書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選!うまく書くコツつき!

スポンサーリンク

中学校の宿題などで書き初めが出された、自由課題のひとつとして書き初めを選んだなどで、書き初めにどんな言葉を書けば良いのか迷うことがあります。

どのような言葉だと中学生らしい書き初めになるのか、また「どうせならかっこいい五文字や五文字熟語などで書いてみたい!」なんて考えていらっしゃるかもしれませんね。

宿題などで書き初めをしなければならないけれど自由課題なためどんな言葉を書いたらいいのか迷っている、中学生らしい五文字の言葉を知りたいという方に向けた言葉の紹介をしていきます。

五文字や五文字熟語を使った中学生らしい書き初めを考えている方、書き初めの言葉に悩んでいる方におすすめの内容なので、ぜひご確認ください!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その1:光陰如流水

流れる小川

1.光陰如流水

月日の流れは早い、「光陰矢の如し」と同じ意味で、水が流れていくのと同じように早い、流れは戻らないという意味になります。

毎日部活動や勉強、友達との付き合いなどで月日の流れが早い中学生らしい言葉で、言葉としてもかっこいいのでぜひおすすめします!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その2:為せば成る

サッカー

2.為せば成る

「為せば成る 為さねば成らぬ 何事も~」という有名な言葉で、言葉の通り考えているだけではなく行動する、実戦しなければ成果を得られないという意味です。

これから夢や将来へ向かって目標を達成していく中学生にふさわしい言葉で、前向きな意思表示という意味でも書き初めとしておすすめです!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その3:万物光輝生

光

3.万物光輝生

万物(ありとあらゆるもの)はすべて命の輝きを自ら放っている、生きてこそ万物は輝くという意味の言葉で、生命力の強さを感じられる中学生らしい言葉です。

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その4:日々是好日

空に輝く太陽

4.日々是好日

毎日が新鮮で最高に良い日という言葉で、楽しく毎日を過ごしている、過ごしたい、毎日が大切という中学生にふさわしい言葉の一つですね。

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その5:不屈の精神

がんばろう

5.不屈の精神

言葉の通り決して諦めずに頑張る精神を表した言葉で、これから受験や部活で大きな大会などを控えている中学生に特におすすめの言葉です!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その6:ありがとう

ペンでthank you

6.ありがとう

難しい言葉やかっこいい言葉が選ばれることが多い中のあえてひらがなでの「ありがとう」という言葉はより気持ちが伝わりやすく、周囲への感謝を表せます。

日頃お世話になっている方や周囲への感謝を表すという意味でも書き初めとして分かりやすく、中学生にもおすすめです。

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その7:春光日々新

鳥

7.春光日々新

春は日ごとに景色が変化することから毎日が楽しいという意味の五文字熟語で、これから春を迎える書き初めの言葉として、毎日が楽しい中学生にぜひおすすめです!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その8:運命共同体

人間と動物

8.運命共同体

言葉の通りどんな運命が訪れようとも行動をともにする、結果をともにするという言葉で、家族や学校、部活動のメンバーなど、様々なグループに向けた言葉になり中学生にもおすすめです!

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その9:新春の誓い

日の出

9.新春の誓い

書き初めで多く書かれるテーマのひとつに「今年の抱負」があり、新春の誓いと強く宣言することで周囲にも伝えることができる、これから頑張りたい中学生らしい言葉です。

書き初めの言葉中学生向け「五文字」「五文字熟語」10選! その10:羽ばたく夢

羽ばたく鳥

10.羽ばたく夢

将来への夢を羽ばたかせるとき、これは中学生時代に将来の展開を描く、これからの未来を考えるという意味にもなり、中学生にふさわしい言葉ですね!

書き初めをうまく書くコツとは?練習方法は?名前はどこに書くの?

習字をする人のイラスト

書き初めの課題がどうしても憂鬱、書き初めが苦手……という方に向けて、うまく書き初めを書くコツや練習方法をチェックしていきます。

うまく書くコツ1

書き初めをうまく書くコツとして聞いたことがある方も多いかもしれませんが、日本語をきれいに見せるためには「とめ、はね、はらいをしっかり書く」ということが大切です。

とめる場所はしっかりとめる、はねやはらいをしっかりお手本を参考にしながら書くことで、一気に文字のきれいさが変わります。

うまく書くコツ2

もうひとつ大きな注意点としては全体のバランスを整えることで、文字の大きさを統一する、字間を統一する、中央ラインをそろえるなど、全体がまとまって見えるように書きましょう。

書き初めの練習方法としてはお手本と半紙をしっかり並べ、うまく書くコツを思い出しながらできるだけお手本と同じように書いていく方法がおすすめです。

数を書いて慣れるのも筆に慣れるという意味ではありですが、それよりもお手本を見ながらしっかり同じように、例えば横線は細く縦線は太いというような部分まで見ていきましょう。

ちなみに名前をどこに書けば良いのかは課題でしっかり定まっている場合もありますし、何もない場合は基本的に「左側にバランスよく」になります。

書き初めの文字が良くとも名前が雑だと評価としても下がってしまうので、名前だからと気を抜かず、しっかり書くようにしてくださいね。

まとめ

中学生におすすめの書き初めで書きたい五文字や五文字熟語の紹介、またうまく書くにはどうしたらよいかについてまとめ!

 

  1. 五文字熟語「光陰如流水」は月日の流れが水の流れと同じように早い、という毎日慌ただしく過ごして月日の流れが早く感じる中学生におすすめの言葉!
  2. 行動しなければ、実戦しなければ成果を得られない、実戦すれば結果は得られるという意味の「為せば成る」は、前向きな意思表示という意味でも中学生の書き初めにおすすめ!
  3. 「万物光輝生」は生きてこそ万物は輝く、あらゆるものは全て命の輝きを放っているという五文字熟語で、生命力の強さを感じる、中学生らしい言葉!
  4. 毎日が新鮮、楽しいという意味の「日々是好日」は楽しく毎日過ごしている、毎日が新鮮で楽しいという中学生にぜひおすすめの言葉!
  5. これから部活や大会に向けて頑張りたい中学生にふさわしい書き初めの言葉としては「不屈の精神」があり、頑張る気持ちを表せる!
  6. あえてひらがなかつ分かりやすい言葉「ありがとう」を採用することによってシンプルに真っ直ぐな気持ちを表すこともでき、中学生にもおすすめ。
  7. 「春光日々新」とは春は日々景色が変化していって楽しいという意味で、これから春を迎える書き初めのテーマとして、また卒業や進級に向けての言葉としても最適!
  8. 部活動などでチームを組んでいる中学生におすすめなのが「運命共同体」で、どんな運命もともにする、行動をともにするという意味!
  9. あえてスマートな「新春の誓い」という言葉を選ぶことによって今年の抱負を強く持つ、これからがんばりたい中学生らしい言葉としてもおすすめ!
  10. 将来を描きそれに合わせた進路を選ぶ中学生という時期ならではの言葉「羽ばたく夢」も中学生らしい言葉としておすすめ!
  11. 書き初めをうまく書くコツとしてはとめやはらい、はねをしっかり書くこと、またバランスを整えるときれいに書ける。名前のきれいさも評価に繋がるため手を抜かずがんばろう

中学生らしい言葉としてはやっぱり部活や将来の夢、毎日の生活に関わる言葉が多くなり、この中で自分が特に感じている、主張したい言葉を選ぶ方法がおすすめです。

せっかく書き初めをするならば新春の気持ちを込めて書いたほうが周りにも伝わり自分自身の気持ちも引き締まるので、ぜひ何度も練習しチャレンジしてみてくださいね!

【こちらも読まれています】

4年生の夏休みの習字の課題攻略方法まとめ!
お子さんが小学校4年生の夏休みの課題で習字を出された経験がある方は多いのではないでしょうか。もともと書道教室に通っているお子さんを持ちのお母さんは特に問題はないでしょう。でも、学校の授業だけでしか習字を習わないお子さんにとっては厄介な宿題かもしれません。では、そうしたお子さんも安心して習字の課題をこなせる方法をお教えしましょう。是非参考にしてみて下さい。
夏休みの宿題の習字で名前をうまく書くコツ!!
学校の習字の授業では課題の書き方は丁寧に教えてくれますよね。でも自分の名前ってどうでしょうか。丁寧には教えてくれませんよね。半紙も通常のものもあれば、書初め用のものもあります。夏休みの宿題の習字でどうすればきれいに自分の名前が書けるのか知りたいと思いませんか?親御さんも、習字に慣れていないお子さんたちも是非参考にしてみて下さい。

コメント