書き初めの簡単な四字熟語10選!うまく書くコツとは?名前はどこに書く?

スポンサーリンク

学校の宿題などで書き初めが出された、自由課題のひとつとして書き初めを選んだのは良いものの、書き初めにどんな言葉を書けば良いのか迷うことがあります。

書き初めがそもそも苦手でどうすればうまく書けるのか、コツはあるのか、考えていくと名前の書き場所なども悩みますし、できれば簡単な四字熟語にしたいところです。

ここでは書き初めで簡単な四字熟語を使ってみたい、簡単でも書き初めにおすすめの四字熟語を探している方に、おすすめの四字熟語を紹介しています。

書き初めについての悩み、うまく書くコツや名前の書き場所についてもまとめているので、ぜひ書き初めを始める前に確認しておきましょう! おおむね

書き初めの簡単な四字熟語10選! その1:一日一生

一日一生

1.一日一生

この四字熟語は「いちじついっしょう」と読み、漢字の通り、一日を一生と思って大切に、精一杯生きるという意味で、簡単な漢字が多く小学生におすすめです!

気持ちを新たに毎日を大切に生きるという今年の抱負にも繋げやすく、書き初めのテーマとしても人気が高いですね。

書き初めの簡単な四字熟語10選! その2:切磋琢磨

切磋琢磨

2.切磋琢磨

広く使われている言葉なのでご存知かもしれませんが、切磋琢磨は学問や能力、人徳などを磨く、努力を重ねるという意味です。

難しい漢字に見えますが形をつかみやすいので取り組みやすく、受験や部活など毎日努力を重ねている、今年の抱負という意味でも中学生におすすめの言葉です。

書き初めの簡単な四字熟語10選! その3:一期一会

一期一会

3.一期一会

こちらも幅広く使われている四字熟語、一期一会は出会いを大切に、二度と会えないかもしれないという気持ちで大切にしようという言葉です。

新しい出会いを迎えることが多い中学入学前の小学生や中学一年生の新年の書き初めにおすすめの言葉で、字画が少なく書きやすい四字熟語でもあります。

書き初めの簡単な四字熟語10選! その4:勇往邁進

勇往邁進

4.勇往邁進

恐れず目標に向かってただひたすら突き進んでいく様子を表した四字熟語が勇往邁進で、エネルギーに満ちて将来の夢へ突き進む中学生におすすめの言葉です。

一方日頃使う漢字ではない文字も含まれるので、簡単というよりはちょっと練習も必要かもしれません……が、ぜひおすすめします!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その5:日進月歩

日進月歩

5.日進月歩

日毎、月毎に歩みを進める、堅実に進歩するという意味の四字熟語で、使われている漢字は簡単なものばかりでありながら分かりやすく、新年の抱負として小学生におすすめです!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その6:明鏡止水

明鏡止水

6.明鏡止水

心が静かに澄み渡り邪なものが一切ないという意味の四字熟語が明鏡止水で、これから新たに目標などに立ち向かう、新年の気持ちを表したい中学生におすすめの言葉です!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その7:有言実行

有言実行

7.有言実行

自分が話したことは必ず実行するという意味で、宿題をやると言いながらつい後回しにしてしまっていたけれど今年からは頑張りたいなど抱負に繋げやすく、小学生におすすめです!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その8:初志貫徹

初志貫徹

8.初志貫徹

はじめに決めたことを最後まで貫き通すことを初志貫徹という四字熟語で表し、子どもの頃からの夢を実現するために頑張りたいという気持ちを書き初めに表せるので中学生におすすめです!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その9:毎日笑顔

赤ちゃん

9.毎日笑顔

意味はそのまま、毎日を笑顔で過ごすという意味で、堅苦しい印象になりがちな四字熟語でもほっこりする、楽しい気持ちを表せる言葉です。

毎日笑顔で楽しく過ごしたい、という今年の抱負を書き初めにという形式も分かりやすく、比較的よく使う漢字ばかりなので小学生におすすめです!

書き初めの簡単な四字熟語10選! その10:謹賀新年

謹賀新年

10.謹賀新年

新年のあいさつ、あけましておめでとうございます、新年のお祝いを申し上げますという意味で謙虚さを併せ持ち、新年の挨拶なので書き初めにもぴったりです。

文字のバランスが取りやすいので基本的には中学生向けなものの、小学生でもぜひチャレンジしてみてくださいね!

書き初めをうまく書くコツとは?練習方法は?名前はどこに書くの?

書き初め

書き初めの課題がどうしても憂鬱、書初めが苦手……という方に向けて、うまく書き初めを書くコツや練習方法をチェックしていきます。

うまく書くコツ1

書き初めをうまく書くには聞いたことがある方も多いかもしれませんが、日本語をきれいに見せるためには「とめ、はね、はらいをしっかり書く」ということです。

とめる場所はしっかりとめる、はねやはらいをしっかりお手本を参考にしながら書くことで、一気に文字のきれいさが変わります。

うまく書くコツ2

もうひとつ大きな注意点としては全体のバランスを整えることで、文字の大きさを統一する、字間を統一する、中央ラインをそろえるなど、全体がまとまって見えるように書きましょう。

書き初めの練習方法としてはお手本と半紙をしっかり並べ、うまく書くコツを思い出しながらできるだけお手本と同じように書いていく方法がおすすめです。

数を書いて慣れるのも筆に慣れるという意味ではありですが、それよりもお手本を見ながらしっかり同じように、例えば横線は細く縦線は太いというような部分まで見ていきましょう。

ちなみに名前をどこに書けば良いのかは課題でしっかり定まっている場合もありますし、何もない場合は基本的に「左側にバランスよく」になります。

書き初めの文字が良くとも名前が雑だと評価としても下がってしまうので、名前だからと気を抜かず、しっかり書くようにしてくださいね。

まとめ

簡単な四字熟語を使った書き初めをしたい場合におすすめの四字熟語、うまく書くためのコツなどの情報まとめ!

 

  1. 一日を一生だと思って大切に生きるという意味の「一日一生」は漢字としても簡単で分かりやすく、正月の抱負として小学生の書き初めにおすすめ!
  2. 努力を重ねる、学問や能力、人徳を磨くという意味の「切磋琢磨」、受験などを控えた中学生の抱負として使いやすく、書き初めにもおすすめ!
  3. 「一期一会」は出会いを大切にするという四字熟語で広く使われているため分かりやすく、これから出会いや別れを迎える進級・卒業前の小学生、中学生どちらにもおすすめ!
  4. 「勇往邁進」という言葉は耳慣れないかもしれませんが言葉通りただひたすら突き進むという意味で、将来の夢に向かって頑張りたい中学生の抱負、書き初めとしておすすめ!
  5. 毎日ちょっとずつ堅実に進歩するという意味の「日進月歩」は使われている漢字が簡単で分かりやすく、新年の抱負としての書き初めに小学生におすすめしたい言葉!
  6. 「明鏡止水」というのは心が静かに澄み渡っているという意味の四字熟語で、新年で気持ちを新たにするという意味で書き初めにも使いやすく、中学生におすすめ!
  7. 言ったことは実行するという意味の「有言実行」は広く使われているため分かりやすく、今年からは気持ちを新たにがんばりたいという小学生の書き初めにおすすめ!
  8. 最初に決めたことを貫き通すという意味の「初志貫徹」、目標半ばであるけれど最初の目標に必ず到達するという今年の抱負として使いやすく、中学生におすすめ!
  9. 堅苦しい印象を受けかねない四字熟語の空気を和らげられる「毎日笑顔」、意味も伝わりやすく今年の抱負としても分かりやすく、小学生の書き初めにおすすめ!
  10. 新年の挨拶の定番「謹賀新年」は書き初めのテーマとしても定番で、難しく見えるものの文字バランスが取りやすく、中学生だけではなく小学生にもおすすめ!
  11. 書き初めはとめやはらい、はねをしっかり書くこと、バランスを整えることできれいに書くことができる、名前のきれいさも評価に繋がるため手を抜かずがんばろう

四字熟語は探していると良い言葉も多くあり悩みますが、書き初めという形は今年の抱負としても伝えやすく、今年の抱負は何にしようと考えてみると決めやすいです。

難しい言葉や日頃習字をあまりしていない、得意でない場合はしばらく練習も必要かもしれませんが、コツを踏まえて練習すれば必ず上手になるので、頑張って書き初めを仕上げましょう!

【こちらも読まれています】

硬筆での書き初めのコツ3選!用紙はどこで手に入る?小学生は何を書く?
硬筆での書き初めがうまくいかない、上手に書くコツが知りたい、何を書けば良いのか分からない…なんてこともありますよね。ここでは硬筆での書き初めについてうまくなるコツや、用紙はどうやって手に入れたら良いのか、小学生は何を書けば良いのかなどをまとめています。
書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選!うまく書くコツつき!
中学校の宿題などで書き初めをしなければならないけれど自由課題なためどんな言葉を書いたらいいのか迷っている、中学生らしい五文字の言葉を知りたいという方に向けた言葉の紹介をしていきます。五文字や五文字熟語を使った書き初めを考えている方、参考にして下さい。

コメント