小松基地航空祭2019(令和元年航空祭 in KOMATSU)のプログラムは?シャトルバスの時間は?

スポンサーリンク

航空機ファンだけではなく家族連れなど多くの方が来場し盛り上がる航空祭のひとつ、小松基地航空祭が2019年「令和元年航空祭 in KOMATSU」として開催されます。

今年2019年の小松基地航空祭ではどんなプログラムが予定されているのか、どんなスケジュールになっているのかなど、気になるポイントは多いですよね。

ここでは2019年の小松基地航空祭となる「令和元年航空祭 in KOMATSU」の概要やプログラム、またシャトルバスの情報や小松基地航空祭を楽しむためのポイントなどをまとめています。

小松基地航空祭2019の情報を早く手に入れスケジュールを調整していくためにも、ぜひご確認ください!

【小松基地航空祭2019(令和元年航空祭 in KOMATSU)イベントの概要は?】

2019年度の小松基地航空祭「令和元年航空祭 in KOMATSU」、まず最初にいつどこで開催するのか、概要をしっかり把握しておきましょう。

令和元年航空祭 in KOMATSU
開催日:2019年9月16日(月祝)
時間:7時45分から15時半
場所:航空自衛隊小松基地

小松基地航空祭は多くある航空祭の中でも人気の高いひとつで、毎年およそ10万人もの方が訪れ楽しんでいるイベントとなっています。

小松基地は1961年に作られた日本海側で唯一の戦闘機部隊がある空の守りとしても重要な基地であり、自衛隊の基地としても重要です。

もちろんこのような重要な基地であるため日頃から気軽に行ける場所ではなく、小松基地航空祭はこういった意味でも貴重な機会なんですね。

【小松基地航空祭2019駐車場情報!どこに駐車をする?シャトルバスはでている?】

小松基地航空祭には車で行きたいという方も多く、たくさんの駐車場やシャトルバスが用意されているのでそれぞれの情報もチェックしていきましょう。

小松基地航空祭のための臨時駐車場が無料で多く用意されているので、まずは以下の駐車場を確認しておくことをおすすめします。

◎臨時駐車場
串本工業団地駐車場:約2400台
鉄工業団地駐車場:約4500台
小松市役所周辺臨時駐車場:約700台
小松駅周辺臨時駐車場:650台
小松製作所栗津工場:500台

「これだけの臨時駐車場があるなら駐車場はさほど混雑しないのでは」と思えてしまう臨時駐車場の数ですが、実際はこの駐車場数でもすぐに埋まってしまうほどの来場者です。

午前3時頃には駐車場が開くのを待っている状態になるほどなので、車で小松基地航空祭へ行きたい、無料駐車場に停めたい場合は早めの移動をおすすめします。

またこれらの駐車場のうち
串本工業団地
鉄工業団地
小松駅

にはシャトルバス乗り場があります。

小松基地航空祭のシャトルバスはこれらの乗り場と小松基地を繋いでいて、有料となっています。

◎往復
大人500円
子ども250円◎片道
大人300円
子ども150円

【イベントの混雑情報は?駐車場にスムーズにはいるにはどれぐらい前から並ぶ?】

一日のイベントで来場者数が10万人という数字だけで想像はついてしまいますが、小松基地航空祭は非常に人気が高く、イベントとしても混雑します。

早めの移動や水分などを自前で用意しておくこと、現地では特に子ども連れの方はトイレに早めに行くなど、混雑していることを前提に準備しておきましょう

駐車場も早朝から待機列が出来るほどの混雑ですが、一方臨時駐車場の開放開始は4時半頃からなのでスムーズに入るにはよほど早く行動しておかなければなりません

場所取りについては当日の人の流れや雨天時の変更など様々な可能性があるので基本的には出来ないものとし、人の通行の邪魔になったりしないように注意してくださいね。

【小松基地航空祭2019のプログラム!ブルーインパルスはいつ飛ぶの?前日の予行練習でも見学可能?】

小松基地航空祭2019のイベントスケジュールやプログラムはまだ発表されていないので、昨年度2018年のプログラムを参考に見てみましょう。

◎飛行展示
8:10~ オープニング
8:50~ 第303飛行隊機動飛行
9:05~ 第306飛行隊機動飛行
9:40~ 救難展示
10:00~ 飛行教導群機動飛行&大編隊飛行
11:00~ F-2・F-4展示、VADS模擬対空射撃
11:35~ グライダー
12:35~ ブルーインパルス
14:00~ 展示機帰投
◎ステージイベント
9:20~ TVアニメ
10:20~ ミニライブ
10:50~ F4ファントム最終記念ステージ
11:30~ 小松工業高等学校吹奏楽部
12:05~ 中部航空航空隊
◎地上展示
各種ブース
コクピット展示
エンジン展示
ミサイル展示
脚作動展示
キッズパイロット撮影ブース

その他

昨年のプログラムを参考にすると小松基地航空祭でのブルーインパルス飛行はおよそお昼頃で、今年もおそらくこの辺りの時間帯をチェックしておけば良いのではないでしょうか。

またブルーインパルスは前日に予行飛行を行い当日とまったく同じ流れで行うので、可能であれば混雑が激しい当日ではなく前日に基地の外から楽しむ方法もおすすめです。

残念ながら予行飛行の時間帯についてはまだわかりませんでしたので、小松基地航空祭の情報をこまめにチェックしておきましょう!

【ブルーインパルスをじっくり・ゆっくり見るには?有料観覧席はあるの?】

せっかくのブルーインパルスの展示飛行、混雑する小松基地航空祭でもできるだけゆっくり、じっくり見たいと思うかもしれませんが、残念ながら有料観覧席などはありません

当日のスケジュールもしっかり出ているわけではなく、なるべくゆっくり見れる場所や場所取りが可能かについてもまだ分からないといったところです。

基本的には場所取りなども出来ないものとして、小松基地航空祭当日にプログラムや場所を見ながらちょっとでもゆっくり見られる場所を探す方法をおすすめします!

【小松基地航空祭のブルーインパルスの周波数は?】

小松基地航空祭でのブルーインパルスの楽しみ方として、ブルーインパルスの周波数をチェックできるというものがあります。

ブルーインパルスの周波数は過去を参考に調べると出てきますが、「2019年も絶対にこの周波数で大丈夫」というわけではないことはご注意ください。

◎ブルーインパルス周波数
小松RDR(GCA)319.000

【小松基地航空祭2019(令和元年航空祭 in KOMATSU)ブルーインパルス以外のみどころ3選!】

小松基地航空祭ではブルーインパルスの飛行を楽しみにしている方が多いかもしれませんが、もちろんそれ以外の見どころもたくさんあるのでチェックしておきましょう!

飛行教導群機動飛行&大編隊飛行

2018小松基地航空祭・飛行教導群機動飛行&大編隊飛行

2018小松基地航空祭・飛行教導群機動飛行&大編隊飛行

小松基地航空祭で多くある飛行展示でも人気の高い飛行教導群機動飛行&大編隊飛行、迫力ある航空機を間近で見られるチャンスなのでぜひチェックしておきましょう!

救難展示

小松基地航空祭2018 小松救難隊 救難展示 UH-60 U-125A JASDF Komatsu Airshow

小松基地航空祭2018 小松救難隊 救難展示 UH-60 U-125A JASDF Komatsu Airshow

派手なブルーインパルスや大編隊飛行はもちろん見どころですが、長いホバリングが近くで見られるなど救難展示も見どころが多く、ぜひおすすめです!

中部航空音楽隊演奏

2018小松基地航空祭 中部航空音楽隊野外演奏

2018小松基地航空祭 中部航空音楽隊野外演奏

航空祭は航空機の展示を楽しみにしている方も多いですが音楽隊の演奏を楽しみにしている方もとても多く、貴重な音楽隊の演奏を堪能できるチャンスです!

【持ち物必需品はこれ!】

小松基地航空祭2019を楽しむために持っておきたい持ち物、まだまだ暑い季節ということも合わせて持ち物必需品もチェックしておきましょう。

◎持っておきたい必需品
・タオル
・日焼け止め
・飲み物や食べ物
・レジャーシート
・レインコート

紫外線対策や水分補給はもちろんのこと、雨具についても傘などは風で飛ばされる危険、周囲の危険があるのでレインコートを用意するようにすると良いですね。

買えるから飲み物などはいらないのではと思っていると混雑でなかなか手に入れることが出来ないなんてこともありえるので、最低限は持っておくと安心です。

ちなみに航空祭でのドローンの使用は人の多い場所であること、航空機が飛ぶことなどから危険であるため禁止されているので、絶対に持ち込まないようにしましょう。

小松基地航空祭では手荷物検査が行われますが入場に運転免許証など身分証明が必要ということはなく、しかし念の為持ち歩いていたほうが安心です。

【雨天時は中止?9月の小松の気温は?】

小松基地航空祭など航空祭は基本的に雨天時も決行予定となっているものの、飛行展示などは天候の状態により中止や変更の可能性もあります。

雨が降ることも考えて雨具の用意も必須で、先程も軽くお話しましたが傘は危険なため必ず人数分のレインコートなどを用意しておきましょう

石川県の9月の気温は平均で25℃程度、まだまだ特に日中は暑い時期なので、水分などを多めに持ち込んでおくこと、日よけや日焼け止めなど対策しておくことをおすすめします。

熱中症を防ぐためにもこまめに水分補給や塩分補給などを心がけておき、せっかくの小松基地航空祭をしっかり楽しめるようにしておくと良いですね。

【まとめ】

小松基地航空祭2019「令和元年航空祭 in KOMATSU」のプログラム、駐車場、シャトルバス情報など楽しむための情報まとめ!

1:小松基地航空祭2019は9月16日の祝日・月曜日に開催、毎年10万人もの方が訪れる航空祭の中でも人気の高いイベント!
2:小松基地航空祭では多くの臨時駐車場が用意されていてシャトルバスもあって便利なものの、駐車場の混雑はかなりのものなので注意
3:駐車場では開放一時間以上前から待機が発生しているほど混雑、会場内でも早めの移動や余裕を持った行動を心がけよう
4:ブルーインパルスの飛行展示予定時間、2019年のプログラムは未定なものの昨年までを参考にするとお昼過ぎが狙い目!
5:小松基地航空祭のブルーインパルスをゆっくり見るための有料観覧席などは用意されていないので、早めに見やすい場所をチェックしておこう
6:小松基地航空祭でのブルーインパルスの周波数は「小松RDR(GCA)319.000」(昨年度まで調べ)
7:小松基地航空祭ではブルーインパルスの展示飛行だけではなく大編隊飛行や救難展示、音楽隊の演奏など見どころも多くあり、見逃さないようにしよう
8:小松基地航空祭開催の時期はまだ暑い可能性が高く、日焼け止めや日よけ、水分補給など熱中症対策をしっかり準備しよう
9:9月の石川県の気温は25℃前後、万が一の雨に供えての雨具は傘ではなく周囲に迷惑にならないレインコートなどを用意しよう

令和初の小松基地航空祭となる2019年、今年もブルーインパルスの登場は決定していて、今から当日が楽しみで仕方がない方も多いと思います。

小松基地航空祭をしっかりじっくり楽しむためにも駐車場の情報や持ち物、注意点などは事前にチェックしておき、当日は心ゆくまで楽しめる準備をしておきましょう!

 

【こちらも読まれています】

エアフェスタ浜松2019!のプログラムは?ブルーインパルスを見る穴場は?
航空機ファンだけではなくファミリーでの来場など多くの方で盛り上がる自衛隊イベントの中でも大きな行事、「エアフェスタ浜松」が2019年にももちろん開催されます。 2019年のエアフェスタ浜松ではどのようなイベントやプログラムがあるのか、どんなスケジュールになっているのか、ブルーインパルスは飛ぶのかなど気になることも多いですね。 ここでは2019年のエアフェスタ浜松のイベント概要、さらにブルーインパルスの飛行時間情報やブルーインパルスを見るために知っておきたいことをまとめています。 エアフェスタ浜松2019に初めて行ってみたい方はもちろん、2019年のブルーインパルスの情報が気になっている方にもおすすめの情報なのでぜひご確認ください!

コメント