金木犀の花言葉は怖い?7つの花言葉とは?見頃や名所情報まとめ!

スポンサーリンク

秋の香りといえば思い浮かぶ代表的なもののひとつに金木犀があり、甘くて強い香りを毎年楽しみにしている方も多いですよね。

そんな金木犀ですが実は花言葉が7つ以上もあり、しかも「金木犀の花言葉は怖い」と言われていることをご存知でしょうか。

ここでは金木犀の7つの花言葉に怖いものはあるのか、また金木犀についても見どころや名所などの情報をまとめています。

金木犀の花言葉が気になる方はもちろん、秋の代表的な香りを楽しむために見どころや名所などの情報が気になっている方もぜひご確認ください!

【金木犀の花言葉は怖い?7つの花言葉とは?】

まず最初に何よりも気になる金木犀7つの花言葉本当に怖い花言葉があるのか、その他どんな花言葉があるのかを確認していきましょう。

金木犀の花言葉は7つともそれ以上とも言われていて、何故こんなに多いのかについては金木犀の開花時期が非常に短いという花の特徴からと言われています。

謙虚

金木犀は香りが強く遠くに咲いているだけでも香りが届くので「謙虚」という花言葉が想像しにくいかもしれませんが、実は花の形は小ぶりで、とても可愛らしいものです。

この愛らしく控えめな小ぶりの花から「謙虚」という花言葉がつけられたという由来が定説で、花を見ると納得の控えめな小ささなんですね。

陶酔

陶酔とは「うっとりその世界に浸ること」という意味で、金木犀の強い香りに惹かれ、甘い香りにうっとりしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

このような香りはリラックス感、幸せな気分にしてくれるという特徴があり、金木犀の香りに惹かれうっとりするところから陶酔という花言葉がつけられたんですね。

初恋

金木犀の開花時期は非常に短く環境にも影響されるという儚さが金木犀の特徴で、しかし強い香りでインパクトのある記憶を残し、これが「初恋」と同じという由来からの花言葉です。

変わらぬ魅力

金木犀の木は街や人の姿が変わっていっても変わらず、毎年秋に同じ香り、そして小さな花を咲かせるという魅力から「変わらぬ魅力」という花言葉もつけられています。

気高い人

開花時期が短い金木犀、しかも小さく控えめな花であるため万が一秋雨が降るとあっさり散ってしまうという特徴もあり、この潔さから「気高い人」という花言葉がつけられています。

真実

金木犀は香りだけを知っていると「押しの強い花」という印象を持ちかねませんが、実際の花を見るととても小さく可憐な花なんです。

その強い金木犀の香りから想像もできない可憐で小さな花を咲かせるという「真実」、真実という花言葉はここからつけられました。

真実の愛

金木犀の香りは一度かぐと簡単に忘れられるものではなく、遠い場所まで花の香が届き、秋を知らせてくれる花でもあります。

変わらない強い香りが届く、つまり偽ることが出来ないということから「真実の愛」という花言葉もつけられているんですね。


金木犀の花言葉7つはこのようになっていてどれを聞いても「怖い」という印象があるものではありませんが、その他として官能美」など魅惑的な花言葉も存在します

金木犀の強い香りで誘惑する様、妖艶な香りからこのような花言葉もつけられているので、「金木犀の花言葉は怖い」とも言われているんですね。

また金木犀は金色の花が闇を払うとして「魔除けの花」とも言われていて、魔除けのために庭に金木犀を植えているなんて家庭も多いほどです。

「魔除け=魔=怖い」というイメージの流れから「金木犀は怖い」という印象を持ってしまっている場合など、花言葉が怖いというのはこういったところから印象づけられているかもしれません。

【金木犀とはどんな植物?生態は?】

金木犀の7つの花言葉、何故怖いなど言われているのかも把握したところで、次は金木犀についてその特徴なども知っておきましょう。

金木犀は4弁の花びらから作られる小さな花が密集していること、そして強い芳香が特徴で、遠くに金木犀が咲いていてもほのかに香りを感じるほどです。

原産地は中国で日本には輸入という形で入ってきて、その際に雄株しか輸入されなかったため日本では雄株しかなく、実をつけないという特徴もあります。

金木犀の「」はそのまま動物の「サイ」が由来で、花ではなく木のゴワゴワした樹皮からサイに例えられ、金色の花から「を取り金木犀の名前がつけられました。

一方金木犀は開花期間が非常に短く長くても一週間ほどしか楽しめないという特徴もあり、桜とは逆に北から南へと移って開花していきます。

【金木犀の見頃や開花状況は?】

開花期間が非常に短い金木犀、見頃はぜひ押さえておきたいところですが、基本的には9月中旬から10月下旬にかけ、開花場所を南に移しながら咲きます。

ですから場所によって見頃も変動し、北では9月中旬から、南では見頃も少しずつずれてという形になるのが金木犀なんです。

更に雨が降ると香りを楽しむ前にあっさり散ってしまうなどの特徴もあり、天候や気温など毎年変動するものにも大きく影響されてしまいます。

金木犀の完全な見頃を押さえたい場合は金木犀がある場所をこまめにチェックし、花の開花状況を少しずつ確認しておく方法が一番ですね。

【金木犀の名所3選!】

地域によっても見頃が変わる、天候や気温にも左右されるとなかなか金木犀を狙って楽しむことは難しいところですが、名所と呼ばれる場所もいくつかあるのでチェックしておきましょう!

小金井公園

江戸東京たてもの園 | 小金井公園 | 桜町 | 小金井市 | 東京都

江戸東京たてもの園 | 小金井公園 | 桜町 | 小金井市 | 東京都
場所:小金井市関野町1-13-1
電話:042-385-5611
駐車場:あり
見頃時期:9月下旬~

公式サイト:

小金井公園|公園へ行こう!

桜の名所として知られる関東の小金井公園にある江戸東京たてもの園の前に大きな金木犀が植えられていて、関東で見られる金木犀でも最も大きいとも言われています。

もちろん金木犀の強い香りも遠くから感じることができる、花びらが散る頃には木の下が金木犀の花びらで絨毯のようになっていると魅力で、ぜひおすすめします。

一方交通アクセスが非常に良いこと、金木犀も有名であることから金木犀だけではなく公園としても人気が高く、見頃時期や週末は混雑を覚悟して向かいましょう。

光が丘公園

ウェザーリポート動画0926@東京都練馬区光が丘公園 午後1時(満開の金木犀)

ウェザーリポート動画0926@東京都練馬区光が丘公園 午後1時(満開の金木犀)
場所:練馬区光が丘4-1-1
電話:03-3977-7638
駐車場:あり
見頃時期:9月下旬~

公式サイト:

光が丘公園|公園へ行こう!

こちらも東京の公園で、光が丘公園には300mほどの金木犀並木があり、金木犀が見頃な時期にいくと香りだけではなく目でも楽しめる場所なんです。

光が丘公園はバーベキュー広場や野球場、サッカーコートなどもある広い公園なので、金木犀だけではなく一日楽しみながら過ごすことが出来るのもおすすめの理由です。

バーベキューなど様々な楽しみ方が出来る場所なので良い天気の週末などは混雑しやすく、金木犀をゆっくり鑑賞したい場合は早めに見に行ってゆっくり過ごすなどをおすすめします!

明石公園

金木犀

金木犀
場所:明石市明石公園1-27
電話:078-912-7600
駐車場:あり
見頃時期:9月下旬~

公式サイト:

明石公園【公式】 | 兵庫県園芸・公園協会

明石市のシンボルでもある金木犀、明石公園の「においの花園」では毎年金木犀をゆっくり鑑賞し香りを楽しむことが出来ます

明石公園も多くの施設が入った大きな公園で金木犀だけではなく多くの方が訪れる人気の場所なので、金木犀をゆっくり鑑賞したい場合は早めの移動を心がけましょう

【金木犀の香水も人気!】

金木犀の香りはとても強く甘い香りで、その人気から香水も多く作られているので、ぜひおすすめの香水もチェックしてください!

うさぎ饅頭

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/iwaigi/mk2/

京都の舞妓さんをコンセプトに作られた人気シリーズ「京都コスメ」のひとつで、金木犀の優しい香りが黄色うさぎの練り香水として販売されています。

見た目の可愛らしさと京都コスメの人気の高さ、金木犀はもちろん多くの天然フレーバーをブレンドした優しい香りが人気の理由で、女性向けとなっています。

キャトル フレグランス

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/wish/10020128/

キャトルの香水として金木犀の香水が新たに登場し、甘く芳しい、いつまでも記憶に残る心安らぐ香りの香水として人気です。

こちらも女性向けの香水となっていて金木犀はもちろんその他にも多くの香水が販売されているので、ぜひ一度試してみてくださいね。

コトラボ 四季の練り香水

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/kotolabo/jsp-s/#jsp-s

コトラボ四季の練り香水の秋の香水として金木犀が採用されていて、花言葉「謙遜」の人を引き込む魅力、ときに「陶酔」させる甘い香りの香水として販売されています。

こちらの香水はレディース向けではありませんので幅広く使える、乾燥保護にも役立つととても使いやすい練り香水となっています!

【まとめ】

金木犀の怖い花言葉、7つの花言葉について、見頃や開花時期、名所など金木犀を楽しむための情報まとめ!

1:金木犀の花言葉!「謙虚・陶酔・初恋・変わらぬ魅力・気高い人・真実・真実の愛」などが有名で怖いものはなく、一方「官能美」という花言葉もある。元は魔除けの花
2:金木犀は元々中国から輸入してきた日本には雄株しかない花、強い香りからは想像もつかない小ぶりで可愛らしい花が特徴。開花期間が短く長くて一週間ほどで散ってしまう
3:金木犀の見頃時期は北から南へ移動し気温や環境にも大きく影響されるため判断が難しい、確実に鑑賞したい場合はこまめに金木犀を確認しよう
4:関東で大きな金木犀が見たい場合におすすめの「小金井公園」や300mもの並木が見られる「光が丘公園」、関西では「明石公園」が金木犀の名所!
5金木犀はその香りの良さから香水としても多く作られていて人気が高く、うさぎ饅頭や、コトラボ四季の練り香水、キャトルなど多くのおすすめも!

金木犀の花言葉は怖いと言われていますが良い印象のものも多くあり、一方誘惑の強い香りや魔除けの花として使われていたところから怖い印象もあるんですね。

見頃時期についてはその年の気温やお天気など多くのものに左右されてしまう、短期間で散ってしまうためこれと言い切ることが難しく、こまめに金木犀をチェックしておきましょう

【こちらも読まれています】

ひまわりの花言葉!韓国と日本では違う!?結婚式には最適な花?
夏の花の中でも大きく華やかなひまわりは、見ているだけでも元気が出てくる、好きな方が多い花ですよね。 そんなひまわりを結婚式で使いたいと考える方も多いのですが、一方結婚式で使うのなら特に気をつけたいこととして「花言葉」があります。 またひまわりの花言葉は日本と韓国では違うという情報もあり、具体的にどんな花言葉なのか、日本と韓国でどう違うのかも知っておきたいところですね。 ここではひまわりの花言葉について、日本と韓国それぞれの違い、そして結婚式で使うに最適な花なのかどうかを紹介します。 ひまわりの花言葉は日本と韓国だけではなく本数でも違うので、ぜひこの機会にひまわりについて詳しく知っておきましょう!

コメント