貸したものに時効ってあるの?時効のルールはこれだ!!

スポンサーリンク

バブル期は、株も素人がどんな銘柄でも買えば値上がりして儲けられたことがあります。なかには消費者金融から借入をして株に投資して、破産した人も多くいました。当時は投資して儲けないと取り残されるくらいの雰囲気があったのです。

さらに、友達に借金してまで投資をする人まで。そうした場合、借金には時効があるのでしょうか?

もしお金を借りて滞納したままで時効なんて迎えられたら、債権者はたまったものじゃないですよね。実際に借金の時効なんてあるのでしょうか?

今回はお金を貸した人必見!!お金にまつわる時効の話です。是非、参考にしてみてくださいね。

お金の貸し借りには時効があります

確かに時効はあるのですが、ただ一方的に時効を期待して滞納すればいいってもんじゃありません。法的にクリアにしなければならない基準があり、それをしなければ時効はないと考えて下さい。

借金には時効があります。これを消滅時効と言います。消滅時効は一定期間、権利が行使されなかった場合に、その権利が消滅することを言います。

借金の時効成立までの流れ

民法にある“時効”には「取得時効」と「消滅時効」があります。

「取得時効」とは、所有の意思を持って平穏かつ公然と他人の物を一定期間占有した場合、土地や不動産の所有権を時効により取得できる制度です。ただし過失なく善意で所有することが前提です。

長期取得時効20年、短期取得時効で10年となっています。

「消滅時効」とは特に金銭に関して一定期間経過後、権利が行使されない場合に、その権利が消滅してしまうことを言います。

つまり、債務者が一定期間返済をせずにいた場合に、債権者が何の行動も起こさないと権利が消滅するということです。

そして、そのためには「時効の援用」をする必要があります。これは借金を放棄する意思表示です。この意思表示をしなければ、時効期間が過ぎても、借金の返済義務は残ります。

さらに最終的に、借金の最後の支払いから5年以上が経過していて、時効期間中に債権者から裁判を起こされていなければ、正式に時効成立になります。

借金の時効は借入先により期間が異なる

個人からの借入は時効満了まで10年で、商取引で金融機関からの借入は5年となっています。

民法第166条には「消滅時効は権利を行使できる時から進行する」とあります。これは確定期限付き債務(返済期日がある債務)の場合、時効は返済日の翌日から進行するという意味です。

返済日の翌日から一度も返済しなかった場合を指します。

借金は逃げ得か?

では借金から逃げれば、いつか時効が成立して払わなくてすむということでしょうか?現実は違います。

「時効の中断」があるからです。これは、時効の進行を止めて時効がなかったことにする制度です。

債権者には時効を中断する請求権があります。つまり裁判です。裁判を起こせば時効は即中断されます。ただし、いきなり裁判になるというより、支払督促や民事調停などに至るケースがほとんどです。

支払督促とは債権者が簡易裁判所に申し立てを行い、裁判所が債権者に代わって支払い命令を出すことです。命令は書面で行われ、書面が届いた時点で時効が一時中断します。債務者は2週間以内に異議申し立てを行わなければ、30日以内に仮執行が行われます。

差押でも時効は中断

差押でも時効は中断されます。また訴訟や支払督促により、裁判所が債権者に強制執行の許可を出せば、債権者は債務者の財産を差し押さえることが可能になります。

差押え対象は預貯金や給与、車、不動産、高級家具、テレビなど金目の物なら全て可能です。ちなみに給与の場合は請求額を全て回収できるまで差押えられます。

時効の再開

時効が中断しても、一時的な中断の場合、その後とくに事由がなければ再び時効期間が進行します。

ただし、裁判所の請求を通じて確定判決が出されると、もともとあった時効は関係なくなり、新たに時効期間は10年が設定されます。

時効により損害を被るものはいかに時効を中断させることができるかがポイントになります。

時効の援用

時効成立には「時効の援用」が必要です。そのためには「消滅時効援用及び支払拒絶通知」を内容証明郵便で債権者に通知します。

時効がすでに成立していることを債権者に伝えるための通知となります。

まとめ

借入から時効成立までの流れを見てきましたが、いかがでしたか?

1. お金の貸し借りには時効があります
2. 借金の時効成立までの流れ
3. 借金の時効は借入先により期間が異なる
4. 借金は逃げ得ではない
5. 差押でも時効は中断
6. 時効の再開
7. 時効成立には時効の援用が必要

第4幕 6分でわかる,借金が時効になる典型例

第4幕 6分でわかる,借金が時効になる典型例

借金にも時効がありますが、債権者は時効により損害を被らないように時効を中断させることになります。借りたお金は返すの大原則です。借金も逃げ得は許されないのです。

個人間の借金も金融機関からの借金も、一度借りた以上は、「どうにかして時効にしてやろう」ではなく、まずはどうにかして返済するよう努力することです。

そして何より大事なことは返済能力がないのにも関わらずそれを超える借入をしないことです。

【こちらも読まれています】

お金を返してもらうには?知っておくべき借り手別言い方!! 
お金を友達や知り合いに貸した経験ありますか?きちんと返済してくれればいいのですが、そうでない場合貸した方はどうすればいいのでしょうか?借りた人より貸した人が気を遣い、返済をしてくれない友達に文句が言えない、その挙句、友達関係まで崩壊してしまうことってよくあるんですよ。では良い関係を崩さないで、お金の催促をする方法なんてあるのでしょうか?

コメント