彼氏の親へお付き合いの挨拶のマナーまとめ!正解の服装・挨拶例文!NG行為も!

スポンサーリンク

男性とお付き合いをしていると、遅かれ早かれ出てくるのが“彼氏の親”です。子供がどんな人とお付き合いしているのか気になるのは、どんな親でも一緒でしょう。「親が会いたいと言っているんだけど」とお誘いを受けることも珍しくないことです。

しかし、彼氏が真剣に交際を考えていると嬉しい反面、どんなに彼氏が良い人でも親に会うとなると緊張してしまいます。結婚とまでは考えていなくても、挨拶での第一印象はとても大切なものです。

大事な息子が挨拶もできない女性と交際していると思うと、親は不安です。普段のあなたがどうであれ、きちんと挨拶ができる女性であれば、彼氏からの好意もUPするはずです。そこで、彼氏の親へ挨拶に行く際のマナーやNG例、正解例を紹介します。

彼氏の親へお付き合いの挨拶!正解の服装は?

まずは服装についてです。

カジュアルな服装や、デニムなどの服装はNGです。また、露出がすぎる服装もNGです。
地味過ぎない清楚な服装が正解です。膝が隠れる丈のワンピースや、フレアスカートを選びましょう。トップスはお辞儀をした時に胸元が開いて下着が見えないようにしましょう。

派手なアクセサリーや化粧はNGです。アクセサリーは主張しすぎない物、華奢で控えめなものにします。化粧はナチュラルメイクを心がけましょう。高すぎるピンヒールやスニーカー、ブーツはNGです。ヒールがある必要はないですが、上品なものを選びましょう。

また彼氏の親への挨拶だけでなく、お家へ訪問する際には、素足ではなくストッキングや靴下を履くのがマナーです。

だらしがない髪型はNGです。派手な髪色もNGです。服装と同様に清潔感のある清楚な髪型にしましょう。顔周りをすっきりさせるアップやハーフアップにしましょう。

次に手土産についてです。

手土産は必ず持参します。手ぶらはNGです。相場はお付き合いの挨拶であれば2000~3000円です。彼氏に事前に確認し、どんなものが好みなのかリサーチしましょう。彼のお父さんよりもお母さんが好きそうなお菓子を選ぶことも重要です。

彼氏の親への挨拶で第一印象で気に入られるには?

服装や手土産をしっかりと準備していても、最初の挨拶ができなければ印象が悪くなってしまい、せっかくの努力が水の泡です。

コートや上着を着ている場合は玄関に入る前に脱いで、腕にかけます。玄関に入ったら、「初めまして、○○と申します。本日はお招きいただき、ありがとうございます。」と自己紹介とお礼を言いましょう。

緊張のあまり、小さい声でもじもじとした態度では親は不安になってしまいます。緊張していてもハキハキと快活な受け答えをしましょう。

親は自分の息子に相応しい相手か見ています。玄関を上がったら、膝をついて靴を揃えます。ドアの開け閉めは静かにする、ドタドタと音を立てて歩かないなど、親は細かいところを見ています。細心の注意を払いましょう。

彼氏の親への挨拶!お付き合いしていることをどう伝える?正解の例文!

部屋へ通されたら、まず手土産を渡します。お母さんが席に着いたら、改めて「○○さんと真剣にお付き合いさせていただいています。宜しくお願いします。」と挨拶をしましょう。

ベストなのは、事前に彼氏と打ち合わせして、紹介してもらうのが良いでしょう。その際に自分でも上記のような挨拶をします。

会話を聞いているだけでなく、積極的に会話に入りましょう。彼氏とばかり話をしたりいちゃつくのはNGです。天気や世間一般の話題が良いでしょう。明るく丁寧な言葉づかいで、会話します。

どうも彼氏のお母さんの態度が冷たい・・・・どうする?

よく彼氏のお母さんは息子を取られた!と思い、彼女に冷たい態度をとったり、付き合いを反対することがあります。また、緊張のあまり挨拶で失敗し、第一印象が悪くなってしまうことも。

挨拶に行く際には、彼氏に親についてしっかりとリサーチしましょう。性格や好きなもの、雰囲気などできる限り教えてもらいます。彼氏の「なんでもいいよ」「なんでも喜ぶよ」は信用してはいけません。具体的なものをリサーチしておきます。

彼氏との交際を続けていくならば、親との関係は重要になってきます。彼氏のフォローも大切です。冷たい態度をとられて何もフォローしてくれない彼氏では、結婚した後もフォローしてくれません。嫁姑問題のきっかけになります。

挨拶で失敗してしまったら、彼氏に改めて訪問する機会を作ってもらいましょう。「先日は緊張して失礼をしてしまい申し訳ありません。改めてお時間を頂き、ありがとうございます。」と伝えましょう。誠意を持って接してください。

冷たい態度や反対の理由がわからなければ、彼氏のお母さんの“やきもち”の可能性もあります。彼氏についてお母さんしか知らないことや、子供の頃の話などをしてお母さんと仲良くなりたいという想いを伝えましょう。

また、食事やお茶などの片づけを手伝いましょう。まかせっきりで座っているだけでなく、本当に断られるまではお母さんの指示のもとに動きます。手伝いでの立居振舞で普段の様子がわかります。息子を任せられるか安心してもらいましょう。

まとめ

1、 服装や髪型は清楚なものを、メイクはナチュラルに。
2、 手土産は2000~3000円で、お母さんの好みのものを。
3、 明るくハキハキと自己紹介を!
4、 冷たい態度でも彼氏からしっかりリサーチして挽回しよう!
5、 お母さんと仲良くなりたいアピールをしよう!

彼氏のお母さんは彼との今後の関係にも関わる重要人物です。仲良くなるに越したことはありません。緊張を乗り越えて、仲良くなれば彼への悩みも打ち明けられる強き相談役にもなります。何と言っても彼を育てた彼のエキスパートです。

第一印象であなたの魅力が伝わるよう、しっかりと事前に準備をしておけば、緊張もほぐれます。あとはあなたの頑張りと、彼氏の後押しです。二人の関係は二人で築きましょう。あなただけが頑張るのではなく、彼氏にもしっかりとフォローを頑張ってもらいましょう。

【こちらも読まれています】

外泊の言い訳!親向けのうまい言い訳3選!心配させない伝え方とは?
彼と外泊をするとき、まさか、親に向かって「今日は彼氏の家に泊まる」「彼氏とふたりで旅行に行くね」とは言えません。みなさんはどんな言い訳を使っているのか気になりますよね。 どうしたら許可がもらえるだろう、反対されたらどうしようと悩んでいる人も多いと思います。 親から許可を得るには、クリアしておきたいことがあるのです。 今回は大学生の女性が、彼との外泊を親に許可してもらう言い訳は何か、反対されたらどうするかなどを、双方の目線で紹介していきます!

コメント