寄付タウンで受け取った電子マネーの使い方と種類は?現金化は可能?

2021年の年末、民間人として初めて宇宙国際ステーションへ滞在する宇宙旅行をした前澤社長。何かと話題になる前澤社長が次に立ち上げたのが「寄付タウン(kifutown)」です。

”詳しくはわからないけど、お金が無料でもらえるらしい・・・?”

お金が無料でもらえるなんて絶対に裏がある!と私なんかは疑り深いので怪しんでしまいます。

今回この記事では、

  • 寄付タウンとはどのような仕組みなのか?
  • 寄付タウンの電子マネーの種類は?
  • 電子マネーはどこで使える?現金化はできる?
  • 不安になったらどこに相談する?

以上についてまとめています。

寄付タウンについて情報ゼロの私が、公式の情報、口コミや評判なども徹底的に調べ、実際に使ってみることで情報をわかりやすくまとめました!

この記事を読めば寄付タウンとはどのような仕組みなのか、使い方も知ることができますよ。

興味のあるかた、ぜひ参考にしてください!

話題の寄付タウンとは?

まず寄付タウン(kifutown)とは、株式会社ARIGATOBANKが立ち上げた「人と人をつなぐ、新しい寄付プラットフォーム」です。

まだちょっとわかりにくいですが、公式サイトより概要をかみくだくと、『挑戦する人を応援したい。お金に困る人の力になりたい。』と思う人が『応援を受けたい。』という人を募集し、当選すると安全にお金を寄付することができるというものです。

もちろん寄付をしたい人、寄付を受けたい人それぞれ条件や決まり事があります。

寄付をしたい人 ※20歳以上の成人

  • 寄付のテーマ、金額、人数を決めて、寄付プロジェクトを作成する。
  • 寄付プロジェクトの作成には、ARIGATO IDを作成し、Twitterのアカウントを連携させることで応募条件を選択することができる。
  • 応募者からメッセージを受け取り、ひとりひとりの想いや人柄を知る。
  • 当選者の選出は、寄付者自身で選ぶ方法と、ランダム抽選の2種類から選ぶことができる。
  • 振り込みには運営手数料(寄付金額の10%)、振り込み手数料(200円×募集人数)がかかる。

寄付を受けたい人

  • 自分にあったテーマの寄付プロジェクトを探す。
  • 応募にはARIGATO IDの作成と、Twitterのアカウントの連携が必要。
  • 応募条件のTwitterのアカウントをフォローし、寄付者にメッセージを送り応募を完了する。
  • 当選し寄付金を受け取るには、事前に銀行口座の登録が必要。

 

応募する際に、応募者の個人情報は寄付者に提供されないため安全面は確保されています。また応募した事実も寄付者以外には伝わりません。

当選すると2週間ほどで振り込まれます。

応募テーマは様々ですが、私が調べた時(2022年2月)には、

  • 綺麗になりたい女性を応援したい!
  • 学生への寄付
  • 誰もOK!

などがありました。

なるほど、寄付タウンについて少しわかってきましたね!

では、なぜ話題になっているのか、実際に高額を受け取った人がいるのか調べてみました。

 

寄付タウンで調べてみると上記のような書き込みが多く見られました。

前澤社長の”お金贈り”で500円当たった人はいましたが、高額当選が当たった人の口コミは、私が調べた限りでは見つかりませんでした。

でも、宝くじで高額当選した人が言いふらしたり、報告することも見ませんから当然なのかも?

話題になるのは、まだまだ不明点や怪しい要素が多いからでしょうか・・・。でもみなさん気にはなって、様子をみているようですね!

また、応募する際には寄付者のTwitterのフォローが必須になるので、フォロワーを増やしたい人は寄付タウンを使って増やすことができます。

 

前澤社長のいう通り詐欺は絶対にダメですが、フォロワー集めの宣伝の人も少なからずいるので、自分にあった応募テーマと寄付者をご自身で見極めることが大切ですね!

寄付タウンで受け取った電子マネーとは?種類は?

2021年9月から始まっている寄付タウン、現時点(2022年2月)でまだ始まって5ヶ月です。これからもっと改善されていくことが考えられます。

その中のひとつで、すでに公式で発表されているのが電子マネーの導入です。

結論から言うと、電子マネーの導入はまだ始まっていません。

2021年12月19日から始まっている前澤社長の「宇宙から全員お金贈り​​」のキャンペーンのお金配りが終了後、開始予定とされています。

終了日時は名言されていません。

寄付を受け取る際、銀行口座の登録が必須でしたが、いざ自分の銀行口座を登録するのはちょっと気が引けますよね・・・。実際、登録がいやでやめたという口コミも目にしました。

ですが、電子マネーが使えるようになれば銀行口座の登録は不要になります!

これはちょっと嬉しい情報ですね。

さて電子マネーとは?と思う人もいるはずです。電子マネーといっても、キャッシュレス化がすすむ現在、種類はたくさんあります。

電子マネーとは一般的に、現金をデータ化して決済することで、電子化されたデータのやりとりで現金と同じように物を買ったり、サービスを受けることができます。

支払い方法も、後払いのクレジットカードと違って、

  • プリペイド方式(前払い)・・・あらかじめアプリやカードに現金をチャージしておく。
  • ポストペイ方式(後払い)・・・チャージ不要で、後日紐付けしたクレジットカードから引き落とし。
  • デビット方式(即時払い)・・・支払いと同時に利用金額が銀行口座より引き落とされる。

の3つにわけられます。

前澤社長が似た例にPayPayやsuicaをあげており、公式サイトにも前払い方式を支払い手段にするとありました。

つまり寄付タウンのアプリに、あらかじめ現金をチャージして支払うという方法ですね!アプリを利用するという点ではPayPayのQRコード決済がイメージに近いと想像できます。

チャージ方法もコンビニATMやクレジットカードからチャージすることが可能となるので、その辺もPayPayに似てますね!

受け取った電子マネーが使える場所やお店は?

では実際に受け取った電子マネーはどこで使えるのでしょう?

使える場所が限られていたり、使えなければもらったところで、どうしようもないですからね。その辺もちゃんと調べておきましょう。

コメント