子供の言葉遣いの直し方は?悪くなる原因と注意の仕方のコツまとめ!

スポンサーリンク

ちょっと待ったの看板

一度覚えてしまった言葉遣いは、なかなか直すのは難しいですよね。

ましてや子供の場合は、直しかたも分からないうえに、毎日色んな言葉を覚えてくるものですから、モグラ叩き状態になります。

汚い言葉遣いをする理由や、状況、注意の方法が分かれば、そこに直しかたの鍵が隠れているかもしれませんよ。

ここでは子供が汚い、乱暴な言葉を使う理由、将来への影響や対策、直しかたと注意の仕方のコツ、参考になるオススメ本をまとめました。

参考にして、自分の言葉遣いも一緒に見直してみませんか。

言葉遣いの不安!子供が汚い言葉や乱暴な言葉を使うのはなぜ?

テレビを見る白い人間のイラスト

文化庁が行った世論調査で、「子供の言葉遣いに与える影響が大きい人やもの」というデータがあります。

影響が大きいと思われる順にテレビ、母親、父親という結果になりました。

もちろん年齢によって結果は異なると思われますが、この1位から3位までを分析しました。

テレビ 81.4%

テレビも番組や時間帯に大きく差があります。

教育番組や児童向けに作られている番組は言葉遣いを意識しているので、安心して見せることができます。

一方で、お笑い番組やバラエティ番組は普通に会話をしていても面白味に欠けるので乱暴な言葉遣いになることも予想されます。

だからといって、ある程度の年齢層になると教育番組よりもこちらを好んで見るようになり、子供から完全に乱暴な言葉を排除することは不可能になります。

そういった理由でテレビが1位という結果になったのでしょう。

母親71.3%

乳児は母親のお腹にいる時から聴覚は発達していると言います。

普段何気なくしている会話でも聴こえているわけです。

そして子供が保育園や幼稚園に通うまでの長い時間、生活を共にするのは母親というのが今の日本では一般的だからではないでしょうか。

言葉遣いはある程度大きくなってから直せばいい、という考え方もありますが、「直す」という行為は簡単にはいきません。

子供はもちろん、親も気を遣います。

母親の普段からのちょっとした気遣いで、気持ちの良い言葉遣いを覚えてくれるはずです。

父親67.8%

母親と1番身近な存在は父親です。

お腹にいる時はもちろん、産まれてからも母親の次に長い時間を共有する存在だからでしょう。

家庭によってはこの順番は若干変わるかもしれませんね。

ワンオペ育児と言われるように、父親が仕事に没頭してなかなか会えない、となると祖父母の存在や友達が3番目に上がってくる、ということもあり得るでしょう。

夫婦喧嘩も、言葉や内容に気をつけてする必要がありますね。

参考文献:文化庁 国語に関する世論調査

 

3歳くらいまでは、ただ単に新しい言葉に興味がある、という範囲なので乱暴な言葉にそこまで神経質になることはありません。

ただ人を傷つけるような言葉に関しては注意が必要です。

我が家でも「汚い言葉絶賛期」がありましたが、ここはもう聞き流していました。

ただ、家族でも人を傷つける言葉に関しては、理由をきちんと伝えて注意していました。

覚えたての言葉は、使ってみたいのでしょうね。

子供の言葉遣いが汚い!将来への影響は?対策はあるの?

口からげんこつが出て相手を殴るイラスト

子供の興味を損なわないように、将来苦労しないような対策が必要です。

テレビやマンガ、友達、子どもが外でどんな情報を得ているかまで管理するのは不可能です。

子どもは様々なことに興味を示し、親は悪影響があると思えば、興味の対象からは遠ざけてしまいがちです。

しかしこんなタイミングこそ丁寧な対応が必要になりますよ。

子供は成長の過程で取捨選択をする力を養います。

そのときに、「言葉は相手を思いやるために大切なものだ」と気づかせることが重要になります。

はじめは挨拶を、ゆっくり心をこめてすることから始めましょう。

相手の話を聞き、自分の気持ちも伝える言葉のキャッチボールの気持ち良さ。

これを経験させることで、コミュニケーションの大切さ、必要性、そこからきちんとしたマナーまで考える習慣がついてくるでしょう。

そうすれば、何がダメかを自分で考える力が身につき、将来的にも相手を思いやる言葉遣いができるようになります。

言葉遣いが悪い子供!直し方ってあるの?注意の仕方のコツは?

汚い言葉を連呼するときは、相手にしない

子供はひたすら「うん◯」「ちん◯」を連呼することがありますよね。

これに対してはひたすら応じないことが対策です。

家庭では構いませんが、外で連呼されると不快に感じる人もいます。

不快に思う人がいる、という事をそのまま伝えてみてもいいかもしれません。

子供は相手にされないと諦めますよ。

他の言葉を一緒に探してみる

「その言葉は相手に通じにくいから、別の表現を考えてみよう」

言葉を発する先に「相手」がいることを意識させることと、伝わりやすい一般的な言葉を考えさせることが目的です。

ただその言葉を注意するだけでは子供の中には残りません。

自ら考えさせることによって、土台を作りあげることにもつながります。

言葉探し、となると普段から本に触れる、などの機会を増やすのもいい方法かもしれませんね。

暴力的な言葉や罵倒する言葉には、子供を甘えさせてみる

子供も子供社会でストレスに晒されています。

理由は後々として、とりあえず「ぎゅー」してみましょう。

そうした時間を作ることで子供から話してくれるかもしれません。

何か友達に嫌なことを言われた、不安なことがあった、などの原因が隠れていることが多くあります。

特別環境が変わった、というような理由がない限りは「ひたすら甘えさせる」のは効果がありますよ。

言葉の意味を教えてあげる

「ウザい」「キモい」という言葉を、うちの子供達も割と早い時期に習得してしまいました。

しかし、「どういう意味でそう思うの?」と質問したところ、「テレビで使っていたから」という単純な回答でした。

ただ単に使ってみたかったから、ということでしょう。

言葉を発したタイミングで教えてあげると、それ以降あまり使わなくなったり、ということはよくある状況ですよ。

一緒にテレビをみて、乱暴な言葉は指摘する

「これを言われた友達はどう感じるかな?」乱暴な場面ほど、こんな会話で気づかせるチャンスです。

ここでも言葉の先の「相手」を意識させましょう。

子供に理由を考えさせ、大人が相槌を打つ、という流れで子供も自分に自信が持てます。

自信が持てるようになると、より相手を思いやる余裕が出てきますよ。

テレビだけでなく、友達同士のケンカなど悪い場面は考えさせるチャンスです。

子供の言葉遣いを直すには?専門機関のおススメ本3選!

本と眼鏡

いきなり今日から丁寧語で、といっても違和感ばかりで、子供としてもキョトンとしてしまうかもしれません。

親子で読める、考えられる本をチョイスしたので、参考にしてまずは親から始めてみましょう。

親の言葉遣いはもちろんですが、何より親の「変わろう」という行動も子供はよく見ていますよ。

こどもマナーとけいご絵じてん /坂東眞理子

著者は大ベストセラー「女性の品格」の、昭和女子大学学長の坂東眞理子先生。

私も難しいテーマと思いきや面白く読ませてもらった記憶があります。

こちらは、こどもに身近な内容をピックアップし、かわいいイラストで親子いっしょにマナーと敬語の勉強が楽しめますよ。

大人向けの解説もついているので、子供に説明しやすく構成されています。

「幼いころに身につけたしぐさや姿勢は、自分の力で将来を切り開いていくための土台となるものです。」坂東眞理子(帯文より)

幼児期は要注意時期ですね。

これでカンペキ!マンガでおぼえる敬語/ 齋藤孝

マンガ編成なので、とっつきやすくストーリー仕立ての展開です。

「理屈ではなく、身につけて、使いこなそう」と尊敬語、謙譲語、丁寧語の説明は最低限にし、実生活で明日からでも役立つよう編集されています。

NG集も提示しているので、分かりやすく正しい日本語を身につけることができますよ。

10歳までに身につけたい 一生困らない子どものマナー  /西出ひろ子 川道映里

子供のマナーといえば、まずは挨拶ができることですよね。

この本はその挨拶から、作法、マナーまで「相手を思いやる」気持ちを育てることができますよ。

言葉遣い、作法は基本のことでも、改めて親子で話す機会は少ない分野ですよね。

相手を思いやって「ありがとう」「ごめんなさい」から、言葉遣いを親子で考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 汚い言葉、乱暴な言葉はテレビの影響を受けている、と考える両親が多いようです。小さい頃は、覚えたての言葉を使ってみたい、という気持ちがあるので人を傷つける言葉でない限りは多少聞き流すことも必要ですよ。
  • 子供が外から受ける影響を全て把握するのは困難です。汚い言葉遣いを自分で考え、判断できるようにすることが、将来にも役立ちます。
  • 汚い言葉遣いには、聞き流す、他の言葉を探す、甘えさせる、意味を教える、テレビなどの乱暴な場面で指摘するなどで対応しましょう。
  • 本を選ぶ際には絵が多いものや、マンガをチョイスすると子供も一緒に読みやすいですよ。

最近の子供はテレビだけでなく、動画やゲームなど外からの影響が豊富にあります。

親の役目としては、これをセーブすることではなく、自分で考え判断できる土台を作ることです。

それには日頃から言葉の大切さ、聞く、伝える楽しさを一緒に喜べるような環境作りから始めましょう。

自分を見直すいいきっかけにもなりますよ。

【こちらも読まれています】

自然教室のスローガン!中学校に最適なスローガンアイデア集!
中学校の自然教室では、スローガンを作ることもあり、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。スローガン作りは目標や目的をはっきりさせることは勿論、自然教室の気持ちを盛り上げる要素にもなります。ここでは、自然教室のスローガン作りに悩む中学生に紹介しています。

コメント