樫山工業イルミネーション2019!駐車場はあるの?みどころやライトアップ期間は?

クリスマスツリーと夜空

冬が近づくと、街のあちらこちらが、イルミネーションできらびやかな装いになってきますね。

なかには、毎年趣向をこらした見ごたえのある作品で、冬の凍てつく寒さのなかでも、私たちを楽しませてくれるものも多くあります。

長野県佐久市の「樫山工業のイルミネーション」もそのひとつ。

県外などでは聞きなじみのない一企業が開催するイルミネーションイベントですから、ピンとこない方もいらっしゃるかと思います。

佐久では、冬の風物詩としておなじみのこのイベントをご紹介しますね。

樫山工業のイルミネーション2019を見に行きたい!駐車場はあるの?

樫山工業では、イルミネーション観賞者のための無料駐車場を完備してあります。

イルミネーションの設置場所からは80m程度の距離で、駐車台数は30台。

樫山工業からは、駐車場に進入する際には佐久平駅方面から入るように、とアナウンスされています。

最寄りのコインパーキングなどは少々遠いので、停めるにはこの駐車場を利用するしかないようです。

樫山工業イルミネーション2019!いつからいつまで?

夜空のイルミネーション

樫山工業イルミネーション開催期間は、例年11月の中旬頃から翌年2月末までです。

2018年度は、2018年11月15日(木)~2019年2月28日(木)でした。

点灯時間は16:30から24:00まで。

開始時間は、点灯式からしばらくは16:30ですが、その後1月中旬には17:00、1月末頃には17:30、と時期に合わせて変更されているようです。

そういった情報は、樫山工業のホームページ、イルミネーションガイドにその都度アナウンスされています。

樫山工業イルミネーションってどんな感じ?みどころは?

樫山工業のイルミネーションは、国道141号沿いに設置されますので、この道を通勤などで利用される方たちは、美しい光の作品群を、開催期間、毎日のように目にすることになります。

そして、楽しいのは毎年テーマが設定されること。

近年のテーマは以下のとおりです。

  • 2018年度 「雪の⼥王〜氷のお城〜」
  • 2017年度 「とびだす絵本 ~美しい四季~」
  • 2016年度 「とびだす絵本 ~妖精の楽園~」
  • 2015年度 「七色の光と音のページェント」

2018年度は6年ぶりにプリンセスシリーズを復活させたそうです。

また、クリスマスシーズンには、電球の光り方やBGMもクリスマスバージョンに変わりました。

前年までのとびだす絵本などの趣向を凝らした作品なども好評だったようですよ。

長野県下で人気のイルミネーションとして上位にのぼるのも納得です。

樫山工業の力の入れようには驚きますね。

環境への取り組みにも熱心で、25万球の環境にやさしいLEDは1時間あたり、電気代が60円程度だそうです。

2019年度はどんなテーマで楽しませてくれるのでしょうね。

2018年度イルミネーションの動画です。

よく見たらオラフらしき姿がありますよ。

イルミネーション長野県佐久市、樫山工業

イルミネーション 長野県佐久市、樫山工業

樫山工業イルミネーションの混雑予想!

ハートのイルミネーション

回を重ねるごとに認知度も高まり、土日やクリスマス近くになると混雑することがあるようです。

樫山工業のイルミネーションは、ご紹介したとおり点灯時間が深夜12時までです。

混雑を避けたいなら、少し遅めに行くなど工夫するとよいかもしれませんね。

また、クリスマスムードにはまだ早い11月のうちに足を運ぶのも得策でしょう。

くれぐれも路上駐車などはしないようにしてください。

樫山工業はどんな会社?アクセスは?トイレはあるの?

樫山工業は、「真空」を作り出す設備、真空ポンプを作っている会社です。

そんな会社がなぜイルミネーションを作るのか、それは社会貢献活動のひとつだそうです。

企画から設置まで、樫山工業の従業員の方々がされているとか。

そんな樫山工業のイルミネーションは、2018年度で既に開催14回目

すっかり、佐久の冬の風物詩としてなくてはならないイベントになっています。

ちなみに、樫山工業内のトイレは使えませんので、近くのコンビニやヤマダ電機などの大型施設で済ませるようにしましょう。

樫山工業株式会社

〒385-8511 長野県佐久市根々井1-1

樫山工業イルミネーションと一緒にスマホで写真を撮影しよう!

イルミネーションを撮るスマホ

イルミネーションって、きれいに撮るのってなかなか難しいですよね。

けれど、コツを知ればスマホでもきれいに撮れるんです

以下のポイントを押さえておきましょう。

手ブレを防ぐ

脇を締めながら両手でスマホをしっかりと固定して、親指でシャッターを押す。

確実なのは三脚を使うこと

タイマーや、リモコンでシャッターを押すとさらによい。

スマホの夜景モードを使用する

この機能がついていれば、迷わず使うこと。

スマホのHDR機能を使う

明るい部分と暗い部分を合成してくれる。

基本的にフラッシュは使わない

イルミネーション撮影にはフラッシュは不要

どうしても人物の顔が暗くなるので、イルミネーションの光をうまく活用する

または、複数で行く場合は、撮影に使わないスマホのライトやディスプレイの光を顔に当てるなど工夫する。

イルミネーションがきれいに撮れるアプリを活用する

人気が高いのが「夜撮カメラ」「Night Camera」「Camera+」などのアプリ。

それぞれ特徴があるので、試してみて好みのものをみつけよう。

ピントをどこに合わせるか決める

シャッターを押す前に、ピントを合わせたい被写体をタップ。

そうすると、スマホが自動的にピントを合わせてくれる。

イルミネーションは、真っ暗になってから撮るのもよいですが、完全に暮れてしまう前の「マジックアワー」と呼ばれる時間帯に撮影すると、またひと味ちがった趣きのある絵になります。

自分のスマホの機能を確認しながら、とにかくたくさん撮ってみてください。

また、以下のグッズがあると便利だと思います!

スマートフォン用カメラスタンドリモコン付き

自撮りにも使えて便利です。

佐久の冬は寒いです。

手袋をしたままでスマホが扱えると楽ですね。

まとめ

木々のイルミネーション

 

  1. 樫山工業のイルミネーションは、2018年度で既に開催14回目。佐久の冬の風物詩。
  2. 観賞者のための無料駐車場が近くにあり、30台駐車できる。
  3. 開催期間は、例年11月の中旬頃から翌年2月末まで。点灯開始時間は時期によって16:30、17:00、17:30。終了時間は24:00。
  4. テーマは毎年変わる。イルミネーションには環境にやさしいLEDが25万球使われている。
  5. 土日やクリスマス近くになると混雑することがある。
  6. 樫山工業は、長野県佐久市にある真空ポンプの会社。毎年のイルミネーションは社会貢献活動のひとつで、企画から設置まで樫山工業の従業員によるもの。
  7. 樫山工業内のトイレは使えない。コンビニなどの周辺の施設で済ませるようにする。
  8. イルミネーションのスマホ撮影はポイントを押さえればきれいに撮れる。

ささやかなものから大掛かりなものまで、イルミネーションにもいろいろなありますが、どれも私たちの目を楽しませてくれて、心まで癒してくれたりもしますよね。

光ってなんだか不思議な力があると思いませんか。

特にもの寂しくなりがちなモノトーンの冬には、彩りやぬくもりを与えてくれて、もはやなくてはならないもの。

ご紹介した樫山工業のイルミネーションも、毎年楽しみにされている方がたくさんいるようです。

従業員さんたちの手によって、今年は一体どんな作品を見せてくれるのでしょうね。

私もぜひ出かけてみたいと思います。

【こちらも読まれています】

白糸の滝イルミネーション2019!いつからいつまで?混雑状況は?
軽井沢の人気観光スポット、白糸の滝がイルミネーションでライトアップされる姿は、まさに幻想的。夏に行われるプロジェクションマッピングも美しいですが、冬に行われる「真冬のライトアップ」も冷たく澄んだ空気とあいまって、いっそう特別な時間を演出してくれます。
イルミネーションデートに付き合ってない女性を誘うスマートな方法は?
冬の定番デートスポットといえば、イルミネーションですね。キラキラ輝く街並みは、否が応でもロマンチックな気分になります。片思い中のあの子をイルミネーションデートに誘いたいけど…とお悩みのあなた。イルミネーションに付き合う前の女性を誘うにはコツがあります。

コメント