ハロウィンの迷惑行為!子供がお菓子をもらいにきたら断る方法とは?

スポンサーリンク

ハロウィンは街中がハロウィンの飾りで華やかになったりハロウィンシーズンならではの楽しみも多く、楽しみにしている方も多いですよね。

一方ハロウィンだからといって迷惑がかかるのは困る、特に夜なのに子供が何度もチャイムを鳴らしお菓子を貰いに来るのが迷惑……なんてこともあります。

ここではハロウィンの迷惑行為について、特に子供がお菓子を貰いに来て困っている、迷惑している場合の解決方法や断る方法についてまとめています。

楽しいイベントだからこそハロウィンでの迷惑行為もしっかり対策しておかなければならないので、ぜひ断る方法などをチェックしておきましょう!

【ハロウィンで迷惑!?子供がお菓子をもらいにきたら断る方法とは?】

ハロウィンでの迷惑行為としてよくある問題に「子供がお菓子をもらいにくる」があり、夜何度もチャイムを鳴らしてはお菓子をもらいに来る子どもに迷惑している方が多いです。

まず大前提として、子供がハロウィンだからといって夜にお菓子をもらいにきても、断って何も問題がありません

子供のやることなのでつい許さなければならない、お菓子をあげなければならないと思ってしまいますが、「うちはハロウィンをやっていません」としっかり言い切ってしまっていいんです。

むしろお菓子をあげてしまうと子供から「ハロウィンに参加している家、お菓子をもらえる家」という認識を持たれてしまい、毎年お菓子をもらいにやってくるようになります

お菓子をもらえる家のルールとして
・ジャックオーランタンを飾っている
・玄関に明かりがついている

こういうものがあります。

ですからこういった装飾や明かりを用意せず、家にきた子供にも「ジャックオーランタンを飾っていないからうちではお菓子を配ってないよ」と言えばOKです。

またハロウィンのルールとして
・お菓子を貰う子供は仮装する
・20時頃まで

というものがあり、「ハロウィンならいつでも家を回ってお菓子をもらえる」と思っている子供にはお菓子を渡してしまうのではなく、しっかりハロウィンのルールを伝えていく必要があります。

断ったら傷つける、子供のやることだから許さないとダメと何も言わずにいると子供にとっても知る機会を失い、繰り返してしまうのでまずはしっかり伝えてあげましょう

【ハロウィンのお菓子を断ったら子供からケチ!と近所で言いふらされた!】

一方ハロウィンのお菓子を配る家についてのルールを子供が知らず、お菓子を断ったら子供から「ケチ」などと悪態を言われた「ケチな家」と言いふらされたなどの迷惑行為もあります。

よくあることとして

・「ケチ」と言われた
・「ケチ」と言いふらされた
・家の前でお菓子をくれないと騒がれた

などがありますね。

子供に「ケチ」と言われた場合はいきなり感情的になってしまうとなんのメリットもありませんので、冷静にお菓子を配る家と配らない家があることを伝え、飾りや明かりなどのルールを教えましょう

家の前で騒がれたときも同様で、子供に引っ張られて感情的になってしまうのではなくあくまで冷静に、言い聞かせる必要があります。

また知らないうちに「あの家はケチ」と言いふらされたという話を他所から聞いたなどの場合、相手の家が分かっていれば直接親に相談し、解決したほうが良いです。

一方どこの家の子か分からない場合は頭を悩ませてしまうかもしれませんが、小学生であれば学校などに報告しましょう

学校から「指導」という形でどの子供かわからない場合も対策をしてくれるので、毎年頭を悩ませる、迷惑行為に嫌な思いを続けてしまう前にきちんと対策をしておいたほうが安心です。

【ハロウィンだからといって子供に勝手をさせてはダメ!】

ここまでは他人の子供が家にお菓子を貰いに来た場合の対処法をお話してきましたが、そもそも当然のこととして自分の子供が好き勝手していても良いわけではありません。

事前にハロウィンのルールをしっかり伝え、子供が知らずに迷惑行為をしてしまわないように対策しておくことも重要です。

そのためにはハロウィン当日までにお菓子を貰える家についてのルールを教えておくこと、さらに見知らぬ人から特に手作りのお菓子は貰わないことを伝えてください。

アレルギーを持っている子供の場合は見知らぬ場所でもらったお菓子からアレルギーを発症してしまうこともあるので、きちんと話しておきましょう。

また自分の子供が例えば他所の家に「ケチ!」など言っていた場合、決してハロウィンというお祭りだからと見逃してはいけません。

だからといって頭ごなしに怒ってしまうと子供はそもそも何が悪いのかも分からずに怒られることになってしまうかもしれないので、冷静に話をすることが大切です。

【ハロウィンで子供がお菓子をもらいにこないようにするには?】

そもそもこういう迷惑行為を受けたくない、絶対に子供に訪問してもらいたくないという方に、ハロウィンで子供がお菓子を貰いに来ないようにする防止策も考えておきましょう。

まず最初にお話した「お菓子を配る家」に関するルール家の前にジャックオーランタンの飾りがある玄関に明かりが灯っているを確認しましょう。

知らずにハロウィンを楽しんでいるのはこちらかもしれなく、ハロウィンの夜に子供に来てもらいたくないのであればまずこういった飾りを外します

基本的にはこれだけでハロウィンに参加していない家となるので、参加側の親が事前に子供にしっかり説明していればお菓子をもらいに何度も訪れるなんてこともありません。

そのためにもご近所やグループで事前に相談し、ハロウィンにお菓子を配る家はどこかなど町内でまとめておくと子供も大人も安心してハロウィンを楽しめるのでおすすめです。

【まとめ】

ハロウィンの日に子供がお菓子を貰いに来るのが困るなど、ハロウィンの迷惑行為への対策、断る方法まとめ!

1:子供がお菓子を貰いに来てもそもそも絶対にあげなければならないルールはなく、「うちではハロウィンをしてません」と断って大丈夫
2:「ケチ」など言いふらされた場合は知っている子供の場合は親に連絡、知らない子供の場合は小学校に連絡しよう、当人にしっかり説明するのも大事
3:もちろん自分の子供がハロウィンでの迷惑行為をしないようにしっかり事前に話し合い、お菓子をもらいにいっていい家を話し合っておこう
4:ハロウィンは玄関にジャックオーランタンを飾らない、明かりを灯さないなどで参加していないことを周囲に知らせることも可能、町内で相談もGOOD

ハロウィンは近年盛り上がってきたお祭りで、だからこそ自分達の頃にはなかった子供が家にお菓子をもらいにくるというルールに戸惑ってしまうこともあります。

実際に見知らぬ人からお菓子を貰うのはアレルギーなどの危険もあるため、大人も子供も事前にしっかりルールを把握し、安心に楽しめるようにしていきましょう!

【こちらも読まれています】

ハロウィンに迷惑を子供がかけないために親がすることは?トラブル防止策!
ハロウィンは街中がハロウィンの飾りで華やかになったりハロウィンシーズンならではの楽しみも多く、楽しみにしている方も多いですよね。 しかしハロウィンだからといって子供がいきなり見知らぬ家を訪問しお菓子をもらいにいってしまうなど、迷惑行為をしてしまうかもなんて心配もあります。 ここではハロウィンの迷惑行為、周りの家や大人に迷惑だと思われないために親がするべきこと、トラブルを事前に防ぐための防止策を紹介しています。 楽しいイベントだからこそハロウィンでの迷惑行為もしっかり対策しておかなければならないので、子供に対して親がするべきことなどをチェックしておきましょう!

コメント