子供がゲームの時間を守らない!!夏休みどうやって守らせる?

スポンサーリンク

夏休みに入ると子供は自由な時間が出来て、普段できないことをしますよね。一番多いのはやっぱりゲームかな、と思います。私もよくゲームばかりして怒られていた記憶があります

しかし、親からすれば、勉強もしてほしいですよね。でもいくら言ってもゲームをやめない時ってありますよね。ルールを作っても守らなかったり。今回はなぜ守れないのか、守らせるにはどうするべきかを書いていこうと思います!

なんで約束を守ってくれないのか

まずは、ルールを作ってもなぜ守ってくれないのか。その原因を見つけましょう!いくら子供と言っても自分の考えがあるので、一概にこのせいだ!とは決めつけられません。

私は単純に楽しいからやめたくない、という理由でしたが、ネットで見ると様々な理由が出てきました。

親が甘い

お子さんが「あと何分だけ!」というと「仕方ないなぁ」と許すことはありませんか?それを繰り返すと子供はいいんだ、と解釈して守らなくなると思います。

親がゲームをずっとしている

これじゃあ説得力がないですよね。子供は大概なんで大人はよくて子供はだめなの?となりがちです。

まず、お子さんが約束に納得できてない

納得できないことは守れないですよね。大人も筋が通ってない約束は守れないものです。

いかがでしょう?いま挙げたものは親側の原因です。「私はどれにも当てはまらない!」という場合は、子供側の原因になってくるのでまた変わってくるとは思いますが、今回は上記3つに当てはまる方への記事になるかと思います。

守ってくれるようにするには

まず、お子さんと話し合うことが大事です。原因が先ほど書いた3つに当てはまる場合、こちらから提示したものを強要しても子供からしたらなぜ守らなきゃいけないのか、というのが強く残ってしまいます。なので、子供と一緒に決めていきましょう。

大事なこと
・守れるルールを作る
・片方だけの意見じゃなく双方の意見を聞く
・きちんとペナルティを決めておく。

この3つに気をつけながらルールを決めましょう。新しく作り直すのでもいいですし、元あるルールに付け足す、手直しするでも大丈夫です。

約束を継続して守らせるには

約束を作ってもすぐに守らなくなっては意味がないのできちんと守るような環境を作ることが大事です。

まずは約束をきちんと守れたら一言声をかけてあげてみましょう。「やめれたね」や「約束守れたね」など一言で大丈夫です。親に褒めてもらえて嬉しくない子供はいません。当たり前とはいえ、それが嬉しくて続けられることもあります。それと、見られている、という抑制にもなります。

そして破ったときは感情任せに怒らないでください。きちんと理由などを聞いて、解決できるようにしましょう。

しかし、きちんと罰も必要です。なのであらかじめ決めておいたペナルティを絶対に行ってください。「結局なにもない」と思わせてしまうとまた繰り返してしまうので、意味がなくなってしまいます。

まとめ

・原因をはっきりさせる
・ルールは双方の意見を取り入れる
・決めたことはきちんと行う(ペナルティ等)

いかがでしたでしょうか。私はあまり感情任せに怒られる、というよりは親が冷静に諭すような怒られ方だったので、あまり約束を破らなかったのですが、きっと感情任せに怒られていたら訳が分からず繰り返していただろうな、と思います。

これは母からの受け売りですが、子供でも大人でも一人の人間として相手するのが大事。子供でもきちんと理解して、納得させれば繰り返さない。と言われました。

子供だから、というのは子供からすれば大人の都合のいい言い訳だと認識してしまいます。なので、子供でもなるべく対等な目線で話し合いをするのは大事だと思います。

ご参考になれば幸いです。ここまでご覧いただきありがとうございました

【こちらも読まれています】

今どきの中学生のゲームのルールは?夏休みはどうする?
最近は共働きの家庭が大半なので、家にいないことが多く、お子さんだけで家にいる、なんてことがよくあるのではないでしょうか。しかし、そうなってくるとお子さんが自由にゲームばかりしている、などの状況になりやすいですよね。なのでどこの家庭でもルールを作るかと思います。そこで、今回は中学生くらいのまだまだ不安の残りやすいお子さんをお持ちのママさん方へルール作りのポイントをまとめてみました!

コメント