夏祭りだ!子供会で食べ物の出し物おすすめ8選!

スポンサーリンク

地域の子供会に入っていると、様々な行事の恩恵を受ける事が出来ます。自分が役員側になると、子供会の会員達をもてなす立場になることもあります。主催者側として参加するとなると気を配る部分が多くて、大変です。せっかくなら、子供会の一大イベントの一つ夏祭りを盛り上げたいですよね。

私は主催側として参加した事があるのですが、夏祭りを主催する側としては、怪我することなく、安全に楽しんでほしいですよね。夏祭りを成功させるために必要不可欠な物は出店の食べ物です。「次あれ食べたい」「これ美味しいよ」と子供たちの声がもらえるような出店を、安全に配慮した形で提供できる方法を紹介していきます。

子供会の夏祭り注意点

食べ物なので一番気を付けるのは衛生管理です。食材の温度管理を徹底し、冷たいモノは冷たく暖かいものは暖かく食べてもらうようにして、調理者は手洗いをきっちり行いましょう。

アレルギー対策も大切です。販売する食品に何が含まれているのかを、販売する人が把握して売るようにしましょう。

夏祭りに参加する年齢層を把握する

子供会の会員の年齢は何歳から何歳でしょうか。私の娘の時は幼稚園入園年齢からが基準でしたが地域によって違います。下にきょうだいがいる子もいますが、0歳児などは出店の食べ物は食べないので、予想される参加年齢の下は離乳食が終わった約2歳からです。

上はどうでしょうか。これも地域によって違いますが、小学校六年生までのところか中学生までのところが多いようです。と言う事は、2歳児と中学生両方に楽しんで貰える食事を考えなくてはなりません。

同じものを低年齢用と高年齢用に分ける事も一つですし、低年齢向けの出店、高学年向けの出店とバランスよく配置するのも良いですね。

夏祭りのおすすめの食べ物

お菓子つかみ取り

https://twitter.com/makin_cho66/status/1112318095282954243
箱の中にお菓子を入れてつかみ取りしてもらいます。もしくは、紐にお菓子をくくりつけ、その逆には番号を書いた紙をつけて紐を引っ張ってもらう方式でも良いですね。

夏祭りの入り口に配置して、来た人に順にやってもらうのも楽しいです。お菓子は駄菓子で十分です。

ジュース屋さん

https://twitter.com/tokyowagyushow/status/1120114995319017473
簡単なのは市販のドリンクをクーラーボックスで冷やして販売する方法です。小さい子が飲める飲み物と、おにいちゃんおねえちゃんが飲みたい流行りのドリンクを混ぜていれましょう。

オシャレにしたい方は、果物を冷凍してそこにサイダーを注ぐドリンクを販売すると高学年の子達にはうけると思います。プラコップも今はオシャレなものが百均で手に入るのでありがたいですね。

チョコバナナ

https://twitter.com/lassie99289125/status/853267004307816449
ただのチョコバナナでも良いですが、画像のようにデコレーションするとウケもいいです。しかしチョコバナナの芯に使う割りばし等は、小さいお子さんには危険です。食べる時は止まって食べて、食べ終わったらすぐにゴミ箱に捨てるようにしましょう。

それでも棒を使うのは心配という方には、棒を使わないチョコバナナをおすすめします。https://twitter.com/hika_idolclass/status/564429329145151488
紙皿にチョコバナナを置いて(カットしておいても良いですね)上からデコレーションして販売します。棒のものよりも安全性は増します。

ポップコーン

https://twitter.com/haruhiko1027/status/903975975330881537
完成したポップコーンも売られていますし、ポップコーンを作る機械はレンタル出来ます。味の変化をつけられるのがポップコーンの良い所です。小さい子向けにうすしお味、高学年向けにキャラメル味と何種類か用意すると良いですね。

かき氷

https://twitter.com/omoti5motimoti/status/1119970558022541313
夏祭りといえばかき氷です。小さい子から大人まで楽しめる食べ物ですね。シロップも数種類用意しましょう。高学年のオシャレさん向けに紅茶をかけるのも流行っています。

かき氷だと氷をたくさん用意するので大変だという方には、アイスクリームショップをおすすめします。業務スーパーなどで2リットルサイズのものが売られています。クーラーボックスで冷やしながら、子供達にすくって取らせると盛り上がります。

トッピングにチョコソースやストロベリーソース、フレークやスプレーチョコなどを用意して、好きにトッピングさせても喜ばれます。

わたあめ

色付きのわたあめの元が売られています。気合をいれてレインボー綿あめをつくってもいいですね。これも棒を使うと危ないので注意が必要です。袋詰めにしてちぎって食べてもらうことも出来ます。

ポテト

小さい子から高学年まで嫌いな人が少ない出店メニューです。油を用意するのが大変ですが、揚げるだけなので意外と簡単です。塩味以外にもコンソメやめんたい味等のシーズニングを用意すると更に良いです。ふりかけのような形でシーズニングも売られています。

やきそば

https://twitter.com/MELL_COSPLAY/status/1115156497393020928
やっぱり焼きそばは欲しいです。保護者の方は夏祭りで食事を済ませてしまいたい方も多いので、お食事系をいれておくと喜ばれます。

まとめ

子供会の夏祭り注意点
● 夏祭りに参加する年齢層を把握する
● 夏祭りのおすすめの食べ物
・お菓子つかみ取り
・ジュース屋さん
・チョコバナナ
・ポップコーン
・かき氷
・わたあめ
・ポテト
・やきそば

我が家の娘はかき氷のブルーハワイが大好きです。お祭りがあると毎回食べます。舌が青くなるのがお気に入りのようで、毎回見せて来てくれます。

準備で大変な事も多い夏まつりですが、子供と親御さんの素敵な夏の思い出になるように、頑張ってください。

【こちらも読まれています】

ラジオ体操子供会の景品おすすめは?子供会に入っていない子にも渡す?
ラジオ体操子供会の景品って、なにがいいのでしょうか。男の子が好きなものがいいか、女の子が好きなものがいいか。おもちゃがいいか、役に立つものがいいか。悩んでしまうなら、基本的に例年通りでOKです。今年がはじめての場合は、この記事で一緒に人気の景品を見ていきましょう!

コメント