交通安全ポスターの書き方小学生編!あおり運転をテーマに上手に書く方法とは?

スポンサーリンク

車に乗る人のイラスト

夏休みや冬休みの長い休みは楽しみがあふれてますよね!

夏は海やプールに花火大会、冬はクリスマスにお正月とイベントが山盛りですが宿題も山盛りです。

このただでさえ多いのにいちばんウンザリするのが自由研究やポスター制作なんかの作る宿題です。

作る宿題は算数や国語のように式が決まっていたり描き方に正解がありません。

だから逆にとまどってしまうんですよね。

でも正解がないということはみなさんは自由に作れる宿題でもあるのです。

ポスターは考えて描くのが基本ですがコツをつかめばどんなテーマでもつかえます。

今回は「交通安全ポスター」をテーマに書き方のコツを解説します。

これであなたもポスター名人ですよ!

交通安全ポスターの書き方!小学生らしい書き方とは? 

横断歩道を渡る小学生

交通安全ポスターの書き方1

1.ポスターをつくるときの募集要項(ルール)を確認します

交通安全ポスタコンクールは全国規模のコンクールから各地方のコンクールまで複数あります。

コンクールによって募集要項が違いますからまずその確認をしましょう。

特に全国規模のコンクールは細かい注意事項もありますから注意しましょう。

これに沿っていないといくらいい作品でもその時点で失格になりますから隅から隅まで読み込んでください。

2.ポスターの役割を考える

ルールが確認できたら内容を考えていきますが、そのまえにみなさんはポスターの役割はなんだと思いますか?

おそらくこれといった答えは出ないでしょう。

ポスターの役割はひとことでいうと

「多数の人にメッセージを発信する」

ということです。

それに必要なことは

  • 文字が読みやすい
  • デザインにメッセージ性がある
  • 印象にのこる

ということになるんですね。

この役割をふえまてポスターの内容を考えていきます。

ではどう考えていくかを次にご説明しましょう。

交通安全ポスターの書き方2 

1.ポスターの構想を考える(モチーフ)

ポスターの構成要素に文字・モチーフ・構図があります。

これに配色がプラスされてポスターになっているんです。

町中のポスターは基本的にこの要素で成り立っています。

考える順番に決まりはありませんが、まずはポスターの大部分を占めるモチーフから考えていきしょう。

モチーフとは主要な題材のことです。

マンガやアニメには主役と脇役がありますよね?

それと同じように考えて行きましょう。

ただし、先にご説明したようにコンクールは複数あります。

コンクールの募集要項をしらべてみましたが内容やモチーフが指定されている場合が多いですね。

その場合は文字を考えましょう。

指定されていなければモチーフを考えます。

まず交通安全と聞いて浮かぶことを書き出してみます。

といってもなにか取っ掛かりがほしいですよね?

ここでひとつコツとして過去の作品を見てみましょう。

過去の作品はモチーフや配色・構図などポスター制作のヒントが満載です。

過去の作品はこちらから見れますので参考にしてください

リンク:平成30年度 JA 共済 全国小・中学生 第47回交通安全ポスターコンクール(PDF)

なお、過去の作品はあくまでもお手本です。

そのまま使うと盗作になりますのでご注意ください。

2.ポスターの構想を考える(文字)

次に文字を考えますが、ポスターに入れる文字は指定したモチーフに関連した標語をいれたり地域によっては文字の有無は自由としている地域もあります。

文字の有無が自由の場合は考えなくてもいいから楽に思われがちですが、文字がない分画力で見せないと伝わりにくいので逆に難しくなるんです。

僕だったら文字は入れます。

そのほうがテーマが伝わりやすくなりますからね。

なのでポスターの文字は標語にするのがいちばんわかりやすいです。

標語はポスターコンクールにつきものですが、これも難しく考えることはありません。

モチーフが指定されていればそれに沿って考えるのですが、「交通安全」で思いつくことばを書き出してみましょう。

それをパズルみたいに組み合わせればいいのです。

ここで標語のキーワードを並べてみましたので参考にしてみてください

ア行~ワ行の一例を紹介します。

ア行
あぶないよ、あせらない、アクセルを、安全は、安心は、青信号、赤信号、あなたから、安全確認、ありがとう、あまい考え、歩きスマホでいそがずに、一生が、一歩前、命とり、いつも危険を、いつものように、一時停止を、一旦止まろう、命は一つ、飲酒事故、運転手、運転者、運転免許、運転中、薄暗い、エンジン音、横断歩道、おうだんは、起こす事故、大きくあげて、思いやり、おしゃべりして、音が鳴る
カ行

確認事項、確認は、傘忘れ、かけるな電話、軽い気持ちで、駆け込む、黄色信号、危険が、気をつけて、気づくこと、急ブレーキ、きのゆるみ、規則を破り、決まり事、絆、聞こえてない、危険予知、危険な作業、車社会、車が見えない、車が止まるだろう、繰り返し、ケガはない、警察に、携帯電話、交差点、工事中、こないだろう、子供の将来、交通ルール、交通事故、交通安全、高齢者、心に刻む、断る勇気、声かけて

サ行

左右確認、避けられない、避けるだろう、ささやいた、サイドミラー、シートベルト、事故起こし、事故現場、事故防止、事故のもと、信号無視、信号待ち、自転車通勤、自転車が!、車間距離、重要事項、視界が悪い、スピードを、勧めたあなたは、少しだけ、すいません、スマホ画面、スマホ見ず、誠実に、世界、狭い道

タ行

確かめよう、確かめろ、大丈夫、大変だ、大事な命、出しすぎた、ちょっと待て、ちょっとした油断が、注意する、駐車場、チャイルドシート、着信音、つけるだろう、つけようよ、次の信号、次の道、疲れてた、手をつなぎ、停止位置、手をあげよう、出会い頭、止まるだろう、止まらない、飛び出して、飛び出す子供、飛び出す危険、登下校、道路のおしゃべり、道路を渡り、同乗者、どうせばれない、道路では

ナ行

慣れた道、なぁなぁで、仲間同士で、荷台に荷物、荷物が邪魔で、認識不足、抜かれても、抜かさない、眠いとき、眠いなら、ねぇちゃんと、姉さんが、ノロノロ運転、飲んだ後、飲んでいた、飲みません、乗る側も、乗らない乗らせない、飲み会

ハ行

早めに点灯、反射板、ハンドル操作、パパやめて、はじめて、一人一人が、2人乗り、踏む、ヘルメット、歩行者優先、ぼんやりと

マ行

まぁいいか、まだ行ける、周り見て、曲がり角、マナーモード、待ちます、待ちましょう、前を見て、ママやめて、周りの危険、身に付けよう、右見て左見て、見えている、見えない景色、見えぬ錯覚、みんなで守る、無視するな、無理しすぎ、無事故、メールして、迷惑を、迷惑です、モラルの低下、もうこない

ヤ行

夜間の運転、優しい運転、許さない、夕暮れ時、優先順位、ゆずりあい、油断せず、余裕持ち、用心して、用心棒、よそ見してたら

ライト付け、理由にならないぞ、ルール無視、ルール違反


渡れそう、わき見運転、私見て、私たち、分かれ道、渡ってわかる、わたっちゃえ

 

これらの言葉を組み合わせて、標語を作り上げます。

  • あぶないよ そんなに急ぐと 事故のもと
  • 登下校 飛び出す子供 要注意
  • 少しだけ その誘惑が まねく事故
  • 曲がり角 安全確認 事故防止

こんな感じで七五調を基本にリズミカルにつくればOKです。

これは家族の人と一緒にパズルみたいに楽しめばすぐにできますよ。

さて、つぎに一生懸命考えたモチーフと文字をどう入れ込んでいくか、つまり構図を考えるのですが考えてばかりも息が詰まるでしょうからつぎはこれをやりましょう。

3.モチーフと文字を練習する

さきほどモチーフを考えましたが、何をイメージしましたか?

交通安全ポスターのモチーフとしてほとんどの作品にに車と自転車が登場します。

なので車と自転車を描く練習をしましょう。

また、「交通安全」のポスターですから交通法規(法律)にも大きく関わってきます。

注意点を意識しながら練習してみてください。

法律に違反している状態を描いてしまうとその時点で失格になりますからね。

募集要項にも記載されていますがかなり細かく記載されてますからよく読んでくださいね。

詳しいポイントはこちらから見れます。

イラストで描いているのでわかりやすいです。

 

4.構図を決める

モチーフの練習はいかがでしたか?

ここまででモチーフと文字がきまりました。

つぎに構図をきめていきます。

ポスターのポイントになりますからよく考えましょう。

まずいらない紙を用意します。

バランスをつかむために提出するサイズとおなじ大きさのものがよいですね。

練習した人物を切り取っていらない紙のうえにおいていきます。

文字の大きさや主役と脇役のバランスを考えながらおいていくのですが、これはひとりではかなりむずかしいので家族にそうだんしながらやりましょう。

さきほどご紹介した過去の作品も参考にしてください

5.配色をきめる

構図が決まったら配色を決めましょう。

本番前にあらかじめ決めておいたほうが楽ですし本番に集中できますからね。

構図を決めた下書きを何枚かコピーしてください。

それに簡単でいいので色を塗ってみてください。

配色のコツを下記にあげてみましたので参考にしてください

過去の作品をみる

過去の作品にはよく使われている色の共通点があります。

それを見つけながら自分の作品に取り込んでみるのです。

使う色は4色までに

色を使いすぎるとゴチャゴチャして見にくくなります。

なので4色までにまとめるとスッキリしてみやすくなるのです。

背景・主役・脇役・文字これで4色ですよね?

また、今回のポスターは交通安全を訴えることですからそれも意識して配色を考えましょう。

これでポスターにの全体的な完成図が見えてきましたね。

交通安全ポスターの書き方3

さて、いよいよ本番です。

といっても内容はほとんど決まってますから描いて塗るだけですね。

でもやっぱり下書きはします。

そこで本番の流れをおおまかに説明しましょう。

1.画材を用意する

画材もとくに指定がなければ自由です。

水彩、アクリル、ポスターカラーなどあります。

これは内容によって選びますが、決まっていなければ簡単にクレヨンと水彩でいきましょう。

 2.鉛筆で下書きする

やっと本番なのにまた下書きかと思うでしょうが、よっぽど描きなれていないといきなり描いてもだいたい失敗します。

ここは最後ですからていねいに描きましょう。

 3.クレヨンでなぞって塗る

下書きしたら鉛筆のうえからクレヨンでなぞります。そしたら輪郭がハッキリしてきますからあとは先ほど決めた色を塗るだけです。

テーマを「あおり運転」にしたい!どのように書く?

注意マーク

ここまでモチーフの決め方や練習の仕方、配色などをご説明してきました。

テーマが運転者向けや歩行者向けので限定されいたので描きやすかったと思います。

もちろんテーマは限定された内容以外にもいろいろあります。

ポスターですからもっと話題性のあるテーマでもいいのです。

その意味では「あおり運転」がそのひとつです。

テーマが自由だったら描きたかったひともいたかもしれませんね。

あおり運転は昔からありましたが、東名高速や常磐道での事件でテレビなどで大きくとりあげられました。

いまや社会問題にもなっています。

ここでは「あおり運転」にしたいときにどう描くかをご説明していきます。

1.ポスターの構想

ポスターの内容をどうするかですね。

実際の描き方はこれまでご説明したかたちで描けます。

問題はモチーフです。

とっかかりとして過去の作品を見てみたいですがほぼゼロなんですよね。

テレビで流れた映像を絵にしたほうが伝わりやすくインパクトもありますが、法律にふれる可能性もありますからここは最初から考えましょう。

いちばん描きやすいのは「きかんしゃトーマス」のように人間でない主人公をキャラクター化するやりかたがあります。

今回だと車をキャラクター化してしまうんですね。

例えばこんな感じで

あおり運転のイラスト

また、車をキャラクター化して運転者をいれるパターンもあります

あおり運転のイラスト

ほかにも怒りながら運転している状況だけにするとか

怒りながら運転する人

という感じで、この3点はポスターではなく単なるイメージですがこれだけでも何をいいたいのかはなんとなくでもイメージできますよね?

これに文字として標語を入れればそれだけでポスターにはなります。

ただ、これはあくまでもイメージなので参考程度にしてください。

他の方法としては文字を全面に出す方法もあります。

例えばこのポスターをご覧ください

 

これは交通安全ではなく鉄道会社のポスター暴力行為の防止を目的としていますが、文字だけでも印象にのこりませんか?

このようにモチーフが浮かばなときや描きたいデザインができないときは文字だけで訴えかけるやりかたを考えてもいいでしょう。

標語を決める

さきにご説明したように七五調で作るやり方もありますが、短文で表現するやりかたもあります。

例えば

  • あおり運転 ダメ
  • あおり運転 撲滅
  • あおり運転 事故のもと

など少しそっけないですがこれもひとつの方法です。

また、自動車の運転は大人にしかできません。

なのでみなさんが大人に対して思っていることや聞きたいことを問いかけるような内容もいいでしょう。

例えば

  • なんであおり運転するの?
  • 怒って運転したらあぶないよ

など、先にご紹介した鉄道会社のポスターの標語のような感じですね。

子供の目線の問いかけは大人を「ハッ」とさせる力がありますからね。

交通安全ポスターを短時間で簡単にうまく書くコツは?

信号機のイラスト

ポスター制作は時間がかかります

描きなれないからなおさらに時間がかかるんですよね。

では時間を短縮する方法をご紹介しましょう。

ポスター制作の作業のは大きく分けて2つになります

  • 作業
  • 描く作業

基本的にこの作業のくりかえしです。

これだけのくりかえすだけなのですがこの作業をどれだけ効率よくできるかが時間短縮のポイントになります。

その方法を以下に挙げてみました。

考える作業時間を短縮させるには

過去の作品みる

先ほどご紹介していますがやはりこれが時間短縮には欠かせません。

過去の作品をみて題材や構図など全体的なイメージをつかめます。

何もないところから考えているわけではないのでこれでも時間は短縮できているのです。

家族の意見を聞く

自分だけで考えるとそれだけ時間がかかります。

自分で考えるのと同時に家族にも考えてもらうのです。

人数がふえるだけアイデアが増えますからね。

描く作業時間を短縮させるには

細かい作業を省く

描く時間を短縮させるには細かい作業を省く必要があります。

かといっていきなり本番を描いても失敗したら描き直しになって余計に時間がかかります。

ここで構図決めから色塗りまで短時間でできる方法を動画で紹介します。

参考にしてみてください。

【勉強法】いつも以上にうまくかける!?夏休みのポスターの描き方!【アート】

交通安全ポスターコンクールに入選したい!

横断歩道で信号待ちするこどものイラスト

はじめにもご説明していますが、全国規模のコンクールから各地方のコンクールまで複数あります。

JA共済の交通安全ポスタコンクールや毎日新聞社の交通安全ポスターコンクールが有名ですね。

審査や募集内容・表彰まで都道府県で変わってきます。

審査員は美術大学の教授や官公庁の方ですね。

評価基準はこうなっています

テーマの理解

「交通安全」をどのように理解しているか、小学生なりの理解でいいでしょう。

文字がはっきり書かれているか(文字が指定されている場合)

これがハッキリ書かれていないと心には残りません

ポスターとしてのデザイン性

先にご説明したポスターの構成要素をどう満たしているかです。

表現や構成に中学生らしさが出ているかですね。

 

入選するには評価基準にプラスして小学生らしさ(目線)も求めています。

大人の目線とは確実に違う小学生ならではの感覚ですね。

先にご紹介しているJA共済の過去の作品は審査員の講評も記載されていますから入賞作品がどう選ばれているか参考になります。

僕が審査員ならやはり小学生らしさが出ている作品、とくに交通安全ポスターは小学生からみた大人の運転に対するメッセージが感じられる作品を選びますね。

下記はJA共済ポスタコンクールの募集要項の一部を抜粋したものです。

入賞すると賞金こそでませんが賞状と記念品がもらえます。

表彰等

内閣府特命担当大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
農林水産大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
警察庁長官賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
文部科学大臣賞
小学校低学年 各1点 賞状と副賞
小学校高学年 各1点 賞状と副賞
中学生 各1点 賞状と副賞
家の光協会会長賞(ちゃぐりん賞)
小学校低学年 各2点 賞状と副賞
小学校高学年 各2点 賞状と副賞
中学生 各2点 賞状と副賞

 

全国共済農業協同組合連合会会長賞
金賞 各学年 各1点 賞状と副賞
銀賞 各学年 各2点 賞状と副賞
銅賞 各学年 各3点 賞状と副賞
佳作 各学年 各7点 賞状と副賞

引用リンク:平成30年度 JA 共済 全国小・中学生 第47回交通安全ポスターコンクール(PDF)

交通安全ポスターの標語は?過去の標語は?

描く人

過去の10年の交通安全標語です。

年   度 交通安全標語
2019年度  とびださない いったんとまって みぎひだり
2018年度 自転車は 車といっしょ 左側
2017年度 ペダルこぐ 免許はないけど ドライバー
2016年度 しんごうが あおでもよくみる みぎひだり
2015年度 ルールむし しん号むしは わるいむし
2014年度 にっぽんを じまんしようよ 事故ゼロで
2013年度 ヘルメット ぼくのだいじな おともだち
2012年度 いそいでも かならずかくにん みぎひだり
2011年度 星キラリ 自転車ピカリ 帰り道
2010年度 さあかくにん ライト ブレーキ ヘルメット

標語は決まったスタイルがありませんが、大半が七五調になっています。

たしかにこの形がいちばん残りやすいですからね。

リズムにのせればなおさら残りますよ。

授業や夏休みの宿題にポスターを書く狙いは?絵を書くことで身につくスキルは?

手をあげる兄弟のイラスト

長期の休みでポスター制作の宿題は「何を描くかを考えさせる」のがいちばんの狙いですね。

何かを作るために考えるのは時間がかかるからこの長い休みでやってみなさいということですね。

よくいわれるのは絵を描くことで創造力と発想力が身につくといわれます。

絵を描くときは何かをイメージ(創造)しないとなにも描けませんよね?

特にポスターはデッサンやスケッチと違って目の前に描く物がありませんからなおさらイメージが必要です。

この地点で創造力が養われ、イメージしたことをどうやって絵にするか(発想)を考えることで発想力が養われていきます。

絵が上手いとまず単純にほめられます。

紙に簡単なイラストを上手にチャチャっと描いてしまうとそれだけで尊敬のまなざしで見られます。この「チャチャっと」がカッコいいんですね。

それ以外でもことばで説明するのがむずかしいときに「こんな感じで」と説明しながら描いて伝えることもできるのです。

よく絵が下手なことを「絵心がない」といいますが、人やモノを正確に描くことではないんです。

正確に描くことは「画力」になります。

「絵心」の意味は技術や理解力、描きたい気持ちなんです。

技術がないからと下手ということではないんですね。

描いた人の「これを表現したい」という気持ちや思いが伝われば絵心を感じる絵になります。

宿題で書く場合はどうしても「描かなきゃ」という気持ちになりますが、どうせ描くなら自分の描きたいように楽しんで描きましょう。

まとめ

高速道路

交通安全ポスターの書き方小学生編をご紹介いたしました。

要点をまとめます。

交通安全ポスターをどう描くか

  • 募集要項を確認して準備する。応募先が複数あるので注意する
  • ポスターの内容を考えるときは過去の作品をお手本にする
  • 入選を目指すにはテーマの理解・ポスターの役割・小学生らしさが必要
  • 標語はテーマにそって七五調を基本にことば遊びの感覚で
  • 夏休みや冬休みのポスター制作は何を描くかを考えさせるのが狙い。絵心と画力を勘違いしない
  • うまく描くのではなく思いをつたえる

いかがでしたか?

ポスター制作は「考える・作る」のくりかえしです。

ポスター制作はふだん考えないことを考えて形にしていくので時間がかかって大変ですが、その分達成感が味わえます。

学校はどうしても学習教科がメインなので創作作業は時間が限られてしまいます。

でも創造力や発想力はポスター制作以外にも発揮できる大切な力にもなります。

この記事がこのポスター制作のツールに役立てば幸いです。

【こちらも読まれています】

家庭の日ポスターの書き方小学生編!コンクールに入選する基準は?簡単に書くコツは?
夏休みや冬休みの宿題でポスター作成があります。ポスター作成なんかウンザリしますよね?「アイデアが浮かばない」や「何を描いたらいいかわからない」など。しかし、コツをつかめばどんなテーマでも描けます。今回は「家庭の日ポスター」をテーマに書き方のコツを解説します。
文化祭のポスター!中学生が簡単に作る方法・アイデア!
秋に行われる文化祭、学校の特色を生かしたポスターを目にすると、思わず足を止めて眺めてしまいますよね! でも意外と簡単に進まないのがポスター作りです。どんなポスターにしようか?構図はどうする?どんな絵を描けば目立つかな?なんてみんなで頭を悩ませていませんか? 難しく考えなくても大丈夫! どこを強調したいのかさえ決めてしまえば構図がおのずと決まってくるんですよ。 今回は中学校の文化祭のポスターの作り方について、わかりやすくまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね!
防火ポスターの描き方中学生編! コンクールに入選するには? 標語はどうする?
中学生の夏休みなどによく出される宿題で「ポスター制作」があります。ただでさえ多い宿題に作る宿題なんてうんざりしますよね?でも苦手な理由を調べてみたのですがほとんどが「何を描けばいいのかわからない」や「アイデアがうかばない」といった基本的なところなんです。

コメント