってしまう!ということで、生産農家の方々や地元の方々の協力のもと生産農家主体の「盛岡地区生産者立売組合」が結成されました。

そして昭和43年の11月に、新たな場所で朝市が始まったのです。

とても歴史がある朝市です。

普段どのくらいの方が神子田朝市に来るのか気になると思います。

地元の人がほとんどですが、来場人数は非常に多いです。

週末となるとさらに混みあいます。

駐車場が満車になることも珍しくないです。

ゆっくり見て回りたい方は平日の、早めの時間からの来場をおすすめします。

地元の方にとって、神子田朝市とは気軽に行ける産直です。

売られている野菜のお値段もスーパーなどで買うよりも安いので、朝市で食材を買い込み、その日の料理に使うことが多いです。

立ち寄った際に新鮮な食材を買い、地元のとれたての野菜を使った料理を食べるなんていかがですか?

神子田朝市といえばひっつみ!

ひっつみ、という名前はあまり聞き覚えがないと思います。

岩手県で広く親しまれている汁物の郷土料理です。

小麦粉を練って固めたものをひっつまんで、汁に投げ入れて作られたことからひっつみと呼ばれております。

食感は厚めの餃子の皮や、ワンタンなどに似ています。

その他の具材は家庭ごとに異なっており、様々な家庭の味が存在しています。

私は岩手県出身なのですが、私の家庭の鉄板ひっつみ具材はにんじん、ねぎ、しいたけでした。

他にはまいたけや油揚げなどを入れる家庭もあります。

作り方は難しくありません。

薄力粉200gに40度ほどのお湯を80mlを加え、耳たぶほどの柔らかさになるほどにこねて、ひっつまんで和風だしに加えます。

あとは好きな具材を加えて完成です!

わかりやすく動画で紹介されていますので、参考にしてください。

『ひっつみ汁』岩手県の郷土料理♪ | JAPANESE HITTSUMIZIRU Recipe

『ひっつみ汁』岩手県の郷土料理♪ | JAPANESE HITTSUMIZIRU Recipe

神子田朝市でもひっつみを販売しているお店があります。

特に冬だと、冷えた身体に和風だしが染み渡ります!

岩手県民はひっつみを味噌汁代わりに食べることが多いので、朝市で味噌汁を飲む感覚で楽しんでもらえたらなと思います。

神子田朝市の見どころ3選!

野菜

その1

なんといっても新鮮な野菜です!

この記事を読んでいるかたは年末年始の神子田朝市に興味があるのだと思いますが、冬といえば白菜やほうれんそうです!

鍋には鉄板の具材ですね。

人気の食材なので、早めに向かって購入するのがお勧めです。

その2

岩手県民としてきりせんしょは外せません。

こちらも岩手県の郷土料理なのですが、米粉の生地にくるみが入った餅菓子です。

きりせんしょも作り手によって差があるのですが、くるみダレが入っているきりせんしょは特にお勧めです。

私もよく食べています!もちもちした食感の中に、とろりとした甘いくるみのタレが広がるのがたまりません。

その3

マドカ珈琲店の温かいコーヒーは冷えた身体に染み渡ります。

神子田朝市の営業時間に合わせて営業している珈琲店なので、営業時間は5時から8時半となっております。

オリジナルブレンドコーヒーは神子田朝市に来訪する方に大人気で、紙カップを持ってゆっくりしている方がたくさんいらっしゃいます。

150円と手ごろなお値段なので、ぜひ一杯いかがですか?

神子田朝市までのアクセスは?駐車場は?

駐車場

神子田朝市の最寄り駅は仙北町駅となります。

しかし、駅から徒歩だと30分ほどかかってしまうので、寒い冬にはあまりお勧めできません。

また、盛岡駅から仙北町駅へ向かう電車は一番早くても5時19分盛岡駅発なので、車がお勧めです。

車で向かう場合、三か所の駐車場と臨時駐車場があります。

神子田朝市の開催場所を囲むように駐車場が設置されています。

国道4号線沿いに朝市の標識があるので、そちらに向かうと駐車場となります。

細い路地なので、大きな通りから駐車場に向かってください。

盛岡の魅力は?

盛岡の街

盛岡の魅力は、なんといっても昔から愛されるお店の多さです。

神子田朝市を楽しんだ後は、仙北町駅周辺から盛岡駅周辺で楽しむのはいかがですか?

盛岡市は地元の方に愛されているお店が多く、また、私も仙北町駅周辺によく足を運んでいたので、厳選したおすすめのお店を2件紹介します。

手づくりパン ORANGE

神子田朝市から仙北町駅に戻る途中に、手づくりパン ORANGEというパン屋さんがあります。

アットホームなお店で、素朴で美味しいパンがたくさん並んでいます。

500円あればおなかいっぱいになるほどパンが買えるので、お昼ご飯にするのがお勧めです。

惣菜パンから定番のパンまで、たくさん種類があります。

私のおすすめはメロンパンです!

甘さが控えめでさくさくとしたタイプのメロンパンで、学生の頃はよく食べていました。

その他だと、袋詰めされたパンの耳が40円で売っているので、家で簡単なパン耳ラスクを作る時などは重宝します。

月曜日が定休日で、火曜から金曜日は10字から18時、土日は15時までの営業となっております。

焼肉・冷麺ヤマト 盛岡本宮店

仙北町駅から盛岡駅の間には、焼肉・冷麺ヤマト 盛岡本宮店という焼肉屋さんがあります。

岩手県民にはおなじみの焼肉屋さんです。

ここで食べるものと言ったらやっぱり盛岡冷麺です!

韓国冷麺とは違った独特の味をしています。

盛岡冷麺はでんぷんがベースの麺をしており、具材もたまご、キュウリ、お肉、カクテキ、そしてスイカなどボリュームがあります。

岩手県民は当たり前なのですが、焼肉屋さんで盛岡冷麺だけ頼んで食べていく人もたくさんいるので、無理に焼肉まで食べることはありません。

ちなみに、岩手県で冷麺というと盛岡冷麺のことを指すので、地元の方に冷麺を食べに行きたいなというとほとんどの方が盛岡冷麺のお店を紹介すると思います。

一度食べるとクセになってしまいますよ!

私も冷麺まつりにはよく足を運びますし、自宅でも湯がくだけの麺を買って食べています。

戸田久というメーカーが出している盛岡冷麺は賞味期限が長いのでおすすめです。

焼肉・冷麺ヤマトでは冷麺まつりというイベントが時折開催されており、普談750円の盛岡冷麺が半額の390円で楽しむことができます。

期間内は焼肉も安くなっていますので狙い目です。

冷麺まつり期間中は混雑しますので、時間に余裕をもって来店してください。

営業時間

10月~2月

11:00~23:00(ラストオーダー 22:30)

3月~9月

11:00~24:00(ラストオーダー 23:30)

冷麺まつり期間(通年)

11:00~24:00(ラストオーダー 23:30)

ランチタイム(通年)

11:00~15:00

まとめ

いかがでしたが?

年末年始の旅行に岩手県を選んでいただけたら幸いです。

神子田朝市は一見の価値ありなので、気軽に足を運んでいただけたらなと思います。

神子田朝市は月曜以外は5時から8時半まで営業しております。

駐車場は混みあいますので、車の場合は早めに向かってください。

季節毎の新鮮な野菜だけでなく、郷土料理も豊富に揃っていますので、岩手県の味がたくさん楽しめると思います。

神子田朝市の後には昔ながらのパン屋さんや盛岡冷麺をぜひ楽しんでください。

この記事では年末年始の神子田朝市にスポットを当てましたが、年中開催されている朝市なのでいつ訪れても楽しめることは確実です!

岩手県に訪れる機会があれば参考にしてください。

【こちらも読まれています】

合格祈願にご利益のある東北の神社5選!お参りの正しい方法やご祈祷は?
日夜試験勉強に取り組むわが子の姿を見るにつけ、どうかその努力が報われることを祈らずにはいられません。どうせ参拝するなら、合格のご利益があるところへお参りしてみてはいかがでしょうか。これから、合格祈願するのにぴったりな東北の神社、仏閣をご紹介していきます

コメント