子供3人のメリットは?実際に育児しているママのリアルな意見5選!

スポンサーリンク

3人の女の子

子供の人数。

悩ましい問題です。

子供好きなパパママだと、たくさんほしい!と考えてしまうのも無理はありません。

「でもお金がかかる」「大変そう」「体力が心配」という心配の声をよくききます。

というわけで、今回は、実際に3人の子供を育てている私や、友達の意見を織り交ぜてメリット、大変だったことを5選ずつご紹介いたします!

ちなみに我が家は15歳の長女・14歳の長男・3歳の次男の3人です。

なので、年齢の近い3兄弟とは、また状況が違ってくると思います。

しかし、私の周りでも歳の離れた3人目を産む友達、考えている友達が急増していますので、そういった方の参考になれば嬉しいです!

それではまず、メリットからみていきましょう。

子供3人のメリット5選! その1:学びが多い

兄と弟

3人いることでの一番のメリットではないかと思います。

2人でも学ぶことはあるのですが、人数が増えることで単純に学びが大きくなります。

たとえば喧嘩をしたときの対処法

ある程度大きくなってからの場合になります。

一人が意地悪をする。

もう一人が泣かされている。

という構図ができると、三人目は何をすると思いますか?

分析するんです。

「お兄ちゃんが意地悪してる、弟が泣いている、なんでだろう?」と考える機会ができるんですね。

そしてここで性格が出ます。

お兄ちゃんに「いじわるしちゃだめ!」と怒る正義感の強いタイプ。

弟に「いじわるされちゃったの?大丈夫?」と慰める思いやりの強いタイプ。

一緒になって意地悪しちゃう、長いものには巻かれろタイプ。

ママかパパに報告しにいく、早期解決タイプ(ちくり魔タイプ?)など。

これは見ていて素直に面白いです!

「長男はこう対処するけど、次男はこうなんだな。三男はそうくるか!」

といった具合に気付きが多いぶん、育児の壁にぶつかったときに、「この子はこういう性格だからこう言ってみよう」といった具合に、ママも成長できますね。

そして、こういった場面に直面することが日常になりますので、人間的に成長することができます。

責任感がでたり、思いやりを持てるようになったり。

コミュニケーション能力が上がったり。

子供にとって、とても大事なことですよね。

我が家は、「年子の上ふたり」と「末っ子」との年齢が離れているので、喧嘩などはありませんでしたが、上ふたりが急成長するきっかけになりました。

3人兄弟

家事スキル

特に指示をしなくても食事が作れるし、洗濯もしてくれるようになった。

末っ子が少し大きくなった今、私が体調を崩してしまっても、とくに心配もなく休めます。

自立心

私が末っ子にかかりっきりの為、自分のことは自分でできるようになった。

朝、自分たちで起きて朝食作って学校へ行くので、夜間に働いてる身としては、とても助かります。なんならパパより自立心あります(笑)

思いやりの気持ち

小さい弟と生活することで、いままで自分で独り占めできていたお菓子を譲ることになったり、おもちゃを渡してあげたり。

作ってあげたり。

小さい子の扱い方がわからなかった二人が、小さい子に親切にすることを覚えた

子供3人のメリット5選! その2:家族であり友達

ママの手が離せないとき。

子供が3人いてよかったと本当に思います。

2人のときも思いましたが、3人はまた違いますね。

とにかく忙しいとき、ありますよね。

「本当にごめん!」と思いながら家事をこなしたり、用事を済ませなきゃいけなかったり。

そんなときに、子供たちだけで遊んでいてくれたり、上が大きいと下の子をみていてくれるので本当に助かります。

大きくなってから

なにより、うちの子たちを見ていて本当に毎日思うのですが、自分になにかあったとき、この子たちなら助け合って生きていけるなと思うんです。

兄弟

死なないにしても、入院をすることになったときや、身内になにかあったときなど。

長期で家を空けることになっても、協力してなんとかできるっていう安心感のようなものがあります。

兄弟ならではの相談事も

うちの子の話ばかりであれですが、私や旦那に言えないことでも、兄弟同士で話していることがあります。

(なぜそれを知っているかというと、片方がコソっと話にくるからです笑)

「子供の立場で、視点で。」というモットーでいままでやってきました。

ですが、やはり歳の近い兄弟に勝るものはないようで、私では無力だと感じることもありました。

子供同士であれば視点も近いですし、兄弟なので似た感情を覚えることもあるでしょう。

そういった面でみても、兄弟が多いと相談対象が増えていいですよね。

ママやパパが理不尽な怒り方をしてしまったときに、愚痴を聞いてくれるのは兄弟ですしね(笑)

子供3人のメリット5選! その3:にぎやかになる

3人兄弟

子供の数だけ笑顔が増える。

これは本当に素敵なことです。

上の子たちが成長してくると、自分の世界を持つようになるので、少しずつ会話が減ります。

親としては、成長が喜ばしいような、寂しいような、複雑な心境です。

そんなときに誕生する末っ子の存在で、家族の中に再び活気が宿ります。

反抗期でイライラしている上の子も、末っ子の発言でクスっと笑い出し、そこから話が弾むことも。

小さい子供の無邪気な笑いって、周りにいる人を年齢問わずに明るくしてくれるんだなぁと、改めて実感しました。

食卓が明るくなって、家族の会話が増えて本当に嬉しいです。

上ふたりが、末っ子と遊んでいる姿にも癒されますよ。

子供3人のメリット5選! その4:素直にかわいい

3人姉妹

「もうメリットが思いつかなくなったんでしょ?」

いやいや!これこそが三人目の最大の特徴なんですよ!

1人目の育児って、何もわからず本当に必死の一言。

2人目の育児は、上も見ながら下も見る終わりの見えない闘い。

「じゃあ、3人目は全面戦争じゃないか!!!」と思いますよね?

なぜか3人目の育児は、可愛さが勝つんです。

もちろんみんな可愛いです、それは大前提にあります。

では、なぜ突然可愛いが際立つようになるのか?

  • 育児方法も身についているので、慌てることが少ない。
  • 問題解決方法もわかってきているので、無駄にイライラしない。
  • 上を見てきているので、「育ったらこうなっていくんだな」と感じることができるので今の時間を楽しもうと思えてくる。
  • 逆に下を見て「こんな時期もあったな、大きくなったな。」と上の子への成長が嬉しい。

トータルでいうと、「いままでの年月でママが大きく成長しているので、落ち着いている。」というのが大きな要因だと思います。

いままで、いっぱいいっぱいで育児してきた方も、穏やかな気持ちで育児を楽しむことができると、見える世界が本当に変わります。

実際私も、3人目でようやくしっかり子供と向き合うことができているな、と感じています。

やはりそのぶん、上の子たちに申し訳ない気持ちも出てくるので、

「いまからでも、今以上の愛情を注いであげよう」

と、再認識することもできました。

子供3人のメリット5選! その5: 手当が増える

お札を持つ手

 

最後にお金の話です。

3人目を考えるにあたり、考慮しなければならない項目のひとつですよね。

現在、市から支給されている「こども手当」の支給月額。

支給対象年齢 支給額
0歳~3歳未満 1万5000円
3歳~小学校修了前 10000円(第3子以降は1万5000円)
中学生 一律 10000円
0歳~中学生 【特例給付】所得制限限度額以上 5000円

となっていますので、第3子は通常より多く支給されるんですね。

ただ、ここで注意していただきたいのが「第3子以降」という表現です。

 

第3子以降とは

【高校卒業まで(18歳の誕生日の後から3月31日まで)の養育している児童のうちの3番目以降】を指します。

つまり、『19歳・11歳・7歳』の3兄弟だった場合。

19歳の子は該当しませんので、3人目の7歳の子は「第2子」です。

上の子が18歳であれば1万5000円の給付ですが、19歳になる年には1万円になりますので、気を付けてくださいね。

しかし、3人目がずっと第3子に該当し続けた場合(満額の場合)。

一人目二人目よりもプラス54万円にもなります!これはかなり有難いですよね!

子どもが成長していくにつれて、なにかとお金がかかりますので、少しでも多くもらえるにこしたことはありません!

では次に、大変だったことをお話しますね。

子供3人で大変だったこと5選! その1:お金がかかる

豚の貯金箱

さきほどメリットで手当てが増えると言っておきながら、またお金の話で申し訳ないのですが・・・

ですが、現実問題ここは大きいです。

手当てが増えるとはいえ、人ひとり増えるわけですので、出費はもちろん増えます。

そして、3人目を妊娠・出産となると、ママは仕事に行けなくなります。

なので、出ていくお金を計算して、あらかじめ大目に貯金をしておくのがいいですね。

我が家は妊娠中に、予期せぬアクシデントが起きて大出費があったので、いままさに火の車です(笑)

備えておくにこしたことはないですよ!

子供3人で大変だったこと5選! その2:自分の時間がない

時計

育児をしていたら当然といえば当然なのですし、3人だから、というわけでもないです。

ここはパパや身内が協力してくれるかどうかで、大きく変わってきますね。

妊娠前、妊娠中にしっかり話し合いができるのが理想的ですね!

私の場合、長女と末っ子との間が12年空いてしまったので、その反動で余計に時間がないと感じるのかもしれません。

歳の近い3兄弟なら、そこまで感じないと思いますよ。

子供3人で大変だったこと5選! その3:歳の差があるがゆえに

これも歳の差兄弟の話になりますが、上の子たちの学校行事の際はとても大変でした。

小学校時代はまだよかったのですが、問題は中学校にあがってからです。

面談、進路説明会、合唱コンクール、授業参観。

どれもこれも、小学校の時と空気感がまるで違うので、子供がキャイキャイ言おうものならとっても目立ちます。

なので、泣く泣く途中離席することもありました。

高校説明会は、お友達のご両親に託したり、一人でいってもらったりしていました。

これは本当に申し訳なかったです。

子供3人で大変だったこと5選! その4:単純に手が足りない

双子の姉妹を抱えるママ

これは、私ではなくママ友達のお話なのですが、

「いまなら私、ボディーガードになれそうなくらい集中力があるわ」

と言っていたことがあります。

そのお友達は2歳ずつ離れた子供が3人いて、パパも帰りが遅いので、ほぼワンオペ育児なので、本当に毎日が戦場だといつも言っています。

寝かしつけ、お風呂、御飯。

どれをするにも大人一人では手が足りないそうです。

たしかに、その歳の差だと大変そうですよね。

想像しただけで目まぐるしいです。

でも

「そのぶん達成感は大きいし、3人が笑ってるとき、寝顔を見てるとき、本当に幸せ~」

とも言っていました。

子供3人で大変だったこと5選! その5:意見が合わない

ケンカする双子姉妹

3兄弟の好みによるのですが、例をあげると。

「次のお休みどこかに遊びに行こう!どこに行きたい?」
  1. 「水族館がいい!」
  2. 「アスレチックがいい!」
  3. 「映画みたい!」

こんな感じになります。

これが、誰ひとり譲らないんです(笑)

これがまとまったとして

「じゃあ御飯どこに食べに行こうか?」
  1. 「ハンバーグ!」
  2. 「お寿司!」
  3. 「らーめん!」

せめて系統をそろえてくれたらファミレスに行けるのに!と内心思いますし、

これが毎回続くので、時間に余裕がないときは「早くして~」と思うことも。

ですが、考え方によっては、これもメリットになります!

  • 協調性を育てる機会になる。
  • 人に譲る優しさを持つことができる。
  • 自我の確認。
  • プレゼン能力の向上。

など。

人間的に成長できるいい機会になるんですね。

これもたくさん兄弟がいるからできることですよ!

3人目を考えているママに、現役3人ママからアドバイス!

長々お付き合いいただきありがとうございました。

アドバイスなんて大層なものではないですが、最後に思っていることをお話させてください。

ここまで、5つのメリット・大変なことをあげましたが、正直大変さなんてどうでもよくなるくらい、可愛いと幸せ、楽しいという感情が勝ちます。

メリットというか、よかったことは5つじゃ足りないくらいあります。

私も最初はめちゃくちゃ悩みましたし、戸惑いました。

でも、後悔はなにひとつしていませんし、毎日がとにかく楽しいです!

確かに大変ですが、いままで二人の子供を育ててきた方なら、絶対に乗り越えることができると思います。

大人って、子供を育てていると同時に、子供に育ててもらっているんですよね。

発想や、空気の変え方、コミュニケーションの仕方、思いやりの持ち方。

本当に大人になって忘れてしまったことを、たくさん思い出させてくれます。

子供の力は凄まじいです。

力や支えになってくれたりもします。

子供たちがいるから頑張れることもたくさんあります。

本当に周りを笑顔にしてくれる、光のような存在です。

もし、3人目を考えていらっしゃるのなら、迎える準備をしっかりして望めば、幸せな時間が待っていることと思います。

ほぼ私目線で書いてしまいましたので、一個人の意見として、頭の片隅に置いてくださいね。

長々とありがとうございました。

あなたのご家族が笑顔で毎日を過ごせますように。

【こちらも読まれています】

子供3人目は自転車をどこに乗せる? 安全な乗り方!3人分の子供用自転車はどうする?
子供がたくさんいるご家庭は、移動だけでも一苦労。小さいうちは、子供を自転車に乗せて移動できたら、スムーズで助かります!しかし、3人お子さんがいらっしゃる場合、どうしたらいいのでしょうか?今回は子供が3人いるご家庭向け、自転車事情をまとめてみました。

コメント