男性向け!結婚挨拶成功マニュアル!挨拶例文・服装マナー、手土産、挨拶の順番は?

スポンサーリンク

大好きな彼女との結婚が決まったら、次はいよいよご両親への結婚挨拶。

 

自分の両親に結婚の話をするのも、ちょっと照れくさいのに、彼女の両親に会ってどのように挨拶したらいいのだろう、反対されたらどうしようと、行く前から怯んでいたりしませんか?
普段から多くのお客様と接するようなお仕事をされていればまだしも、日頃決まった同僚としか仕事しない職種の方は特に、実家訪問のマナーなども気になりますよね。

 

しかし、一般的には『娘の選んだ結婚相手を快く迎え祝福したい』と思っていらっしゃるご両親がほとんどです。礼儀を尽くして、結婚を認めて欲しいという意思をしっかり伝えられれば、心配要りませんよ!

 

これから結婚挨拶に向かう男性向けに、結婚挨拶が成功に近づくポイントをまとめてみましたのでぜひご一読下さい。

結婚挨拶当日の成功マニュアル! 服装や手土産はどうする?

ご両親への結婚挨拶は、自分の両親に結婚報告⇒女性の両親に二人で挨拶⇒男性の両親に二人で挨拶 という順番で行うのが一般的です。

 

彼女のご両親への挨拶は、「結婚します」と決定事項として伝えるのではなく、「結婚の承諾を得る」ための挨拶だと常に念頭に置いておく事が成功のポイント!

 

ご両親と初対面という方は尚更ですが、既に面識がある方も、結婚の承諾をいただくケジメの場ですので、社会人として常識的な身だしなみを整えて臨むようにしましょう。『この日に合わせて準備してきてくれたのだ』という誠意が一見して伝わるのですから、当日は時間に余裕をもって、自分の服装や身だしなみのチェックを行いたいものです。

 

さらに、二人の結婚の承諾をいただくために時間を割いていただくのですから、訪問の際、手土産は必須です!

 

身だしなみや手土産は、誰にでも確実に準備出来、それでいてその日の印象を決める重要なポイントですから、挨拶当日までに一度すべてチェックしてみてくださいね!

 

<身だしなみのチェックポイント>

服装

清潔感のあるスーツ(ビジネススーツでも可)が基本。

 

普段スーツを着用しない人も、出来ればフォーマルな場面で使えるスーツを一着持っておきましょう。ビジネススーツの場合は、くたびれた感の出ないように、忙しくても事前にクリーニングに出し、きちんと折り目がついた状態で着用出来るようにしておきましょうね!

 

色は、ネイビーやグレーだと爽やかな感じ、定番なブラックだとよりきちんと感が出ますよ。

 

どうしてもスーツを用意出来ない場合にも、きれい目のジャケットに襟付きのシャツを合わせるなどし、きちんと感を出すように!

 

※NGな服装
・Tシャツやスウェットにジーンズといったカジュアル過ぎる服装
・万人受けしないような派手過ぎるシャツやネクタイ

 

個性を否定するわけではありませんが、ご両親に認めて頂く場という事をわきまえ、清潔感のあるものを選ぶようにしましょう。

 

また、カジュアル過ぎる服装では、ご両親を軽視されていると思われかねませんので、いくら『堅苦しいのは嫌だから普段着で来て』と言われても、この場だけはスーツかジャケットを着用するようにしましょう。

髪型・髪の色

長髪や寝癖は、だらしない印象を受けます。また、茶髪や特徴的な髪型やカラーも挨拶の場にはふさわしくないでしょう。挨拶当日までにさっぱり整え、スーツにフケで不潔な人だと思われないよう、玄関前で最後のチェックも忘れずに!

靴・靴下

スーツ姿の男性は意外と見られているのが靴です。汚れがついていないか、靴が擦り減ってないか、確認しておきましょう。

 

また、家に上がる時には靴を脱ぐので、靴下も目立ちます。靴下に穴が開いているなど論外。出来れば新品で、白ではなくダークカラーの無地ソックスを選ぶとよいでしょう。

その他

身だしなみは清潔感が第一。普段、香水やアクセサリーを好んでつける人も、この場は避けましょう。爪は短く整えておき、汚れがついたままということのないように。

 

緊張の場面ですので、ハンカチを忘れずに持っておくと安心です。

<手土産を選ぶポイント>

手土産を選ぶ際には、彼女にご両親の好きなものをリサーチしてもらい、準備しましょう。『何でもよい』と言われたり、わからない場合にも、苦手なものは避けるようにし、お互いの地元が離れている場合は、自分の地元の名産品を用意するのもよいでしょう。

 

あまり高価なものだと、相手に気を遣わせてしまいます。予算は3,000円未満くらいで選びましょうね。

結婚挨拶当日の成功のマニュアル! 両親への第一声は?

では、ここからは実際に彼女の実家に伺った際の具体的な挨拶例をご紹介します。

<玄関先では>

彼女から紹介を受けたあと、ご両親への第一声はこのような感じに。

 

「はじめまして。〇〇と申します。△△さんにはいつも大変お世話になっております。本日は、お時間ちょうだいしありがとうございます。よろしくお願いします。」

「こんにちは。本日はあらためて結婚のご挨拶にお伺いしました。お忙しい中時間を割いて下さりありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

 

玄関先では、初対面なので、簡潔ながらも礼儀正しく行いましょう!緊張の瞬間ですが、第一印象が決まる一瞬ですので、姿勢よく丁寧な言葉遣いを意識します。正式な挨拶は部屋に通されてから、改めて行います。

部屋へ案内される際には、靴を揃えて上がることを忘れずに!

<部屋に通されたときは>

部屋に入ったら必ず下座に座るようにし、全員揃ったら再び挨拶します。

 

「あらためまして、△△さんとお付き合いさせていただいている〇〇と申します。
本日は忙しい中、お時間作っていただきありがとうございます。」

 

ここで手土産を差し出します。渡すときは紙袋から出し、
・「甘いものがお好きだと伺いましたので、お口にあうといいのですが」
・「私の地元の名産品で非常においしいので、お気に召すと嬉しいのですが」
などと付け加えましょう。

 

挨拶が済んだら、いきなり本題に入るのではなく、自己紹介を兼ねて、しばらく雑談を。質問されたことには、出来る限りはっきりと誠実に答えることで、相手の信頼感を得ることが出来ます。

 

※想定される質問は?
・どんなお仕事なの?転勤は?
・休日はどのくらいあるの?趣味は?
・地元はどの辺り?
・ご両親は何をされているの?
・ご兄弟は?
ご両親のプロフィールも彼女に聞いて、ある程度頭に入れておきましょうね!

結婚挨拶当日の成功のマニュアル! 結婚挨拶の例文。切り出し方は?

あまり長く歓談タイムを取ってしまうと、本題が切り出しにくくなってしまいます。部屋に入り、10~20分ほど歓談したら、改めて、男性の方から結婚の挨拶を切り出しましょう。※ご両親から促される前に自分から切り出すのがポイント!

 

「実は、本日は△△さんとの結婚をお許しいただきたく、お伺いしました。先日、私からプロポーズさせていただき、ご本人から承諾を得ることができました。まだまだ未熟者ではありますが、△△さんとお二人のような温かい家庭を築いていきたいと思っています。私たちの結婚をお許しいただけますでしょうか。」

 

「本日は、△△さんとの結婚についてお話を聞いていただきたくご挨拶に伺いました。△△さんとは、1年前からお付き合いさせていただき、これから先の人生を共に歩んでいきたいという思いを強くしました。△△さんとの結婚を認めていただけますでしょうか。」

 

既に交流があり親しい親御さんであっても、ケジメの場面ですので、ご両親の目をしっかり見て誠意を持って伝えるようにしましょう。

言ってはいけない言葉は?

・いきなり「お父さん、お母さん」と呼ばない
結婚の承諾をもらう前から、お父さん・お母さんと呼ばれると、「まだ認めていない、君の親ではない」と不快感を持たれることも。「△△さんのお父さま、お母さま」と呼びましょう。

 

・「お嬢さんをください」
ドラマであるような「お嬢さんを下さい」という表現は、「娘をモノ扱いされた!」と反感を買いかねません。

 

・「結婚を決めました」
いくら本人同士の意思が固まっていても、あくまでも結婚の承諾を得るために挨拶に伺っていることを忘れずに。

 

※言ったほうがいい内容は?
「結婚を認めてください」という真剣かつ明確な言葉で伝えることが重要!

 

「これからも仲良くしていきたいと思います」「長く付き合っていけたらと思います」などと結婚の意思がはっきり伝わらないようでは、訪問の趣旨がわからず、相手の両親を困惑させてしまいかねません。

結婚挨拶当日の成功のマニュアル! 将来設計の質問への返答は?

結婚の承諾を頂いたら、更にさまざまな質問が想定されますので、事前に彼女と当面の間の将来設計について話し合っておき、足並みの揃った回答が出来るようにしておきましょう!

結婚式はどうするの?

するかしないか、する場合はどんな形で行いたいのか、二人の希望をご両親に伝え、ご両親の意向を確認するようにしましょう。

将来設計は?

転勤や夫婦のこれからの仕事の仕方などわかる範囲の事を笑顔で堂々と答えましょう。

子供や孫は?

彼女のプレッシャーにならないよう気遣い、子供を作る意思があることくらいは伝えておきましょう。

2世帯住宅や同居についてどう思ってる?

希望に添えない場合は特に、具体的な理由と共に先に説明しましょう。当面の間の夫婦の住まいについて考えておくことはマスト!

自分の親の介護についてどう考えてる?

先々のことは未知。軽々しく明言するより、家族関係について安心していただけるような要素を簡潔に答えられるようにするとよいでしょう。

まとめ

●結婚挨拶は、ご両親に『結婚の承諾を得る』ためのものということを念頭におき、服装や手土産といった確実に準備出来る事は、挨拶当日までに一度すべてチェックしておくこと。服装など身だしなみは清潔感を第一に!手土産は予算3,000円程度で必ず準備。

●ご両親への第一声は、自己紹介と時間を割いていただいた事への感謝を簡潔に述べる。正式な挨拶は、部屋に入ってから行い、しばらくは歓談を。

●10~20分程度の歓談後、結婚の挨拶は必ず男性から切り出すこと。「結婚を認めてください」という真剣かつ明確な言葉で伝えることが重要!

●結婚の承諾を頂くと、その後に結婚式や将来設計についてなど、いろんな質問が想定されるので、二人で足並み揃った回答が出来るように事前によく相談しておくこと。

 

いかがでしたか?当日は、大いに緊張されることと思いますが、まずは服装など身だしなみだけでもきちんと整えておくと、少し気持ちに余裕が出来るのではないでしょうか。

 

結婚挨拶では、結婚の意思を明確に伝え、承諾していただくという事が一番重要です。ご両親に、『この人にならば安心して娘を任せられる』と信頼感を持っていただくためにも、言葉遣いに注意する事は大事ですが、言葉遣いを気にするあまり、挨拶の言葉を噛みまくっては意味がありません。

 

シンプルな言葉でよいので、お嬢さんと一生添い遂げたいという気持ちがしっかり伝わるように、自分の言葉でシュミレーションしておきましょうね!

コメント