高校生が株の勉強を始めるための心得!

スポンサーリンク

高校生が株に興味を持って勉強を始めたいとすれば何をやればいいのでしょうか?

いきなりチャートや当期利益、ROE、決算資料などから入ると挫折してしまいますから、まずは株式とは?から始めて、基本的な株式の成り立ちと株式市場の仕組みを理解することです。

今の時代、銀行に預金してもほとんど利息がつきません。資産をこれから増やすなら投資をする必要があります。特に高校生のような若いうちから投資を始めればある程度リスクをとりながら資産を増やしていけるのです。

結婚して家族が増えるとリスク商品への投資の割合をどうしても抑え気味になりがちになります。定年を迎える中高年になればリスクを抑えて、出来るだけ安定運用に切り替えていく必要も出てきます。

投資はその人の生活スタイルや年齢とも大きく関わってきますので、10代〜20代はまさにゴーデンエイジでもあるわけです。しかし、やみくもにリスク商品に投資しても虎の子を失うだけですから、投資に関する勉強は怠ってはいけません

リスク感覚を磨く

日本のような安全な社会でリスクに直面することはあまりないでしょう。しかし、リスクに対応できる心構えは常日頃から準備しておくべきです。株式投資を勉強することはリスクヘッジを知ることにもなるからです。

そうした感覚を学生の時から勉強すれば、長い目で見れば大きなリターンが期待できますし、株式市場を揺らす大きな出来事にも冷静に対応ができて、傷も浅くすみます。

株に安全はない

株式は債券や投資信託に比べるとリスクは高いと言えます。では安全な株式投資をするためにはどうすればいいのでしょうか?

知識を増やすこと、指標を読めること、分析力を高めることももちろん大切ですが、初心者なら経営が安定した東証一部上場銘柄がおすすめです。中でもトップ企業であれば日々の売買高も多く、比較的安全です。

とはいえ東京電力やスルガ銀行、レオパレスのように思わぬつまずきで株価が暴落するケースもあります。

個人で毎日株取引をするデイトレーダーのような人はごく一部で、ほとんどの人は長期投資のスタンスが一般的です。実際に過去の株価に動きを見ると5年、10年、20年と大量に持ち続ける人ほど大きなリターンを得ることができるのです。

ただし、一流企業の株式でも安心しきるのは禁物。社会情勢や企業動向、経済ニュースなど常にアンテナを貼って情報に敏感になるようにしておくことが重要であり、変調を察知して対応できるかがポイントです。

身近な会社の株式は勉強になる

自分の周りを見回せばたくさんの生活商品に囲まれて生活しているはずです。万人に身近なサービスや物を提供する企業であれば、投資をする対象として安全とも言えます。企業情報も入手しやすいからです。

しかし、一方でみんなが注目する銘柄だと旨味が少ない面もありますが、初心者は深傷を負わなくて済むメリットもあります。

また、一流企業だと高配当や増配をする企業もあるので、そういった企業の株なら間違いないと言えます。

株式に向き合う高校生

高校生は株式投資をゲーム感覚でやるのも良いと言われます。まさにマネーゲームですね。ガチガチに知識武装して挑むより、高校生ならではのセンスで株式投資を始めるのもありです!

もちろん株式投資は益と損が隣り合わせ。負ければ悔しくて熱くなりますが、負けた理由を自分なりに受け止めることで投資に強い体質になって行きます

反省しない人は負け続けて市場から撤退する、私もそういう個人投資家を知っています。

株式の勉強をするならまず1銘柄投資しよう

机で何十時間かけて勉強するなら、まず1銘柄株式を購入することをおすすめします。単位株はある程度資金が必要ですが、ミニ株なら数千円から始められます。

購入すると毎日株式相場が気になるし、保有銘柄の企業に関するニュースや話題にも敏感になります。そうすれば自ずと銘柄研究にも熱が入るものです。

これは高校生に限らず、株式投資初心者にはいつも伝えていることなんです!一度の失敗で株式投資を嫌いになって欲しくないから。

まとめ

1. 株式投資をするならリスク感覚を磨くこと。
2. 株式は身近な投資方法である。
3. 株式投資はゼロサムゲーム。
4. 投資に失敗しても反省をする人は復活できる。
5. 高校生で株式投資する時はゲーム感覚で楽しむのもOK。
6. まずは少額投資がおすすめ。

株の超入門~小学生、中学生、高校生、誰でもわかる~

株の超入門~小学生、中学生、高校生、誰でもわかる~

いかがでしたでしょうか?株式投資は自分の将来に備えて資産を増やすことが最大の目的です。最初はお試し的に少額で投資を開始して、肌で株式投資の楽しみを感じてみて下さい。

そして早い段階で失敗しましょう!傷ができるとそれを癒すために何が間違っていたのか自分で原因探しを始めます。このように必ず反省をして同じ過ちをしないようにすることが今後、投資家として成功するカギになります。

儲かる人もいれば、損をする人もいる、それが投資です。常に勝ち続けられる人はそうはいません。そのためには、高校生の段階から投資家として投資の世界に関わることです。

【こちらも読まれています】

すぐにわかる! 高校生で株式投資家になるには?
高校生でも株を売買することができます。私は社会の仕組みや経済の動きを知るなら株への投資が一番だと思っています。会社がどうやって利益を生み出すのか、経費がどれくらいかかっているのかを身をもって知ることができるからです。そして利益が出れば株主に配当という形で分配されます。今回は高校生で投資家になるための心構えについて見ていきましょう。

コメント