看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選とアドバイス!

スポンサーリンク

PC前で考える看護師

全国の看護師の皆さん、毎日お疲れ様です。

看護師も5年目となってくると、もう中堅と呼ばれる病院も多いのではないでしょうか?

どこの病院も人手不足なので、とても大切な人材のはずですが、先輩からの当たりはキツイし、後輩指導も大変。

委員会の仕事もあるし、「このまま看護師を続けてもいいのかな」と悲嘆している5年目看護師さんはいませんか?

私は看護師10年目ですが、皆さんと同じ様に何度も辞めたいと思う場面がありましたが、10年目を迎えました。

「3年目、5年目がターニングポイント」なんて聞きますが、今回は10年看護師を続けている私が、5年目の時どう思ったか、お伝えしていきたいと思います。

まず、5年目の看護師が辞めたくなる理由として、

  1. 後輩指導が辛い。
  2. リーダー業務が辛い。
  3. 人間関係が辛い。
  4. 委員会などの仕事が辛い
  5. 周りの結婚、妊娠報告を聞いて焦っている。

などがあるのではないでしょうか?

他にも自身の結婚、妊娠などのライフイベントで辞める人や精神的に病んでしまった場合、思い切って転職する人など様々な理由があると思いますが、今回は5年目に特徴的なものではないかなーと思う上記の5つについて、自分はどう乗り越えたのか、お伝えしたいと思います。

看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選 その1:後輩指導が辛い

若葉マークを持った看護師

5年目の中堅となると新人さんの技術指導の中心になるのではないでしょうか?

私が参考にした本を紹介します。

パッと見てわかる・チームで支える新プリセプター読本 改訂2版: パスワード付きシートがダウンロードして使える

 

新人・後輩ナースを教える技術50―ナビトレ教え方力UP!だれも教えてくれなかった! (Smart nurse Books)

「人を育てる」というのはとても大変な作業です。

教科書どおりにはいかないので、その都度、経験のある先輩に相談していました。

相手に分かるように伝えるにはどうすればいいのか、どういった手順、伝え方がいいのか。

教える相手や状況によっても変わってくると思います。

どの職業についたとしても後輩指導は必要な技術です。

また、大変な作業だけれども、自分も成長できる機会だと思います。

「こんな言い方は嫌だった」
「みんなのいる前で指導されたのは、辛かった」
「こんな伝え方が分かりやすかった」

など自分が新人の時はどうだったかなと振り返ると指導のヒントがあるように思います。

看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選 その2:リーダー業務が辛い

電話する看護師

5年目となるとリーダーもこなせるようにはなってくるけど、その責任の重さに疲れていませんか?

リーダー業務をしていると、自分よりもキャリアも年齢も上の先輩にも支持を出します。

それが、リーダーの仕事だとはいえ、頼みにくい人や状況もありますよね。

私が先輩に言われてショックだったのは忙しい日でしたが、緊急入院があり、どの人も忙しいので、頼みづらいなぁと思いつつ、まだ業務的に余力のある副師長さんに緊急入院を依頼しました。

「リーダーのあなたが取れっていうなら取るしかないよね。」という返事をされ、「どう考えてもあなたしかいませんけど。」と心の中で思いながら「お願いします」と依頼しました。

こんなこと日常茶飯事。

この時は、自分は後輩のリーダーに絶対こんなことは言わないようにしようと思いました。

以前、ネットニュースで見たのですが、イライラした時は

「この人は前世ゴキブリか何かだったから、こんなに思いやりのない、浅い人間なんだ。
人間1回目だからしょうがないよね。」

と考えている、という意見があり、そう考えると少し気持ちにゆとりが生まれるので、私もこれを知ってからは、そうやって視点や考えを変えて気持ちを落ち着けるようにしています。

Twitterにも同じ様につぶやいている人がいました。

他には、看護師の本だけではなく、ビジネス書も読みました。

「ついていきたい」と思われるリーダーになる51の考え方

 

働く君に贈る25の言葉

どの業界でも中堅、リーダー層になってくると大変ですね。

業界は違っても考え方は同じなので、とても参考になります。

看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選 その3:人間関係が辛い

怒る看護師

男性看護師が増えてきているとはいえ、女の職場

いろいろありますよね。

5年目と年数を重ねてきたからこそ分かる人間関係。

やはり男性看護師が増えたとはいえ、女の職場。

1年目や2年目は先輩の言う事に「はい!」と返事するしかなかったけれど、自分の看護、考えがあると他の人とぶつかることもあると思います。

また、「これってどうなの?」と疑問の思うことや、段々周りが見えて「あの人さぼってばっかり」なんてことが目についたり。

対人関係で困ったとき、私は

「ナビトレ ナース必修対人力を磨く22の方法―みなっち先生の人間関係すっきりセラピー (Smart nurse Books)」

の本を読みました。

 

あるあるなケースが沢山書いてあり、読むと、なるほどーとなります。

人には様々なバックグラウンドがあり、それゆえ考え方、価値観も異なります。

そのことを理解して、相手のことを考えると、どうしてそういう行動をしたのかということが少し理解できます。

人を変えるより、自分の考えを変えましょう。

他には「嫌われる勇気」など、自己啓発系の本などを読みました。

 

看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選 その4:看護研究・委員会などの仕事が辛い

頭を抱える看護師

2年目3年目は部署内の役割が大きかったですが、今度はICTや褥瘡委員会など、病院全体に関わる委員会に所属したり、責任が大きくなってきます。

委員会は病院によっては日勤中に開催されることもありますが、勤務終了後に設定されている病院も多いと思います。

会議に参加するだけでなく、病棟に持ち帰って情報を収集したり、病棟の課題を改善したり、会議の議事録を作成したりやらなければならないことは沢山あります。

また、厄介なのが看護研究ではではないでしょうか?

看護研究の担当になると休日や夜勤明けもメンバーで集まって話し合いをしたり、勤務時間外の仕事が増えます。

私は、看護研究自体は楽しかったですが、労力の割に給料が増える訳ではなく、不本意に研究メンバーに加えられたらとても苦痛だと思います。

看護師を辞めたい!5年目ナースが辞めたくなる理由5選 その5:周りの結婚、妊娠報告を聞いて焦っている

てをつなぐカップル

看護師5年目となると、大学卒業が22歳だとすると27歳。

そろそろ結婚なども考える時期ではないでしょうか?

結婚して辞めていく先輩もいるし、後輩にも結婚する子がちらほら。

地元の友達はもう子供もいる!今の彼氏とどうする?そもそも彼氏のいない自分はどうする!なんて焦っていませんか?

看護師は夜勤があるぶん、お給料が良いので、結婚しなくても1人で生きるぶんは稼げます。

私は「このまま楽だし1人でもいいかなー」なんて思う日もありましたし、美人なのになんで結婚してないんだろうと思う先輩は沢山いませんか?

独身を謳歌する人生も否定しません。

結婚して子供がいたほうが苦労も増えますが、人生の彩りが増えるように思います。

楽しみを家族で分かち合うって良いことだと思いますし、子供の成長を見るのはとても楽しいので結婚して良かったなと思います。

看護師の皆さんはもう十分理解していると思いますが、35歳以上の初産はリスクも大きくなりますし、ダウン症の発生率も増えます。

結婚や出産には適齢期があると思うので、子供が欲しいなぁと思うのであれば、しっかり婚活する時期も必要だと思います。

彼氏がいた方が仕事にハリが出るというメリットもあると思います。

また、妊娠が分かり、つわりが酷いと、このまま辞めたいと思いましたが、辞めずに育児休暇を取って良かったと思います。

1人目の時は、こんなに動いても大丈夫かな?など不安になることもあるし病院に勤務すると時期によってはインフルエンザの人も多いので、出勤するだけでもリスクだなーなんて思っていました。

1人目はつわりが酷かったのでとても辛く、もう辞めたいと何度も思いましたが、育児休暇中は休みながらもお給料が6~5割もらえるので、とてもありがたいです。

また、妊娠中に「私の出産のときはね」など先輩から話を聞けるのもとても参考になりました。

子供がいて思うのは、総合病院などの大きな病院の方が、院内に保育園があったり、夜勤免除や時短勤務を取りやすいのではないかと思います。

クリニックは18時まで開院し、終了時刻が19時となると保育園のお迎えが遅くなってしまいます。

なるべく定時で終わる部署に配置換えしてもらうこともできます。

看護師の5年目の現実とは?

パソコン操作する看護師

看護師5年目ではまだ役職になることはないと思います。

日々の仕事の中でリーダーという立場になり、病棟全体を把握したり、新人のフォローや業務調整、医師からの指示受けなどの仕事を行います。

3年目プリセプターをフォローしながら、1年目の技術指導や技術チェックをします。

病院によってはラダーを導入しており、課題提出があるため、自身の書類提出もありますが、後輩の分をチェックする必要もあります。

チームナーシング制の病院では1年間のチームのリーダーとしてチーム目標に向かってチームをまとめる必要があります。

また、委員会への出席、各委員会内での課題解決に取り組む必要があり、日々の業務の責任も増えるだけでなく、他の仕事も増えてきます。

5年以上働くことによる看護師のメリットは?

人指し指を出す看護師

5年も看護経験があれば、一通りの手技が習得できていると思うので次の病院に転職したとしてもすぐ戦力として働けるし、そのように期待されると思います。

5年以上働くことのメリットとして、

  • 病院のやり方やシステムに慣れて働きやすくなる。
  • 責任のある仕事を任されて、やりがいができる。
  • 管理職になれる。
  • その部署のスペシャリストになれる。
  • 退職金が高額になる。
  • 高額のローンを組める。

などがあると思います。

一度転職をして初めて自分の部署が恵まれていたと気付く場合もあると思います。

しかし、一度退職してしまうと、退職金もなくなるので、辞めるデメリットも考える必要があると思います。

3年目、10年目の看護師年収!年収1000万いくには?平均寿命は?【男性看護師と女性看護師】

3年目、10年目の看護師年収!年収1000万いくには?平均寿命は?【男性看護師と女性看護師】

5年を境にやっぱり辞めたい!転職したい!と思ったら

手を差し出す看護師

いろいろ考えたけれど、やっぱり転職にしたいと思ったら、転職サイトを調べてみるといいと思います。

看護師の転職サイトは沢山あるので、何個か登録してみるといいと思います。

 

何度かアルバイトのため、利用して思うのですが、あるサイトは他の求人情報を見て面談したのですが、全然違う所を紹介され・・・場所も遠いし、正直微妙でした。

同じアルバイトで来ていた人も言っていたので、何個か見るのがいいと思います。

また、別のサイトでは転職に至らず、電話対応のみですが、オススメされた病院に実際働いている人に話を聞くとオススメされた点とは違うこともあったので、実際働いている友達や知り合いがいれば、直接情報を聞けた方がいいですね。

※介護員さんが多く、看護師のオムツ交換はほとんどないと聞いたが、実際は介護員さんが足りず、看護師もバリバリオムツ交換をする必要があった。

転職する際は、今度は自分は何に重きをおくのか整理した方がいいと思います。

給料が高いところなのか、残業がないところなのか、場所なのか。

辞める・転職をする時の挨拶例文

看護師の場合、特に辞表などの提出は求められないと思いますが、看護師長さんとの面談、看護部長さんとの面談があると思います。

病院としても大切な戦力ですので、辞められると、とても痛手です。

きっと引き止めようとされると思います。

「自分は次にどうしたい」という強い気持ちがないと看護部の説得に揺らいでしまうと思いますので、自分はどうしたいのか、強い意思を持ちましょう。

看護師経験者から5年目看護師へのメッセージ

空に係る虹

冒頭にも書きましたが、毎日本当にお疲れ様です。

看護師5年目にもなると、「出来て当たり前」。

少しでも出来ていないこと、リーダーの采配が上手くいかないと叱責され、褒めてもらう機会も少なくなりますが、毎日褒められてもいいぐらいだと思います。

看護師経験5年間の中には修羅場体験もあるかと思いますが、乗り越えた今では笑い話になっていたり、患者さんと関わる中でやりがいを感じる場面もあったと思います。

5年も続けてきた皆さんは、大変な看護師業務の中にも魅力を感じているから続けているのではないでしょうか?

じたばたナース 4年目看護師の奮闘日記 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

リンク:忘れられない看護エピソード(PDF)

まとめ

四つ葉のクローバー

5年目看護師が辞めたくなる理由として

  • 後輩指導が辛い。
  • リーダー業務が辛い。
  • 人間関係が辛い。
  • 委員会などの仕事が辛い
  • 周りの結婚、妊娠報告を聞いて焦っている。

の5つを上げましたが、仕事でミスをしたり、上手く出来なかったなと感じた時には毎回「もう辞めたい」と感じます。

看護師を続けてきて、でもとんでもない新人さんを見て驚愕することもあるし、考えさせられる場面に出くわしてチームの皆で最善を尽くすべくカンファレンスを重ねたり、急変時の対応はどうだったか検証したり、いろんなことがあったなと思います。

自分が人としても成長できる場面が沢山ありました。

嫌なこともあるけれど、患者さんの「ありがとう」同僚の「助かったよ」に救われながら、なんだかんだ看護師という仕事が好きなんだと思います。

しかし、5年目になると仕事のことだけではなく、これからの人生をどうしていくのかを考えなければいけないから迷うのだと思います。

5年目はこれまでを振り返って、どんな看護師でありたいのか、どんな人生を送りたいのか、模索する時期なんだと思います。

自分がどんな看護師を目指していきたいのか迷ったときは、

ナースのためのセルフコーチング

この本が参考になります。

このサイトが悩める5年目看護師さんのお役に立てれば幸いです。

【こちらも読まれています】

看護師を辞めたい!3年目ナースが辞めたくなる理由5選とアドバイス!
看護師になって早3年。辛かった1年目を超え、2年目で初めて新人さんを迎え、次はいよいよ後輩指導が主体的になってくる3年目を迎えて、責任も増え、辞めたくなる・・・という状況はよくあることだと思います。自分は3年目のときにどう思ったのかをお伝えしたいと思います。
看護師を辞めたい!2年目ナースが辞めたくなる理由5選とアドバイス!
看護師1年間お疲れ様でした。まだ出来ない手技もあるし、慣れない業務もあるけれど、1人立ちをして1人前とされ、バリバリ働くようになったけど、やっぱり辞めたい気持ちがある。ここでは、2年目看護師の辞めたい理由などをあげながらわたしの経験をお伝えしていきます。
看護師を辞めたい!1年目新人ナースが辞めたくなる理由5選とアドバイス!
晴れて憧れの看護師になったのに、辞めたくなった。私は看護師10年目ですが、何度も辞めたくなりました。1度も辞めたいだなんて思ったことがないなんて人は正に天使でしょう。何十年と働いてきた先輩でも、心の中では何度も辞めたいと思う瞬間があったはずです。

コメント