子供に怒鳴ってしまって罪悪感が消えない。気持ちの整理方法は?

怒るお母さん

穏やかな態度で子供に言い聞かせる育児をしたい、そう思っていたのに何度ダメと言っても繰り返された結果怒鳴る、怒るなどしてしまい、罪悪感を持ってしまうことがあります。

子供に怒鳴るなんて親失格だ、怒らない育児が大切って言われてるのになど考えてしまう、怒鳴った結果泣いてしまった子供に対しての罪悪感など、状況も様々ですね。

今回はそんなつもりはなかったのに子供に怒鳴る、怒るなど感情的な態度を取ってしまい罪悪感が消えないという場合の気持ちの整理方法や、罪悪感との向き合い方について紹介しています。

つい子供に怒鳴ってしまい罪悪感が消えない方や対処法を探している方におすすめの内容となっているので、ぜひご確認ください!

子供に怒鳴ってしまった!怒りすぎてしまう理由は?

落ち込む男の子

子供に怒鳴ってしまう、感情のコントロールが効かないほど怒りすぎてしまうという親は以外と多く、理由も様々ですが以下のようなパターンがあります。

  • 子供が言うことを聞かない
  • 何度注意してもやめない
  • あまりにずっと目が離せない

例えば柵をよじ登る行動を何度止めてもすぐに繰り返してしまう、落ちたら痛いからダメだとと言っても聞いてくれないなど、日常生活のどこにでも理由はあります。

またその結果、気が気でなくて子供から一切目を離せず家事がうまく進まない、何もできないなどの不満を溜め込み、爆発してしまうパターンもあります。

もちろん他にも多くのパターンがありえますが、基本的にどの場合も最初から怒鳴る、怒ってしまうのではなく、何度も繰り返し感情が爆発してしまうことが多いです。

子供に怒鳴ってしまったことに対する罪悪感との向き合い方は?

泣く子供

子供に怒鳴ってしまったことへの罪悪感も方向性は様々ですが、つい怒鳴ってしまった結果子供が泣いてしまった、おびえた顔を見せたなどの場合に持つことが多いです。

また自分が感情をコントロールしなければならないのに何も分かっていない子供に対して怒鳴ってしまったことが許せず、それを罪悪感として感じてしまうこともありますね。

しかし毎日家事や育児、仕事などに追われて寝不足や疲労がたまり余裕がないのは当然で、そんなときに何度話しても分かってもらえないというのは誰にとっても辛いです。

もちろん子供はいくら言い聞かせても理解しないのは当然で何も悪くはなく、様々な条件が重なった結果感情が爆発してしまっただけなんですね。

子供が言われたことを理解し行動を改めるには子供自身が「これはダメ」と実感するという経験が必要なので、言い聞かせることは大切なものの、できないのは仕方ありません。

罪悪感を感じると「親失格だ」「自分は感情のコントロールもできないダメな親だ」など思い込んでしまいがちですが、このように罪悪感の元を冷静に見つめると、仕方がないことだと分かります。

罪悪感から自分を責めることをせず、しかし感情的になり子供を泣かせてしまったことには「ごめんね」とフォローすることで、罪悪感と向き合い解消に向けることもできます。

怒鳴ることは悪いこと?子供への影響は?

遊ぶ男の子

とはいえいきなり感情的に子供を怒鳴ってしまうと子供に悪影響があるのか気になりますし、そもそも怒鳴るのは悪いことかどうかもしっかり知っておきたいところです。

つい怒鳴ってしまうなどたまにやってしまう場合は誰にでもありますし、それが子供に悪影響を及ぼしずっと響いてしまうなどまで考える必要はありません。

しかし日常的に怒る、怒鳴る、さらに怒鳴ったあとのフォローもない場合、子供は「自分の行動によりいきなり怒られる」ことへの恐怖が植え付けられてしまう可能性があります。

このように育った子供は周囲の顔色を伺う、嫌われないように不本意なことを言われても従ってしまうようになり、将来の人間関係にも悪影響が出てしまうんです。

また子供は怒鳴られると「叱られることへの恐怖」が最も強く記憶に残ってしまい、実際の行動の危険を認識しない、ただ叱られないようにと考えてしまう場合もあります。

こうなると叱られないことを最優先に考えてしまうため、親にとって都合の悪そうな話は嘘を付くなどの行動を取ってしまう可能性があります。

さらには親を大切にする気持ちがなくなる、「感情的に叱る育児」が子供の記憶として残り将来同じような育児をしてしまうなどの可能性もあり、怒鳴る育児にメリットはないんです。

しかしこれは日常的に怒鳴ることが当たり前、子供の人格を否定するような怒鳴り方をする、その後のフォローもないなどが継続した場合です。

咄嗟に感情をコントロールができず怒鳴ってしまった、一度怒鳴って子供がおびえてしまった場合などで親失格だと思う必要はないので、しっかり子供へもフォローをしてあげてください。

ついつい怒りすぎてしまう・怒鳴ってしまう場合の対処法は?

ライオン

穏やかな態度で言い聞かせたいと思ってはいても繰り返し言うことを聞いてくれない子供についつい怒りすぎてしまう、怒鳴ってしまう場合の対処法は知っておきたいところですね。

最も簡単かつすぐに出来るアンガーマネジメント方法としておすすめなのは、どうしても怒鳴りそう、危ないと思ったらすぐに子供に「ちょっと離れるね」と伝え、子供から離れることです。

感情がコントロール出来ず怒鳴ってしまいそうなのにずっと子供と一緒にいるメリットはなく、ほんの少しでもいいのでちょっと離れ、気持ちを落ち着けましょう。

一旦離れて落ち着ける、冷静になるだけで怒鳴るほどの感情は消えてしまうことが多く、結果冷静に、落ち着いて言い聞かせることが出来るようになります。

また怒鳴ってしまった場合はそれを気に病む、罪悪感として重ねてしまうのではなく、やってしまったことは仕方ないと割り切ること、子供にしっかりフォローする気持ちを持ちましょう。

怒鳴る育児が当たり前になる、怒鳴った後のフォローも一切ないなどの場合は将来子供に悪影響が出る可能性もありますが、人間誰しも失敗はするもの、しっかりフォローすれば問題ありません。

どうしても感情がコントロールできない、気づいたら怒鳴ってしまうのを何とかしたい場合、何よりも怒りの感情のコントロール方法を知る方法がおすすめです。

「アンガーマネジメント協会」では多くの講座があり自分が行きたい講座を選べおすすめなので、どうしてもコントロールが効かないとお悩みの場合、ぜひ一度ご確認ください。

 

怒鳴るだけじゃない!子供に対する罪悪感のあれこれ

花畑の女の子

子供に対しての罪悪感はうっかり怒鳴ってしまった場合だけではなくこれから、また日常的にも多く感じてしまう場合があるので、それぞれのパターンを見てみましょう。

保育園に預ける

保育園に子どもを通わしているママが持つ罪悪感はママや子どもの性格でも様々で、離れたがらない、周囲に「小さいのに保育園なんてかわいそう」と言われたなど環境によっても起こります。

いずれにしても子どもと関わる時間が保育園に通わせていない周囲の子どもと比較すると少なく、子どもと関わる時間が少ないことに「ごめんね」と罪悪感を持ってしまうんですね。

罪悪感は悪いことや非難されるべきことをおかしたと当人が思っている場合に生じる気持ちなので、毎朝「保育園は嫌」と子どもが泣いている、周囲に責められるとどうしても感じます。

しかし「罪悪感を感じるから罪である」わけではなく、本来責められるべきでないことを責められ罪悪感を感じる場合があり、冷静に見つめ直すことが大切です。

罪悪感を感じているママの場合、例えば子どもがすぐにかんしゃくを起こす、友達とケンカをしてしまうなどの場合、「自分が関われていないことが原因では?」など思ってしまいがちです。

しかし子どもは自分の気持ちを上手く表現できず大人の目から見るとかんしゃくを起こしているように見えることはよくあり、ケンカは子どもの人間関係を育てる力になります。

ちょっと冷静になれば違う見方が出来る部分も罪悪感によって自分のせいだ、あまり関われてないからだなど思ってしまうこともあり、まずは気持ちを落ち着け冷静になれるようにしましょう。

また「罪悪感を感じて辛い」という気持ちを理解してもらえる理解者を探し言葉に出して頼ることも大切で、身近な方、例えば旦那さんなどにもぜひ相談してみてください。

怪我をしてしまう

子供が自分のせいで怪我をしてしまうのは様々なパターンがありますが、具体的にはどのようなシーンで起こっているのかをまずチェックしてみましょう。

  • ベビーベッドの柵を乗り越える
  • おむつ台から落ちてしまう
  • 子供が姿見を倒してしまう
  • 目を離した一瞬で階段から落ちる

もちろんわざと怪我をさせてしまったわけではなく、ほんの一瞬気が逸れた、上の子に呼ばれて目を離した一瞬で起こってしまうなどが多いです。

赤ちゃんはもちろん何が危険なのか分からずせまいおむつ台の上にいても寝返りをうってしまうことはありますし、動きたい年頃の子供が家の中を歩き回り、階段から落ちてしまうこともあります。

このように、基本的には「子供の予測していなかった行動」と「一瞬の隙間」があわさって怪我をしてしまうことが多くあります。

また子供が道路に飛び出しかけて慌てて腕を掴んだ結果脱臼してしまったなどもあり、日常生活のどこでも怪我をさせてしまう可能性は0ではないんですね。

子供は怪我をすると痛くて泣きますし、その傷を見るたびに「自分がしっかりしていれば」と罪悪感を感じてしまい、思い出すたびに罪悪感が積み重なってしまいます。

万が一その傷がずっと残ってしまうとこの罪悪感の積み重ねはさらに大きくなってしまいそればかりを考えてしまうようになるので、向き合い方をしっかり考えておくことは大切です。

この場合の罪悪感は「自分がもっと見ておけば」「しっかりしていれば」「もっと良いフォローがあったのに」など、当時の自分の行動を悔いているからこそ起こるものです。

ですから罪悪感と向き合う場合は罪悪感ばかりを見るのではなく、どこを反省したか、次にどう活かせば良いかをしっかり考え、前向きに行動する気持ちが大切です。

開き直るのではなく反省したポイントをしっかり活かす、例えば階段から転げ落ちてしまった場合は柵を付ける、おむつ台から落ちてしまった場合は終わるまで目を離さない、などですね。

起こってしまった過去は変えることは絶対にできないので、罪悪感と向き合う、罪悪感を感じないようにするためにもその経験を今後に活かすという思考が大切になります。

また子供は怪我を親のせい、不注意のせいだとは思っていないので、ずっと「ごめんね」と言われ続けると逆にそれが辛くなる場合もあります。

「自分の怪我のせいでずっとママにつらい思いをさせている」と受け取ってしまった場合「ごめんね」を聞くことが辛くなってしまうので、罪悪感を子供にぶつけることは避けてください。

子供へのフォロー方法は「ごめんね」を繰り返すことではなく、反省を活かし次は同じ失敗をしない、怪我をさせないようにすることです。

離婚をする

例えば離婚したことで子供に対して父親を奪う行為をしてしまった、こういった気持ちが罪悪感となってしまう場合もあります。

子供が「お父さんに会いたい」など言い出すとさらにその罪悪感は積み重なりますし、自分がもっと努力すれば、我慢すればなど感じてしまうんですね。

離婚が原因で罪悪感を感じてしまった場合の向き合い方としては離婚をした理由を思い返し、改めて離婚しかなかったことを認識することです。

離婚はいきなり切り出すことはまずなく、それまでに何度も話し合う、変わってほしいところを伝えるなど努力をしてきたはずで、その結果が離婚のはずなんです。

離婚したというのはその段階で同じ歩みではなくそれぞれ新しい一歩を進めたことであり、離婚したことにとらわれてしまうより、これから先のことを考えていくことが大切です。

また共働きで子供に接する時間が少ない、食事に惣菜を使ってしまったなどが罪悪感として感じてしまう場合もありますが、使えるものは使って何も問題がありません。

子供に接する時間の大小で子供への愛情が決まるわけでもありませんし、一緒にいれる時間が濃密であればそもそも罪悪感を感じる必要もないと割り切って考えましょう。

まとめ

子供につい怒鳴ってしまいそれが罪悪感として積み重なってしまう場合の向き合い方や気持ちの整理方法、対処方法などまとめ!

 

1:子供にいくら言い聞かせてもやめない、目が離せないなどの理由から余裕がなくなりつい怒鳴ってしまうことが多く、我慢の限界まで来てしまったというパターンもある

2:子供につい怒鳴ってしまったとしても毎日の生活や伝わらないストレスなどが爆発するのはよくあること、「怒鳴る=悪いこと」と思い詰めるよりもフォローし、水に流せるように考えよう

3:人間は誰しも感情のコントロールの限界で怒鳴ることはあり、たまに怒鳴っただけでは悪影響はないものの、それが当たり前の育児を繰り返すと子供に悪影響が出る場合もある

4:子供に対してつい怒鳴ってしまう、コントロールが効かなくなりそうな場合は一度子供のそばから離れ、気持ちを落ち着けることで怒鳴らずに済ませられる

5:保育園に子供を預ける、不注意から子供に怪我をさせてしまう、離婚など強い罪悪感を感じてしまう可能性は今後も多くあり、反省する部分は反省しつつ前向きになることが大切

つい子供に怒鳴ってしまう、感情を爆発させてしまうなどは誰でもやってしまう可能性がありますし、一度怒鳴ってしまったからといって決して親失格だったり罪悪感を感じる必要はありません。

大切なのはフォローすることと怒りの感情を知りコントロールできるようになることなので、必要があれば講座なども受講し、楽しく毎日過ごせるように考えていきましょう!

コメント