かけっこが速くなる方法!幼稚園児向けのコツ!輪ゴムを使って速くなるの?

スポンサーリンク

幼稚園児が運動会で頑張りたい競技のひとつに「かけっこ」があり、親としても子どもが頑張って速く走れるようにかけっこが速くなる方法を知りたいですよね。

また「輪ゴムを使ったら速くなる」なんてことを聞いて、それはそんな方法か、本当に輪ゴムで足が速くなるのかなど疑問に感じることもあります。

ここでは幼稚園児に向けたかけっこが速くなる方法や、輪ゴムを使ってかけっこが速くなる方法はどんなものか、本当に速くなるのかなどを紹介していきます。

子どもが頑張る、足が速くなりたいと言っていたら応援したくなるのが親というもの、かけっこが速くなる方法をチェックしていきましょう!

【かけっこが速くなる方法!幼稚園児向けのコツ!】

基本的に走りが速くなる方法の基本とはそう難しくなく、それを幼稚園児に向けたコツという形で紹介していきます。

腕の振り方

「腕を全然振らない場合と腕をしっかり振った場合で足の速さが違う」というのは体感的にすぐ分かるほど違っていて、腕をしっかり振ることは大切です。

この際のコツとしては手がフラフラあちこちに動いてしまってはどれだけ振っても意味がなくなってしまうので、しっかり腕を前に振る、大きくまっすぐ振るというように教えてみてはいかがでしょうか。

「わきを締める」という言い方ではいまいち幼稚園児の場合どうやったら良いのか分からない場合もあるので、「腕をまっすぐふらふらさせずに振ろう」という伝え方が良いですね!

足の上げ方

かけっこは足を速く動かすのが速くなるコツではなく、足をしっかり上げ前に進ませることで速くなります。

この際ポイントとなるのは「足をしっかり上げる」ことではなく「つま先を意識して強く地面を蹴る」ことで、しっかり地面を強く蹴ればその分自然と足は上がります

強く地面を蹴ることで反発力が生まれ、その反発力を活かすことによってかけっこが速くなるのでぜひおすすめします!

姿勢

かけっこが早い子と遅い子を見比べてみると、かけっこが早い子どもは姿勢がよく、常に前を見て走っていることに気づけると思います。

背筋を伸ばすことによって手を振る力が足に繋がりやすくなり、また身体のバランスを崩さずにしっかり走ることが出来るので、姿勢よく走ることも心がけていきましょう。

【かけっこが速くなる方法!幼稚園児向けにどうやって教える?】

かけっこが速くなる方法を知るだけでも走る速度は大きく変わるので、まずは先程のポイントをしっかり幼稚園児にも分かるように伝えていきましょう。

その際幼稚園児に「一人で練習しておいで」なんて言っても無理で当然、一緒に広場へ行って親と一緒にかけっこの練習をできると良いですね。

真面目にやろうとして怒ってばかりでは子どもも楽しくなくなってしまうので、あくまで楽しく「どうやったら今より速くかけっこができるかな」という言い方で練習をすすめていきましょう。

練習期間は長く多くやればもちろん結果が出やすいかもしれませんが、一方子どもが興味がない、やる気がないのに無理に連れ出しても望んだ効果は得られません。

「運動会の練習でかけっこをしたけれど、周りと比べて遅かったから悔しい、練習したい」など、子どもが「やりたい」と思ったタイミングから始めるのが一番です。

子どもが「もっと速くなりたい!」という気持ちが強まり一緒の練習だけでは満足できなくなった場合、「かけっこ教室」が全国各地で開催されているので探してみるのも良いですね。

走り方や姿勢をしっかり教わることが出来るのでしっかり速くなる方法を学ぶことができ、かけっこは小学校以降もずっとすることになるので子どもにとっても嬉しい体験になります。

【輪ゴムを使うと速くなる?!】

輪ゴムを使えばかけっこが速くなる」なんて聞くと「迷信では」「思い込みで早くするの?」と思ってしまいますが、実はこれ、ちゃんと意味がある方法なんです。

裏技!これだけで足が速くなる方法!【小中高生必見】

裏技!これだけで足が速くなる方法!【小中高生必見】

輪ゴムをかけることによって親指が上がるため自然とつま先での踏み込みが強くなる、というのがこの方法で足が速くなる理由なので、一度試してみても良いですね。

やり方

1:素足になる
2:足首に輪ゴムをつける
3:クロスさせて親指にひっかける

輪ゴムを付けることによってつま先を上げその分地面を強く蹴ることが出来るという理由があるので、この方法で足が速くなるというのは間違いではありません。

一方短時間でも輪ゴムをつけた部分が痛くなることもあるので長時間の利用はやめること、もしくは練習時に輪ゴムをつけて走りその際の走り方を覚えてつけなくてもできるようにしていきましょう!

【かけっこを速くさせたいならプロに習おう!】

先程少しお話した通り、親との練習だけではなくもっとかけっこが速くなりたいと思ったら、プロに教えてもらう「かけっこ教室がおすすめです。

プロの目から見た正しい姿勢や走り方、コツを教わることになるので効果は高く、「実際にかけっこ教室に子どもを通わせたらほとんどの場合に効果があった」という評価があります。

自分が陸上をやっていたなどの場合は別として、正しいフォームや走り方というのはプロが見たほうが確実で、教室でも基本、そして反復練習で身につける方法が多く取られています。

以下に有名なかけっこ教室を何箇所か紹介していくので、子どもがもっとかけっこを速くしたいと言ってきたらぜひ検討してみてください!

キッズかけっこ教室

対象年齢:5~10歳
地域:関東各地
参加費:内容による

公式サイト

キッズかけっこ教室|プロから学ぶ走り方!東京、神奈川、千葉、埼玉で開催中 | EPARKスポーツ
東京都港区芝浦、東京都江戸川区平井、東京都調布市、神奈川県川崎市、千葉県松戸市、埼玉県川口市などで幼児から小学生を対象としたか子供向けけっこ教室を開催中!走る専門のトレーナーが「かけっこ」が速くなるためのプログラムをご提供します。スタートの練習はもちろん、腿上げやスキップなどの身体能力向上の練習も!

石原塾

対象年齢:年中~小学生
地域:関東各地・北海道・愛知
参加費:教室による

公式サイト

石原塾  - かけっこ教室 -
豊富なキャリア、知識を持っているコーチ陣...

家庭教師のトライ

有名な家庭教師のトライではスポーツの家庭教師、体育の家庭教師のプランもあり、マンツーマンでのレッスンができるので本気でかけっこを速くしたい子どもにおすすめです。

対象年齢:特になし
地域:全国各地
費用:プランによる

公式サイト

スポーツ家庭教師・体育家庭教師なら | プロスポーツ家庭教師のトライ
プロスポーツ家庭教師のトライは、各スポーツのプロがマンツーマンでレッスン。厳選された教師陣の中から、ぴったりの教師をご紹介。スポーツ家庭教師、体育家庭教師をお探しの方は是非ご利用ください。

【親がかけっこが苦手!運動神経は遺伝をするの?】

子どもがどうもかけっこが苦手、そういえば自分も走るのが得意ではない……こうなると、「自分の運動神経が遺伝してしまったの?」と思ってしまうかもしれません。

しかし最初に結論を言ってしまうと「運動神経が遺伝する」というのは嘘で、運動神経とはバランス感覚や反応の速さなどであり、訓練することが可能です。

遺伝するのは運動神経ではなく「運動能力」で、例えば背が高い親の子どもは背が高い、みたいなことを指します。

運動神経は反発力やとっさの判断力、反応の速さで、これは神経系の発達がもっとも著しい5歳から14歳の間に運動することによって育ちます

ですから「親が運動苦手で、運動神経が遺伝したから子どもも苦手になってしまった」と思う必要はまったくなく、この時期に頑張って運動すれば運動神経は必ず発達します。

しかし「運動神経は遺伝する」ということはありませんが、運動が苦手な親の場合子どもの頃から外で長時間走り回ったり本気で走ったりする経験が少ない可能性はあります。

こうなると子どもにとっても経験が少なくなるので結果的に子どもに影響し、運動神経があまり発達しないということはありえます。

【運動会前に親が子供にかける言葉は?】

いよいよ運動会当日、かけっこが速くなるように頑張って練習してきた我が子にどんな応援の仕方をすれば良いのかチェックしていきましょう!

やる気を出す言葉

「いっぱい練習してきたから大丈夫!」

応援の言葉

「ゴールの場所で応援しているね」

「ゴールで待ってるね」

1位になれなかった場合

「○○くんすごく速かった、練習の成果がいっぱいでてたよ! 1位じゃないのは残念だけど、○○くんもすごく頑張ったんだね」

その他

「頑張った姿を見てたよ!」

「かっこよかったよ!」

「1位おめでとう!」

「速い子と一緒だから負けるかもね」など子どものやる気をなくす発言はモチベーションを下げるだけではなく運動会が嫌になる可能性もあり、絶対に避けておきましょう。

どのタイミングでも前を向けるプラスの言葉を心がけること、頑張った後は子どもの頑張りを何よりも褒めることが大切です!

【少しでも速くなるように!幼稚園児におすすめの運動靴は?】

かけっこで少しでも速く走れるように、走り方の練習はもちろん、運動靴もかけっこに向いた靴を選ぶことをおすすめします。

子どもの運動靴を選ぶポイントとしては「必ず試着する」というのが大切で、お店で正しいサイズを測ってもらい、必ず試着して自分にフィットした靴を選ぶことです。

また運動会に合わせて新しく靴を購入することも多いですが、新品の靴を履いていきなり運動会当日にかけっこをするのではなく、本番前に何度か走ってならしておくことも大切です。

これから幼稚園児向けの運動靴でかけっこにおすすめのタイプを紹介していくので、ぜひチェックしてください!

瞬足

瞬足シリーズは子ども用運動靴として最も広まっているといっても過言ではないCMなどでも見かける靴で、左右非対称のソールになっているためカーブが曲がりやすい特徴があります。

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/sworld/19-syunsoku-j/

カーブがあるかけっこのコースの場合におすすめなのが瞬足で、子ども用の運動靴としても定番の一品、ぜひお試しください!

スーパースター

“バネのチカラ”スーパースターも子どもの運動靴としては定番で、独自開発の特殊ゴムを靴底に採用しているため蹴り出しやすい運動靴として知られています。

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/partypalettebaby/ssj866ws/

こちらも子ども用運動靴を探していて見かけないことはまずない人気の定番商品なので、ぜひ一度試してみてください!

レーザービーム

レーザービームはアシックスの子ども用運動靴のシリーズで、かけっこで必要な安定感・キック力を重視した作り、さらに通気性も抜群で履いていて心地よい運動靴としておすすめです!

商品サイト:

https://item.rakuten.co.jp/fzone/1154a018/

まさに運動会で頑張るための運動靴といえるのがレーザービームシリーズで、こちらもぜひ一度お試しくださいね!

【まとめ】

幼稚園児のかけっこが速くなる方法やコツ、輪ゴムを使って速くなるのは本当かどうかなど、かけっこについてまとめ!

1:かけっこで速く走るためには腕をしっかり大きく振る、つま先を意識して地面を強く蹴る、そして姿勢良く走るというのがポイント!
2:子どもにしっかり覚えてもらうためには楽しみながら練習できるようにすることを考えよう。親も一緒に広場などで練習するとGOOD
3:輪ゴムを使うとつま先が自然と上がり「つま先で強く地面を蹴って走る」という基本フォームが整えられ速くなる!長時間使用は痛くなるので注意!
4:全国で開催されているかけっこ教室はプロに走り方やコツ、姿勢を教えてもらえ速く走れるようになるように!
5:「運動神経は遺伝する」というのはなく育てられるので、運動神経が発達する5~14歳頃にしっかり運動することで発達する!
6:頑張った子どもがやる気をなくさないようにマイナスの声かけはしない、もし1位になれなかったとしても「頑張ったね」と子どもを褒め、次へのやる気へ繋げよう!
7:子ども用運動靴の定番「瞬足シリーズ」や「スーパースター」「レーザービーム」はやっぱり人気があるだけの理由があるしっかり作られた運動靴でおすすめ!

かけっこを速く走れるようになると運動会で1位になって嬉しいのはもちろん、小学校からの徒競走や運動、子どもの運動神経の発達など多くのメリットがあります

輪ゴムを使う練習は足が痛くなる場合もあるため練習時に輪ゴムを使ったフォームに慣れるのが一番ですが、練習すれば必ず速く走れるようになるので子どもと一緒に頑張りましょう!

【こちらも読まれています】

かけっこ教室東京で幼児向け開催おすすめ3選!費用は?効果あるの?
走るのが遅いと運動会や体育が憂鬱になってしまって、雨が降らないかな~とか浮かない顔のお子さんを見ると、お母さんもついつい同情してしまいますよね。そんなママのために東京のおすすめかけっこ教室をご紹介します。運動会まで間がないからって諦めないで。

コメント