すぐにわかる! 高校生で株式投資家になるには?

スポンサーリンク

高校生でも株を売買することができます。私は社会の仕組みや経済の動きを知るなら株への投資が一番だと思っています。会社がどうやって利益を生み出すのか、経費がどれくらいかかっているのかを身をもって知ることができるからです。

そして利益が出れば株主に配当という形で分配されます。つまり株式とは会社を運営するために会社を所有する権利を分割したもので、不特定多数の投資家に買ってもらうことで株式会社として成り立っているのです。

もちろん株主が高校生でも問題はありません。今回は高校生で投資家になるための心構えについて見ていきましょう。

株でお金を増やすということ

株式投資でお金を増やすことができます。代表的な例が配当金です。株式を発行する会社は毎決算ごとに利益の一部を投資家に配当という形で分配をします。つまりインカムゲインです。

もう一つの方法は、株式を売却することで利益を確定する方法、つまりキャピタルゲインです。企業の業績が良く、順調に成長をしていれば株価は上がります。取得した時より、売却時に手数料・税金など除いてプラスになればそれがキャピタルゲインとなります。

しかし、利益をそう簡単には出せないのが株式売買の難しさでもあるのです。安く買って高く売る、当たり前の理屈ですが、株は生き物です。それを実現することがいかに難しいことを、私は株式の世界で仕事をしているのでよくわかります。

プロの機関投資家だって失敗はつきものなのです。株式は企業の業績だけで動いているわけではなく、人の思惑もそれに絡んできます。

証券会社の役割

株取引は個人が直接証券取引所で売買するのではなく、取引所の正会員である証券会社を通して売買することになります。やみくもに注文を出せば成立するのではなくある一定のルールがあります。

① 一番高い値段の買い注文と、一番安い売り注文
② 同じ値段の注文が複数あったら、早い注文を優先する

以上の基本ルールにのっとって売買が成立します。

注文方法はネットと電話からできます。証券会社に注文を出すにはその会社に口座を開設している必要があります。

口座開設

未成年口座開設条件とは、

① (一般的には)親権者のいずれかが既に口座を開設していること。
② 親権者が捺印をした同意書を提出すること。
③ 親権者と未成年口座名義人の続柄を証明できる書類を提出すること。
④ 未成年口座名義人の銀行口座を提示すること。

各証券会社によっては条件が異なる可能性もありますから、確認しましょう。

口座が開設できたら、いつでも株取引ができるようにお金を証券会社の指定口座へ予め入金しておきます。

売買注文

基本的に売買注文は単元株で出します。1株、100株、1000株と会社によって異なるので確認しておく必要があります。例えば株価が100円で単元株が1000株なら10万円が必要になります。

注文方法は大きく分けて2つ、指値注文と成行注文です。

指値注文

1000株をいくらで買うor売るということです。

例えば1000株を100円で買いという注文には、100円以下の売り注文が出れば全て約定する仕組みです。

売りなら100円以上の買い注文が出れば全て成立します。

成行注文

株価がいくらでも買うor売るということです。注文を出すとすぐに約定する可能性があります。

指値注文には「逆指値注文」があって、「1000円まで上がれば成行で買う」「800円まで下がれば成行で売る」という注文もできます。

約定が成立すればその日を入れて4日目が決済日になります。

リスク管理

株式投資にはリスクがあります。会社の業績悪化などネガティブな要因で株価が下がっていきます。ライブドア・ショックのような事件で株が急落し、倒産でもすれば紙くずにも。株価が1円、2円まで下がっても果敢に売買する投資家もいます、いわゆるマネーゲームです。

高校生ならおこずかいや、お年玉を貯めたお金が原資金でしょうから、無理せずその範囲内でやるようにしましょう。株式投資は余裕資金で行うことが鉄則です。借金をしてまで投資すればそれはギャンブルと何ら変わりありません。

そして一番大切なことは投資した株式で損をした時に、冷静に反省ができることです。反省をしないままで投資を続けると同じ失敗を繰り返し、最終的には株式投資を諦めることになりかねません。失敗の原因解明がこの先の株式投資人生に大きな影響を与えるのです。

投資スタイル

株式投資にはデイトレード・スイングトレード・中長期投資の3つに大きく分類されます。

デイトレード1日に売り買いを何度もやり利益を確定してしまうやり方です。

スウィングトレード数日から1週間程度で利益を確定する方法です。

中長期投資半年から数年、長くて数十年単位でインカムゲインとキャピタルゲインを享受する方法です。

投資家にはそれぞれの投資環境と価値観がありますから、自分にあった投資スタイルを持つことが大切です。場合によっては、銘柄に応じて複合的スタイルでもいいでしょう。

まとめ

高校生でも投資家になれる、いかがでしかた?

1. 株で儲けるとはどういうことか
2. 証券会社で口座開設をする
3. 売買注文方法を知ろう
4. リスク管理を徹底する
5. 投資スタイルを確立しよう

【投資超入門編】学校では教えてくれないお金の話 高校生から始める投資の勉強

【投資超入門編】学校では教えてくれないお金の話 高校生から始める投資の勉強

高校生で株式投資をするケースは増えています。早くから経済の仕組みを知ることは、将来投資の世界で生き残る上で大切なことです。

もちろん株式投資には勝ち負けがあります。大事なことは負けた時にどう反省するかです。その経験が次に繋がるのです。

机上でいくら投資に関する書物を読み漁っても、実際に投資をすることとは違います。当然投資をする際にはテクニカルな指標も必要です。しかし、高校生で株式投資を果たすならまずは肌で投資とは何かを知ることから始めてみませんか?

【こちらも読まれています】」

中学生でもわかる株の仕組み
中学生でも理解できる株の仕組みについてお話をしましょう。直接金融である株式市場からお金を集める際に企業は株式を発行します。そしてその株式を売りたい人と買いたい人の価格が一致することで株式の売買取引が成立するのです。そこにはまさに需要と供給の原理があり、誰も欲しくなれければ株は下がりますし、欲しい人が多くいれば株は値上がりします。

コメント