硬筆での書き初めのコツ3選!用紙はどこで手に入る?小学生は何を書く?

スポンサーリンク

書き初め

小学校などで硬筆が課題となることがありますが、硬筆での書き初めがどうもうまくいかない、上手に書くコツが知りたい、何を書けば良いのか分からない……なんてこともありますよね。

硬筆できれいに書いている隣の子を見ると「自分の子どもはどうもうまくならないけれどコツがあるのかしら」など、疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは硬筆での書き初めについてうまくなるコツはもちろん、用紙はどうやって手に入れたら良いのか、小学生は何を書けば良いのかなどをまとめています。

硬筆をうまく書きたいけれど悩んでいる方、硬筆で何を書けば良いのか迷っている方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!

硬筆での書き初めのコツ3選! その1:縦書きは中心ラインを大事に書く

勉強する子供のイラスト

 

硬筆で書き初めする際にひらがな、カタカナ、漢字どれでも大事なコツとして、硬筆用紙に書かれている中心のラインをしっかり見て書くようにしましょう。

【ペン習字 硬筆】文章をまっすぐ書くための三つのポイント【書道 美文字】

【ペン習字 硬筆】文章をまっすぐ書くための三つのポイント【書道 美文字】

書き始めが中央の場合は中央にそろえる、同様に書き終わりが中央な場合は中央で止める、中央が真ん中になるように揃えて書くことで一気にきれいな文字が書けるようになります。

硬筆での書き初めのコツ3選! その2:とめ、はね、はらいをしっかり書く

鉛筆を持つ手

きれいに文字を書くためにはお手本をしっかりじっくり見て同じように書くことが大切ですが、抜けてしまいがちな要素としてとめやはらいをしっかり書くというものがあります。

【初心者向け】どうしても美文字が書けない方へ、コツをこっそり伝授! How to write beautiful characters

【初心者向け】どうしても美文字が書けない方へ、コツをこっそり伝授! How to write beautiful characters

とめ、はね、はらいをしっかりお手本を見て同じように書くことできれいな文字になっていくので、動画を参考にしつつぜひチャレンジしてみましょう。

硬筆での書き初めのコツ3選! その3:硬筆を思い通りに動かす

鉛筆を持つ手

硬筆できれいに書く、お手本をしっかり見ながら同じように書くというのは簡単に見えて難しい、こういった場合はまずは硬筆をしっかりコントロールする能力を身に着けましょう。

美文字トレーニング、きれいに書くコツ!<ペン字編>【東洋羽毛_美活お役立ち動画】

美文字トレーニング、きれいに書くコツ!<ペン字編>【東洋羽毛_美活お役立ち動画】

硬筆をコントロールできなければもちろんどれだけ考えてもお手本と同じように書くことは出来ないので基本的な硬筆を動かす練習をして、その後動画を参考にしてみましょう。

文字のバランスを整える、字間や文字サイズを合わせるというのは最初の動画でも紹介されていた内容で、きれいな硬筆を書くためには重要であることが分かります。

硬筆書き初めの練習をしよう!手本はどこで手に入る?

文字の練習

硬筆の宿題が出てしまった場合は用紙もある程度もらっているかもしれませんが、もっと練習したい、用紙が足りないという場合もあるのでどこで手に入るかを確認してみましょう。

硬筆用紙やお手本はダウンロードで手に入れることが可能なので、硬筆用紙などがダウンロードできるサイトを紹介します。

お手本.com

お手本.comは名称の通り書道や硬筆のお手本などがダウンロードできるサイトで、こちらで硬筆の用紙のダウンロード、必要であればお手本セットの購入などが出来ます。

自分の名前のお手本が手に入るのは貴重で、硬筆でも何度も必要になるので用紙のダウンロードはもちろん、お手本などもぜひチェックしてみてください。

ペン字の味方

こちらのサイトは無料でひらがなやカタカナを始めとした硬筆の「練習用紙」をダウンロードできるサイトで、無料でダウンロードができるのが魅力です。

練習したい方向けに特化したサイトなので、どんどん練習したい方、ひらがなや漢字にじっくり取り組みたい方にぜひおすすめします!

無料ボールペン字練習と漢字検定テキスト集

こちらは漢字検定などのボールペン字の練習ができるサイトで、用紙も細かく分類されている、こども用のテキストなどもあると、字をうまくしたい方におすすめの情報が詰まったサイトです。

大人の方にも楽しめる源氏物語などの文章テキストもあり、親子そろって硬筆の練習をするなんてこともできますね!

硬筆の書き初め用紙はどこで手に入る?ダウンロードは可能?

文字の練習をする人のイラスト

硬筆の書き初め用紙は先程紹介した各種サイトで練習用などはダウンロードしやすく、一方きちんとした硬筆用の書き初め用紙となると迷ってしまいますよね。

こういったサイトで練習用はダウンロードし、学校からもらった硬筆用紙は本番に取っておくのが一番の安心方法ですが、東急ハンズなどでは販売されている可能性もあります。

全国硬筆コンクールのサイトでは規定用紙が用意されていてダウンロードができるようになっているので、しっかりした用紙が欲しい場合はぜひ利用してみましょう。

 

市販品の値段も様々なので、練習用の場合はダウンロードし印刷した用紙を使う、本屋などで販売されている練習帳などを使うと気楽に練習できるかもしれません。

硬筆の用紙は小学校1年初段用など学年、年齢によって用紙が違い種類が多いので、ダウンロードや購入の際は間違わないように注意してくださいね。

硬筆の書き初め 小学生らしいテーマの決め方は?何を書く?

謹賀新年の飾り

硬筆での書き初め、課題やお手本がある場合はともかく、自分でテーマを決めるとなると小学生にとっては難しく、悩んでしまいますよね。

やっぱり書き初めであるからには「お正月」はテーマにしやすく、またそこから発展した言葉、「あさひ」「朝日」「日の出」などは人気があります。

変に凝った難しいテーマを考えるよりはお正月の朝や嬉しかったことなど分かりやすいものをテーマにしたほうが小学生らしく、伝わりやすい硬筆の書き初めになりますよ!

硬筆の書き初めをコンクールに出そう!

たくさんの鉛筆

せっかくたくさん練習した硬筆、書き初めをコンクールに出してみるのも自分の力を試せる、難しいことに取り組んだという子どもの自信に繋がるのでおすすめです。

 

先程用紙をダウンロードできるサイトとして紹介した全国硬筆コンクールは知名度も高く、気軽に用紙をダウンロードしてチャレンジできるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

「文字を正しく整えて丁寧に書く」という大切な気持ちを育て、日本の文字文化の振興発展に繋げるために開催されているコンクールが全国硬筆コンクールです。

テーマについても「自由課題の部」「規定課題の部」と様々なので、応募要項に沿っていれば自分のやりたい部に応募することが可能なのも嬉しいですね。

優勝者だけではなく出品者全員に賞状、または賞状と賞品が授与されるので、こどもがコンクールにチャレンジしたあと賞状が確実にもらえ、自信に繋がるメリットも大きいです。

次回のテーマや募集要項についてはまだ分かりませんので、こまめに公式サイトを確認しつつ日頃から練習し、次回コンクールに備えていきましょう!

文字がうまいことのメリットは?文字が下手だとどう思われる?

OKする女性

硬筆はがんばっても文字がうまく書けるメリットしかないと思われているかもしれませんがそんなことはなく、字がうまいと多くのメリットがあります。

例えば作文ひとつでもきれいな文字で丁寧に書かれた作文と読みにくい、汚い文字で書かれた作文では読む方の印象も違うので、内容以外のポイントでも加点されやすいんですね。

このように低学年の頃はもちろん、就職活動になるともっとメリットは顕著に現れ、丁寧に書かれた履歴書や提出用紙と汚い文字とでは担当者の印象が全く違います。

達筆で有名な芸能人

  • 堀北真希さん
  • 吉永小百合さん

有名な方でいえば麻生太郎氏も非常に達筆な文字で、きれいな文字を書ける、披露できるというのは大きなメリットといえます。

まとめ

硬筆の書き初めでうまく書けるコツの紹介、用紙の入手方法や小学生におすすめのテーマなどまとめ!

 

  1. 硬筆で上手に書くコツとしてどんな文字であれ有効な方法は縦書きの場合、中心ラインをしっかり大事に見ながら書く!
  2. 日本語で大事な要素、習字でもよく言われている硬筆のコツはとめ、はね、はらいをしっかり書くということで、これらがしっかり書かれていることで印象が大きく変わる!
  3. お手本通りにしっかり書くためには何よりも硬筆のコントロールが自在にできることが大切なので、どうしてもうまく行かない場合はコントロールを練習するのもうまくなるコツのひとつ。
  4. 硬筆のお手本は本屋などはもちろん、お手本.comなどのサイトでも購入が可能、無料サイトも多くあるので上手に使っていく方法がおすすめ
  5. 硬筆の書き初め用紙はあまり販売されてるところが少なく、東急ハンズなどでは期待できるかも程度なので、ダウンロードした用紙を印刷する、練習は別用紙を使うなどで対処しよう
  6. 小学生の硬筆書き初めのテーマはやはりお正月が使いやすく、お正月をヒントにした「朝日」など発展した文字を取り入れるのもおすすめ
  7. 全国硬筆コンクールでは出品者全員に賞状がもらえるため頑張った結果として子どもも自信に繋がりやすく、ぜひ一度チャレンジしてみよう!
  8. 文字が汚いとどれだけ良いことを書いていてもまず印象が悪くなり、逆にきれいな文字の文章・作文は引き込みやすく、印象アップのメリットが大きい

硬筆でうまく書くコツはいくつかあるものの、基本的にお手本通りにしっかり書く、大きさやバランスを重視することがうまくなるコツなのでこれを中心に考えましょう。

硬筆の書き初めはせっかく頑張ったのならコンクールに出す方法もありで、ぜひ自信に繋がるコンクール出品なども考えてみてくださいね!

【こちらも読まれています】

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選!うまく書くコツつき!
中学校の宿題などで書き初めをしなければならないけれど自由課題なためどんな言葉を書いたらいいのか迷っている、中学生らしい五文字の言葉を知りたいという方に向けた言葉の紹介をしていきます。五文字や五文字熟語を使った書き初めを考えている方、参考にして下さい。

コメント