高校生で仮想通貨を始められるのか!?

スポンサーリンク

熱い注目を集めた仮想通貨ですが、高校生も仮想通貨に興味があって購入したいと思っている人は多くいます。でも高校生で口座が開設できるのでしょうか?リスクはないのでしょうか?

仮想通貨を始めたいと思っている高校生にも是非、参考にしていただきたいと思います。

仮想通貨に年齢制限はあるのか?

私はかつて証券会社にいたこともあるのですが、株取引は親の承認を得ていれば未成年でも取引は可能です。

仮想通貨も基本的にも年齢制限はあります。例えば、国内大手取引所bitbankは2019年4月1日時点で20歳未満のユーザーの取引を停止すると発表しました。

制限が広がる中で未成年(18歳から)でも口座開設ができる取引所は存在します。ただし条件があります。

未成年者の口座開設必要書類

・本人確認書類(運転免許証・健康保険証・住民票)
・親権者同意書
・親権者との続柄を確認できる書類

以上3つの書類が未成年者が口座開設する際に必要になります。18歳未満の方は、誕生日を迎えてから口座開設を行いましょう。なお現在、未成年者で口座が開設できる取引所はZaifだけです。

かつてはbitFlyerでも口座開設は可能でしたが、金融庁の業務改善命令を受けて、新規口座の開設はできなくなっています。今後見直されて他社と同じように満20歳以上になる可能性もあります。

お分かりのように、年齢を偽って口座を開設することは不可能です。また取引にあたり本人名義の銀行口座の開設も必要です。こちらも銀行側で本人確認が必要ですから、年齢を偽ることはできません。

未成年が仮想通貨をやるメリット

仮想通貨に投資をする最大のメリットは資産を増やせることです。実際、数年前なら投資額を倍に増やすことも可能でした。

次に株取引同様に市場の動きをチェックすることで、指標となるチャートやテクニカル指標および世界経済・政治の動きに敏感になります。

アメリカの高校や大学では授業に仮想通貨を取り入れて単にお金を稼ぐテクニックではなく、金融全体を取り巻く問題や歴史など金融に関する問題を積極的に取り入れています。お金を稼ぐこと、節約、税金、投資、会社設立、ライフプランなどお金とどう向き合うのかを早い段階から教育の場で教えているのです。

一方、日本は長らくお金の話をすること自体がタブー視されてきました。今だにまだその傾向はありますが、仮想通貨で成功したタレントの体験談や若くして投資で成功して会社を立ち上げた人の話などが知られるようになると世間の人の目にも変化が現れてきました。

仮想通貨はギャンブルではなく市場とリンクした魅力ある投資先の一つなのです。

未成年が仮想通貨をやるデメリット

これは未成年に限るわけではなく、仮想通貨は一度に大きく利益を生むこともありますが、逆に大きな損失も生む可能性だってあります。

どれだけ投資の勉強を重ねても明日の世界情勢は誰にもわからないのも事実です。特にビットコインFXなどはわずかな証拠金を元手に、レバレッジを効かせることで利益を大きくすることができます。しかし、失敗すれば追証が発生するリスクもあるのです。

どの投資もそうですが余剰資金で取引をすることだけは忘れないで下さい。

その昔、私はライブドア事件で信用取引をやっていたサラリーマン達のことを思い出します。一夜にしてバラ色の夢が灰色に変わり、連日追証に追われて破産した人をたくさん見ました。

投資とは高校生であっても現実の姿をちゃんと知った上で、どこかで自分にブレーキをかけることが必要なのです。欲は全ての敗北につながる一歩だからです。特に、高校生は仮想通貨に夢中になることで学業が手につかなくなるリスクも出てきます。

仮想通貨の購入

仮想通貨は1000円以下から購入できる手軽さが人気です。

開設した取引口座に円資金を振り込み、ログインして購入したい取引所をと仮装通貨銘柄を選択するだけ。初心者が購入するなら簡単に購入できる取引所を選ぶことです。

しかし、重要なことは信頼できる取引所を選ぶことです。最近は詐欺まがいや、ハッキング被害でデポジットしていた通貨が盗まれる事件も起こっています。

また購入する際に注意する点として、販売所形式と取引所形式があります。

販売所形式は仮想通貨取引所を運営している会社を相手に売買することで、
取引所形式は仮想通貨取引所を利用するユーザー同士が売買することです。

初心者には価格が少し割高にはなりますが販売所形式の方がおすすめです。取引完了まで時間もかからずスムーズな点が好まれるからです。

なお、国内の取引所で仮想通貨をクレジットカードで購入はできません。(海外取引所は手数料を上乗せすれば使えます)

税金問題

仮想通貨取引で得た利益は雑所得になります。年間20万円未満であれば税金はかかりませんが、超えれば申告対象になります。

対象期間は1月1日〜12月31日の一年間で発生した利益に対して、翌年の2月中旬から3月中旬まで確定申告期間に手続きをする必要があります。

税金を払う基準は20万円以上の利益についてですが、例えば損失と合算して20万円以下に抑えられる、あるいはふるさと納税を利用するなどして回避することもできます。

ただし、20万円以上の利益が出ているにも関わらず申告をしない場合は、後から追徴課税されますのでくれぐれも忘れないでおいて下さい。ばれないだろうなんて絶対に思わないで下さいね!!

まとめ

高校生の仮想通貨取引の口座開設から、取引についても触れてみました。いかがだったでしょうか?

1. 仮想通貨取引は高校生といっても18歳以上が取引の対象者である。
2. 未成年者の口座開設には親権者の同意書なども必要である。
3. 仮想通貨取引のメリット&デメリットを十分理解する。
4. スムーズに取引を始めるにあたり仮想通貨購入方法を押さえる。
5. 20万円以上の利益が年間あれば確定申告を忘れずに行うこと。

超初心者向け仮想通貨の始め方 登録方法全部を見せます【仮想通貨 コインチェック 登録 ビットコイン 始め方】

超初心者向け仮想通貨の始め方 登録方法全部を見せます【仮想通貨 コインチェック 登録 ビットコイン 始め方】

投資は時として投機になってしまう危険性があります。もう少し儲けよう、まだまだ儲けられるなどお金に人は惑わされます。一時的な欲にかられ全財産を失う人だって大勢います。

投資を始める前に自分なりのルールを決めてこれ以上負け込んだら撤退する。ここまで利益が上がれば一度、利確定をして相場を冷静に見ながら、また次に参戦する機会を伺うことも大切です。

【こちらも読まれています】

高校生が株の勉強を始めるための心得!
高校生が株に興味を持って勉強を始めたいとすれば何をやればいいのでしょうか?いきなりチャートや当期利益、ROE、決算資料などから入ると挫折してしまいますから、まずは株式とは?から始めて、基本的な株式の成り立ちと株式市場の仕組みを理解することです。今の時代、銀行に預金してもほとんど利息がつきません。特に高校生のような若いうちから投資を始めればある程度リスクをとりながら資産を増やしていけるのです。

コメント