高齢者施設の夏祭り、テーマ設定の考え方とテーマの活かし方!

スポンサーリンク

夏の恒例行事といえば、夏祭りを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。高齢の方ですと、自分が幼い頃に行ったり、自分の子どもが小さいときに連れて行ったり。

夏祭りを企画している高齢者施設は多いでしょう。我が家の近所のデイサービスでも、夏祭りが行われていました。毎年毎年行っていく中で、今年は例年と少し違う試みがしたいと考えている施設もあると思います。

そこで重要になるのがテーマ設定です。どのようなテーマが考えられ、そのテーマを実際の夏祭りにどう活かすか、この記事でご紹介していきます。あなたのお役に立てれば嬉しいです。

夏祭りのテーマを決めるポイント

まずはオーソドックスに夏や、祭りに関連したものから考えます。テーマを決めたら、テーマに沿った飾り付けや、音楽、出し物など考えていきます。抽象的なものより、具体的なものの方がイメージが湧きやすいです。

予算やマンパワーは有限ですから、できる範囲で行います。テーマに沿った絵を、模造紙に書いて飾るだけでも十分です。

テーマがなかなか決まらないときもあるかと思います。そんなときは今決まっている出し物などから、目玉にするものを決めて、テーマにしてもいいでしょう。

夏や祭りと関連性がなくても、そのとき話題になっていることをテーマにすることもできます。例えば、赤ちゃんパンダが話題であればパンダをテーマにし、飾り付けのあちこちにパンダを隠して探してもらってもいいでしょう。

テーマを決めるメリット

テーマがあると、夏祭りにまとまりが出ます。見るべきポイントが分かりやすくなり、記憶に残りやすくなります。参加者同士で話題にもしやすくなり、交流が生まれます。

毎年同じ夏祭りでも、目新しい感じがして新鮮です。今年の夏祭りは何がテーマだろうと楽しみにする方もいるかもしれません。

また、思いもよらない視点から、新しいアイディアが出てきます。

海をテーマにするなら、画用紙などで貝殻を作って飾ったり、青いものを多めに使うだけでもいいでしょう。波の音や海にちなんだ曲をかけます。

ゲームはさかなつりに力を入れます。さかなは写真をプリントアウトしたものを使って、リアルさを出してもいいですね。

花火

花火をテーマにするなら、ステンドグラスのように、黒画用紙を花火の形に切り抜いて、カラーセロファンを貼ったものを窓に貼るときれいです。手間がかなりかかるので、模造紙に花火の絵を描いて飾るだけでも雰囲気は出ると思います。

スイカ

スイカをテーマにするなら、提灯を飾るところを、画用紙で作ったスイカを飾ります。ボーリングゲームのボールをスイカのビーチボールにします。参加者にはスイカを振舞います。

うちわ

うちわをテーマにすることもできます。無地のうちわを購入するか、いらないうちわを寄付してもらって、無地の紙をはったり、割りばしと画用紙で作るなどして、無地のうちわを用意します。

色鉛筆や、千代紙を切ったもの、シールなどを用意し、飾り付けを利用者の方にしてもらいます。

祭り

祭りをテーマにするなら、全国各地の有名な祭りにちなんだ飾り付け、有名な盆踊りの曲を流す、踊るのはどうでしょう。または、地元の方が多い施設では、地元の祭りに限定して、取り入れるのもおすすめです。

また高齢者にとって昔懐かしい祭り、というのも考えられるでしょう。利用者の方に、子どもの頃の夏祭りに遊んだものや、食べたものなどを聞いて、それを取り入れます。

オリンピック

4年に一度のスポーツのお祭りといえば、オリンピックです。オリンピックをテーマにするなら、出し物のゲームを競技に関連したものにします。

射撃(射的)、円盤投げ(輪投げ)、ゴルフ(パターゴルフ)、ラグビー(ボーリング、ピンを相手選手のスクラムに見立てる)など、名前を変えるだけでもオリンピックっぽくなります。

また、高齢者は1964年の東京オリンピックの記憶が強いと思いますので、東京五輪音頭をかけたり、踊ったりするのもいいでしょう。

高校野球

毎年盛り上がる高校野球、これをテーマにしてみます。

ボーリングのピンを、画用紙で作ったメガホンにします。的当てのゲームをする場合、ボールは野球ボールの形をしたゴムボールを使用します。

模造紙にトーナメント表を書いて貼っておくと、興味のある方同士で話が弾むかもしれませんよ。

まとめ

● テーマがあると、夏祭りに芯が通る
● 夏や祭り、そのとき話題になっているものなど、自由に発想を膨らませる
● 抽象的なものより具体的なものをテーマにすると、印象に残りやすい
● 予算やマンパワーに応じてテーマを表現する

いかがでしたか。夏祭りはテーマがなくても楽しめますが、テーマがあるとより良くなります。自由にテーマを設定して、より楽しめる夏祭りにしてください。この記事が、あなたのお役に立てば嬉しいです。

以上、高齢者施設の夏祭り、テーマ設定の考え方とテーマの活かし方!でした。

 

【こちらも読まれています】

夏祭りのテーマ老人ホーム向けアイデア3選!ウケる出し物アイデア!
老人ホームを利用している方のために開かれる夏祭り。 利用者のみなさんに祭りを楽しんでもらえるように、知恵を絞って出し物を考えて頭を悩ませてしまっているのではないでしょうか? 介護する方は忙しいので凝って準備にあんまり手間取ってしまいますと、通常の業務に支障をきたしたり、準備疲れになってしまうかも。 でも、難しく考えなくていいんです!利用者さんに喜んでもらうことが目的である以上、突飛なものや珍しい出し物である必要は必ずしもありません。 高齢者の方たち相手に行う出し物に求められるものは手軽でシンプルで盛り上がるものです。馴染みがあってシンプルであるほど、利用者の方にも理解しやすくなりますよ! 今回は老人ホームの夏祭りテーマごとの出し物アイデアを盛りだくさん紹介いたします!ぜひ参考にしてみてくださいね!

コメント