国際結婚の結婚式は2回やるのが普通?通訳はつけるの?婚姻届は?

スポンサーリンク

結婚式は普通に国内で計画するだけでも人生のビッグイベントのひとつで大変ですが、特に国際結婚の場合は結婚式をどうすれば良いのか迷ってしまうことが多いです。

結婚式は自分と相手の国とで2回やったほうが良いのか、その際親族が相手の言語を話せない場合通訳はつけたほうが良いのかなど、多くの疑問が出てきます。

今回は国際結婚について悩みがちなポイント、結婚式は自分の国と相手の国で合計2回やったほうが良いのか、結婚式に通訳は必要かなど、国際結婚についての疑問にお答えしています。

国際結婚が決まり楽しみだけど国際結婚についての決まりが分からないとお悩みの方におすすめの内容となっていますので、ぜひご確認ください!

国際結婚の結婚式は2回やるのが普通?

結婚指輪とバラ

国際結婚の場合結婚式はどうすればいいのか、どちらの国でやればいいのかなど迷ってしまうかもしれませんが、大きく分けて方法は以下のようになります。

  • どちらかの国で挙式する
  • 両方の国で2回挙式する
  • どちらでもない国で挙式する

決して「2回やるのが普通」というわけではありませんがこれらの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、2回結婚式を行っているカップルも少なくありません。

それぞれの方法のメリットやデメリットも考慮しながら自分たちにできる方法、周りが納得する方法を考えていくのが一番なのでメリット・デメリットも確認しておきましょう。

どちらかの国で挙式する

これはすでにどちらかの国での生活基盤が整っている、その国での生活が長いなどの場合に多い方法で、結婚式の費用としては1回分で済むものの、親族などを呼ぶ必要があります。

また言語や文化の違いをしっかり考慮しなければならないのもこの方法で、食事はどういったものが良いのか、アレルギーや文化により食べられないものなども考えましょう。

更に呼ぶ方全員がお互いの言語を把握しているという特殊な場合を除いては、意思疎通をしっかり行うためにも通訳が必要です。

文化の違いはもちろん結婚式にもあり、国によって結婚式でのマナーやイベント、ご祝儀のありなし、額の違いなどもあるので、お互いの国の結婚式についてしっかり相談しておきましょう。

両方の国で2回挙式する

お互いの国それぞれで結婚式を挙げそれぞれの国の親族を呼ぶ方法ももちろんありで、結婚式費用が2倍になるため負担が多い可能性はあります。

しかし逆に考えればお互いの国の親族などに滞在してもらう費用はかからずに済むのでこちらのほうが安くなる場合もあり、一概に費用が高いわけでもありません。

この場合はゲストの移動が少なくなるため乳幼児やお年寄りの方が多い場合は負担をかけずに済む、お互いの国の結婚式のマナーやルールに合わせられる、というメリットが大きいです。

一方デメリットとしては結婚式にかかる期間がかなり長くなることで、特に日本では長期間の休暇が取りにくく、予定調整しきれないこともありえます。

この場合は結婚するタイミングではなく帰国するタイミングに合わせて結婚式を挙げるなど、予定を調整しやすい方法を取ることで多少やりやすくなります。

どちらでもない国で挙式する

国内結婚でもグァムなどで挙式する場合があり、カップルの思い入れがある国で挙式したい場合や新婚旅行も合わせたい場合はハワイなどどちらでもない国での挙式もありですね。

新婚旅行を兼ねれば費用もかなりお得になる、またどちらかの国のみでの挙式となるとパートナーの親族から嫌な顔をされるといった心配もなくなるメリットも大きいです。

しかしこの場合どちらの親族の滞在費、旅行費などを出すことにより、場合によっては最も費用がかかってしまう可能性も高いです。

またもうひとつの方法としては「挙式しない」という選択肢がないわけではないものの、それぞれの親族が全員納得しているというわけでもない限りはオススメできません。

これは国際結婚・国内結婚どちらでも親族の心情を考えれば当然のことなので、もし挙式しないという選択肢を選びたい場合は相当に話し合うことが必要だと思います。

国際結婚の結婚式のリアル!

結婚式の男女がハートを手でつくる

実際に国際結婚をした方も様々な方法を検討した上で自分達に合った方法を選んでいて、具体的にどういった理由でその方式を選んだなどを見ていきましょう!

両方の国で挙式の意見

「お互い来れない親族がいた、どちらの友人からもお祝いしてほしかったという理由で両方の国で挙式し、片方の国は帰国した際に挙げました。」
「パートナーの国で伝統に則った結婚式をしたかったので両方で挙げ、パートナーの国の自分の国からの出席者は家族だけでした」

やっぱりどちらの国の親族や友人からも祝ってもらいたい、パートナーの国の伝統的な結婚式をしたいなどの理由で両方の国での挙式を選ぶ方が多いですね。

片方の国での意見

「滞在費用を負担しパートナーの国だけで挙式をし、母国では食事会を開いて親族に報告するという方法を取りました」

このように片方の国だけで挙式を終えた場合は食事会などを開きパートナーの国の親族にも報告するなど、お互いの親族に寄り添った考え方を考えたほうが良いでしょう。

「宗教的な理由で一度しか結婚式を行えない」などで片方の国で一度きりが当然の場合もあり、このような場合も挙式は片方の国、もう片方では食事会(披露宴)という形が多いようです。

 

このようにカップルそれぞれの事情や親族の気持ちに寄り添った結論をしっかり考えれば特に問題なく、あとはその方法をきちんと説明し理解してもらう努力で頑張りましょう。

国際結婚の結婚式の疑問!お互いの家族向けに通訳は必要?

通訳のイラスト

自分たちはある程度パートナーの国の言語が分かるという場合も、親族や家族はもちろん話せないという場合が多いです。

こういった場合意思疎通ができなくなるためやはり今後の関係的にもこのままでは問題で、通訳はしっかり用意したほうが安心です。

また通訳だけではなく司会の選び方も大切で、できるだけ司会は二言語話せる方にお願いするようにしましょう。

言葉が通じない家族は通訳や司会の方にも事前に理解してもらうことはもちろん、自分たちが率先して間に立ち、きちんと意思を伝えていけるようにしていくことも大切ですね。

国際結婚の結婚式と日本人同士の結婚式の違いは?

パーティーテーブル

先ほどから少しずつお話もしていますが、国際結婚では日本でのルールやマナーは決して常識ではなく、お互いの国の結婚式を尊重することを真っ先に考えなければなりません。

日本では当たり前のルール、例えばご祝儀の額なども国によって違う、またご祝儀のルールがない国もあるので、国際結婚の場合日本のルールだけで考えることは避けましょう。

また結婚式の流れもそれぞれで、特に食事については文化や宗教的な理由により食べられないものがある場合もあるため、アレルギーなどだけではなく相手の文化も尊重することが大切です。

事前にパートナーと結婚式のルールやマナー、その国ならではの文化などをきちんと話し合い、お互いの国に配慮できる、誰もが楽しめる結婚式を考えていきましょう。

ちなみに婚姻届については国によって必要な書類が違う、多くの書類が必要となる場合もあり、日本で結婚する場合と海外で結婚する場合などでも細かく手続きが違います。

婚姻届を出す市町村などに国際結婚であることを告げて必要書類を確認する、相手の国の在日大使館などに電話をかけて書類の手続きなどを聞くなど、時間がかかるつもりでいましょう。

「分からないことは聞く」という基本がやはり大切で、事前に市役所などに相談する、分からないポイントをなくしてから行動するなど、落ち着いて準備を進めていきましょう!

まとめ

国際結婚での結婚式は2回やるのが普通なのか、また国際結婚で気をつけたい通訳や文化の違いなどまとめ!

 

  1. 国際結婚では2回挙式を行う、片方の国のみで行う、どちらの国でもない場所で挙式するなど様々な方法があり、それぞれメリットとデメリットがあるのできちんと話し合って選択しよう
  2. 国際結婚を実際にした方の意見は「どちらの国の友人からも祝ってほしかった」「宗教上の理由などで挙式は一度だけだった」などで決めていて、パートナーとの相談が大切!
  3. 国際結婚では親族が相手の国の言語が分からない場合も多く、通訳はもちろん司会も二言語話せる方にお願いするほうが安心、自分が率先して間に立つ努力も必要。
  4. 結婚式はそれぞれの国ならではのルールやマナーがあり、これはどちらが優先というものでもないので事前にしっかりパートナーと相談し、お互いの親族が満足する式を考えよう

国際結婚はどうしても文化の違いや結婚式のマナーやルールの違い、そしてどちらの親族も自分の国で祝って欲しい気持ちなどがあり、考えること、悩むことが多くなります。

パートナーとお互いにしっかりこれらのポイントについても相談し、お互いが満足する方法を選ぶことがベストで、誰もが満足する結婚式を考えていきましょう!

【こちらも読まれています】

フランス人男性の恋愛!本気と遊びを見極めるには?恋愛観や性格は?
今回は、フランス在住の筆者からアドバイスと恋愛・結婚における知恵を教えちゃいます!国際恋愛ならではの知っておきたい、フランス人の恋愛観から、遊びと本気の境目、フランス人男性と恋愛をするポイントに、結婚のあれこれまでまとめてご紹介。大好きな人とゴールインが出来るように頑張りましょうね!

コメント