彼女の両親へ結婚の挨拶例文集!挨拶シーン別の挨拶例文まとめ!

スポンサーリンク

結婚が決まった二人が、最初に取り組むべき課題が両家への結婚挨拶です。一般的に女性の両親に男性が挨拶に出向くのが先とされています。一大決心で臨んだプロポーズに成功し、大いに喜んだのも束の間、男性には次なる緊張の瞬間が訪れます。

 

彼女のお父さんに挨拶するという場面を思い浮かべただけでも緊張してしまいますよね!

 

第一印象がよいと何事も好意的に受け止められやすいので、両親への挨拶がうまくいけば、結婚までの道のりもその後の結婚生活も大いに有利になるといっても過言ではありません。また、彼女のご両親にとっても、結婚挨拶は娘の結婚相手は信頼出来るかを見極める大事な場面ですから、男性の一挙一動に注目が集まります。

 

男性にとっては、もしかしたらプロポーズよりも緊張する場面かもしれない、結婚に向けての一大イベント!慣れない場所や普段と違う緊張感でうまく結婚の話が切り出せなかった!という失敗談もよく聞きます。

 

『結婚の挨拶』というけじめの瞬間を、スマートに印象良くクリアしたいあなた、結婚挨拶までの流れや訪問する際の具体的な挨拶例文をまとめてみましたので、事前にシュミレーションしておくことをオススメしますよ。

結婚の挨拶までの流れは?マナーは?

プロポーズ承諾→自分の両親へ結婚報告→女性の両親へ結婚挨拶→男性の両親へ結婚挨拶

 

二人の結婚の意思が固まったら、出来るだけ早い時期に互いに自分の両親へ結婚報告をします。プロポーズ後1ヵ月前後が目安です。

 

家族に関わる大事な話なので、会うのが難しければ、メールやLINEではなく、電話で直接話すようにしましょう。

 

男性が自分の親に改まって結婚報告をするのは照れくさいかもしれませんが、「結婚しようと思っている」「紹介したい人がいる」などとシンプルに伝えましょう。

 

二人で挨拶をする前に、相手のプロフィール(年齢・職業・出身地・家族構成・学歴・出会いの経緯など)もある程度知らせておきましょうね!

その後、女性の両親へ男性が出向いて結婚の挨拶をします。親の都合に合わせて、訪問の1ヵ月前~2週間前までに日程調整をしましょう。挙式を考えている場合には、結婚式を行いたい日程の1年~8ヵ月前位には済ませておくとよいでしょう。

 

結婚の承諾を得るために訪問するのですから、食事や家事の時間を外して、13-14時頃から2時間程度を予定しておくとベストです。

 

結婚を認めていただく場ですので、男性の服装は誠意が伝わるよう、清潔感のあるスーツやジャケットを選び、社会人として常識的な身だしなみを整えて臨みましょう。襟や靴の汚れも意外と目立ちますので、よくチェックしておきましょうね。

 

二人のために時間を割いていただくので、手土産は必ず持参すること。予算は3000円未満で、事前にご両親の好きなものを聞いて準備しておきましょう。互いの実家が離れているような場合は、自分の地元の特産品などを用意すると、自己紹介の話にも繋げられますよね。

結婚の挨拶をするために彼女の家に到着、玄関での挨拶文例

大事な結婚の挨拶の場ですから、遅刻は厳禁!!早すぎる到着の先方の準備は間に合わない場合もありますので、基本的に訪問予定時刻の5分前をめがけて訪問しましょう。電車が事故で遅れている、予想外の渋滞にハマってしまったなどでやむを得ず5分以上遅刻する場合には、必ず連絡を入れましょうね。

 

では、いよいよここから彼女のご両親への結婚挨拶の始まりです。

 

<玄関先にて>

彼女から紹介を受けたあと

 

「はじめまして。〇〇と申します。△△さんにはいつも大変お世話になっております。本日は、お時間ちょうだいしありがとうございます。よろしくお願いします。」

 

「こんにちは。本日はあらためて結婚のご挨拶にお伺いしました。お忙しい中時間を割いて下さりありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。」

 

玄関先では、初対面なので、簡潔ながらも礼儀正しく!緊張の瞬間ですが、第一印象が決まる一瞬ですので、姿勢よく丁寧な言葉遣いを意識します。正式な挨拶は部屋に通されてから、改めて行いましょう。

 

部屋へ案内される際には、靴を揃えて上がることを忘れずに!

<部屋に通されたとき>

部屋に入ったら必ず下座に座るようにし、全員揃ったら再び挨拶します。

 

「あらためまして、△△さんとお付き合いさせていただいている〇〇と申します。本日は忙しい中、お時間作っていただきありがとうございます。」

 

ここで手土産を差し出します。渡すときは紙袋から出し、
・「甘いものがお好きだと伺いましたので、お口にあうといいのですが」
・「私の地元の名産品で非常においしいので、お気に召すと嬉しいのですが」
などと付け加えましょう。

 

挨拶が済んだら、いきなり本題に入るのではなく、自己紹介を兼ねて、しばらく雑談を。質問されたことには、出来る限りはっきりと誠実に答えることで、相手の信頼感を得ることが出来ます。

 

※想定される質問は?
・どんなお仕事なの?転勤は?
・休日はどのくらいあるの?趣味は?
・地元はどの辺り?
・ご両親は何をされているの?
・ご兄弟は?

 

逆に彼女のご両親のプロフィールも事前に聞いておくと、共通の趣味や好きな食べ物などを通じて話が広がり、緊張の場が和みますよ!

両親と対面。結婚の挨拶文例

ある程度雑談が進み、場が和んだタイミングで、男性から改めて結婚の承諾を得るための挨拶の言葉を切り出します。
※誠意を示す局面です。促されてからではなく、必ず自分から切り出しましょう!

 

「実は、本日は△△さんとの結婚をお許しいただきたく、お伺いしました。先日、私からプロポーズさせていただき、ご本人から承諾を得ることができました。まだまだ未熟者ではありますが、△△さんとお二人のような温かい家庭を築いていきたいと思っています。私たちの結婚をお許しいただけますでしょうか。」

 

「本日は、△△さんとの結婚についてお話を聞いていただきたくご挨拶に伺いました。△△さんとは、1年前からお付き合いさせていただき、これから先の人生を共に歩んでいきたいという思いを強くしました。△△さんとの結婚を認めていただけますでしょうか。」

 

既に交流があり親しい親御さんであっても、ケジメの場面ですので、ご両親の目をしっかり見て誠意を持って伝えるようにしましょう。

 

※言ってはいけない言葉は?
・いきなり「お父さん、お母さん」と呼ばない
結婚の承諾をもらう前から、お父さん・お母さんと呼ばれると、「まだ認めていない、君の親ではない」と不快感を持たれることも。「△△さんのお父さま、お母さま」と呼びましょう。

 

・「お嬢さんをください」
ドラマであるような「お嬢さんを下さい」という表現は、「娘をモノ扱いされた!」と反感を買いかねません。

 

・「結婚を決めました」
いくら本人同士の意思が固まっていても、あくまでも結婚の承諾を得るために挨拶に伺っていることを忘れずに。

 

※言ったほうがいい内容は?
「結婚を認めてください」という真剣かつ明確な言葉で伝えることが重要!

 

「これからも仲良くしていきたいと思います」「長く付き合っていけたらと思います」などと結婚の意思がはっきり伝わらないようでは、訪問の趣旨がわからず、相手の両親を困惑させてしまいかねません。

彼女のお父さんが不機嫌に・・・どのように場をもたせる?

・シュミレーションして臨んだけど、やはり当日は緊張しまくって、シュミレーション通りに会話が出来ず、お父さんが不機嫌になってしまった
・そもそも結婚に反対されていて、結婚挨拶しても不機嫌なままだった
などなど、張り切って臨んだ挨拶で不穏な空気になってしまうこともあるでしょう。

 

「一度は反対して男性の反応を見る」というお父さんもいらっしゃるそうですよ!そのような場面では、一旦引き下がりましょう。

 

動揺するのが当然ですが、そのような場面でも明るく礼儀正しい姿勢は崩さず、時間を作っていただいたことへの感謝を伝えることが出来れば、場の空気が読める真摯な男性だと受け取っていただくことも出来ますよ。

 

お母さまが好意的な場合には、お母さまと歓談することも考えられますが、一家の長であるお父さまを差し置いて会話を進めると、尚更印象が悪くなりかねませんので、お父さまの心情を察して行動するように心がけましょう。

 

男性の振る舞いが気に入らなかった、経済的に不安だ、家庭環境が気になるなど、不機嫌になる理由はさまざまです。その場で感情的に議論したり、解決しようとせず、彼女と対処法を相談しながら時間をかけて人間関係を築きましょう。

 

何度も面会を重ねることで、結婚を認めてもらうことが出来たという人もたくさんいますので、安心してくださいね。

まとめ

●結婚が決まったら、プロポーズの1ヵ月前後を目途に自分の両親へ結婚報告。先に女性の両親に男性が出向いて結婚の挨拶を。結婚式の8ヵ月前までには済ませたい。

●清潔感のあるスーツやジャケットを選び、手土産を忘れずに

●玄関先では、彼女からの紹介を受けたあと、簡潔かつ丁寧な挨拶を。

●部屋に通されてから、改めて挨拶と自己紹介をし、しばし歓談。本題に入りにくくなるので10~20分くらいが目安。

●結婚の承諾を得るときは男性から。「結婚を認めてほしい」という真剣かつ明確な意思が伝わるような言葉で伝えることが重要!

●ご両親が不機嫌になってしまった場合には、時間を作っていただいたことへの感謝を伝え、一旦切り上げる

 

第一印象の約9割は「身だしなみ」と「言葉遣い」で決まります。

 

既に面識のあるご両親だったとしても、結婚を認めてもらうというケジメの挨拶ですから、清潔感のある服装と言葉遣いを意識的に心がけ、第一印象で安心して娘を託せる相手だという印象を得たいものですね。

コメント