メキシコ死者の日に人気のメイクとやり方は?死者の日の飾りやマリーゴールドとの関係は?

スポンサーリンク

死者の日 メイク

日本で言うところのお盆にあたるメキシコの行事として「死者の日」があり、死者の日ではメキシコ全土で盛大な祝祭が行われ、多くの方が盛り上がっています。

そんな盛り上がる要素のひとつとして多くの方が死者の日ならではのメイクをするというものがあり、死者の日のニュースで派手なメイクと衣装姿を見た方も多いのではないでしょうか。

ここではメキシコの盛大なお祭り「死者の日」について、どんなメイクが人気なのかはもちろん、死者の日の飾りやマリーゴールドとの関係についてもまとめています。

死者の日のメイクについてはもちろん、死者の日とはどんなイベントなのか、どういった楽しみ方があるかもまとめているのでぜひご確認ください!

メキシコ死者の日に人気のメイクとやり方は?

メキシコの死者の日での人気のメイクといえば骸骨で、これはかつて有名なイラストレーターが当時の階級社会を皮肉って書いた女性貴族の絵が元になっています。

メキシコでは花と骸骨をあわせたメイクが人気で定番となっていますが、写真を見るとどうやってこんなメイクをするんだろうと思ってしまうかもしれませんので、動画も参考にしてみましょう。

【ハロウィンメイク】派手に目立とう!カラフルな死者スカルメイク♪

【ハロウィンメイク】派手に目立とう!カラフルな死者スカルメイク♪

まずは骸骨メイクの特徴的な顔の白さを作るために顔を白く丁寧に塗っていき、ベビーパウダーや白のアイシャドーなどでムラを整えていきます。

次に目の周りを黒のドーランと細い筆を使ってパンダのように黒い円を描き、中を同じ黒で塗りつぶすようにしていきましょう(目に入らないようにご注意ください)。

次は鼻部分で、こちらも細い筆を使いながらスペードを描くイメージで黒く塗りますが、この際鼻のアウトラインなどに沿うように塗っていくときれいな仕上がりになります。

口はまず最初にぐっとラインを伸ばすように片方に書き、できるだけ対象になるように反対側も同じように書いてから唇を黒く塗っていきましょう。

伸ばしたライン上に縦線を3本くらい書いたらベースはOKで、額や頬など好みに合わせて花や太陽を書いていくため、まずは縁をとってイメージを固めていきましょう。

縁を取ったら花びらの中をお好みの色で塗っていきますが、あなたのオリジナリティを出していける部分なので頑張ってください。

後はどこまで凝るか、こだわって描いていくかのみで、自分が満足するまでメイクを続け、終わったら骸骨メイクの完成です!

そもそも死者の日とは?ドクロとマリーゴールドの関係は?

マリーゴールドと蝶

日本でのお盆にあたるメキシコの死者の日は日本では元々あまり知られていませんでしたが、映画「リメンバー・ミー」で一気に話題となり広く知られることになりました。

日本のお盆同様亡くなったご先祖様や家族が帰ってくるというのが死者の日で、一方日本のお盆とは雰囲気が違い、音楽やダンスで盛り上がる、お墓を美しく飾るなど華やかな日です。

死者の日日程

11月1日・2日

死者の日はこのように定められていて、1日は子どもの霊が帰ってくる日、2日は大人の霊が帰ってくる日となっているため、特に1日は子どもの仮装を多く見かけることになります。

各地でパレードなども盛り上がり多くの方が参加している、また広く知られ観光の方なども増えているため、死者の日の期間はメキシコ各地で多くの方で盛り上がっているんですね。

メキシコでは骸骨とは「死と生まれ変わりの象徴」であり、古く3,000年前ほどから先祖の骸骨を身近に飾る風習があって、この習慣が現在の死者の日の骸骨に繋がっています。

またメキシコのアステカ族の祝祭として「死の婦人」とも呼ばれた冥府の女神に捧げるものがあり、時代の移り変わりによって死者の貴婦人・カトリーナに捧げる祝祭となりました。

更に1800年のスペイン侵略後カトリックの「聖人の日」と融合し、現在の11月1日・2日に行われる死者の日となっていったんですね。

死者の日にはマリーゴールドが大量に飾られ特別な花という印象がありますが、マリーゴールドには「死者の世界から祭壇まで死者を導く」という言い伝えがあり、死者の日に欠かせない花です。

祭壇やお墓にマリーゴールドが多く飾られるのはこういった言い伝えが元になっていて、メキシコでは死者の日に合わせてマリーゴールドも大量に栽培されているんですよ。

死者の日の飾り付けで街は一色に!

骸骨のイラスト

メキシコ各地で盛り上がる死者の日、日本のお盆とは違いお祭りのイメージが強く盛り上がっていると言葉だけではなかなかわかりにくいので、動画も参考に見てみましょう。

【メキシコ】死者の日 リメンバーミーの世界 Dia de los Muertos Aguascalientes, Mexico

【メキシコ】死者の日 リメンバーミーの世界 Dia de los Muertos Aguascalientes, Mexico

こうして動画を確認すると多くの祭壇が飾られているのが目立ち、その他街中も死者の日の飾り付けでとても華やかになっていますね。

死者の日に用意される祭壇は「オフレンダ」といい、鮮やかなオレンジのマリーゴールド、そしておもちゃやテキーラの瓶をはじめ、故人が好きだったものをお供えするのが一般的です。

飾りの中には「パペルピカド」と呼ばれる切り絵をはじめ、ピアスやワッペン、Tシャツなども骸骨デザインに、食べ物も骸骨モチーフが増えるなど、多くのものがあります。

オフレンダはこういった食べ物や飾り、マリーゴールドで作るものであり、それぞれ凝ったオフレンダや大きなオフレンダなど個性も出しつつ統一したモチーフもあるので見ていて飽きませんね!

死者の日に日本から参加をしたい!ツアーはあるの?

骸骨メイクの人

こうやって死者の日を見ていくと一度参加してみたい、日本から参加してみたいと思う方も多いかもしれませんが、日本から死者の日に参加できるツアーもあります。

 

残念ながら2019年のツアー販売はすでに終了してしまっているので、もしこちらのツアーを検討している方はぜひ来年にチェックしてみましょう。

ツアー料金はおおよそ300,000~500,000円弱ほど、5泊8日など一週間程度のツアーが多くあり、死者の日だけではなくメキシコ観光などもできるツアーもあるのでお得です!

死者の日のメキシコの治安は?

メキシコの街中

死者の日はメキシコ各地がお祭りの雰囲気で多くの方で盛り上がり、日本から直行便で行けるメキシコシティのソカロには巨大なオフレンダも設置されるのでどこを見ても観光客状態になります。

残念ながらこういった日はスリなども多発するので十分注意し、被害に遭わないよう事前に対策を練っておくことも大切です。

死者の日は多くの方がお祭り気分で盛り上がるからこそスリなども多くなるため、日頃から治安の悪いエリアではもちろん、その他のエリアでも注意は絶対にしておきましょう。

死者の日に守りたい観光客のマナーは?

たくさんの骸骨の飾り

死者の日は日本のお盆と違い華やかで盛り上がる、音楽やダンスで楽しいという印象が強く、観光客も多く訪れる大きなイベントとなっています。

しかしその目的はあくまで死者と向き合うことであり、陽気に振る舞っているように見えてもメキシコの方にとっては死者が帰ってくる大切な日であることを忘れてはいけません。

オフレンダも死者を迎えるために作られたものであり決してお祭り装置ではないので、不用意に触れたり許可なしに写真撮影をすることはやめましょう。

華やかに見えても死者と向き合う現地の方の気持ちは本物、観光客としてはそういった感情に配慮し、その上で死者の日の雰囲気を楽しんでくださいね。

死者の日だけじゃない!メキシコが魅力である理由3選! その1:メキシコシティ

メキシコシティ

メキシコシティは決して死者の日だけが楽しい場所ではなく、ユニークな雑貨が溢れていたり美術館や博物館が世界トップクラスに多いなどの魅力があります。

多くの入場料金はおよそ400円程度と安くたくさんのミュージアムを巡るだけでも魅力的なので、ぜひ死者の日以外でもメキシコシティを楽しんでみましょう!

死者の日だけじゃない!メキシコが魅力である理由3選! その2:メキシコ中央高原

タコス

メキシコ中央高原にはカラフルな建物が目立つ街が多く中には世界遺産に登録されているエリアもあり、古代文明の遺跡なども見どころです。

様々な民族が暮らすメキシコ中央高原では多くの刺繍など民芸雑貨を楽しめるのはもちろん、メキシコ中央高原はメキシコ料理発症の地と言われているほどグルメもオススメです。

死者の日だけじゃない!メキシコが魅力である理由3選! その3:カンクン

海岸

ハネムーンでの旅行先の定番、カリブ海に臨むリゾート地であるカンクンは温暖な気候が魅力で、またダイビングやジャングルでのトレッキングなども楽しめます。

リゾート地であるため治安をあまり気にせず過ごせるのも魅力で、ホテルだけではなく時間を気にせず街に出てグルメなどをチェックできるのも嬉しいポイントです。

世界遺産に登録されているマヤ文明の遺跡「ウシュマル」があるのもここで、カンクン周辺だけで何日も楽しく過ごすことが出来ますよ!

メキシコを安全に楽しむために日本人(特に女性)が心得たいことは?

夜景

先程も少しお伝えしましたがメキシコシティには治安が悪い場所もあり、多くの観光客が訪れる死者の日ではスリや置き引きといった被害も多発しています。

夜になると一気に治安が悪くなるエリアもあるため基本的に夜は出歩かない、特に女性の場合一人での移動や一人旅はそもそもできる限り避けてください。

その他女性が特に注意しておきたいメキシコシティでのポイントとしては

「膝上を見せる服装をしない」

というものがあり、これを守っていないと「カモだ」と思われてしまうので気をつけましょう。

またポケットにはものを入れない、女性がメトロに乗る際は必ず女性専用車両を使う、タクシーには一人で乗らないなども注意するポイントです。

どうしても一人でタクシーに乗らなければならない場合は自分で拾うのではなくホテルのフロントにお願いする、またメキシコシティで使えるタクシーサービスアプリ「ウーバー」などもおすすめします。

まとめ

死者の日

メキシコの死者の日ならではの人気メイク、骸骨メイクのやり方とコツ、そもそも死者の日とはなにかなどメキシコでの楽しみ方まとめ!

 

  1. 骸骨メイクはメキシコの死者の日では定番のメイクで百均などのアイテムを使って作ることも可能、日本ではハロウィンなどでも人気!
  2. 死者の日はご先祖様や亡くなった家族が帰ってくるという日本におけるお盆にあたる日で、骸骨やマリーゴールドで祭壇を作り死者を迎える日
  3. オフレンダは骸骨やマリーゴールドはもちろん、故人が好きだった飲み物や食べ物などが供えられている祭壇で、多くの死者の日アイテムも販売されているのでチェックしよう
  4. 日本から死者の日観光に行く場合はツアーが安心かつ便利で、ツアーによっては死者の日観光だけではなくメキシコ観光も組まれていておすすめ!
  5. 残念ながら多くの方が盛り上がり観光客も増える死者の日ではスリなどの犯罪も起こりやすく、事前に対策をしておく、当日注意しておくことも大切
  6. 死者の日はあくまで亡くなった方が戻ってくる死者と向き合う日であることを忘れず、オフレンダや飾られたお墓を無断で写真撮影するのは避けておこう
  7. メキシコシティは決して死者の日だけが楽しい場所ではなくいつでも多くの観光客で盛り上がるエリア、ミュージアムも多く格安で入れるため多くの場所で楽しめる!
  8. メキシコ中央高原はカラフルな街や世界遺産登録されているエリアなどもある人気観光エリアで、メキシコ料理発祥の地とも言われるほどグルメも充実していておすすめ!
  9. ハネムーンの定番カンクンはメキシコ屈指のリゾート地であり、海はもちろんジャングルでのトレッキングなど、幅広い楽しみ方ができる。治安が良いのもGOOD
  10. メキシコは治安が良いとは言えず女性の一人旅や一人での移動はできるだけ避ける、また膝上の服装はしないようにしよう、ポケットなどにもものを入れないように注意

メキシコの死者の日は現在は多くの方に知られていて観光客も多く、骸骨メイクも死者の日を楽しむためなのはもちろん、ハロウィンの仮装などでも人気です。

死者の日について詳しく知ってから死者の日を見るとまた違った印象になりますし、メキシコには他にも多くの魅力があるので、ぜひ死者の日をはじめ観光なども楽しんでくださいね!

【こちらも読まれています】

ハロウィンの説明を保育園児に簡単に伝える方法!おすすめの本は?
10月31日といえば、ハロウィン。しかし、保育園児でもわかるように説明をするのは難しいですね。この記事では、ハロウィンは何の日かと聞かれたときに答えられるように、ハロウィンがどんな日なのかという説明や、ハロウィンがモチーフの絵本や紙芝居などを紹介いたします!

コメント