還暦祝いのメッセージ!上司に贈るときに失礼のない文例は?プレゼントのおすすめは?

スポンサーリンク

乾杯

上司へのお祝いって緊張しますよね。

失礼のないメッセージ、プレゼントってどんなものなんだろうかと、考えに考え込んだあげく、無難なものになったり。

どうせお祝いをするのなら、喜んでもらいたいですよね。

ということで今回は、上司への還暦祝いに贈るメッセージ文例、メッセージを書く際に気を付けるべきこと、おすすめのプレゼント、プレゼントを選ぶ時に気を付けることなどをご紹介していきます。

男性、女性、それぞれの上司に向けたものをご用意いたしますので、参考になればと思います。

還暦祝いのメッセージ文例!男性の上司に贈るときの文例!

上司

文例1

還暦おめでとうございます。
とてもパワフルで若々しい〇〇さんなので、お歳を聞いた時はとても驚きました。

いつも一生懸命にお仕事に取り組み、厳しくも温かいご指導をしてくださる〇〇さんは私の憧れです。

どうか、これからも私たちを先導してくださるリーダーでいてください。
そして、たまには私たちのことも頼ってくださいね。
ご無理なさらず、ご自愛ください。

文例2

還暦おめでとうございます。

入社したての私が行き詰ったとき、〇〇さんが親身に話を聞いてくださったこと。
いまでも覚えています。
あのときのお言葉は、私の仕事をする上での大きな糧となっていました。
いつも本当にありがとうございます。

〇〇さんは、私の目標とする上司です。
どうか、いつまでもお元気に過ごされますよう祈っております。

今後も、ご指導のほどよろしくお願い致します。

文例3

還暦おめでとうございます。

これまで、〇〇さんが熱心にご指導してくださったおかげで、今の私があります。
仕事に取り組まれる姿勢に、いつも励まされてきました。
本当に感謝しております。

私も、〇〇さんのように魅力的な上司になれるよう、頑張りますね。
どうか、これからもさらなるご活躍をお祈り致します。

POINT

伝えるべきは、

  • 「お祝いの言葉」
  • 「感謝、賞賛の言葉」
  • 「身体への気遣い、今後の活躍を願う言葉」

です。

あまりにもくだけたものはダメですが、堅苦しすぎたり、テンプレすぎる内容でも伝わりませんので、日頃感じていることを素直に、エピソードなどがあれば添えるのもいいですね。

と、還暦をすぎた父が教えてくれました、父はかなりラフな人なので、固い文章は嫌だと言っていましたが、厳格な上司の場合は丁寧な文章の方がいいですね。

贈る相手の人柄をよく考えて文章を構成しましょう。

還暦祝いのメッセージ文例!女性の上司に贈るときの文例!

女性の上司

文例1

このたび、還暦を迎えられたとのこと、誠におめでとうございます。

いつもお綺麗で、年齢を感じさせない〇〇さん。
入社して以来、変わらぬやさしさと温かさで私たちのことを包んでくださったこと、ありがたく思っております。

今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。
どうか、これからもお体を大切になさってください。

文例2

還暦おめでとうございます。

いつも〇〇さんのアクティブさには驚かされております。
若々しく素敵で、向日葵のようなその人柄に、研修生の頃から何度も救われてきました。

これからも、変わらぬご指導をよろしくお願い致します。
それと同時に、これからは私も頼ってもらえるような部下になれるよう頑張りますので、見守っていただけたらと思います。

古くから、60歳は生まれ年の干支に還るということで、還暦といわれたそうです。
どうか、これから第二の人生を謳歌なさってください。

文例3

還暦おめでとうございます。

まだまだ現役の〇〇さんには、還暦祝い!といわれてもピンとこないかもしれませんね。
私も、還暦と伺ってとても驚きました。

営業の合間に連れて行ってくださったカフェ。
そこでの他愛もない会話の合間に、いつも気遣ってくださったこと。
未熟な私には、本当に有難く、助けとなりました。心より感謝しております。

いつも支えてくださり、時に厳しく、時に温かく見守ってくださっていた〇〇さん。
どうか、これからも益々のご活躍に期待しております。

POINT

こちらも男性上司に書く時と同じです。

  • 「お祝いの言葉」
  • 「感謝、賞賛の言葉」
  • 「身体への気遣い、今後の活躍を願う言葉」

を伝えて、エピソードがあれば添える。

この形式はお祝いのメッセージを使う場面に大体使えますので、覚えておくといいですね。

還暦祝いのメッセージを書く時のポイント!喜ばれるメッセージの書き方は?

手紙

そもそも還暦とは?

60歳のお祝いです。

なぜ60歳でお誕生日のお祝いでなく、還暦祝いをするのか気になりますよね。

 

もともとは中国の文化。それが奈良時代頃に日本に伝わったといわれています。

干支が一周したときがちょうど60年。

『いやいや、12年じゃん!』と思うかもしれませんがここでいわれている干支というのは十二支だけのことではないんですね。

日本でもポピュラーな

十二支(子、丑、寅、卯、竜、巳、午、羊、申、酉、戌、亥)と

十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)というものを組み合わせたもの。

これらを組み合わせていくと、60種類。

その組み合わせが一周する頃が60年なんですね。

干支が60種類をぐるっと一周してきた、つまり「生まれた時と同じ暦に還ってきた」ので「還暦」といいます。

還暦祝いのルーツがわかったところで、メッセージを書く時のポイントをみていきましょう。

  • 相手に気を使わせないように、長すぎず短すぎず。
  • お祝いなので、明るい内容にする
  • 感謝していること、相手への好意をエピソードを添えて書く。
  • 親しくしてくださってる方であっても、上司なので、失礼のないように。

では、上記を踏まえた上で喜んでもらえる書き方もポイントでご紹介します。

①若々しいこと・いまだ現役で頑張れるパワフルさを賞賛する

60歳を迎えてもなお活躍し続けるその姿は、素晴らしいの一言。

そういった方は、見た目も気持ちも若々しい方が多いように感じます。

「若い」という点を褒めてもらえるのは、歳を重ねれば重ねるほどに嬉しいものですよ。

②体を気遣う言葉をいれる

とはいっても、ご高齢であることに変わりはありません。

ご本人も健康には気を使っていることと思いますので、気遣いの言葉をいれることで、温かさも伝わり、嬉しさ倍増です。

③頼りにしてます!の一言で必要とされていると感じてもらう

還暦を期に引退を考えていらっしゃる方も少なくないです。

「まだ現場にいたいけれど…」「潮時なのかな」と、まだ働いていたいけれども、と悩んでいらっしゃる方にとって

「これからもご指導のほどよろしくお願いいたします」「頼りにしています」

の一言で、まだまだ頑張らなければ!と、思っていただけることでしょう。

メッセージを贈る際のマナーは?忌み言葉ってなに?

バツの札を上げる男性

お祝いのメッセージを書くときに、書いてはいけない言葉。

NGワードのことを「忌み言葉」といいます。

これを使ってしまうと、他の文面がどんなに素晴らしくても台無しになってしまいますので気を付けましょう。

還暦祝いなどの忌み言葉はこちらです。

倒れる、病む、苦しむ、終わる、果てる、衰える、失う、死、老い、折れる、寝つく、ボケる、痛む、散る、弱る、萎える、途切れる

このほかにも四は死を、九は苦を連想させるので使わないようにしましょう。

男女別!上司への還暦祝いにおすすめのプレゼント!

ギフトボックス

せっかくのお祝いですので、メッセージだけでなく贈り物もしたいですよね。

男性上司にはどんな贈り物が喜ばれるのか、いくつかご紹介させていただきます。

ちなみに私の父、義父も数年前に還暦を迎えましたので、今回は父にどんな物が嬉しいか聞いてみました!

参考になれば幸いです。

焼酎サーバー

私が義父の還暦祝いにプレゼントをしたものです。

焼酎大好きな方には、大ヒット間違いなしです!

いまでも愛用してくださっているようで、にこやかに注いでいらっしゃいます。

男性ってこういう機械的な?もの好きですよね。

 

ゴルフグッズ

60歳を過ぎてもまだまだ健康的に運動を楽しんでいただきたいもの。

ゴルフを嗜む方に、還暦仕様のグッズを贈ってみませんか?

鮮やかな赤いボールは、ホールでも注目を浴びること間違いなし!

ネームプレートもおしゃれで若々しいデザインですね。

 

似顔絵メッセージ

こちらは父のおすすめです。

似顔絵でなくとも、メッセージの入れられるものは、やはり嬉しいそうで

部下からこんな風に思ってもらえていたんだと、温かい気持ちになると言っていました。

お金をかけずとも、色紙とかでも可だと。

仮に還暦を迎えて退職することになったら、そのメッセージの贈り物は一生の宝物になるなぁ。

としみじみ語っていましたね。

長く同じ会社に務めた方にとって、職場の人たちというのは、家族よりも長い時間を過ごしているぶん、思い入れが強いのかもしれませんね。

 

 

では続いて、女性上司におすすめの贈り物もみてみましょう!

プリザーブドフラワー

女性はいくつになってもお花が好きです。

プリザーブドフラワーであれば長く楽しむことができるので、プレゼントにおすすめです。

真っ赤なバラをあしらった贈り物で、お祝いするのはいかがでしょうか?

 

名入れカップ

温かいお茶でほっと一息。

そんな時の必需品であるカップ。

リラックスタイムのお供になってくれることでしょう。

上品な赤色のカップには、名前やメッセージを入れることができます!

 

名入りポエム

贈り物でいただけたら嬉しいものランキング上位に食い込んでくる、名入りポエム

男女問わず喜ばれますよね。

自分で購入するものではないので、やはり貰うと嬉しいものです。

文章の確認もきちんとしてくださるので安心ですね。

さきほどご紹介した似顔絵メッセージの時と同様に、こういった形に残り、尚且つ部下からの思いが伝わるものというのは、心にグッとくるものがあるのではないでしょうか。

想像しただけで胸が熱くなりますね。

 

 

このあとお話しますが、還暦には赤いちゃんちゃんこを贈る風習があったのですが、最近ではそれも少なくなってしまったため、『赤い』なにかを贈ることが多いようですね。

ですが、赤にこだわることなく、ご本人が喜んでくれそうなものを贈るのが一番です。

父も「行事を大事に思うのは大切やけど、それで似合いもせんもん贈られてもなぁ」と話していたので、チョイスは慎重に。

事前にリサーチをしておくことも大切ですよ!

選んではいけない!気をつけるべきNGな贈り物は?お祝いのタイミング、値段相場は?

バツをする黒子

さきほど、メッセージでもNGがあるとお話しましたが、贈り物にもNGなものがあるのでご紹介しておきますね。

NGな贈り物

苦、死などを連想させる花

菊、椿、シクラメンなどが有名ですね。

お花を買う際は、店員さんに「還暦祝いで贈る」ということを伝えておくといいですね。

くし

苦と死のダブルパンチでアウトです。

お茶

葬儀の際に、香典返しで使われることが多いためアウトです。

靴・靴下

目上の方に「踏みつける」という意味になってしまうのでだめです。

そのほかにもマットなども同様にやめましょう。

眼鏡グッズ

老眼鏡などから老いを連想させてしまうのでだめです。

(ちょっと気にしすぎのような気がしないでもないですが…)

老化防止!ボケ防止!をうたったグッズ

パズルや塗り絵、脳トレグッズのようなものですね。

良さそうな感じがしますがアウトです。

時計

時計は退職祝いのときもだめです。

身内であっても失礼な贈り物なので気を付けましょう。

昔は赤いちゃんちゃんこが定番だった

還暦祝い

還暦祝いの贈り物では赤いちゃんちゃんこを贈る習慣がありました。

赤には魔除けの効果があるので、昔は産着に赤が使われていたからです。

さきほどもお話しましたが、還暦というのは「産まれたときと同じ暦に還ってくる」こと。

赤ちゃんに還る、ということから還暦には、赤のちゃんちゃんこを贈るのが定番だったんですね。

ですが昨今の日本は高齢化社会。

この習慣もなくなりつつあります。

「赤のちゃんちゃんこはなんだか恥ずかしい」
「いまでも現役で頑張っているのに年寄り扱いされるのは嫌だ」

と思われる方が増えたからなんですね。

私の父や、お世話になっている方々を見ても、最近の60代の方は本当に若々しいです。

「おじいちゃん・おばあちゃん」と呼べないくらいです。

ご本人たちも年寄り扱いされるのは嫌かと思いますので、お歳なので…といった扱いをするのは絶対にやめましょうね。

自分が同じ立場になったときに、老人扱いされたら嫌ですよね。

口では「もう若くないから~」とは言いますが、本心では若くいたいと思っているものです。

なので、あまり還暦!というくくりにこだわらずに、ひとりひとりに合わせた贈り物を選びましょう。

お祝いをするタイミングは?

最近では誕生日にお祝いするのが主流です。

ですが、当日が難しいようであれば、なるべく誕生日付近にするなどして計画しましょう。

上司への贈り物の金額相場は?

相場といっても、相手との関係性、立場によって大きく変動はありますが、一般的には5,000~10,000円が相場です。

贈り物というのは気持ちですので、あまり気にしなくていいと思いますが、かといって安すぎるのは失礼にあたります。

高すぎても気を使わせてしまいますので、やはり相場くらいがいいですね。

現金を包む際は必ず奇数、言わずもがな4と9は避けましょう。

祝儀袋も必ず使いましょう。

ですが、現金や金券はあまり好ましくないので、できれば避けたいところです。

まとめ

 

  • 上司へのメッセージは長すぎず短すぎず
  • 日頃お世話になっている感謝の気持ちをエピソードつきで書くのもよい
  • 若々しくいらっしゃることを賞賛する・いつまでも健康でいてほしいことを伝える
  • どんなに親しくしてくださってる方であっても、失礼のないようにする
  • 還暦とは60歳のお祝いでルーツは干支
  • メッセージを書く際は忌み言葉に気を付ける
  • 贈り物もNG品に気を付ける
  • 還暦というくくりにとらわれず、ご本人の好みに合いそうなものをチョイスする
  • 金額相場は5000~10000円、現金金券は避ける!
  • いままでのお礼を伝えるいい機会でもありますので、難しく考えず気軽な気持ちでお祝いして みてくださいね。

若いころって60歳!還暦!と聞くと、ご老体って感じがしていました。

しつこいようですが、最近は本当にそんなことはなく、美意識も高いですし、健康への意識も高い方が本当に多いです。

いつまでも若々しくいらっしゃる方は、本当に憧れますよね。

そして、還暦をお祝いしてもらえるような上司さんは、きっと人望が厚く素敵な方なんだろうと思います。

たくさんお世話になったことと思いますので、感謝とこれからの健康を心から願いながらお祝いしてみてくださいね。

私もそんな60歳になれるようにいまから頑張ろうと思います、切実に(笑)

【こちらも読まれています】

食事の誘い方例!上司へスマートな誘い方は?先輩・取締役クラスには?
上司を食事に誘うコツって、なんでしょうね。上司に声をかけるときは、誰でも緊張するもの。一体どんな風に切り出せばいいのか、勝手にお店を決めてもいいのか、わからないことだらけです。この記事では、そんな悩みを抱えるあなたが「上司をスマートに食事に誘う方法」を紹介していきますよ。

コメント