彼女の鼻から鼻毛が!傷つけずに教えてあげるには?そもそも指摘してもいいの?

彼女

彼女の鼻から鼻毛が!そんな場面に出くわしたとき、大体の人は教えるべきか悩みます。

「教えたら傷つくかもしれない」「恥ずかしい思いをさせるかもしれない」「何より言いにくい!」そんな思いがよぎりますよね。

私は、彼氏に対しては遠慮なく指摘することができるのですが、女友達に対してはやはり同じように感じます。デリケートな問題なので、慎重になってしまいますよね。

先に結論を言いますが、絶対に傷つけないとは言い切れませんが、相手のことを考慮してつたえれば、傷を最小限に伝えることはできます。

今回は、私ならこう指摘されたいという、女性目線でどうしてほしいかを交えて以下の点についてご紹介いたします。

  • 彼女の鼻毛を傷つけずに教えるにあたって考慮すべき3点
  • 傷つけずに教える方法3選
  • 指摘してもいいのか?しないとどうなるのか?

難しく考えてしまいがちですが、「相手のことを思いやる気持ち」をもって考えると、すんなりいきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

彼女の鼻毛を傷つけずに教えるにあたって考慮すべき3点

クエスチョン

教えるために考慮しなければならないことが3点あります。

「彼女の性格を考慮すること」と「どれくらいの関係性なのか」それを踏まえたうえで「伝え方」を考える必要があります。

恥ずかしがり屋さんなのか?

男勝りなサバサバさんなのか?

怒りっぽいのか?

プライドが高いのか?

彼女といっても様々な性格の人がいますので、お相手の性格を考えたうえで伝えると、傷つけることを防げます。

そして、どのようなお付き合いの仕方をしているのかも重要です。

付き合ったばかりで、まだお互いのことを深く知らないカップルと長年一緒にいるベテランカップルでは、伝え方が大きく変わってきます。

では、以上のポイントを踏まえた上で、どのような伝え方があるのか見ていきましょう。

今回は5つご紹介しますね。

傷つけずに教える方法1:ストレートに伝える

男女

いちばんわかりやすくて伝わる方法です。

ただ、言い方には気をつけましょう。

 

【良い例】「出てるから直しておいで~」と、鼻を指して教えてあげる。
【悪い例】「鼻毛でてるんだけど(笑)恥ずかしいから直しておいでよ(笑)」

 

指摘された時に「恥ずかしい」と相手に思わせないようにすること

「自分は気にならないよ、受け入れるよ」というオーラを出しながら伝えるのがいいですね。

変に意識せずに、あっさり伝えることで彼女にも「そんなに気にしてないのかな?」と感じてもらうことができます。

悪い例のように、デリカシーのない伝え方をすると、相手を傷つけるばかりか、怒らせてしまいますので気をつけましょう。

こんなカップルにオススメ!

付き合った期間 長め
彼女の性格 サバサバ・器が大きい

 

傷つけずに教える方法2:鏡を見せる

鏡

まずはこちらをご覧ください。

鼻毛ではないにしろ、これは私の中の模範すぎる模範解答です(笑)

取ってるところが見えないように、手で隠してくれているのがポイント

さらに、引く様子もなく微笑んでいるところもいいですね。

こんな対応を彼氏にしてもらったら、恥ずかしい気持ちはありつつも、むしろキュンってします!

ぜひお試しあれ。

こんなカップルにオススメ!

付き合った期間 すべて
彼女の性格 恥ずかしがり・おとなしめなタイプ

 

傷つけずに教える方法3:トイレに向かわせる

トイレ

手鏡をもってないときに、有効な方法ですね。

「ここ何かついてるかも?ホコリかな?トイレの鏡でみておいで」

という風に伝えることで、彼女が鏡をみて出ていると気づいても「あの言いかたなら鼻毛とは気づかれていないかもしれない」と思わせることができます。

それであれば彼女も恥ずかしくないですよね。

まつげやマスカラ理由に「まつげ(マスカラ)がついてるかも」と伝えるのも、さりげなくて有です。

こんなカップルにオススメ!

付き合った期間 すべて
彼女のタイプ すべて

 

そもそも指摘してもいいものなの?指摘しないとどうなる?

落ち込む彼女

ここまでに3パターン紹介しましたが、実際にその場に出くわしたとき、指摘してもいいものなのか、躊躇ってしまいますよね。

「やっぱり伝えたら傷つけるかもしれない」「伝える側としても勇気がいる」

そう思ってしまう気持ちもわかります。

では、自分が指摘しなかったらどうなるのかを想像してみましょう。

まず、彼女の鼻から鼻毛が出たまま歩くことになりますので、誰かに気づかれて笑われることが考えられますよね。

そして、彼女が帰宅して鏡をみたとき、またはご家族に指摘されて気づいたとき。

この瞬間に彼女は、一気に恥ずかしさがこみ上げてきますし、その状態で彼氏の前にいた自分に落ち込みます。

彼女の性格によっては気にしない方もいらっしゃいますが、主なパターンとしては

  • 落ち込む
  • 羞恥心でいっぱいになる
  • 教えてくれなかったことに怒る

このような心境になります。

私は落ち込むタイプなのですが、気づかずに彼氏と一緒にいた自分に落ち込むのはもちろん

「教えてもらえなかったってことは、引かれちゃったかな?」

「嫌われちゃったかな?」

と気になってその日は眠れなくなります。

では、一般的なマナーとしてはどうするべきなのでしょうか?

ビジネスマナー講師の方のご意見では「教えてあげるのが優しさ」とのことです。

私も同じように感じます。

言いにくい気持ちはもちろんありますが、世の中の言いにくいことって、大体教えてあげないとその後、本人自身が気づくか、他のひとに指摘されて傷つくことが多いです。

今回の鼻毛しかり、口臭、体臭しかり。

「言いにくい!伝えるの躊躇う!」と感じるということは、相手が傷つくかもしれないということを考慮できているということなので、あとは言葉に気をつければ、きっとお相手にも「優しさで教えてくれたんだな」と伝わります。

ましてや、恋人同士なのですから、相手のことを思って伝えてあげましょう。

まとめ

 

  • 彼女の鼻毛を指摘するときは性格・関係性・伝え方を考慮する
  • 考慮した上で、最も傷つかなさそうだと思う方法で伝える
  • デリカシーのない伝え方はNG
  • 指摘しないと、後々彼女が恥ずかしい思いをしたり、落ち込むことになる
  • ビジネスマナー上も教えるのが優しさとしている
  • 思いやりをもって伝えればあなたの優しさは伝わります。言いにくいことだからこそ、恋人のあなたが伝えてあげましょう。

 

恋人関係であったとしても、言いにくいことはありますよね。

でもその壁を乗り越えることで、より信頼関係が産まれたりもしますので、お相手のことを思って伝えてみましょう。

コメント