家族ぐるみの付き合いをやめたい!ママ友との家族ぐるみの付き合いをやめる方法

スポンサーリンク

ママ友の話に入れない女性

子どもの交友関係が広がる頃、親同士の関わりというのも自然と増えてきますよね。

子をもつ親同士、ママ友になるというのはよくあることで、子育ての悩みや家事のことなど相談にのってもらったり、のったりと、お互いに支え合える心強い存在になることもあると思います。

ときにはそれが、家族ぐるみの付き合いにまで発展することもあり、それはとても素敵なことなのですが、現実はそう上手くいくことばかりではありません。

付き合いが長くなるにつれて、相手の嫌な面を見てしまったり、価値観や考え方の違いに戸惑うなど、一緒にいると心の中がモヤモヤすることが増える…。

「親しき仲にも礼儀ありでしょ?」「あれ?ちょっと図々しくないかしら。」

「最近上から目線で話してくるんだけど…。」「え?それうちの子だけが謝ることなの?」

などなど、ひとつ気になることがあるとずっとそれが頭に残ってしまい、次第に一緒にいることがしんどくなってしまう。

「家族ぐるみの付き合いをやめたい…」と悩む人はとても多いです。

そこで今回は、家族ぐるみの付き合いをやめたいと思う人のために、できる限り自然に付き合いをやめていく方法や、付き合いを止めることが子供にとって迷惑なことなのかなど、気になることをまとめてみました。

うまくママ友と付き合っていく方法についてもお話しますので、ぜひ最後までごらんください。

家族ぐるみの付き合いをやめたい!やめる方法とは?

ママ友から冷やかされる女性

誘いがきても断る。しばらく会えないことをやんわりと伝える。

このときのポイント

  • 断ることに気まずさを感じる必要はない。
  • 連絡は遅めに返す。
  • 返事には『しばらく』・『ずっと』という言葉を使う。(それとなく、近日中は会えないと伝える)
  • 『自分から連絡するね』と言う。

日本人は文化的にも断ることが苦手な人は多いですよね。

ただ、『誘い慣れている人は、断られ慣れています。』

断られてもなんとも思ってない場合がほとんどです。

無理なら無理だと言ってくれたらそれで終わりです。

きっとそのような方は、他にも誘う人はいくらでもいるはずです。

困らせたくてあなたを誘っているわけじゃないし、まさか誘うことであなたを困らせているなんて考えてもいません。

「時間が合うなら、一緒に遊びたいな~。せっかくなら人数多いほうが楽しいし。」くらいに考えているので、断ることで相手に気まずさを感じる必要は全くありません。

そのことをしっかりと心にとめておきましょう。

次に、やんわり断る際の例文を紹介します。

“最近ずっと忙しくて、しばらく人と会う時間がとれそうにないの。本当にごめんね。”
“主人の職場が最近ずっと忙しくて、疲れてるみたいなの。しばらく休日はゆっくり休ませてあげたくて。”
“実家の用事で、しばらくバタバタすると思うからごめんね。連絡もらっても返事が遅くなってしまうことがあるかも。”

という具合です。

『しばらく』や、『最近ずっと』という言葉を入れると、「しばらくは忙しそうだし、誘わないほうが良いかな。」と思ってもらえます

更に

“また落ち着いたらこちらから連絡するね。”

という一文を加えると、向こうからの連絡は一旦止まるでしょう。

頃合いをみて、また相手から連絡がきます。

“最近どうしてる?ちょっと落ち着いたかな?もし空いてたら会えないかな?”

などです。

そのときも、また同じようにやんわりと断ります。

その度に理由を変えるのもわざとらしいと思うので、同じ理由で断り続けて大丈夫です。

外でたまたま会ったとしても、気まずそうにする必要はありません。

いつも通り挨拶したら良いです。

もしもそのまま話をしようとしてくる様子があれば「ごめんね!これからまた行かないといけないから、また改めてね。」と言って別れましょう。

もう大人なので、このような対応で相手も何か察するはずです。

パートに出たり、趣味の時間で忙しくする。

やんわり適当な理由で断ると言っても、嘘をつくことが後ろめたい人や、嘘をついたとして、もしもスーパーなどでバッタリと会ってしまったらとっさに言い訳出来ないという人は、本当に予定を入れて忙しくすることをおすすめします。

パートに出かけたり、習い事や趣味の時間をもつと、それを言い訳に後ろめたさなく断ることができるでしょう。

何か新しいことを始めたら、また新しい出会いがあるので、その中であなたもまた自分の価値観に合った人と出会えるはずです。

そこで、今までの家族ぐるみの付き合いを無理してまで続けるべきかどうか、もう一度あなた自身の中で考え直すこともできるでしょう。

誘いの連絡自体をやんわり断る

何かと理由をつけて断ったとしても、相手が何も察してくれず、言葉通りにしか受け取ってくれなかった場合は何度でも誘いの連絡がきてしまう場合があります。

他にも、あなたの愛想が良すぎるあまりに、やんわりどころか「都合がつかなくてごめんね。本当は私達も会いたいんだけど…。」という風なニュアンスで断ってしまっている場合にも、相手からの誘いの連絡は続いてしまうでしょう。

その場合は、誘い自体を断る連絡を入れてみましょう。

例えば、

“いつも誘ってくれてありがとう。ただ、今はすごく忙しくて自分のことでいっぱいいっぱいだから、しばらく会えそうにないの。毎回誘いを断るのも心苦しくて…。だから、落ち着いたら私から連絡するね。”

といった具合です。

『誘ってくれるのはありがたいけど、断るのがしんどいよ。連絡は私からするから待っててね。』とやんわり伝えてみましょう。

家族ぐるみの付き合いは、相手の家族を尊重することがとても大切です。

誘うのも自由だけど、断るのもお互いの自由だということを忘れないでいてください。

家族ぐるみの付き合いは結構面倒・・・

たくさんの人形を想像する人形

家族ぐるみの付き合いに憧れる家族もいますが、なかなか面倒なことも多いです。

付き合いをやめたいと思った理由を実際にあったエピソードも踏まえてお話したいと思います。

金銭感覚の違い

どこかに遊びに行くのにも、何かを食べにいくのにも付き合いにはお金がかかります。

そのときに問題になるのが、金銭感覚の違いです。

お金にまつわるトラブルはとても多いです。

最初にはっきりと決めておいた方が良いのかもしれませんが、「お金の話はいやらしいから、切り出しにくい。」「ケチな人だと思われたくない。」など、なかなか上手に話し合いが出来ない場合が多いです。

仲良くなればなるほど、ルーズになりがちなところでもあります。

例えば、

  • 一度目の外食の会計のときに割り勘をしたけれど、相手が小銭を持っておらず「端数はいいよ(払わなくて良いよ)。」と言ってあげたら、次から当たり前のように端数を払わなくなった。
  • 外出のとき、車を出してあげていたら、最初の頃はガソリン代として少し多めに払ってくれたり気を遣ってくれていたのに、当たり前になってしまい車を出せないときに文句を言われた。
  • 外食の会計で、割り勘をするときにぴったりの額がなく、少し多めの額を渡したら会計後に毎回お釣りを渡してこない。
  • 外出した際、車をこちらが出したけど有料駐車場に止めることになっても、有料高速道路を走ってもその分の額は一切払おうとしない。(請求したら良いのかもしれないが、しにくい。)

などです。

ここからは実際に私が体験した話ですが、私には大好きな家族ぐるみの付き合いをするAさん夫妻がいました。

Aさん夫妻はイベントごとが大好きです。

イベントがあれば、BBQをすると言って何組かの家族を集めます。(いつもBBQの後は、全家族で割り勘をします。)

その日も7組ぐらいの家族でBBQをするために、準備を手伝いにAさん宅へ行きました。

準備をしていたら、Aさん夫が「今回のBBQは驚くほど安く準備できたよ。1人800円で食べられる。」と言いました。

私は、「さすが、BBQの達人!」と言って褒めましたが、その後Aさん夫がAさんに向かって「でも面倒だし、1人1000円でいっか。」と聞くと、Aさんが「いいじゃん。1000円もらいなよ。」と言いました。

もちろん、いつも準備をしてくれているから多めにお金をとってくれても良いと私達は思いましたが、200円ずつ多めに集めるとその日の3人分の参加費になります。

Aさん夫妻は実質タダで参加することになります。

参加している家族は皆、割り勘では準備してくれているAさん夫妻に悪いからと、それぞれに実費で何かを買って持ち寄ってくれていましたので、目の前で多めにお金をとっているというのを聞かされて良い気分にはなれませんでした。

夫も「黙ってとってくれていたらありがたかったのにね。」と、大好きな夫妻であったので余計に2人でがっかりとしました。

それからは、上の例にもあるような駐車場の料金や割り勘の額など細かいところが気になってしまうようになっています。

仲が良くなって何でもオープンに気心知れるのは良いことなのかもしれませんが、時にはよくないことも見聞きしてしまいますね。

信用が確実に無くなってきています。

そもそも、こうしたお金や役割の分担が面倒だという理由で家族付き合いをやめたいと思うひとも多いです。

仲良くするというより、上下関係のようなグループを築いている

ママ友が群れると、夫の職業・夫の会社での立場・給料・住んでいる地域など細かいもので目に見えない上下関係のようなものが存在するグループがあります。

そうしたグループの家族ぐるみの付き合いでは、夫婦どちらかが知らない間に肩身の狭い思いをしていることも…。

また、相手の子供の成長度合いや通う学校のこと、習い事など事細かに把握したいママ友もいて、自分の家庭と相手が同じぐらいのレベルでないと気が済まないという人もいます。

嫉妬などから冷たい態度をとられることも。

家族ぐるみの付き合いという狭い世界の中で、夫の立場を守る・子供の友達付き合いのためだと思って我慢をしていたけど、この粘着質な関係性に嫌気が差して付き合いをやめる方が多いです。

親しき仲にも礼儀ありが無くなったとき

金銭感覚の違いのところでも書きましたが、どれだけ仲が良くなったとしても、きちんとするべきところをルーズにする家族とは、家族ぐるみの付き合いをやめたくなります。

例えば、

  • 子供が寝る時間にも関わらず、連絡もせずにいきなり家に遊びに来た。
  • 家に遊びにきたら、遠慮なく家の中を物色する。
  • 「一人っ子だと子供がかわいそうだよ。もうひとり生むなら今がチャンスだよ。」「女の子ばっかりじゃん。次は男の子頑張って。」など、デリカシー無く家族計画にまで口を出す。
  • 「あなたの旦那さんってちょっと〇〇(否定する内容)よね。」など、夫を否定する・バカにするようなことを言ってくる
  • 他人の子供にも関わらず、自分の家庭の方法で説教をしてくる(手をあげる・怒鳴るなど)。
  • 家庭の方針(子供の教育方法、家事の仕方など)に口出しをしてくる。

いくら仲の良いママ友でも、超えてはいけない一線をズカズカと超えてくる人とは家族ぐるみの付き合いをやめたくなりますね。

「私達、家族みたいなものでしょ。」と、あまりにも図々しい人は嫌がられます。

私の友人は夫婦で保育士をしていますが、「保育士ってことは子供好きだよね?私働きに出たいから、子供見てくれない?」と家族ぐるみの付き合いをしているママ友に言われたようです。

断りきれずに休日に預かったことがあるようですが、それから当たり前のように約束せず子供を預けにきたり、運動会の場所取りを頼まれるなど、雑用係のようなことを夫婦揃ってさせたれたようで、あまりに続いたためはっきりと断ったら逆ギレをされて、縁が切れてしまったようです。

縁が切れたときは、悲しくて傷ついたようですが時間がたって「あのとき、早めに縁を切っといて本当に良かった。」と言っていました。

ママ友との家族ぐるみの付き合いを辞めたら子供に迷惑はかかる?

子供を抱えてランチするママ友たち

家族ぐるみの付き合いをやめたいけど、大切な子供たちに何か影響があるくらいなら、自分が我慢をすればすむことだと考えている親御さんは意外と多いです。

付き合いをやめた途端に子供まで仲間外れにされたとかいうケースも世の中にはあるようですが、心配しなくてもそれほど多いケースではないでしょう。

あなたが付き合ってきた相手にもよりますが、そんなことをする人と今まで付き合ってきていますか?

大抵の子供をもつ親であれば、“親の問題に子供は関係ない”と考えるのが普通ではないでしょうか。

自分の子供にとっても、「〇〇ちゃんを無視しなさい。」とか、ドラマのように「○○ちゃんとは仲良くしちゃだめ。」というのは、自分の子供の教育にも悪いものです。

また、その程度の家族であれば早めに付き合いをやめて正解です。

付き合いをやめた程度で嫌がらせをするレベルの家族であれば、どこに行っても同じことを繰り返すので、あなたの家族だけが仲間外れ状態になるようなことはありません。

また、子供というのは友達を作るのがとても上手です。親が心配しなくても、子供は自分の力で自分に合った仲間を見つけていきます。

成長するにつれて、遊ぶ友達も変わっていくのが通常なので、家族ぐるみの付き合いがあった友達と離れても、最初こそ少し寂しがるかもしれませんが、またすぐに新しい友達ができます。

子供が小さいうちは親同士の関わる機会も多いかもしれませんが、子供の学年があがるにつれて、子どもたちは子供同士で遊びます。

小学3年生ごろからは、親同士が関わることもどんどん無くなっていきますので、自然と嫌がらせを受けないくらいの距離を置くこともできるでしょう。

そのため、子供への影響は過度に心配する必要はありません

一番良くないのは、親が我慢をしてストレスをため、家で悩んで暗い顔を子供に見せていることです。

好きなものは好き、嫌なものは嫌と、大人もしっかりと自分の気持ちを大切にする姿を子供に見せられるようにしましょう。

親が自分の気持ちやを大切にしていると、必ず子供に届きます。

ただ、極まれに大人も子供も関係なく、攻撃的であったり嫌がらせを繰り返すような困った人もいますので、そういう場合は学校の先生や頼れる人に相談してみることも大切です。

面倒くさくないママ友との付き合い方は?

ママ友のランチ会

大人になってから新たに友達を作る機会ってとても少ないからこそ、子供が生まれたら子育てを励まし合いながら一緒にしていけるようなママ友に憧れるかもしれません。

学校の行事でも顔見知りの人がいるというのはとても心強いものでしょう。

たまに会って子育ての悩みや、不安なことを聞いてもらったり、夫の愚痴をこぼしたり、何でもない日常のことを笑い合ったりと、きっと楽しいことも沢山あるはずです。

でも、ママ友は子供同士の関わりがあってこそ、共通の話題で楽しめるものです。

子供同士が近い環境であるからこそ、情報交換もできるありがたい存在です。

幼稚園でできたママ友も、子供同士の小学校が離れれば少し疎遠になるものです。

小学校でまた、子供同士の繋がりや学校行事に追われる中で、新たなママ友に出会うかもしれません。

でも子供が中学に上がる頃には、パートや職場復帰をする人もドンドン増えていき、親同士の関わりはほとんど無くなっていきます

子供同士が離れても、親同士意気投合していつまでも仲良くいられる関係というのは、本当に少ないです。

そのことを心にとめて、ママ友との付き合いは力みすぎず、相手やグループにしがみつくことなく、

“子供と仲良くしてくれている友達の親だから、ちょっと挨拶しておこうかな。”
“子供が宿題忘れたり、学校の行事を親に伝え忘れたりとうっかりするから、情報共有してもらえると助かるな~。”

くらいの軽い気持ちでお付き合いをすることをおすすめします。

たまに、ママ友グループでランチ会というのを開催しているところもあり、誘われて何度か参加してみるのも良いですが、自分に用事があるときや、気分がのらないときまで無理に参加する価値のあるものではありません。

付き合いが悪いと思われても、そのとき影で悪口を言われていたとしても、悪口を言っているグループに所属しているよりもきっと心は晴れやかでいられます。

一番大切なのは、自分と家族だということを忘れず、心地よいと感じられる距離感で付き合っていきましょう。

無理にグループに所属する必要は全くありません。

無理をして付き合う人とは、ずっと無理をしながら一緒にいなくてはいけなくなります。

無理をせず人と付き合っていれば、自然に無理をしなくても楽しく会話のできるママ友に出会えるでしょう。

子供にとっても、笑顔で楽しそうな親の姿が一番うれしいものですよ。

まとめ

パパママに腕を抱えられる子供

  1. 家族ぐるみの付き合いをやめたければ、やんわりと誘いを断り続けましょう。
  2. それでも誘ってくる人には、次はやんわりと誘いの連絡自体を断りましょう。
  3. 家族ぐるみの付き合いは、お互いを尊重することが大切。誘うのも断るのも自由です。
  4. 金銭感覚の違いや、上下関係をつけてくる人、失礼な人とは無理に付き合い続ける必要無し。
  5. 親同士が付き合いをやめても、子供に迷惑がかかることはほとんどないので、それほど心配しなくて良い。
  6. ママ友とは、自分が無理をしない程度の距離感で力を抜いて付き合うこと。情報を共有できる・子供がお世話になってる人に挨拶する程度の気持ちで接することがおすすめ。

いかがでしょうか。

家族ぐるみの付き合いは、無理をしてまで続けるものではありません。

子供の気持ちを心配するのはとても大切なことなのですが、案外子供よりも大人のほうが人間関係に執着をしたり、相手のことを気にしていつまでも悩んでしまうものです。

いつまでも悩んでいる気持ちは、隠していても子供にはバレバレです。

人間関係に悩んで辛そうにしている姿は、子供にとってこれからの人間関係に不安を与えるだけですので、まずは親であるあなたが自分に合う人と付き合っていけるようにしましょう。

この記事が少しでもあなたの不安を解消できれば幸いです。

【こちらも読まれています】

飲み会の断り方はこれ!ママ友に誘われた時の断り方4ステップ!
関係や付き合い方が難しいママ友。そんなに仲良くもないママ友から飲み会に誘われたらどうでしょう。できれば断りたいですよね。だってつまらなかったり、話が合わなかったり、疲れるだけの会に行くことほど無駄なことはないから。ママ友とより良い関係を保ちながら飲み会は断りたい…そんな風に思っているママたちの断り方4ステップをご紹介します。

コメント