給食ポスターの描き方中学生編!食べ物を美味しそうに書くコツやコンクールに入選するには?

スポンサーリンク

給食

夏休みや冬休みの長い休みは楽しみがあふれてますよね!

夏は海やプールに花火大会、冬はクリスマスにお正月とイベントが山盛りですが宿題も山盛りです。

このただでさえ多いのにいちばんウンザリするのが自由研究やポスター制作なんかの作る宿題です。

中学生になると部活がはじまって受験も考えないといけませんからどうしても作る宿題は後まわしにしてしまうんですよね。

ポスター制作で時間がかかるのは何を描くか考えることです。

そして「考える・描く」作業がほとんどになります。

一見むずかしく思われがちですが、勉強するのにコツがあるようにポスター制作もコツがあります。

それをつかんでしまえばどんなテーマでもつかえるんです。

今回は「給食ポスター」をテーマに考え方や描き方のコツを解説します。

これであなたもポスター名人ですよ!

給食ポスターの書き方!中学生らしい書き方とは? 

給食

給食ポスターの描き方1

1.ポスターをつくるときの募集要項(ルール)を確認します

まずは募集要項を確認しましょう。

制作に必要なことがすべて記載されています。

これにそって描かないとどれだけいい作品でも失格になってしまいますからね。

また地方によっては「給食ポスター」という名称ではなく「食育に関するポスター」となっている場合もありますからご注意ください。

2.ポスターの役割を考える

ルールが確認できたら内容を考えていきますが、そのまえにみなさんはポスターの役割はなんだと思いますか?

おそらくこれといった答えは出ないでしょう。

ポスターの役割はひとことでいうと

「多数の人にメッセージを発信する」

ということです。

それに必要なことは

  • 文字が読みやすい
  • デザインにメッセージ性がある
  • 印象にのこる

ということになるんですね。

この役割をふえまてポスターの内容を考えていきます。

ではどう考えていくかを次にご説明しましょう。

給食ポスターの描き方2

1.ポスターの構想を考える(モチーフ)

ポスターの構成要素に文字・モチーフ・構図があります。

これに配色がプラスされてポスターになっているんです。

町中のポスターは基本的にこの要素で成り立っています。

考える順番に決まりはありませんが、まずはポスターの大部分を占めるモチーフから考えて行きしょう。

モチーフとは主要な題材のことです。

マンガやアニメには主役と脇役がありますよね?

それと同じように考えて行きましょう。

ただし、場合によっては課題が指定されている場合があります。

その場合は文字を考えましょう。

指定されていなければモチーフを考えます。

まず給食・食べ物と聞いて浮かぶことを書き出してみてください、といってもなにか取っ掛かりがほしいですよね?

ここでひとつコツとして過去の作品を見てみましょう。

過去の作品はモチーフや配色・構図などポスター制作のヒントが満載です。

過去の作品はこちらから見れますので参考にしてください

参考:平成29年度学校給食に関するポスターコンクール審査結果について

なお、過去の作品はあくまでもお手本です。

そのまま使うと盗作になりますのでご注意ください。

2.ポスターの構想を考える(文字)

次に文字を考えまずが、ポスターに入れる文字は指定したモチーフに関連した標語をいれたり地域によっては文字の有無は自由としている地域もあります。

文字の有無が自由の場合は考えなくてもいいから楽に思われがちですが、文字がない分画力で見せないと伝わりにくいので逆に難しくなるんです。

僕だったら文字は入れます。

そのほうがテーマが伝わりやすくなりますからね。

なのでポスターの文字は標語にするのがいちばんわかりやすいです。

標語はポスターコンクールにつきものですが、これも難しく考えることはありません。

モチーフが指定されていればそれに沿って考えるのですが、「給食や食べ物」で思いつくことばを書き出してみましょう。

それをパズルみたいに組み合わせればいいのです。

ここで標語のキーワードを並べてみましたので参考にしてみてください

いただきます/ごちそうさま/ありがとう/残さずに/おいしいね/みんなで/給食/学校で/食べ物を/たくさんの/食べよう/おかわりを/笑顔がこぼれる/献立表/大切な/よくかんで/たのしみだ/好き嫌い/好きなメニュー/いいにおい/お腹がなる/栄養満点/あたたかい

  • 給食はみんなで食べるとおいしいね
  • 残さずに給食食べたらパワーアップ
  • 給食は栄養満点メニューだね
  • 朝起きていつものチェック献立表

こんな感じで七五調を基本にリズミカルにつくればOKです。

これは家族の人と一緒にパズルみたいに楽しめばすぐにできますよ。

さて、つぎに一生懸命考えたモチーフと文字をどう入れ込んでいくか、つまり構図を考えるのですが考えてばかりも息が詰まるでしょうからつぎはこれをやりましょう。

3.直線と曲線(丸)を練習する

さきほどモチーフを考えましたが何をイメージしましたか?

給食ポスターに限りませんが、絵を描くときは直線と曲線を描きます。

特に給食ポスターはほとんどの作品で食べ物を描いていますからね。

ということでここでは丸と直線を上手にかけるように練習しましょう。

実際に描いてみてください。

けっこういびつな形になりませんか?

フリーハンドで丸をきれいに描けると絵を描くのが楽にもなります。

丸がうまく描けるようになったらこんどはおなじように直線を描いてみてください。

ただ、丸や直線ばかり描いても飽きてきますから自分なりに描けるようになったと思ったらマンガでもなんでもいいので好きなキャラクターを描いてみてください。

短時間では上手く描けるようになるのはむずかしいのでまず慣れることを意識して描きましょう。

4.構図を決める

直線と丸の練習はいかがでしたか?

さて、ここまででモチーフと文字がきまりました。

つぎに構図をきめていきます。

ポスターのポイントになりますからよく考えましょう。

まずいらない紙を用意します。

バランスをつかむために提出するサイズとおなじ大きさのものがよいですね。

練習した人物を切り取っていらない紙のうえにおいていきます。

文字の大きさや主役と脇役のバランスを考えながらおいていくのですが、これはひとりではかなりむずかしいので家族に相談しながらやりましょう。

さきほどご紹介した過去の作品も参考にしてください

5.配色をきめる

構図が決まったら配色を決めましょう。

本番前にあらかじめ決めておいたほうが楽ですし本番に集中できますからね。

構図を決めた下描きを何枚かコピーしてください。

それに簡単でいいので色を塗ってみてください。

配色のコツを下記にあげてみましたので参考にしてください

過去の作品をみる

過去の作品にはよく使われている色の共通点があります。

それを見つけながら自分の作品に取り込んでみるのです。

あまり色を使いすぎない

ポスターの配色は基本的に4色くらいが見やすくなるといわれています。

色を使いすぎるとゴチャゴチャして見にくくなってしまうんですね。

なので4色までにまとめるとスッキリしてみやすくなるのです。

背景・主役・脇役・文字これで4色ですよね?

また、給食ポスターは食べ物や野菜がモチーフになることが多くなります。

あれもこれもと入れていくうちに色がどんどん増えていきがちなりますから注意しましょう。

迷ったら色相環を参考にしてみる

色相環(下図)とは「色の輪」です(そのまんまですね)。

色相環

赤や青の色を「色み(色相)」といいますがその色みの組み合わせを考えるときにつかいます。

自分が使おうとしている色の対面にあるのが補色(反対色)になります。

例えばキャベツやレタスなどの緑系の野菜にトマトを加えると鮮やかになって目を引きますよね?

そんな感じで自分がイメージする色を考えていくわけです。

上記で説明した4色をこの図で組み合わせれば色に迷うことが少なくなりますので参考にしてみてください。

これでポスターにの全体的な完成図が見えてきましたね。

給食ポスターの描き方3

さて、いよいよ本番です。

といっても内容はほとんど決まってますから描いて塗るだけですね。

でもやっぱり下描きはします。

そこで本番の流れをおおまかに説明しましょう。

1.画材を用意する

画材もとくに指定がなければ自由です。

水彩、アクリル、ポスターカラーなどあります。

これは内容によってかわってきますからどれがいいとはいえませんが、デザイン的な表現ならポスターカラーで絵画的な表現なら水彩でアクリルは絵画寄りの表現にとなります。

下描きをコピーして全部ためしてみるのがいちばんですね。

 2.鉛筆で下描きする

やっと本番なのにまた下描きかと思うでしょうが、よっぽど描きなれていないといきなり描いてもだいたい失敗します。

ここは最後ですからていねいに描きましょう。

3.太マジックでなぞる

鉛筆のうえから太マジックでなぞります。

そしたら輪郭がハッキリしてきてきます。

4.配色する

モチーフと文字の輪郭がハッキリしたので、あとは塗り絵と同じ感覚でぬるだけです。

給食ポスターに描く「給食」を美味しく描くコツは?

給食の車

給食のポスターなのでほとんどの作品で「給食や野菜」を描いています。

当たり前ですね。

さきに直線と曲線の練習をしましたが給食や食べ物はほとんど曲線です。

ここでは給食と食べ物を簡単に速く描くコツをご説明します。

食べ物もいろいろありますが献立の人気メニューの「カレーライス」の描きかたをこちらで説明していますのでご覧ください。

 

このページで説明されている描きかたがいちばん速くて形になっている描き方です。

カレーライスは単品になりますので定食としてこれも人気メニューの「生姜焼き定食」の描き方をこんどは動画でご紹介します。

ただし動画をご覧いただくとわかりますが、手描きではなくパソコンのグラフィックソフトで描いています。
なので「こんな感じで描く」という感覚をつかめればと思います。

豚の生姜焼きの描き方

色塗り以外は手描きと同じように描いているので下描きや配色、影のつけかたなどを参考にしてみてください。

また、これを見るとグラフィックソフトで描いたほうが速くみえますが失格になる可能性がありますし手描きよりも何倍も時間がかかりますから自分の手で描きましょう。

給食ポスターに描く「白衣を着た人物」を上手に描くコツは?

給食当番

給食ポスターで野菜や食べ物と同じようにモチーフで描かれるのが人物です。

とくに給食の白衣を着た人物ですね。

でも素朴な疑問が発生します。

それが

「白衣の色はどうするの?」

ということです。

指定はされていませんが白い紙に描くことになります。

白い紙に白を塗っても意味がありませからね。

ではどう描くか。

ではこれから描き方のコツをご説明しましょう

と、その前に人物をどう描くかですね。

人物が描けないと白衣も描けませんからね。

人物や顔の描き方を解説した動画をご紹介しますので参考にしてみてください

 

参考動画:顔の描き方

初心者お絵かき講座 顔の描き方 イラスト上達方法を詳しく解説してみた

参考動画:全身の描き方

マンガキャラの描き方をプロセスで見よう! パート2 全身の描き方

自分なりにあるていど描けてきたらいよいよ白衣を描きましょう

白衣自体は輪郭でなんとなくでもわかります。

単純に説明するならそれでもいいのですがポスターなので立体感が必要になります。

それを出すには白衣に「シワ」をつけることです。

ではどのへんにそれをつけるかですがいちばんわかりやすいのは自分で着てみることですね。

細かいところまでわかると思います。

それかやはり過去の作品を見てみることです。

それでもうまく描けなければこちらにシワの描き方を動画をご紹介しますので参考にしてください

【服・シワ・描き方】服描き練習法 長続きできる練習方法を紹介
実は超カンタンに描ける【洋服のシワの描き方】イラスト作画の裏テクニック!!

白衣ではなく服のシワの描き方の紹介ですが、かなりていねいに解説されているのでわかりやすいと思います。

給食ポスターの標語は?過去の標語は?

ペンを持つ手

過去の給食ポスター標語です。

給食ポスター標語
 だいすきな きゅうしょくできる においがふわり
きゅう食で おいしいはっけん はじめてのあじ
食べも似の しっかりあいさつ 感しゃして
にがうりが うまいとしった あの感動
湯気ふわり 食べたあなたの 心もふわり
この味が 支えてくれた 六年間
せんせいと ともだちいっしょで おいしさ二ばい
こんだてひょう みるたびみるたび おなかすく
ピカピカの おさらのこめる ありがとう
大切な 命が変わる 栄養に
バトンリレー 私でゴール いただきます

参考:平成30年度 学校給食週間中における入賞作品(標語)

標語は決まったスタイルがありませんが、大半が七五調になっています。

たしかにこの形がいちばん残りやすいですからね。

リズムにのせればなおさら残ります。

授業や夏休みの宿題にポスターを描く狙いは?絵を描くことで身につくスキルは?

いろんな味の牛乳

長期の休みでポスター制作の宿題は「何を描くかを考えさせる」のがいちばんの狙いです。

何かを作るために考えるのは時間がかかるからこの長い休みでやってみなさいということですね。

よくいわれるのは絵を描くことで創造力と発想力が身につくといわれます。

絵を描くときは何かをイメージ(創造)しないとなにも描けませんよね?

特にポスターはデッサンやスケッチと違って目の前に描く物がありませんからなおさらイメージが必要です。

この地点で創造力が養われ、イメージしたことをどうやって絵にするか(発想)を考えることで発想力が養われていきます。

絵が上手いとまず単純にほめられます。

紙に簡単なイラストを上手にチャチャっと描いてしまうとそれだけで尊敬のまなざしで見られます。

この「チャチャっと」がカッコいいんですね。

それ以外でもことばで説明するのがむずかしいときに「こんな感じで」と説明しながら描いて伝えることもできるのです。

よく絵が下手なことを「絵心がない」といいますが、人やモノを正確に描くことではないんです。

正確に描くことは「画力」になります。

「絵心」の意味は技術や理解力、描きたい気持ちなんです。

技術がないからと下手ということではないんですね。

描いた人の「これを表現したい」という気持ちがや思いが伝われば絵心を感じる絵になります。

宿題で書く場合はどうしても「描かなきゃ」という気持ちになりますが、どうせ描くなら自分の描きたいように楽しんで描きましょう。

まとめ

野菜

給食ポスターの描き方中学生編をご紹介いたしました。

要点をまとめます。

 

給食ポスターをどう描くか

  • 募集要項を確認して準備する。
  • ポスターの内容を考えるときは過去の作品をお手本にする
  • 入選を目指すにはテーマの理解・ポスターの役割・中学生らしさが必要
  • 食べ物をかくときはまず直線と曲線を練習する
  • 標語はテーマにそって七五調を基本にことば遊びの感覚で
  • 夏休みや冬休みのポスター制作は何を描くかを考えさせるのが狙い。絵心と画力を勘違いしない。うまく描くのではなく思いをつたえる

いかがでしたか?

ポスター制作は「考える・作る」のくりかえしです。

ポスター制作はふだん考えないことを考えて形にしていくので時間がかかって大変ですが、その分むずかしいことをやりとげたという達成感が味わえます。

冒頭にも書きましたが中学生は部活や受験で創造力や発想力を身につける時間がどんどん削られますから制作課題はその力を伸ばす絶好の機会です。

そしてこの力は何物にも変えられない財産になります。

この記事がこのポスター制作のツールに役立てば幸いです。

【こちらも読まれています】

赤い羽根ポスターの書き方小学1年生向け!標語はどうする?
お出かけの時にもよく耳にしたり、見かけることが多い「赤い羽根募金」。でも、夏休みの宿題に、赤い羽根募金のポスターが課題に出たら、何を描けば良いのか迷ってしまうでしょう。ここでは、赤い羽根募金と赤い羽根が集めるポスターについて紹介していきます。
交通安全ポスターの描き方中学生編!警察や自転車・自動車をうまく描くコツとは?
学校の長期のお休みは、イベントが山盛りですが宿題も山盛りです。いちばんウンザリするのがポスター制作などの作る宿題です。コツさえつかめばどんなテーマでも描けるようになります。今回は「交通安全ポスター」をテーマに書き方のコツを解説します。

コメント