結婚挨拶例文!彼女がお父さんと親子2人で暮らしている場合は?

スポンサーリンク

彼女との結婚が決まれば、早いうちに済ませておきたいのが、お互いの両親への結婚挨拶。

 

男性が彼女のお父様とご対面するのは大いに緊張する瞬間ですが、父親と2人で暮らしてきた一人娘の彼女ともなれば尚更!お父様の娘を嫁に出す寂しさは人一倍でしょう。

 

私は学生時代から実家を出ていたので、結婚したところで親と会う頻度は変わらないと結婚挨拶を楽観的に考えて臨みました。しかし、結婚挨拶を終えた後に父が『もう会えなくなるなぁ』と、一生縁が切れてしまうかのように寂しがっていたのが印象的です。

 

普段近くに居ない娘ですらそうなのですから、結婚して籍が変わるという事実を受け入れるのは、父親にとってすごく時間のかかることなのです。

 

長年娘と二人で暮らしてきたお父様であれば、娘の結婚相手をしっかり見定めなければならないという思いもまた、人一倍でしょう。

 

お父さんに少しでも安心して欲しい、祝福して欲しいと願う彼女の為にも、これから父娘2人で暮らしてきた家庭へ結婚の挨拶に向かう男性にぜひ予習して欲しいポイントをまとめました!

一人娘が結婚をしてしまうお父さんの気持ちや心理は?

女性親にとって、娘が結婚するということは、娘を嫁に出す=結婚相手の家に捧げるという感覚の方がまだまだ多く、娘を取られてしまうような寂しい気持ちになってしまうようです。結婚すると男性の姓に変わる方が多いので、その心情も頷けます。

 

ましてや、親子2人暮らし、男手一つで苦労して大事に育てて来られた娘さんは、苦労を共にした同士でもあり、お父様の生き甲斐です。いつかそんな日が来るとはわかっていても、娘を嫁に出す寂しさは人一倍でしょう。

 

娘が選んだ結婚相手を歓迎し祝福してあげたい気持ちも強いでしょうが、相手の見極めは特に慎重に、念入りにされるのではないでしょうか。

 

だからといって、どんな家庭環境でも娘を思う親心は同じ。長年親子2人暮らしだったのならば尚更、結婚で家族の輪が広がる喜びは大きいはずです。

 

家庭環境を変に気負って挨拶に伺うよりも、彼女を一生大事にしたい!という思いを、真剣に誠意を持って伝えることを一番に考えましょうね。

親子2人で過ごしてきたお父さんに結婚の挨拶をする場合の例文は?

では、具体的に親子2人で暮らしてきたお父さんに結婚挨拶する時の例文をご紹介します。

 

『本日は△△さんとの結婚をお許しいただきたく、お伺いしました。先日、私からプロポーズさせていただき、ご本人から承諾を得ることができました。私たちの結婚をお許しいただけますでしょうか。』

 

結婚挨拶で必ず伝えなければいけないのは、シンプルに結婚の意思と承諾をいただきたいこと。これは家庭環境がどうであれ変わりません。

 

『これからも長く付き合って行きたいと思っています』など、曖昧な表現ではなく、ケジメとしてはっきり結婚を認めて欲しいということを伝えましょう。

 

その上で、配慮したいのは、これまで親子2人で暮らしてきた分、彼女もお父様も、結婚後のお父様の暮らしを心配しているということです。

 

これまで彼女がお母様の分まで担ってきた家事など、その負担が大きければ大きいほど気がかりでしょうから、事前に彼女と今後の暮らしについて相談しあい、この場で伝えられるとベター。

 

(例)『△△さんと1年間お付き合いさせていただき、お父さま想いの優しい所にも惹かれました。結婚後のお父さまの暮らしに関しても非常に気にかけていらっしゃいますし、私も△△さんのお気持ちは重々承知しています。結婚後は、ご実家の近くに住まいを借りたいと思っています』

<NGワード>

・彼女の事を馴れ馴れしく呼ばない
娘と長年2人暮らしして来られたお父様なので、いくら結婚する相手とはいえ、娘の事をよく知っている風に話されると不愉快な気持ちになるでしょう。普段、呼び捨てや愛称で呼んでいたとしても、この場では必ず『△△さん』とさん付けにします。

 

・いきなり「お父さん」と呼ばない
結婚の承諾をもらう前から、お父さんと呼ばれると、「まだ認めていない、君の親ではない」と不快感を持たれることも。「△△さんのお父さま」と呼びましょう。

 

・「お嬢さんをください」
ドラマであるような「お嬢さんを下さい」という表現は、「娘をモノ扱いされた!」と反感を買いかねません。

 

・「結婚を決めました」
いくら本人同士の意思が固まっていても、あくまでも結婚の承諾を得るために挨拶に伺っていることを忘れずに。

結婚挨拶のマナーは?服装や手土産は?

結婚挨拶がお父様と初対面となる男性は特に、第一印象は見た目と言葉遣いでほとんど決まってしまうということを心得てください。既に面識がある場合にも、彼女を一生大事にするという決意を示す為に、カジュアルな服装は避けましょう。

 

清潔感のあるスーツやジャケットを選び、社会人として常識的な身だしなみを整えて臨むと、まずは見た目できちんとした男性という印象を与えられ、誠意が伝わりやすくなります。髪の毛の寝癖があるままでは緊張感が感じられませんし、襟や靴の汚れも意外と目立ちますので、よくチェックしておきましょうね。

 

二人のために時間を割いていただくので、手土産は必ず持参すること。

 

予算は3000円未満で、事前にお父様の好きなものを彼女に聞いて準備しておきましょう。互いの実家が離れているような場合は、自分の地元の特産品などを用意すると、話題作りにもなりますよ!

 

渡すときは紙袋から出し、
・「甘いものがお好きだと伺いましたので、お口にあうといいのですが」
・「私の地元の名産品で非常においしいので、お気に召すと嬉しいのですが」
などと付け加えましょう。

彼女のお父さんが不機嫌に・・・どのように場をもたせる?

・礼儀を尽くして挨拶したつもりだけど、なぜかお父さんが不機嫌になってしまった
・そもそも結婚に反対されていて、結婚挨拶しても不機嫌なままだった
など、張り切って臨んだ挨拶で不穏な空気になってしまうこともあるでしょう。

 

ずっと2人きりで暮らしてきた娘を嫁に出すのですから、簡単に認めたくない心情もわかります。一旦引き下がり、様子を見るのが得策です。

 

男性の振る舞いが気に入らなかった、経済的に不安だ、家庭環境が気になるなど、不機嫌になる理由はさまざまです。その場で感情的に議論したり、解決しようとせず、彼女と対処法を相談しながら時間をかけて人間関係を築きましょう。

 

動揺するのが当然ですが、そのような場面でも明るく礼儀正しい姿勢は崩さず、時間を作っていただいたことへの感謝を伝えることが出来れば、場の空気が読める真摯な男性だと受け取っていただくことも出来ますよ!

まとめ

●娘と親子2人で暮らしてきたお父様が娘を嫁に出す寂しさは人一倍。結婚相手を見極める目は厳しいが、娘を思う親心はどの家庭も同じ。気負わず、真剣に彼女を一生大事にする気持ちを伝えることが重要。

●結婚挨拶では、シンプルに結婚の意思と結婚を認めていただきたいことを伝え、出来れば、お父様の結婚後の暮らしを配慮して、結婚後の生活についても伝えられるようにしておくとよい。

●結婚挨拶に伺う際は、見た目で信頼感を持っていただけるよう、清潔感あるスーツやジャケットを着用。時間を割いていただく感謝の気持ちを込めて手土産は必ず持参する。

●彼女のお父様が不機嫌になってしまった場合には、お父様の寂しい気持ちを配慮し、一旦引き下がって、時間をかけて人間関係を築けるよう努力あるのみ!

 

親子2人暮らしで過ごしてきた親子の場合、結婚を決意する彼女も、結婚を認めるお父様も、結婚を承諾するという事はすごくハードルが高いことかもしれません。しかし、結婚後、あなたという家族が増え、将来的に子供が出来れば更に家族の輪は広がります。

 

娘に誰よりも幸せになって欲しいという親心はどの家庭でも同じです。お父様の寂しい心情を思いやり、彼女を一生大事にするという真剣な思いが伝えられれば、必ず祝福していただけると思いますので、事前準備をしっかり整えて臨みましょうね。

コメント