子供のお小遣は報酬制or定額制?始め時や管理ルール解説!

スポンサーリンク

貯金箱

子どもが小学生になると「そろそろお小遣いをあげた方がいいのかな」と考えるパパ・ママは多いはず。

でも「どうやって渡せばいいの?」「どこまでがお小遣いの範囲?」など、疑問は尽きません。

最近は電子マネーやスマホ決済などキャッシュレス化が進んでいます。

お金の存在が見えなくなり、大人でさえもお金の価値や重みを感じられなくなってきています。

だからこそ、小学生のうちから現金を手にし、お金のやりくりを学べるお小遣いは、大切な経験だと思います。

「子どものうちからお金の重みや使い方を知って、正しい金銭感覚を養ってほしい」

こんな思いで、我が家では娘の7歳の誕生日からお小遣いをスタートしました。

お手伝いに対する報酬で渡したり、毎日渡したりと試行錯誤しました。

この記事では、

  • 報酬制・定額制・MIX制のメリットとデメリット
  • 子どもの性格に合う渡し方
  • お小遣いは小学校低学年から
  • お小遣いで何を買う?
  • 使い道に口出ししてもいい?
  • 本好きな子の本代は?

などを紹介します。

子どものお小遣いに関する悩み解決の参考になると思うので、ぜひ読んでみてください。

お小遣を始めよう!子供の為になるのは報酬制or定額制?

掃除用具を持ってる女の子

子供のお小遣いは、「報酬制」「定額制」「MIX制」の3つの渡し方が一般的です。

どの渡し方がいいのかは、子供の性格に合った方法を選ぶといいでしょう。

それぞれの渡し方のメリット・デメリットをみていきます。

報酬制

報酬制とは、たとえば「庭の草むしりを手伝ったら100円」のように、お手伝いに対する報酬としてお小遣いを渡す方法です。

メリット

  • お手伝いをするようになる
  • お金を稼ぐのは大変だということを理解する

デメリット

  • お手伝いをするたびに要求してくる
  • お小遣いをもらえないお手伝いをやらない

お手伝いをする習慣のできていない子には、この方法がよいでしょう。

お手伝いをしたらほめるようにすると、家族の役に立つことに喜びを感じるようにもなります。

ただ、お小遣いがもらえないお手伝いはやらなくなってしまうことも。

我が家では、どのような家事があるのかをひと通り知ってほしかったので、お小遣いを渡すお手伝いの種類を少しずつ変えていきました。

草むしりや玄関の掃除、お風呂の掃除、洗濯物たたみ、買いもの、ゴミ出しなど。

生活スキルを身につけるよいチャンスだと思います。

■定額制

定額制は、1週間で○○円、1か月で○○円と、定額を渡す方法です。

メリット

  • 額が決まっているため、予定を立てるなど管理しやすい

デメリット

  • 何もしなくてもお金をもらえるので、お金を稼ぐ大変さが伝わらない

お手伝いを進んでする子、計画を立てるのが好きな子に向いています。

お金をどのように使うかなど計画の立て方を教えるようにします。

また、お金はどうやって稼ぐのかなど、お金の重みを教えることも大切です。

渡すときは、いきなり1か月分ではなく、毎日、3日ごと、1週間ごとなど細かく渡すといいでしょう。

我が家では、途中から報酬+定額にしましたが、最初の頃は毎日渡していました。

「来週まで使わずに貯めておいたら、欲しかったペンが買えるよ」など、計画を立てて貯金することを覚えさせました。

ですが、毎日では細かすぎたかも。

少額すぎてなかなか貯まらずに、ちょっとイライラすることも。

1週間ごとくらいから始めるのが、ちょうどいいように思います。

MIX制

MIX制は、報酬制+定額制の渡し方です。

最終的にはこの方法がいいでしょう。

定額のお小遣いでお金の管理の仕方を学び、足りなかったり、貯金を早く貯めたいなど目標があればお手伝いをがんばるなど、子供のやる気を出させます。

お小遣いは、「お金を稼ぐ大変さ」「お金を計画的に使う管理能力」「お金の重み」などを理解するためのものです。

これらのことが伝われば、どの渡し方でもよいと思います。

子供のお小遣はいつから?始め時とその理由を解説!

ランドセルを背負った男の子

子供のお小遣いは、どの年齢から始めるのがいいか、これも悩みのひとつですね。

一般的には、小学校低学年が始めどきと言われています。

  • 自分の欲しいものが具体的に出てくる頃である
  • お金の役割を理解し始めている
  • 計算ができるようになる
  • 親の言うことをまだ聞く時期である

これらのことが、小学校低学年に始めるとよいと言われるおもな理由です。

小学校低学年の頃は反抗期前なので、親との会話も多く、教えたことを素直に聞いてくれます

このような時期にお金について親から学んでおくことは、将来的にお金のトラブルを避ける手助けになります。

高学年になると、友達同士で出かけ、お金を貸し借りしたり、なくしたり、少なからずお金のトラブルが出てきます。

そうならないように、低学年のうちから教えることが必要です。

また、「お金を貯めて自分の欲しいものを買う」ことを経験することも必要です。

欲しいもののためにがまんすること、お金を貯めて欲しいものを手に入れた時の達成感を味わえるようにしましょう。

こうして手にいれたものは、おのずと大事にしますし、お金のありがたみも実感できます。

お小遣いの疑問!子供の使い道に親が口出ししない方がよい?

勉強する男の子

欲しいものがある時に、その都度お金を渡している家庭は、子供が何を買うのか分かります。

ですが、お小遣い制にしている家庭では、お小遣いの使い道は注意していないと分かりません。

まずは、お小遣いを渡すにあたって、「自分のお小遣いで買うもの」を親子で話し合い、決めましょう。

たとえば、

  • 学校で使う文房具は親が買うけど、自分が欲しいカラフルなペンは自分で買う
  • カバンは親が買うけど、それにつける缶バッジは自分で買う
  • おやつは親が用意するけど、それ以外に自分が食べたいものは自分で買う

など、ルールをきめておきます。

また、お小遣い帳をつけること、決まった場所にしまうことなどを約束させます。

我が家では、最初にお小遣いを渡すときに、お小遣い帳を一緒に渡して、書き方などを教えました。

ある程度の年齢になったら、お金の仕分け方を教えましょう。

たとえば、

  • 自分がほしいものを買うためのお金
  • 父の日や敬老の日のプレゼントなど、人のために使うお金
  • いざという時のために貯めておくお金

などに分けさせます。

お小遣い帳はときどきチェックして、どんなことに使っているのか親子で確認しましょう。

「こんなもの買って、無駄遣いだよ」と怒ったりせず、「これを買うのをがまんすれば、あれが買えたかもしれないね」などと助言します。

そうすることで、子供は欲しいものに優先順位をつけられるようになります。

また、優先順位の低いものは買うのをがまんしたり、何かで代用したり工夫したりする力を養えます。

我が家ではまだ経験がないのですが、もし子供がお小遣いをなくしてしまったらどうしたらいいでしょうか。

かわいそうだからと補てんしたら、なくしても親に貰えると思ってしまうので、これは避けるべきですね。

失くしたことを責めたりせず、どうして失くしてしまったのか、どうすれば失くさないかを考えさせましょう。

そして、こういう時のために貯金をしておく必要があること、お金の大切さを教えるようにするべきだと思います。

お小遣いで子供に本を買わせるべき?読書好きな子供への対応とは?

本を読む女の子

「角川つばさ文庫」「集英社みらい文庫」を知っていますか?

娘はこの文庫シリーズが好きで、この本が読みたいと時々おねだりしてきます。

好きなものなのだから自分のお小遣いで、と言いたいところですが、とてもお小遣いからは無理です。

そこで我が家では、本は月に2冊までを親が買ってあげることに。

そして漫画や雑誌は自分のお小遣いで買うことに決めました。

ママ友に聞いたところ、やはり小説や図鑑などは、高額なためお小遣いからは無理なので親が買っているそうです。

また、漫画は子供のお小遣いでという家庭が多いです。

親が買ってあげる本を2冊までと数を決めたことにより、どの本を買ってもらうか、本当に読みたくて手元に置いておきたいのはどれかなど、本を選ぶ力を養えたようです。

娘はもっと本を読みたいようですが、全部買い与えては甘やかし過ぎになってしまいます。

そこで、図書館で借りたり、ブックオフなどを利用することをアドバイスしました。

古本屋で安く買えることを知ったと同時に、逆にいらなくなった本は売れるということも知ったので、親の許可がないと売れないことなどをきちんと教えないといけませんね。

まとめ

お金

子供のお小遣いを、いつから始めればいいのか、どうやって渡せばいいのかをみてきました。

まとめると、

  • お小遣いは、小学校低学年から
  • お手伝いをあまりしたがらない子には「報酬制」で
  • 進んでお手伝いをしている子には「定額制」で
  • 最終的には、報酬制と定額制を合わせた「MIX制」で
  • お小遣いで買う範囲や、お小遣い帳をつけるなどのルールを決める
  • 使い道には口出しをせず、アドバイスをする

お小遣いの渡し方や、使い方のルールなどは、年齢に合わせて少しずつ変化させていくといいでしょう。

少しずつですが、お金には限度があることや価値、重みなどを実感していくと思います。

これからはキャッシュレスの時代になります。

お金の存在が見えにくくなりがちなので、子供のうちからお金の価値や重みを実感することは大切です。

本格的にキャッシュレスになったとき、小学生にも電子マネーを持たせるか、お小遣いを電子マネーで渡すかなど、悩みは尽きませんね。

いずれにせよ、将来困らないように、正しい金銭感覚を身につけられるように教えていきたいです。

【こちらも読まれています】

旦那のお小遣いの決め方まとめ!昼食代の扱いや見直しタイミングも!
サラリーマンのお小遣い調査によると、男性会社員の7割がお小遣い制です。世界共通なのかな?と気になったので調べてみました。おもにアジアではお小遣い制が多く、欧米ではひとつの口座で夫婦が一緒に管理が多いそうです。おもしろいですね。貯蓄の考え方の差なのでしょうか。

コメント