高齢者施設での餅つきの注意点!美味しく安全に行う餅つき大会とは?

スポンサーリンク

餅つきする人のイラスト

施設内での餅つき大会を企画したとき、「餅つき大会は、何に注意して、どのように準備をすればよいのだろう?」とおもいますよね。

私は、介護士になって6年程経ちますが、最初に餅つき大会のイベントを企画したとき、同じように悩んでいました。

今回は、餅つき大会の企画を任されて、どのように進めればよいのが悩んでいる方向けに、施設内での餅つき大会の注意点と計画の進め方についてお伝えしていこうとおもいます。

私が餅つき大会の実行委員になったとき、適当に企画をして餅つき大会のイベントを施設内でおこないました。

結果は、ご想像どおりグダグダな餅つき大会になってしまい、あまり盛り上がりませんでした。

しかし、少し調べるだけで、簡単に餅つき大会の計画ができました。

さらに、気をつけなければいけない点も分かったので、安全で楽しい餅つき大会を開催することができました。

それでは、施設内で餅つき大会をおこなうときの注意点を3つと、企画の進め方についてまとめてみたいとおもいます。

これで、美味しく安全な餅つき大会を開催することができ、利用者の方と楽しい時間を過ごすことができますね。

高齢者施設での餅つきの注意点3選! その1:火傷(やけど)

やけどした女性のイラスト

1つ目の高齢者施設での餅つきの注意点は、火傷(やけど)に気をつけるということです。

つきたてのお餅は、とても熱くなっています。

熱くなっているお餅を、利用者の方が触ってしまうと火傷(やけど)をしてしまいます。

そして、火傷(やけど)をした場所からバイ菌が入って病気になってしまいます。

私の施設でも、利用者の方が火傷(やけど)をする事故がありました。

そして、火傷(やけど)が原因で病気になり、病院に3ヶ月ほど入院しました。

ただの火傷(やけど)だと軽く見てしまうのは、とても危険ですね。

なので、餅つきのときは、利用者の方が火傷(やけど)をしないように、しっかりと注意する必要があります。

高齢者施設での餅つきの注意点3選! その2:窒息事故

のどに詰まらせた男性

2つ目の高齢者施設での餅つきの注意点は、窒息事故に気をつけるということです。

利用者の方にとって、お餅はのどに詰まりやすい食べものです。

お餅がのどに詰まってしまうと、呼吸が出来なくなって、窒息事故を起こしてしまいます。

私のまわりでも、お正月の時期に、お年寄りの方がお餅を詰まらせて、危険な状態になったというはなしをよく聞きますね。

お餅は、お年寄りの方にとって、とても危険な食べ物だなとおもいました。

なので、餅つきをして、お餅を利用者の方に召しあがって頂く場合には、のどに詰まって、窒息事故を起こさないように注意が必要です。

高齢者施設での餅つきの注意点3選! その3:衛生面

ばい菌のイラスト

3つ目の高齢者施設での餅つきの注意点は、衛生面に気をつけるということです。

衛生面に気をつけないと、食中毒になってしまいます。

また、手洗いなどを怠ってしまうと、ノロウイルスインフルエンザに感染するかもしれません。

老人ホームで、衛生面を怠ったため、多くの利用者の方たちが食中毒になったというニュースを見ました。

施設内で、衛生面をおろそかにしてしまうと、食中毒やウイルス感染が一気に広がってしまうので、とても危険ですね。

なので、餅つきをする場合は、衛生面をしっかりと注意しなければいけません。

注意しなければ、利用者の方たちが、苦しむ結果になってしまいますよ。

高齢者が好きなお餅の味は?

ふくれたもちのイラスト

高齢者の方が好きなお餅の味は、「しょうゆ」だと言われています。

高齢者の方は、お餅をシンプルに味わいたいとおもっています。

また、お餅の味付けとして、しょうゆを使うのは、日本伝統の味付けだと言っても過言ではありません。

私の施設の利用者の方は、

「お餅に醤油の味付けをすると、少し焦げた匂いもしておいしいよ」

とおっしゃっていました。

やはり、高齢者の方は、シンプルな味が好みなのですね。

なので、餅つき大会でお餅を振る舞うときは、シンプルにしょうゆ味を提供すれば、利用者の方に喜ばれるとおもいますよ。

安全に楽しい餅つき大会をしよう!

お餅つき大会の文字とイラスト

施設内で楽しく餅つき大会を開催するためには、しっかりとしたプログラムは必要です。

餅つき大会のあいさつから始まり、餅をつき、できあがったお餅から順に利用者の方に配るという、流れるようなプログラムを組むとよいでしょう。

また、前日から

  • 臼(うす)
  • 杵(きね)
  • せいろ
  • かまど

など餅つき大会に必要なものを準備しておきましょう。

前の日から、しっかりと準備をすれば、当日慌てることなく、落ち着いて餅つき大会を開催することができますよ。

餅つき大会のメインイベントの餅つきのとき、介護士の職員は盛り上げなければいけません。

私の施設では、餅つき大会のとき、餅をつくタイミングで「よいしょ!」と介護士の職員が、大きなかけ声をかけています。

一緒に参加している利用者の方たちも、「よいしょ!」とかけ声をし、とても盛り上がる餅つき大会になりますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?それでは、まとめてみましょう。

高齢者施設での餅つきの注意点

  • お餅の熱さで、火傷(やけど)をしないように気をつける
  • お餅でのどが詰まって、窒息事故を起こさないように注意する
  • 食中毒やウイルス感染しないように、衛生面に気をつける

高齢者の好きなお餅の味は?

  • シンプルで焦げた匂いが良い「しょうゆ味」が好まれている

安全に楽しい餅つき大会をおこなうためには?

  • 流れるような餅つき大会のプログラムを組む
  • 前日までに、餅つき大会の準備を計画的におこなう
  • 餅をつくタイミングで「よいしょ!」とかけ声をする

私の施設では、毎年1月の第2土曜日に、餅つき大会を開催しています。

最初の頃は、行き当たりばったりの計画で餅つき大会をおこなっていたので、グダグダな盛り上がりに欠けるイベントだったそうです。

しかし、しっかりと計画を立て、介護職員が盛り上げるように餅つき大会を開催すると、めちゃくちゃ楽しいイベントになりました。

餅つき大会は、利用者の方たちが季節を感じることができる大切なイベントです。

ちょっとの工夫で楽しい餅つき大会になるので、利用者の方たちのためにも、しっかりと計画を立てていきましょう。

餅つき大会というイベントを成功させると、利用者の方の笑顔をみることができ、なにごとにも代えがたい達成感を得ることができますよ。

是非とも、頑張ってくださいね。

有料老人ホームあすなろ 2018年 餅つき大会 ブログ用動画

有料老人ホームあすなろ 2018年 餅つき大会 ブログ用動画

【こちらも読まれています】

クリスマス会の出し物高齢者向けアイデア5選!介護士が行う盛り上がる出し物とは?
そろそろクリスマス会の時期になってきましたね。「今年のクリスマス会、どんな出し物をすれば盛り上がるかな」と悩んでいませんか?今回は、そんなクリスマス会の出し物のアイデアを探している方のために、クリスマス会の高齢者向けの盛り上がる出し物をご紹介したと思います。

コメント