熊本県庁のイチョウ2019!ライトアップやコンサートの時間は?駐車場の穴場は?

スポンサーリンク

日頃はあまり立ち寄らないかもしれない場所、熊本県庁のメインエントランスに繋がるプロムナードで、毎年イチョウを楽しめることをご存知でしょうか。

イチョウ並木と金色の絨毯が広がる道では夜間ライトアップ期間もあり、毎年デートスポットや写真撮影、写生に訪れる方で盛り上がっていて、今年2019年ももちろん見に行きたいところです。

ここでは熊本県庁のイチョウを見てみたい、2019年のイチョウ並木の見頃やライトアップ期間が知りたい、また駐車場はあるのか気になっている方に向けての情報をまとめています。

熊本県庁のイチョウが気になる方、今年2019年のイチョウの見頃やライトアップ期間、駐車場の情報が気になる方へおすすめ情報ばかりなので、ぜひご確認ください!

【熊本県庁のイチョウ2019!見頃は?なぜ有名なの?】

最初に2019年の熊本県庁のイチョウを楽しむためにも、まずは熊本県庁の場所やイチョウについてをチェックしておきましょう。

◎場所
住所:熊本市中央区水前寺6-18-1
電話:096-333-2089(お問い合わせ先:熊本県財産経営課)

熊本県庁のメインエントランスへのプロムナード、ここには肥後54万石にちなんで54本のイチョウの木が植えられていて、見頃になるときれいな黄金色の道となるんです。

具体的には文字でお伝えするより動画でどのような雰囲気か確認していただくのが一番なので、次の動画もご確認ください。

熊本県庁イチョウ並木2011 昼と夜

熊本県庁イチョウ並木2011 昼と夜

このように見事なイチョウ並木となりデートスポットとしてはもちろん、写真撮影写生に訪れる方が多く、有名になっていったんですね。

熊本県庁のイチョウは毎年11月中旬頃に見頃を迎え、この見頃時期に合わせてライトアップも行われるので昼と夜で違った雰囲気を楽しむことが出来ます。

ちなみにイチョウの花言葉は

・荘厳
・長寿
・鎮魂

というものがあり、これらの花言葉は荘厳はお寺などの御神木として植えられていることが多いことから、長寿は樹齢が長いことを由来としてつけられました。

【熊本県庁のイチョウ2019のライトアップ・コンサートの時間は?】

先程熊本県庁のイチョウではライトアップも行われるとお話しましたが、ライトアップされている熊本県庁のイチョウ並木も動画で確認してみましょう。

【熊本散歩】熊本県庁イチョウ ライトアップ並木を歩く2012

【熊本散歩】熊本県庁イチョウ ライトアップ並木を歩く2012

このように昼間とは違った雰囲気のイチョウ並木となっていて、昼と夜どちらも人気が高く、多くの方がライトアップされたイチョウ並木を楽しんでいます。

今年2019年の熊本県庁イチョウ並木のライトアップ期間や時間についてはまだ情報がありませんので、昨年の情報を参考に、また直前になったらチェックしてくださいね。

◎2018年ライトアップ期間
期間:11月1日~12月2日
時間:18時から21時

またこのライトアップ期間中にライトアップコンサートが開催されている年もあり、2019年の予定はまだ分かりませんが今年もコンサートが開催されるかもしれません

開催された場合のイチョウ並木ライトアップコンサートは18時開始の小雨決行、以前のコンサートでは高校生の吹奏楽や熊本出身シンガーソングライター・TOMOMIさんなどが出場していました。

イチョウ並木ライトアップ期間は11月がメインとなり特に夜はかなり冷え込む時期なので、ライトアップを楽しむためにも暖かい格好や防寒対策をしっかりしておきましょう

【熊本県庁のイチョウに近い駐車場5選!】

熊本県庁のイチョウ並木を楽しむために車で向かいたいと考える方も多く、駐車場の情報についてもチェックしておきましょう。

熊本県庁南側駐車場

場所:熊本市中央区水前寺6-18-1
駐車台数:250台
入庫可能時間:19時
閉鎖時間:22時
料金:無料

ニューガイアパーク熊本県庁東

場所:熊本市中央区水前寺6-46-8
駐車台数:70台
営業時間:24時間
料金:70分/100円
最大料金:400円(12時間)、500円(24時間)

タイムズ県庁東第3

場所:熊本市中央区水前寺6-34
駐車台数:10台
営業時間:24時間
料金:60分/200円
最大料金:800円(24時間)

タイムズ県庁東第2

場所:熊本市中央区水前寺6-42
駐車台数:9台
営業時間:24時間
料金:60分/200円
最大料金:500円(24時間)

リパーク熊本水前寺公園

場所:熊本市中央区水前寺公園15-43
駐車台数:7台
営業時間:24時間
料金:60分/100円
最大料金:500円(24時間)


熊本県庁には駐車場もありライトアップ期間は南側駐車場に停めてくださいとなっていて無料で停められ、近場には民間の駐車場も多くあるので駐車場はそこまで困らないです。

路駐できる、熊本県庁の敷地内に路駐してイチョウ並木を散策したという情報も見かけるので路駐も可能かもしれませんが、やっぱりできれば駐車場に停めておいたほうが安心ですね。

【熊本県庁のイチョウ並木の混雑状況!穴場の時間帯は?】

熊本県庁のイチョウ並木をゆっくり見たい、可能であれば混雑する時間をチェックして避けたいと考えている方も多いですよね。

実際は動画を見ても分かる通り動けない、落ち着けないというほど混雑することはほとんどなく、ゆっくりイチョウ並木を散策し鑑賞することが出来ます

混雑情報も見かけなかったので時間帯についてもあまり気にする必要もなく、都合の良いタイミングを狙って熊本県庁のイチョウ並木を訪れてみましょう。

特に人が少ないタイミングで鑑賞したいという場合は日曜祝日やファミリーが多い20時くらいまでの時間を避け、ライトアップが終わる1時間くらいをゆっくり鑑賞するのもおすすめです!

【熊本県庁のイチョウを家族でみる場合の参考情報!】

熊本県庁のイチョウ並木を家族で楽しみたい、小さな子どもを連れていきたいとお考えの方向けに、家族で楽しむための情報もチェックしていきましょう。

せっかくのイチョウ、「銀杏を拾いたい」と思ってしまうかもしれませんが、特に道路近くでは周囲への確認がおろそかになり危ないので注意しましょう。

また銀杏は素手で拾うと手がかぶれてしまうので、何の準備もなくお子様が触れようとしていた場合は止めてあげてください。

また熊本県庁にあるため県庁の1階には多目的トイレがあり、子どもを連れて行った場合のトイレやオムツ替えなどの心配もありません。

もちろん早めの行動を心がけておくと安心ですし、熊本県庁に訪れたことがない場合はまず最初に県庁をチェックし、トイレの場所を確認しておくと良いですね。

またライトアップされている夜間はかなり冷え込むので、しっかり防寒対策をしてから熊本県庁のイチョウ並木に向かうように注意しましょう。

昼間は多少暖かい場合もあるので着脱しやすい上着や重ね着で調節しやすい服装を心がけ、子どもの雰囲気や体温もこまめにチェックしておくと安心です。

銀杏を拾いたい場合は直接手で触れないようにするためのビニール手袋など、また寒さに合わせてマフラーや手袋などの防寒具を用意しておくと安心です。

もちろんオムツが必要な場合はオムツやミルク、着替えなど小さな子ども連れのお出かけ準備をしっかり整え、安心して楽しめるようにしておきましょう!

【まとめ】

熊本県庁のイチョウ並木2019情報、ライトアップ期間や駐車場情報などイチョウ並木を楽しむための情報まとめ!

1:イチョウ並木は肥後54万石にちなんで54本のイチョウが植えられ黄金色の道が作られたことで有名になり、毎年11月中旬頃が見頃!

2:熊本県庁のイチョウは11月を中心にライトアップ期間が用意されていて、昼間とは違った雰囲気を18時から21時まで楽しむことが出来る!

3:駐車場は熊本県庁の南側駐車場をはじめとして近場に民間駐車場が多くあり、最大料金も設定されている場所ばかりなので安心

4:熊本県庁のイチョウ並木は有名で多くの方が訪れるものの混雑で動けないというほどの状況はなく、ファミリーが多い時間帯や土日祝を避ければ安心

5:熊本県庁には多目的トイレもあるため家族連れでいっても安心、銀杏は素手で触れるとかぶれるため子どもがうっかり素手で触らないように注意しよう

熊本県庁のイチョウ並木は動画で見るだけでも黄金色の景色が美しく、実際に見に行きたくなる魅力が伝わってきます。ぜひ今年2019年の見頃となる11月中旬頃に熊本県庁のイチョウ並木をできれば昼と夜どちらも鑑賞し、イチョウを楽しんでいきましょう!

【こちらも読まれています】

金言寺のイチョウ見頃2019!ライトアップの時間や混雑状況は?
島根県の金言寺では大きいイチョウを鑑賞することが出来る、更に夜にはライトアップなども行われていて人気が高いことをご存知でしょうか。 金言寺の大きなイチョウは毎年10月下旬頃に見頃を迎え、多くの方がその幻想的な雰囲気を楽しむために訪れているんです。 ここでは金言寺のイチョウの見頃やライトアップはいつどのように行われているのか、混雑はどの程度かなど金言寺のイチョウを楽しむための情報をまとめています。 2019年のイチョウ鑑賞が楽しめるイチョウの名所のひとつ、金言寺のイチョウについての情報をチェックし、ぜひ今年は金言寺でイチョウを鑑賞しましょう!

コメント