PR

カラオケが死ぬほど嫌い!断り方は?カラハラとは?

取引先の相手や上司からカラオケに誘われると

  • 「歌うの苦手なんだよなぁ。」
  • 「せっかくの休みなんだから仕事の人とは会いたくない。」
  • 「そもそもカラオケの何が楽しいのかわからない。」

と憂鬱な気分になりますよね。

それでもうまい断り方がわからず、渋々付き合って嫌な思いをしたかたも多いのが事実。

でもご安心ください。

カラオケの誘いはうまく断ることが可能です!

今回はカラオケが死ぬほど嫌いな筆者が会社員時代に使っていたカラオケの断り方を伝授します!ので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね!

記事の最後にはカラオケハラスメント、いわゆるカラハラについても書いてますのでそちらも併せてご確認ください。

カラオケが死ぬほど嫌い!何が楽しいかわからない!

娯楽施設の代名詞であるカラオケですが、実はある調査によると日本人の約4割の人が「カラオケが苦手である」と答えています。

では、その両者の好きな理由、嫌いな理由を確認しておきましょう。

カラオケが好きな人

  • 「普段では出せない大声を出してストレス発散できるから。」
  • 「好きな歌手の歌を歌うとその人本人になった気分になれて嬉しいから。」
  • 「練習し始めた頃は80点くらいだった歌が90点とれるようになると達成感があるから。」

カラオケが嫌いな人

  • 「自分よりうまい人といくと劣等感があるから。」
  • 「歌うのが苦手で周りに下手だと思われていないか心配だから。」
  • 「過去に声が裏返って恥ずかしい思いをしたから。」
  • 「盛り上がりについていけないから。」

このように確認してみるとカラオケが好きな人は周りの目を気にせず楽しむことができ、カラオケが嫌いな人はどうしても周りの目が気になっているようです。

カラオケに誘われた時の断り方

それではいざカラオケに誘われたときのスマートな断り方を紹介します。

誘われる相手ごとに断り方が変わりますので、相手によって使い分けてくださいね。

会社の人から誘われた場合

「遅く帰ると妻に怒られてしまうので。」

既婚男性の場合、家での立場関係は奥様のほうが上であることが多いです。

そんな相手にとって妻を理由にするのは効果絶大です。

取引先の人

「このご時世で御社にご迷惑をおかけするわけにもいきませんので。」

「このご時世ですから。」で終わらせず「御社にご迷惑をおかけするわけにもいきませんので。」と付け加えることで、取引先のことを思っているアピールをすることもできます。

友達

「カラオケ苦手なんだよね。もしよければカラオケじゃなくて〇〇しない?」

友達の場合はしっかりと苦手であることを伝えても空気が悪くなることはありません。

せっかく誘ってくれているので、カラオケの代わりにボーリングやビリヤード、ダーツなどの他の遊びを提案してあげましょう。

ママ友

「子供のめんどうみないといけないから。」

子供のめんどうをみることの大変さを一番良くわかっている相手ですから、「大変だよね。」と言って諦めてくれます。

仕方なくカラオケに行ったときに歌うことの断り方

どうしても断りきれずにカラオケに行ってしまうこともありますが、まだ諦めるのは早いです。

ここではカラオケに行ってしまっても歌わずに済む方法を紹介します。

カラオケで歌うことの断り方

①「歌うことより聞くことのほうが好きだから気にせずどんどん歌って。」

「歌うのが苦手だ」と言うだけだと周りの人に気を使わせてしまいますが、「聞くことを楽しんでいる」とアピールすることで周りの人も気にせずどんどん歌ってくれます。

②歌うのが好きそうな人にどんどんリクエストする

カラオケの設備を使い慣れていたり見るからに歌うのが好きそうな人はリクエストされるとどうしても歌ってしまう性格なので、その人にどんどんリクエストして自分が歌うタイミングを潰してしまいましょう。

③人が歌っているときに合いの手をいれる

合いの手をうまくいれてまるで一緒に歌っている感じにしてしまえば、自分が歌う番をうまく飛ばす事ができます。

カラオケを強要された!カラオケハラスメントになる?

カラオケが嫌いな人に無理やり歌うように強要する行為はカラオケハラスメントと呼ばれます。

カラオケハラスメントは違法性が低いですが、会社の上司など立場の強い人が立場の弱い人にカラオケハラスメントをするとそれはパワーハラスメント扱いになります。

パワーハラスメントが認められれば訴えることができますが簡単にはできませんので、どうしても断りきれない場合はきっぱりと「カラオケは嫌いです。」と伝えて自分を守る行動をとりましょう。

まとめ

カラオケが好きな人は周りの目を気にせず歌に没頭することができ、嫌いな人はどうしても周りの目が気になってしまいます。

カラオケに誘われたときは誘ってきた相手によって以下のように理由を使い分けましょう。

  • 会社の人に誘われたとき → 奥さんを理由に
  • 取引先の相手に誘われたとき → コロナウイルスを理由に
  • 友達に誘われたとき → 苦手であることを伝えて代替を提案
  • ママ友に誘われたとき → 子供を理由に

どうしても断りきれずにカラオケに行ってしまったときは、聞き専に回る、歌が好きな人にリクエストする、合いの手を入れる、などの行動をとり、あくまで参加している雰囲気を出すことで歌わずにやり過ごすことができます。

タイトルとURLをコピーしました